歌の雑学・研究・考察

『声帯のタイプ』と『魅力的な音域』の関係性について

更新日:

今回は『声帯のタイプとその最適な音域について』です。

人は持っている声帯によって声区の範囲と最適な音域帯がそれぞれ違います。そしてその声区毎に魅力的な音階がある程度決まっています。

つまり、自分の声帯のタイプと向き合うことは歌の魅力に直結すると考えられます。

人は大体3オクターブくらいの音域のポテンシャルを持っている

歌に使うかどうかは置いておいて、

人の声は最低音から最高音まで2〜3オクターブくらいは出せる

と言われています。

 

つまり、誰しも大体2~3オクターブくらいは出せる力を秘めているということ。

もちろん個人差はありますし、男女差もあります。音域だけに関して言えば、男性の方が広くなる傾向にあります。

これくらいになる傾向があると考えられます。

もしくは声が高い男性は女性寄りの範囲、声が低い女性は男性寄りの範囲になりやすいです。

つまり、『低い声帯ほど範囲が広がりやすい』という傾向にあります(*あくまで傾向)。

 

世界には女性でも4オクターブ出せる人もいますし、男性の中には6オクターブくらい出せる人もいます↓

なので3オクターブくらいは実はそこまで不思議ではないのですね。

人が原始人くらいだった頃は嘘か本当かみんな5オクターブくらい出せたとか。

 

2〜3オクターブもあれば十分

現状出せるか出せないかではなく、その声帯に秘められた本来の力が3オクターブくらいです。

 

このうち

  • 歌に使いやすい音域が1~1,5オクターブくらい

になります。

 

なので、多くの楽曲が1オクターブ~1,5オクターブくらいの音域の枠で歌われることが多い

声区ごとに魅力的に鳴らせる音域は決まっている

2〜3オクターブの中で魅力的に鳴らせる音階はある程度決まっています。

このような『音階と魅力の関係性』のグラフになるはずです。(*あくまで簡略化していますし、個人差もあります。)

もちろん、現状このような状態の方もいるでしょうが↓

ポテンシャルとしては誰もが先ほどの図のようになると考えられます。

 

基本的に、

プロのシンガーはこれに合わせて自分のキーを設定していますし、作曲しています。

 

なので大体の曲は1〜1,5オクターブの楽曲になる。

基本的にはこの一番美味しい部分をたくさん使うのが『歌』というものです(*もちろんジャンル差や個人差はある)。

個々の『声帯のタイプ』と『音域』の関係

簡単に表現すれば

  • 男性の「低い声帯」「普通の声帯」「高い声帯」
  • 女性の「低い声帯」「普通の声帯」「高い声帯」

と性別ごとに3タイプの音域の声帯に分けられます。

クラシックではこれを

  • 男・低い→『バス』
  • 男・普通→『バリトン』
  • 男・高い→『テノール』
  • 女・低い→『アルト』
  • 女・普通→『メゾソプラノ』
  • 女・高い→『ソプラノ』

このように呼んでいますね。

ポップスではあまり使われない言葉ではありますが、この声帯音域の区分はポップスにももちろん適応できます。

声帯タイプによって魅力的な音域が変わる

『それぞれの声帯のタイプが「高い音」や「低い音」を出したときにどんな音色になるのか』というのは、こちらの動画がすごくわかりやすくまとめられています↓

このように声帯のタイプによって音階ごとの「音色の魅力度」や「頑張り具合」などが変わってきます。

当然、

  • 低い声帯ほど低い音が得意
  • 高い声帯ほど高い音が得意

ということになります。

これは先ほどの『誰もが持っているポテンシャルの2〜3オクターブの範囲』がズレるからですね。

大きな区分で6タイプに分かれていますが、『厳密に細かく区分すればこれは個人個人違うとも言えることでしょう。

一番美味しい音域の位置も違う

当然ながら、先ほどの1〜1.5オクターブの一番美味しい部分も持っている声帯に沿っています。

これによって「地声のガツンと出す高音の最高の鳴りの音(いわゆる「当たりの音」)」などの音階も人それぞれ違います。

例えば、バスボーカルは「mid2E」、テノールボーカルは「hiB」などのように当たりの音がズレます(*あくまで例です)。

一番当たりのいい発声の音階は人それぞれ決まっている

続きを見る

換声点の最適な位置も人によって違う

換声点(地声から裏声に切り替える音階)の最適な位置もこの声帯のタイプによってある程度決まってきます。

 

