声や歌について

歌が上手い人は内耳共鳴と外耳共鳴の誤差が少ない!?

投稿日:

今回は内耳共鳴と外耳共鳴による聞こえ方の誤差と歌唱力の関係性のお話です。

人間は誰しも内耳と外耳の聞こえ方に誤差があるのですが、その誤差はできる限り少ない方がいいですし、歌が上手い人はその誤差が少ないのではないか?という内容です。

内耳と外耳による聞こえ方の差

内耳や外耳とは

耳は外側から内側へ向かって外耳、中耳、内耳に分けられる。おおまかに述べると外耳は外界から鼓膜までの部分、中耳は鼓膜とその奥(内側)にある鼓室、ならびに鼓室と鼻腔を結ぶ耳管である。内耳は中耳のさらに奥にある器官で、頭蓋骨の中(細かく言うと頭蓋骨の一部である側頭骨[注 1]の、錐体と呼ばれる部分の内部)にある複雑な形の腔の中に、聴覚や平衡覚に関与する装置をもつ。

引用元:Wikipedia『内耳』

このようにあります。

その部分から聞こえる音として「内耳共鳴」「外耳共鳴」とか呼ばれたりします。

*このように正式には内耳・外耳は部位の名称ですが、以下では音として省略して書いている場合もあるのでご了承ください。

難しいことは考えずに「内耳共鳴」は体の中から聞こえる音・「外耳共鳴」は外から聞こえてくる音ですね。

基本的には普段聴いている音は外耳で聴いています。他人の声や物音や音楽など全て外耳で聴いています。

ところが、自分の声だけは内耳+外耳で聴いています。

このように声帯で鳴った音が、体の内側を通って聞こえる音(内耳共鳴)外に発した音を同時に聞いているのですね。

なので、

録音した自分の音声や自分の声が入った動画の声などは少し違って聞こえますね。

内耳で聞いている分は周りには聞こえていないので、実質的には録音したその音声の方があなたの声に近いというわけですね。

このように誰しも内耳と外耳の聞こえ方があるので、自分が聴いている自分の声と人が聴いている自分の声は違うのですね。

これは少なくとも僕の力では証明することはできない、あくまで仮説なのですが、「歌が上手い人はこの内耳と外耳の誤差が少ないのでは?」と考えています。

内耳と外耳の誤差と歌唱力

内耳共鳴と外耳共鳴の誤差は基本的には少ない方がいいはずです。

他人が聴いている声と自分が聴いている声のが誤差が少ないということは、そのぶん音程や声質の誤差を認識しやすいとも考えられます。つまり、そのぶんだけ歌が上手くなると言い換えてもいいはずです。

例えば

レコーディング時はヘッドホンで自分の発声を直接聴くことができるので音程が取りやすく歌唱力がアップしますし、現代はライブなどでもイヤモニで直接自分の声を耳に返すことで、大きな会場でも「返し」に頼らず綺麗に歌うことができます。

逆にどんなに上手い人でも自分が発している音が聴こえない場合、上手く歌うことは難しいですね。

このように自分が発している音を認識する度合いが、歌唱力にある程度影響してきます。なので、バケツをかぶって歌う練習お風呂で歌う練習などもあるのですね。全ては自分の声を認識しやすくするための方法ですね。

ココがポイント

これらは全て外耳からの情報量を増やしていますね。外耳からの情報が一番正確なのです。他人が聞いている音と同じなのですから。

逆に内耳共鳴は内部から直接聴く音なので、その空間に鳴っている音ではないものです。音痴な人はこの内耳の音が強く聞こえすぎたり、脳が勝手に補完修正して聞こえたりするとかしないとか。

この内耳共鳴は少し言い過ぎですが、言わばいらない情報です。

自分が聴いている自分の発声と、他人が聞いている自分の発声の誤差は少ない方がいいのです。

そういう点で内耳と外耳の誤差は少ない方がいいと考えられます。

歌唱力がある=誤差が少ない?

そして歌唱力のあるシンガーというのはこの内耳と外耳の誤差が少ない、というより外耳からの情報を多く取り入れることができるのではないかと考えられます。

つまり

歌が上手い人は自分の録音を聞いても「そこまで大きな誤差を感じない」と考えられます。

歌が苦手な人は自分の歌を録音してみると「気持ち悪い」とか感じる人も多いと思いますが、歌が上手い人は「ふーん」ぐらいでしょうね。

これは誤差が少ないからと考えられます。

なぜ誤差が少ないのか。

おそらく「発声の質がいいので、外耳で聞き取れる声の割合が多くなる」からだと考えられます。

発声が理にかなった発声をしている場合、音の質がいいということですから結果的に外耳で聴ける音は増幅します。外耳で聴いている割合が多いので、認識の誤差が少ないということですね。

もしくは、脳的に内耳と外耳の音を聴き取る能力の割合が人によって違うのかもしれませんが、それはなんともわかりません。

結論

結論

内耳・外耳の誤差は少ない方がいい

外耳で聴く割合が多い方がいい

歌が上手い人は自分が発している音の誤差が少ないかもしれない

ということです。

この内耳共鳴と外耳共鳴のバランスを変えるように訓練することはできないでしょうから、発声の質を良くするか、外耳でよく音が聴けるように耳を鍛えるしかないですね。

音楽を聴く耳の良さと歌唱力の関係性

今回は『耳の良さ』が歌唱力に大きく影響するものであるという内容です。 実は「耳の良さ」は歌唱力や歌の上手さにおいて重要なものの一つだと思います。 それが全ての要因ではないことは大前提ですが、耳が良けれ ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 当サイトでは歌唱力アップのための様々なトレーニングや研究考察などを紹介しています。 例えば「〇〇のためには〇〇トレーニングがいい」みたいな感 ...

5

今回はオススメの音楽配信サービスアプリについての紹介です。 音楽配信アプリは当然音楽を聴くもので、単純に考えると娯楽の範囲でしょう。ですが、「音楽的感覚・感性」という部分の成長は音楽をたくさん聴くこと ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.