【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌唱力アップ

楽器が弾けると歌が上手い?|歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器

更新日:

今回は楽器と歌の上手さの関係性・歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器についての内容です。

この記事は

  • 楽器が弾けることと歌の上手さの関係性→『すごく関係ある』
  • 歌が上手くなるために始めるべき楽器→『ピアノかギター』

という内容です。

楽器と歌の上手さの関係

結論から言うと

『楽器を弾ける人は歌が上手く』なります。

まぁプロで活躍するシンガー達もほとんどの人が楽器を弾けますから説明されずとも感覚でわかるという人も多いでしょう。

 

なぜ楽器が弾けると歌が上手くなるのか?

 

歌の上手さ(技術的な)というのは大きく分けると二つの要素で決まります。

歌の上手さを決める二つの要素

  • 喉・声をコントロールする能力
  • 音感・リズムなどの音楽的感覚能力

この2つの掛け算のような形で決まると考えられます。その理由は長くなるのでは別記事にて。ここでは省略します。

 

ココがポイント

楽器を始めることで二つ目の「音感・リズムなどの音楽感覚的能力」が鍛えられるのです。

『楽器をすることがこの能力を一番鍛えやすい』と言っても過言ではないでしょう。

なので楽器をすることは歌が上手くなるために重要なのです。

 

ポイント

歌が上手くなるために必要な要素を考えれば、楽器をすることがとても良いことだと言える。

 

歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器は2つのどちらか

「始めるべき」という言葉を使っていますが、『オススメ』ということです。

絶対にしなければいけないということではないですよ。

 

始めるべき楽器

ピアノ

ギター

この二つの楽器ですね。

それぞれの利点について書いていきます。

 

なぜピアノかギターがいいのか?

ピアノやギターは歌が上手くなる上で欠かせない『コード感が身につきやすい楽器』だからです。

つまり、コードが弾けるからですね。

 

コード和音が作りやすい楽器なのです。

 

なのでリコーダーではダメってことです。世の中の曲はコードでできていますから、これが弾けると曲が弾けるのです。

シンガーが弾き語りで、ピアノやギター以外で弾き語っていることはほとんど見たことがないはずです(例外もありますよ。割合の話です。)

 

他の楽器ではなかなかコードが弾けない、もしくは弾きにくいからなのです。

当然、コードが弾けるということはコード感が身につきやすいですよね。コード感が身につくということはピッチが良くなるということです。

歌のピッチを鍛える方法について

続きを見る

 

コード感が身につくと音楽的感覚が磨かれるので、歌が上手くなると考えられます。

また、コード感が身につくことでフェイクやアドリブといった音楽的技も使えるようになるかもしれません。

歌のフェイクやアドリブのやり方・練習方法|『コード感』を身につけよう

続きを見る

 

ポイント

コード感が身につく楽器がいい

では歌が上手くなるのに最適な2つの楽器の特徴について書いてきたいと思います。

 

ピアノの特徴

まずはピアノの大きな特徴です。

細かい特徴を挙げて言ったらきりがないので、「歌が上手くなりたいから楽器を始めてみようかな」と考えている人が考慮すべき特徴です。

 

ピアノの特徴

  • 誰でも音を出すのが簡単
  • コードを覚えにくいかも

という二つが考慮すべきポイントだと思います。

 

誰でも音を出すのが簡単

ピアノは音を出すのがものすごく簡単ですよね鍵盤を押せば音が鳴るのですから、誰でも簡単に音を出せます。

高度なテクニックは本当に高度ですが、音を出すという点では初心者でも始めやすいですし、はじめからある程度の楽しさを感じる楽器です。

 

コードを覚えにくいかも

音は簡単に鳴るので、コードを弾くにも苦労はしないでしょう。3つ鍵盤を押さえればいいだけですから(様になるには、左手を使いベース音入れて最低4つは抑えたいところですが)。

弾けと言われれば、小学生でも余裕ですね。

 