もちろん換声点は一点ではなく地声と裏声が重なっている範囲の分だけ作れるのですが、「この辺りで切り替えるのがちょうどいい」というポイントはある程度決まっていて、それが声帯のタイプに従っているということです。

当然低い声帯ほど低い音階で裏声に切り替え、高い声帯ほど高い音階で切り替えるのが最適ということになる。

 

ほとんどの人が自然な最低音から、

・1〜1.5オクターブ目くらいに最も楽な換声点

・1.5〜2オクターブ目くらいに歌唱上最適な換声点

・2〜2.5オクターブ目くらいに切り替えるべき(限界の)換声点

があると考えられます。

もちろん大まかな目安で必ず個人差はあります

『換声点』をなくすための考え方やトレーニングについて

続きを見る

最適な共鳴のポイント・声の方向性も違う

これはわかりやすく

  1. 声が低い男性(バス)
  2. 声が高い女性(ソプラノ)

で比較してみましょう。

この両者がmid1Cくらいの音を出すと声の方向性はこんな感じになるでしょう。

このように男性は特に違和感なくまっすぐな方向性で声を発することができるでしょうが、女性はものすごく下の方向へ出そうとするはずですし、おそらく出せないでしょう。

女性は声帯を緩めよう(縮めよう)としているから声を下に当てようとする(喉仏を下げようとする)のですね。

 

逆にこの両者がhiCくらいの音を出すと

このような方向性になると思います。

この場合男性は声帯を引っ張ろう(伸ばそう)とするので、喉仏が上がるので声が上や頭の後ろに響くような感覚になる。

 

これが声帯と声の方向性の関係です。

この声の方向は意識である程度いじる(共鳴のコントロール)ことはもちろんできるのですが、人それぞれ音域・声区ごとに”最適な範囲”というものがあって極度に声の方向性を変えることは難しいでしょう。

 

つまり、声が当たる方向性の最適な範囲は持っている声帯と音階によってある程度決まるということがわかると思います。

 

先ほどの各声帯のタイプの比較動画もこれを踏まえて見直すとよりわかりやすいかもしれません。

”基本的には”自分の声帯のタイプには逆らえない

ここで、大事なのが基本的には『自分の声帯のタイプに従うべき』だということです。

もちろん『例外』というものも様々な要因によって生み出されるのですが、基本的には自分の声帯のタイプに合わせて歌うべきですし、プロシンガーの多くはこれに逆らっていないことがほとんどです。

「努力でどうにかならないのか?」と考えるでしょうが、

「なぜ何百年も続くオペラなどのクラシック声楽が声帯の音域タイプを区分けしているのか?」

というところがある意味答えだと思います。

自分の声帯に逆らうとどうなる?

わかりやすく言えば、

自分の声帯に従っている人に勝てない(魅力度で劣る)

と言えるでしょう。

例えば、

  1. 「低い声帯のシンガー」が高い声帯のシンガーの音域帯に適した曲を歌う
  2. 「高い声帯のシンガー」が高い声帯のシンガーの音域帯に適した曲を歌う

として、その他の能力が全て同じレベルだとすると後者の方が魅力的になるのは明らかですよね。

当然、逆に低音の歌を歌うと立場が逆転します。

つまり、持っている声帯に逆らうと『逆らっていない人には勝てない=魅力的にはならない』と考えることができます。

 

さらに、長期的視点で考えると、逆らう側は少しづつ無理な負荷を蓄積し続けることになり、ゆっくりと蝕むように声が劣化する可能性が高くなると考えられる。

 

特に一流シンガーたちは「自分の声帯に従う」ということを大事にしているように思います。

例えば、山下達郎さんと木村拓哉さんのお話で非常に興味深いお話がありました。

木村いわく、ライブを観終えた山下さんから「木村くんの声って、かわいい声しているんだね。でもロックが好きだから、どうしてもハイトーンにいきたいのかもしれないけど、木村くんの声はバリトンなんだよ、うん。やるべき!」とアドバイスされたそう。  引用元『exciteニュース

このように一流のシンガーの方は自分の声帯はもちろん、他人の声帯を見抜く力にも長けているのでしょうし、この言葉の裏には『自分の声帯に従うべきだ』という言葉が含まれていることでしょう。

