歌唱力アップ

歌が上手くなりやすくなるための土台作り【地味に大事な重要項目】

投稿日:2022年2月16日 更新日:

この記事は

「歌が上手くなるために何をすべきか」というよりも「歌が上手くなりやすい人になるには」「歌の成長効率を高めるには」というような歌ウマになるための土台に何が必要か?という”地味に大事な項目”の研究考察です。

 

ちなみにガチ勢向けで地味ではない『”超”重要項目』はこちらにまとめていますが↓

『本気で歌が上手くなりたい人が何をすべきか』についての研究【ガチ勢向け】

続きを見る

本記事の内容も地味に大事だと考えられますし、こちらの方が比較的誰でもできる項目になっていますのでぜひ合わせて読んでみてください。

 

重要項目

  • 『ボーカル耳』を作る【重要度100%
  • 自分の「声質」「音域」を把握し、活かす方向性で磨く【重要度95%
  • 楽器の弾き語りができるようになる【重要度80%

①『ボーカル耳』を作る

まず第一に「ボーカル耳を持つこと」=自分の声の聞こえ方をきっちりと修正しておくことが非常に重要だと考えられます。

 

具体的には

  • 「自分に聞こえる自分の声」と「自分の本当の声」の誤差を小さくする

ということ。

 

例えば、自分の歌声をスマホなどで録音して聞いた時に、

  1. 「うわ、気持ち悪い声。これが自分の声?聞きたくない!」→*誤差『
  2. 「悪いとまではいかないけど、録音した声は違和感を感じる。普段歌っている感じより若干変に聞こえるし、イメージ通りじゃない。」→* 誤差『
  3. 「うん、いつも通り。良くも悪くもこれが自分だし、特に違和感は感じない。」→*誤差『

これは

現状の歌の上手さなどは一切関係なく、「普段歌っているときの自分の声」と「録音で聞く自分の声」にどれほどの違和感や誤差を感じているかという問題です。

 

そして、誤差『大』or 『中』の状態から『小』状態になることが大事ということです(*人間なので完全な誤差0にはならない)。

この『小』の状態をここでは”ボーカル耳”と呼ぶことにします。

 

この「ボーカル耳」は、一流ピアニスト・ギタリスト・ベーシストなどの人達でも持っていないこともあるでしょう。

なぜなら、声以外の全ての音は耳の外側から聞こえてくる音(気導音)ですが、声だけは耳の内側から骨伝導によって聞こえてくる音(骨導音)が混じっているからですね。

つまり、楽器の中で唯一音の聞こえ方が現実と違うのが「自分の声」ということになります。

なのでボーカリストはこの耳の誤差を修正する(ボーカル耳を手に入れる)必要があるということです。

「ボーカル耳」が生み出すメリット

ボーカル耳を持つことが歌に及ぼすメリットは

  1. 音程・リズム・音色の質・表現などの把握・修正が上手くいく
  2. 自分の歌声を常に客観的に聴くことができる
  3. 歌の成長度合い・成長効率を高める

などが考えられます。

 

「自分が認識する自分の声」と「他人が認識する自分の声」のズレが少なければ、まず『音程』や『リズム』のズレを正確に認識することができるということになる。

また、自分の歌声を常に客観視できている(主観と客観の誤差がない)ことになる。

 

要するに「良い」「悪い」の認識が正確にできる耳になる

ということは、自分の歌声をより良くするために的確な行動が取れる

 

おそらく、現状歌が苦手な人であっても『正確に自分の歌声を把握できる能力』さえ持っていれば自分で行う修正が正しい方向に働くので訓練すればぐんぐん伸びる可能性が高い

 

メリットだらけですね。

 

逆にこの能力を持っていないと自分が良かれと思った修正を正しい方向性へ向けられないことも多くなるかもしれません。

誤差が大きいと自分にはいい感じに聞こえる声でも実際はそうでもないということが起こる。

 

つまり、ボーカル耳は『歌の”成長度合い”に大きく関わってくるもの』と言えるでしょう。

 