ただそのコードを覚えるために、コード理論を勉強しないといけないということがあります。

もちろん手の形で覚えてもいいのですが、形が変わり映えしないので覚えにくいかもしれません。ただ、コード理論がわかっていれば、どんな初心者でも弾けちゃいます

ギターの特徴

ギターの特徴

  • 最初は音が出せない
  • コードを覚えやすい

という二つです。

 

最初は音が出せない

ギターの初心者はどんなに上手いギタリスト、例えば世界に名を轟かすようなギタリストでさえ、最初から綺麗な音を出ことはできなかったはずです。

それくらいギターというのは、最初は音を出すのが困難なのです。初心者は手の皮は全く発達してないので、指が痛すぎて耐えられないことが多いでしょう。

 

まぁギターには『コードFの壁』というものが存在するのですが、これを乗り越えるかどうかが鍵です。

ちなみに諦めなければ誰でも超えられます。自転車に乗れるようになるみたいなものです。

難しいのは最初だけ

 

コードを覚えやすい

ギターはコードをものすごく覚えやすいのが特徴です。

ほとんどのギター用の譜面にはコードの押さえ方が載っているので、コードの理論なんて何一つわかってなくても弾けてしまいます。やっているうちにだんだんとわかってくるというメリットもあります。

 

指の抑え方は最初は難しいですが、必ず覚えます。結構すぐに覚えられますし、覚えるとなかなか忘れられないくらい身につきます。

コードの勉強をしたくない人には圧倒的にオススメですね。

ギター・ピアノそれぞれが歌に及ぼす特徴があるかも

これは全員がそうだと言えるものではないのですが、比較的そうなりやすいと考えられる傾向です(プロのシンガーなどの傾向を考えると)。

少なからずどちらをやるかでボーカルの特徴が変わってきたりします。

 

例外もたくさん存在するとは思いますが、どちらか悩んでいる人はなりたい方向性も考慮して決めてもいいかもしれませんね。

ピアノを弾くシンガーの傾向

ギターを弾くシンガー比べてピッチ感が良くなりやすい

これは常に正しく調律された音を聞いていることや、ベース音を動かしやすい(意識しやすい)のでベース音をしっかりと感じて歌うことができるということからだと思います。

 

また、コードの音の粒がしっかりしていて聞き取りやすいので、それに合わせて歌うと自分がずれているのかが感じやすいです。ギターはその点少しぼやけてしまいます。

 

ピアノが弾けるシンガーの方が綺麗で美しい歌声を聴かせてくれるタイプのシンガーが多いように感じます。

もちろん例外もあるでしょうが。

 

ギターを弾くシンガーの傾向

ピアノを弾くシンガーに比べて声量があることが多い

ギターは自分が抱え込んだそのボディーから比較的大きな音が鳴り音量もコントロールしにくいので(アコースティックの場合)ギターに負けないように大きな声を出して歌う傾向にあります。

 

ギターが弾けるシンガーの方が人の心を揺さぶるようなダイナミクスを表現してくれるタイプのシンガーが多いような気がします。

これももちろん例外はあるでしょうが。

 

当然それ以外にも様々な特徴があります。

リズムの取り方作曲の傾向など結構違いがありますが、ここでは置いておきましょう。

まとめ

この記事の結論は

  1. 楽器をすることでコード感が身につき歌が上手くなる
  2. ピアノかギターがオススメ
  3. それぞれの特徴を考慮して選ぼう

ということです。

 

ピアノにしろギターにしろ1日15分くらい練習すれば3ヶ月もあれば、弾き語りくらいできるようになると思います(もちろん保証はできません。笑)

初めての楽器は

初心者の方で楽器を買うなら『イシバシ楽器』が圧倒的にオススメです。

サイトで「入門セット」と検索すると初心者のための入門セットがかなり豊富にあります。

>>業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!

イシバシ楽器は『Amazon』にも出店しているのでアマゾンからも購入できます。

どちらも値段は同じですが、イシバシ楽器で買うとイシバシ楽器のポイントが付きます。楽器はメンテナンスもありますので、後々のことを考えるとイシバシ楽器の方がお得かもしれませんね。

-歌唱力アップ

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.