歌の雑学・研究・考察

『自分の持っている声帯の音域』と『魅力的な音域』の関係性について

投稿日:2019年12月9日 更新日:

今回は『自分の持っている声帯とその最適な音域について』です。

人は持っている声帯によって声区の範囲と最適な音域帯がそれぞれ違います。そしてその声区毎に魅力的な音階がある程度決まっています。

今回はそんな声区と最適な音域についてのお話です。

人は大体3オクターブくらいの音域のポテンシャルを持っている

歌に使えるかどうかは置いておいて、

人の声は最低音から最高音まで大体2.5〜3オクターブくらいは出せる

と言われています。

 

「え?無理でしょ!?」と感じる人と「まぁいけるか」と感じる人など様々でしょうが、大体2,5~3オクターブくらいなのです(もちろん、多少の個人差はあります)。

4オクターブとか出せる人も普通にいるので、3オクターブくらいはなんら不思議ではないですね。

 

人が原始人くらいだった頃は嘘か本当かみんな5オクターブくらい出せたとか言われていますね。

 

3オクターブもあれば十分

現状出せるか出せないかではなく、その声帯に秘められた本来の力が3オクターブくらいです。

 

ここから

  • 歌に使いやすい音域が1~1,5オクターブくらい

になります。

 

なので、多くの楽曲が1オクターブ~1,5オクターブくらいの音域の枠で歌われることが多いですね。

本来の力が3オクターブあれば理論上は全く問題なく歌えますし、むしろ有り余っています。

 

とは言え有り余るくらいがちょうどいいですし、持っている限界いっぱい使うのも音楽としては微妙ですね。

なのでそういう点でも大抵の楽曲は1オクターブ~1,5オクターブくらいの範囲に収まるのでしょう。

 

声区ごとに魅力的に鳴らせる音域は決まっている

3オクターブの中で魅力的に鳴らせる音階はそれぞれにあります。

このような『音階と魅力の関係性』のグラフになるはずです。(*あくまで簡略化していますし、個人差もあります。)

 

これは”基本的には”誰しもがそうであるはずです。

 

基本的に、

この枠から外れると魅力的にはならないので、プロのシンガーはこれに合わせて自分のキーを設定していますし、作曲しています。

 

なので大体1〜1,5オクターブの楽曲になるのでしょう。

 

この魅力度合いから大きく外れるとどんなに上手いシンガーでも魅力的には聴こえないでしょう(もちろん一部の例外はいますね)。

 

例外

例外というより

  • 魅力の価値観は音楽性によって変化

します。

例えばクラシック音楽で良しとされる発声はヘビメタでは魅力的ではないでしょう。逆にヘビメタの発声をクラシックでしていたらダメですよね。

 

つまり音楽の方向性次第で魅力は変わるので例外的なものは当然あるということです。

 

ここでの『魅力』とは

僕が考えている魅力とは最適という意味のニュアンスが強いです。

本来持っているものをそのまま最大限活かしたものが理想というか、あるべき形に従って(逆らわず)磨いたものがその人にとって最も魅力的という考えです。

 

魅力的な音階は持っている声帯によって違う

魅力的な音域は『その人が持っている声帯』に依存します。

 

つまり

「声帯の違い」が

  1. 最適な声の方向性の違い(共鳴の違い)」
  2. 最適な声区の範囲の違い」

を生むので、それが魅力的な音階の違いになるのです。

 

最適な声の方向性の違い

わかりやすく声が低い男性声が高い女性で比較してみましょう。

この両者がmid1Cくらいの音を出すと声の方向性はこんな感じになるでしょう。

このように男性は特に違和感なくまっすぐな方向性で声を発することができるでしょうが、女性はものすごく下の方向へ出そうとするはずですし、人によっては出せないでしょう。

 

逆にこの両者がhiCくらいの音を出すと

このような方向性になると思います。

これがある音に対する声帯と声の方向性の関係です。

 

この声の方向は意識である程度いじる(共鳴のコントロール)ことはもちろんできるのですが、音域・声区ごとに最適な範囲というものがあって極度に声の方向性を変えることは難しいでしょう。

 

この声が当たる方向性の最適な範囲は持っている声帯と音階によって決まるということがわかると思います。

つまり持っている声帯によって魅力的な音域は決まっていると言えますね。

 

 

最適な声区の範囲の違い

実は声帯によって、

『一番最適な換声点は決まっていて、それは持っている声帯の音域に従うことが多い』

と考えられます。

 

どういうことかと言うと、

  • 低い声帯を持っている人は最適な換声点が低い
  • 高い声帯を持っている人は最適な換声点が高い

ということです。

 

これは男女の声帯の違いを考えればわかりますね。

 

このように最適な”換声点は男女でズレるのは当たり前ですし、性別だけでなく人それぞれに違います。

 

 

つまり、

  • 最適な換声点が声帯によって違う

のなら、

  • 最適な音域が声帯によって違う

と言えると思います。

 

この魅力度合いからはみ出すとどうなる?

この魅力からはみ出すような発声(例えば、無理な高音ミックスボイスなど)は基本的に「最適ではない」ので喉を壊す可能性があります。

 

ココがポイント

ここで言う「喉を壊す」とは、怪我のように急に何かが壊れて思い通りの発声できなくなることだけではなく、ゆっくりと少しづつ気づかないくらいのペースで発声を不自由にしていくことも含みます。

 

何かが急にバキッと壊れた方がいくらか幸せですね。

喉のダメージは気づかなくらいにゆっくりと進行し、気付いた時には「あれ?なんか声が出しにくい」みたいになる可能性も十分あります(そっちの方が多いかも?)。

 

衰え?

いや、これも「喉が壊れる」と同じようなものだと考えています。

気づかないくらいゆっくりと壊れる」のです。

 

まぁこれはあくまで可能性の話であって、壊れない人や保っている人もいます。

でもはみ出した発声をしている人で成長している人は非常に少ないと思います。

 

いくら年老いてもずっと歌が上手い人はこの魅力の度合いを綺麗に守っている人ばかりです。

 

 

-歌の雑学・研究・考察

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.