よって、耳の誤差の大きさは「歌の上手さ」に直結するものと考えることもできる。

よく「歌が上手い人は耳がいい」と言いますが、音楽的な耳よりもこういう耳の良さの方が大事だろうと思います。

誤差を修正する方法

おそらく録音などで自分の声をたくさん聞いてきた人や一部の才能ある人でもない限り、大抵の人は誤差『中』か誤差『大』になると思われます(*「自分に聞こえる自分の声」をたくさん聞いて生きてきたはずなので、ある意味自然なことかと)。

 

しかし、逆に訓練さえすれば誰でも修正できるものでもあると思われます。

 

誤差を修正する

やり方は簡単で、

  • ひたすら『自分の声を録音して聞くこと』を繰り返すだけ

です。

スマホの録音で十分だと思います。

 

録音の音声は「ほぼ現実の声」なので、『出した自分の声』と『聞いた自分の声』をすり合わせることで脳の認識がどんどん修正されていくでしょう。

 

最初のうちは自分の声を聞くのが嫌で苦しくても、100回200回と繰り返せば「いつの間にかなんとも思わなくなった」と慣れるでしょう。

 

ある意味この”慣れ”こそ『誤差の修正』とも言えるのでしょう。

 

とにかく、自分の歌声を聴いても違和感を感じなくなるくらいまで録音を繰り返すだけです。

 

*実はもう一つ、この誤差認識が小さくなる人は「脳の認識のズレが少ない」の他に「発声の質がいい」という条件も考えられます。長くなるのでここでは省略しますが、簡単に言えば『発声がいい人はボーカル耳になりやすくなる』ということです。

録音のトレーニングなんかしていないのにボーカル耳を持っている人は大抵『発声の質がいい』という理由で現れると考えられます。

歌が上手い人は『自分の声の聞こえ方』の誤差が小さい!?

続きを見る

②自分の「声質」「音域」を把握し、それを”活かす”方向性で磨く

これは歌のトレーニングにおいて、

  • 自分の持っている「声質」「音域」をしっかりと把握し、それに逆らうようなトレーニングをせず、”活かす”ようにトレーニングすることが重要

ということです。

自分の「声質」「音域」を把握する

声質は大きく区切ると4タイプくらいに分かれていて、

歌における声質のタイプについての研究

続きを見る

音域は大体6タイプくらいに分かれます。

『声帯のタイプ』と『魅力的な音域』の関係性について

続きを見る

これらはあくまでもざっくりと分けた指標なので、厳密には人の数だけの個性があります

 

当然「何もかも普通でグループ分けしにくい」という人や「どこにも当てはまらない特殊な声」という人もいるでしょう。

 

そういう面も含めて、『自分の声帯の特徴をしっかりと把握する必要がある』ということです。

 

注意点

*声変わりが終わるまでは声帯のタイプが確定しないので、その点は注意です。

 

なぜ、声帯のタイプの把握が大事になってくるのかということ、個人個人の「声質のタイプ」「音域のタイプ」は”声帯の個性”であり、生まれ持った性質だからです。

この個性は細かく見ると「骨格・歯・舌・アゴ」などたくさん挙げられますが、中でも重要度の高い個性の要素が「声質」「音域」だと考えられます。

*スポーツで言う「骨格」や「身長」みたいなものです。

自分の声帯の個性を活かす

もし、

  1. 『自分の個性を活かすように努力する道』
  2. 『自分の個性に逆らうように努力する道』

があったら、活かす道を選んだ方がぐんぐん成長するのは明らかですね。

 

これはスポーツでも芸術でも何事でもそうだと思います。

 

もちろん逆らうことが必ずしもダメとは限らないのですが、確率論で考えると上手くいかない可能性の方が高く、いくら努力してもそこを適正(活かす道)とする人にはかなわないことがほとんどでしょう。

なので、自分の個性(声質・音域)は活かすことが重要だと考えられます。

 

自分の声帯の活かし方

”自分の声帯を活かす”とは言っても、具体的に何をすればいいのかというのは人それぞれの個性の違いがあるので具体的に表現するのはなかなか難しいです。

 

