声や歌について 音楽

歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器|楽器で歌が上手くなる?

更新日:




今回は歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器について書いていきたいと思います。

やはり歌が上手い人というのは楽器が弾ける人がほとんどです。

もちろん楽器が全く弾けなくても歌が上手い人います。が、割合としては楽器を弾ける人の方が多いのではないでしょうか。

今回は歌が上手くなりたい人がはじめるべき楽器について書いていきたいと思います。

歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器は2つのどちらか

  • ピアノ
  • ギター

この二つが始めるべき楽器ですね。

 

それぞれの利点について書いていきますが、その前になぜ楽器を始めると歌が上手くなるかを考えなければいけません。

 

なぜ楽器が弾けると歌が上手くなる?

歌の上手さ(技術的な)というのは大きく分けると二つの要素で決まります。

  • 喉・声をコントロールする能力
  • 音感・リズムなどの音楽感覚的能力

この2つの掛け算で決まります。

 

詳しくはこちら

歌が上手くなる方法|2つのポイント・必要な能力を理解することから始まる

今回は歌が上手くなるポイントについて書いていきたいと思います。 歌が上手くなりたい人は多いと思います。下手であってもいいことは一つもないですし、カラオケにいくのが苦しいですよね。   今回は ...

 

つまり楽器を始めることで後者の「音感・リズムなどの音楽感覚的能力」が鍛えられるのです。

なので楽器をすることは歌が上手くなるために重要なのです。

 

もちろん、どんな楽器をやっても音階のある楽器であれば、音感やリズム感は身につきます。

が、やはりギター・ピアノは様々なことができるという点で音楽的感覚が鍛えやすいです。

 

なぜピアノ・ギター?

ピアノやギターは歌が上手くなる上で欠かせないコード感が身につきやすい楽器だからです。

コードが弾けるからですね。和音が作りやすい楽器なのです。リコーダーではダメってことです。

世の中の曲はコードでできていますから、これが弾けると曲が弾けるのです。

 

シンガーが弾き語りで、ピアノやギター以外で弾き語っていることはほとんど見たことがないはずです。

他の楽器ではなかなかコードが弾けないからなのです。

 

当然、コードが弾ける楽器ということはコード感が身につきやすいです。つまり音楽的感覚が磨かれるので、歌が上手くなるのです。

 

ピアノの特徴

誰でも音を出すのが簡単

ピアノは音を出すのがものすごく簡単ですよね。鍵盤を押せば音が鳴るのですから、誰でも簡単に音を出せます。

高度なテクニックは本当に高度ですが、音を出すという点では初心者でも始めやすいですし、はじめからある程度の楽しさを感じる楽器です。

 

コードを覚えにくいかも

音は簡単に鳴るので、コードを弾くにも苦労はしないでしょう。3つ鍵盤を押さえればいいだけですから。(様になるには、左手を使いベース音入れて最低4つは抑えたいところですが)

弾けと言われれば、小学生でも余裕ですね。

 

ただそのコードを覚えるために、コード理論を勉強しないといけないということがあります。

もちろん手の形で覚えてもいいのですが、形が変わり映えしないので覚えにくいかもしれません。

ただ、コード理論がわかってさえいれば、どんな初心者でも弾けちゃいます。

 

ギターの特徴

最初は音が出せない

ギターはどんなに上手いギタリストでさえ、世界に名を轟かすようなギタリストでさえ、最初から綺麗な音を出ことはできなかったはずです。

 

それくらいギターというのは、最初音を出すのが困難なのです。指が痛くなりますしね。

 

まぁギターには『コードFの壁』というものが存在するのですが、これを乗り越えるかどうかが鍵です。ちなみに諦めなければ、誰でも超えられます。自転車に乗れるようになるみたいなものです。

 

コードを覚えやすい

ギターはコードをものすごく覚えやすいのが特徴です。ほとんどのギター用の譜面にはコードの押さえ方が載っているので、コードの理論なんて何一つわかってなくても弾けてしまいます。

指の抑え方は最初は難しいですが、必ず覚えます。覚えるとなかなか忘れられないくらい身につきます。

コードの勉強をしたくない人にはオススメですね。

 

ギター・ピアノそれぞれが歌に及ぼす特徴

これは全員がそうだと言えるものではないのですが、比較的そうなりやすいという傾向です。

例外もたくさん存在するとは思いますが、どちらか悩んでいる人のために。

 

ピアノを弾くシンガーの傾向

ギターを弾くシンガー比べてピッチ感が良くなりやすいかも

これは常に正しく調律された音を聞いていることや、ベース音を動かしやすい(意識しやすい)のでベース音をしっかりと感じて歌うことができるということからだと思います。

 

また、コードの音の粒がしっかりしていて聞き取りやすいので、それ合わせて歌うと自分がずれているのかが感じやすいです。ギターはその点少しぼやけてしまいます。

 

ピアノが弾けるシンガーの方が綺麗で美しい歌声を聞かせてくれるシンガーが多いように感じます。もちろん例外もあるでしょうが。

 

ギターを弾くシンガーの傾向

ピアノを弾くシンガーに比べて声量があることが多い

ギターは自分が抱え込んだそのボディーから比較的大きな音がなり、音量もコントロールしにくいので(アコースティックの場合)ギターに負けないように大きな声を出す傾向にあります。

 

ギターが弾けるシンガーの方が人の心を揺さぶるようなダイナミクスを表現してくれるシンガーが多いような気がします。もちろん例外はあるでしょうが。

 

当然それ以外にも様々な特徴があります。

リズムの取り方や作曲の傾向など結構違いますね。

 

まとめ

どちらをやるにしても楽器が弾けるというのはそれだけでかっこいいですよね。

歌が上手くなりたい人は少しでも楽器を弾けるようになると随分と歌の聴き方や歌い方が変わってくると思います。

ピアノにしろギターにしろ1日15分くらい練習すれば3ヶ月もあれば、弾き語りくらいできるようになると思います。(保証はできませんが。)

 

 

 

 

おすすめ記事

-声や歌について, 音楽

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.