例外はある

基本的には「逆らえない」と考えるべきでしょうが、様々な要因で『逆らった方が魅力的な人』という場合もあるでしょう。

正確には

  • 逆らっているように見える人

でしょう。

ハードロックやメタルなどのジャンルはこのパターンに当てはまるシンガーも多いかもしれません。

 

例えば、『一見低めな声帯を持っているように思えるが、何らかの要因が重なり高い音域の方が得意な喉のような人はいるでしょう↓

「一定の法則に当てはまらない」というパターンは確かに存在します。

しかし、それは

自分の声帯に逆らっているように見えるが、実は”それが従っている”=その人にとってはそれが最適』という特殊な例

と考えるべきかと。

 

こういうパターンに当てはまる確率は低く、「あの人があんなに低い声帯を持っているのだから自分もあの人くらいの高音は出せるはずだ」と真似をすると痛い目を見る可能性の方が高いはず。

 

おそらくこのパターンに当てはまる人は、「特に努力することなく、最初からそれができた」「自分にとってはそれが一番よかった」ということが多いでしょう。

 

【先ほどの動画の抜粋(表現のニュアンスは少し変えています)】

  • 福山さん「昔から高いんですか?」
  • 稲葉さん「まぁそうですね。声帯の形で大概は決まっていると思う」「響きの点で、歌で低いところは使わない
  • 福山さん「実際に使える一番高いところはE(mid2E)までなんですよ。」
  • 稲葉さん「高けりゃいいってもんでもないので。その人の一番響くところがいい。」

 

福山さんも羨ましがってはいますが、両者とも『自分の声帯に従っている』ことがわかりますし、『自分の声帯に従うことを大切にしている』ことがわかりますね。

  • 基本的には『自分の声帯に従う』方が魅力的
  • 例外的に『自分の声帯に逆らう』方が魅力的(一般的には「逆らっている」ように見えるが、それが本人には「従っている」になる)

本質的にはどちらも優劣はないです。

 

このように例外はあるので、「自分がどうなのか?」というのは考えるべきでしょう。

自分の声帯の音域を確かめる

自分の声帯の音域は自然な最低音に注目

一般的な成人の”話し声”の平均音

  • 男性が lowF#〜mid1Cくらい
  • 女性がmid2A#〜mid2Eくらい

と言われています(様々な調査によって誤差があります)。

あくまでこれは”平均の値”なので、実際にはテンションや雰囲気など場面場面でもっと広い音域で話しているでしょう。

 

個人的には声帯の音域を考えるとき、

  • 自然な最低音

に注目するといいのではないかと考えています。

*この自然な最低音とは「出せるギリギリの極限の最低音」「無理やり出した最低音」ではなく、「綺麗に音にできる範囲の最低音」「最も楽な状態で自然に出せる最低音」です。

 

そうすると、この自然な最低音は、

  • 男性は lowC#〜mid1C#くらい
  • 女性は mid1D#〜mid2D#くらい

個人によってざっくりこれくらい差があると感じています(もちろん、これをはみ出す人も普通にいます)。

つまり同じ性別でもすごく低い人とすごく高い人では1オクターブ近く差があることもある。

 

あくまで目安ですが、

こんな感じになるかと考えられます。厳密には個人個人違うのであくまで参考程度に。

 

自分の声がわかりにくいという場合には、アーティストが普通に話しているインタビュー動画などと一緒に”音程を真似しようとせずに”話してみると確かめやすいと思います。

 

似た声帯を持っている場合は『無理なく自然と』同じような音程になるでしょう。

で、同じような話し声の音程になる人は自分と近い声帯を持っているはずなので、その人の歌は同じように歌いやすい可能性が高いという風に考えられるわけです。

*ただし、『似ているタイプの可能性が高い』だけで、全く同じことはほぼないのでその点は注意です。

自分の2〜3オクターブはこれを基準に考える

この自然な最低音を基準に大体2〜3オクターブで考えると上手くいくでしょう。

左の数字が狭いタイプ、右の数字が広いタイプ(*単位はオクターブ)↓

このように考えると自分の歌声がどこまで歌えるのかという目安になると考えられます。

ただし、あくまでも平均的な目安です。

-歌の雑学・研究・考察

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.