ただ、ざっくりと表現すれば

  • 自分の声帯の個性(音域・声質)に逆らわない
  • まずは今の自分の声帯で難なくできることから磨いていく
  • いくら努力しても成長の進みが遅い方向性にはある程度見切りをつける
  • 自分の声帯の特徴と似ているシンガーを参考にする

などのような考えが必要になるでしょう。

 

これはある意味では『誰もが魅力的な歌声になれる道はあるが、それが自分が憧れる歌声と同じタイプであるとは限らない』とも言えるのかと。

自分の「理想」と「適正」がズレるのは受け入れがたいこともあるでしょうが、結局受け入れるしかないことがほとんどなのかもしれません。

③楽器の弾き語りができるようになる

これは唯一「誰でもできる」とは少し言いにくい項目ではあるのですが、

  • 楽器の弾き語りができるようになること

は歌の上手さに密接に関係してくる重要な項目と考えられます。

これは「楽器の高度な演奏能力を身につけろ」ということではなく、「弾き語りができるくらい」で十分でしょう。

 

「”できるくらい”」と言うと、弾き語りを下に見ているような言い方で角が立ってしまうのですが、そういう悪い意味はなく『あくまで”歌のための弾き語り”であればいい(コードを鳴らしてそれに合わせて歌えればいい)』という意味です。

 

もちろん、楽器が弾けなくても歌が上手いシンガーもいるので「絶対に弾けなければいけない」わけではないのですが、割合で考えると楽器が弾けるボーカリストはかなり多くそこには強い相関関係があると言えるでしょう。

 

なぜか?

 

まず、歌の上手さは『①発声能力』『②音楽的感性』という二つの能力によって決まると考えられます。

ある意味掛け算的に考えるとわかりやすく、

  • 歌の上手さ=発声能力×音楽的感性

と言ってもいいでしょう。

歌に必要な”2つの能力”を紐解く

続きを見る

 

そして、楽器を練習することは音楽的感性の面を効率よく伸ばすことができる。

なので、楽器が弾ける人は歌が上手くなりやすい。

 

特に音楽的感性の中の、

  1. コード感・・・楽曲のコード進行やキー(調)に乗る能力
  2. タイム感(テンポ感)・・・自分だけで一定のリズム・BPMを刻む能力

という二つの能力を成長させやすいというのが鍵かと。

 

コード感(覚)

歌におけるコード感は即興の演奏などにも自然とメロディがつけられるような能力(作曲もできるようになります)。

楽曲のコードやキー(調)に乗る力があるということは、言わば『音程を外さない能力』でもあります。

  1. 「音程を合わせる能力」
  2. 「音程を外さない能力」

一見同じものですが、「合わせる能力」の上位互換が「外さない能力」です。

「音程を外さない能力」があるとアドリブやフェイクも自在になります。

歌に必要な「相対音感」の鍛え方【『コード感』の重要性について】

続きを見る

 

タイム感(覚)

タイム感(テンポ感)は演奏のリズムに合わせる能力ではなく、自分だけで一定のリズムを刻む能力。

これは自分がリズムの柱になる能力で、基本的にドラマーやベーシストに必須な能力と言えるでしょう。

ただボーカリストもこれを持っている場合、より一層歌のリズム感が良くなると考えられます。

歌のリズム感を鍛えるトレーニング方法について

続きを見る

 

つまり、「コード感」「タイム感」は高度な音程・リズムの能力ということです。

 

そしてこの二つの能力はカラオケなどに合わせて歌っているだけではなかなか身につきにくい能力だと考えられます(*もちろん全く身につかないわけではないですし、それだけで身につく人も当然いるでしょう。)

 

しかし、弾き語り(楽器を演奏すること)はこれらの能力を飛躍的に高めると考えられます。

 

つまり、弾き語りができる人は『高度な音程の能力』『高度なリズムの能力』を身につけやすいので、結果的に歌が上手くなりやすい傾向が生まれるということ。

楽器が弾けると歌が上手い?|歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器

続きを見る

-歌唱力アップ

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.