【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

声や歌について

歌うときの舌の位置について【正しいポジションは”人によって違う”】

更新日:

今回は「歌うときの舌の位置について」です。

この記事は

  • 歌うときの正しい舌の位置は人によって違う
  • なぜ『正しい舌の位置』が教えられるのか?
  • 正しい舌の位置が人によって違う理由

という内容です。

歌うときの舌の位置の正しいポジションは『人による』

先にこの記事の結論から述べておくと

『歌うときの舌の最適な位置は個人個人違う』

ということです。

つまり

『”正しい”舌の位置なんて存在しない』

とも考えられます。

そして極論を言えば、

『舌の位置は上がってても下がってても、どっちでもいい』と考えられます。

なので『舌の位置』にばかりこだわるのはもしかしたら意味がないかもしれませんね。

なぜ?

「なぜ舌の位置がどうでもいいのか?」というと、

  1. 発音・言語によって舌の使い方が違うから
  2. 「舌の大きさ・長さ・厚さ」「骨格・歯・口の中の空間」は人によって違うから

ということが考えられます。

これらの理由は後ほど掘り下げるのですが、その前にもう一つ考えておくべきことがあります。

それが「なぜ正しい舌のポジションというものが語られるのか?」です。

「正しい舌の位置」を教えられる理由

確かに舌の位置において”正しい”位置は存在しないと考えられるのですが、

『舌(舌根)が発声を邪魔する』

ことはあります。

なので、

  • 舌が上がってはいけない
  • 舌を下げなさい
  • 舌を凹ませよう
  • あくびのような舌の位置を作ろう
  • 口の奥の黒い空間が見えるように

というようなことが言われますね。

「じゃあ、正しい位置あるじゃん!」と思うでしょうが、考えるべきポイントはそこではないと思います。

高音が苦手な人

例えば、

高音が苦手な人の場合、舌が上がって(舌根が硬くなって)しまいます。

これは『舌根が発声を邪魔している』と言えますね。

ただ、厳密には『声帯を自由にコントロールできないので、舌根の力を借りて声帯をなんとかコントロールしようとして起こるようなこと』だと考えられます。

*さらに厳密には声帯周りが緊張することで舌根が硬くなるとも考えられる。

こういう高音が苦手な人の場合、必ず舌が上がってしまうので「舌を下げなさい」と教えるのですね。

まぁそういう点では舌を凹ませたり、舌を下げたり・引っぱったりすることは”練習において”は「正しい位置」と言えるのかもしれません。

でも言ってしまえば”その時点では”舌を下げたくらいじゃ高音は出ませんよね。

だって”舌の力が必要だから”借りているのであって、それを無くすともっと出なくなる可能性の方が高いです。

高音が得意で自由自在に発声できる人ならどうでしょう?

こういう人は舌根を固めないでも(舌根の助けを借りなくても)、声帯を自由にコントロールできます。

高音発声時に舌を上げても下げても同じように楽に発声できる人にとっては『舌の位置なんてどうでもいい』と考えられると思うのです。

舌の位置がどうあろうと発声の質に大きな影響はないのですね(もちろん上がっている場合と下がっている場合では些細な音色の変化はあるでしょう)。

プロのシンガーの舌を観察すればわかりますが、上がっている人も下がっている人もいますよね。

舌がリラックスできる位置であればなんでもいいのでしょう。

つまり

高音が苦手な人などは舌が上がっているからいい発声ができないのではなく、いい発声ができるための声帯の能力がないから舌が上がっていると考えられます。

そしてそういう人がいい発声ができるようになるため、舌根と声帯の動きを切り離すために、『正しい舌の位置』というものが教えられるのですね。

まとめると、

この場合の『正しい舌の位置』とは舌の助けを取り払うための舌の位置なだけであって、舌が硬くならない(舌の力を借りない)のであれば舌はどんなポジションをとってもいいと考えられます。

つまり

『練習における正しい舌の位置は存在する』が、『発声における正しい舌の位置は存在しない』

と考えられます。

言語や舌の形・大きさの違い

先ほどの

  1. 発音・言語によって舌の使い方が違うから
  2. 「舌の大きさ・長さ・厚さ」「骨格・歯・口の中の空間」は人によって違うから

という二つの理由から

適正な舌の位置は人それぞれ違う

ということが考えられます。

発音・言語によって舌の使い方が違うから

「舌を上げてはいけない」というのが正しいポジションだとしても、舌を上げなければ発音できない発音は存在します

発音

例えば『ヤ行』。

試しに鏡の前で口の中を見ながら「ヤ」と発音してみてください。舌はこれでもかというくらいせり上がると思います。

ヤ行は舌の奥の広い面を上あごにつけないと発音できないですから舌は絶対上がります

仮に「ヤ」だけの歌が存在するとしたら、その歌は大半の舌のポジションがダメだということになります。

それはおかしいですよね。

まぁそんな歌存在しな・・・・・

言語

例えば、イタリア語は舌の使い方に特徴がある言語です。

特に日本語ではほぼ使われないような巻き舌も普通に使われます。

言語によって舌の使い方が違うということは取るべき舌のポジション・多く出てくる舌の動きも言語によって違うと考えられますよね。

でもあらゆる言語で歌が上手い人はいますから、「舌の位置なんてどうでもいい」と言えるでしょう。

「舌の大きさ・長さ・厚さ」「骨格・歯・口の中の空間」は人によって違うから

そのままの意味ですが、

  • 舌の大きさ
  • 舌の長さ
  • 舌の厚さ
  • 骨格
  • 口の中の空間

これらは人それぞれ違います。

横に広い舌を持つ人もいれば長い舌を持つ人、舌をMやWの形にできる人、鼻に舌先をつけることができる人など色々な人がいます。

当然、『歯並び・舌から歯までの距離・舌が収まる口の中の空間』の大きさも人それぞれです

仮に

舌がものすごく大きくて、口の空間がものすごく小さい人がいたとしたら、その人は発声するだけで舌が上がってしまうことになりますね(正確には「上がっているように見える」)。

この人に「舌が上がらないように!」とか言ってしまうと酷ですね。

つまり、

体や舌が人によって違うのですから、『最適な舌のポジションは人によって違う』と言えますよね。

本やボイストレーナーによって「正しい舌の位置」の言っていることが違うのもこういうことですね。

だって人それぞれなのですから。

以上にようなことから

  • 『歌うときの舌の最適な位置は個人個人違う』
  • 『”正しい”舌の位置なんて存在しない』

と考えられます。

どうやって自分に最適な舌の位置を見つけるのか?

と言われると、『まずはそこじゃない。』でしたよね。

そんなことより舌の位置にこだわらなくてもいいくらい舌を自由に動かしても大丈夫なように舌根と声帯を切り離す(声帯の能力を高める)というところに焦点を当てていくことが大事だと思います。

それが結果的に最適な舌の位置に導いてくれるのですね。

それについてはこちらで↓

舌根を柔らかくするトレーニング方法について

今回は『舌根と発声の関係性』について、また後半は『滑舌』についてです。 この記事は 舌根と発声について 舌根をほぐすトレーニング方法 滑舌について 滑舌が良くなるトレーニング方法 という内容です。 舌 ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.