発声方法

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

投稿日:2018年7月12日 更新日:

今回はベルティング発声・ベルティングボイスについてのテーマです。

この記事は

  • ベルティングとは
  • ベルティングの特徴
  • 具体的な出し方や練習方法

という内容です。

ベルティング発声・ベルティングボイスとは

ベルティングボイスとは、簡単に言うと

  • 地声のような高音発声
  • 力強い/パワフルな高音発声

を指す言葉です。

 

見た方が早いですね。

だいたいこんな感じ(男性)↓

 

とかこんな感じ(女性)↓

 

厳密にはその定義は曖昧で世界的にも明確な定義のない言葉でもあります。

 

というか、このベルティングという言葉は『特殊な発声方法』というよりも、

  • 『印象』のニュアンスが強い言葉

だと個人的には思っています。

 

『力強さ・パワフルさ・声量がある・太い』というような印象のある地声系の高音発声に対して「ベルティング」という言葉を使うことが多いと思います。

 

あまり難しく考えなくてもよくて、

  • 迫力高音発声

くらいの認識でいいのでは?

 

語源・由来

英語「Belt」の動名詞「Belting」です。

「Belt」つまり「腰に巻くベルト」の意味です。

 

動詞として使うと「ベルトや帯を締めるなどの意味がありますが、「勢い」というニュアンスの意味もあり、「Belt out」で「勢いよく歌う・大声で歌う」などの口語的な意味としても使われるようです。

つまりBeltの動名詞「Belting」のvoice(声)で『ベルティングボイス』という名称です。

 

『ベルティングボイス』は地声?ミックスボイス?

ベルティングボイスを表現するときに『地声のような高音発声』と言います。

そしてそう表現すると、次の疑問が生まれます。

 

「じゃあ、ミックスボイスは?」

と。

これは難しく考えない方がいいです。

 

ベルティングボイスは

  • 『地声でもあり、ミックスボイスでもある』

と考えられます。

 

「え、ズルくない?」

と思うでしょうが、これを考え出すと「そもそも地声とミックスボイスの明確な差はなんですか?」という話に突入してすごく長くなるので、ここではスルーします。

 

ミックスボイスは地声の仲間と考えられるから、ベルティングは地声でもありミックスボイスでもあるとざっくり考えておけばいいと思います。

損はないです。

 

ベルティング発声の特徴

『ベルティングらしさ』みたいなものは

  1. 太い声
  2. 力強い声(声量ある声)
  3. 高音発声

という3つの要素だと考えられます。

 

ということは、

  1. 『太い発声』とは喉や口の空間が広い発声=【共鳴】
  2. 『力強い発声』とは息の圧力が強い・声帯の鳴りが強い発声=【息/声帯閉鎖・声門閉鎖】
  3. 『高音』は息の力が強まる・声帯が伸展する(伸びる)ことで高音になる=【息/声帯伸展】

という風に考えることができますね。

 

つまり、

  • 『太い音色』+『鳴りが強い音色』+『高音』+『声量』=ベルティング

変換すると、

  • 『広い共鳴空間』+『声帯閉鎖』+『声帯伸展』+『強い息の圧力』=ベルティング

と考えることができます。

 

 

 

重要なのは要素ごとに役割を理解しておくことでしょう。

  • 『声帯伸展』→声帯を伸ばして高音を出す。
  • 『声帯閉鎖』→声帯・声門を閉じて「息の圧力がかかりやすくする。支える」。声帯収縮(緊張)系の働きとも関わりがあるので、結果的に高音を出すための働きもする。
  • 『強い息』→声帯を強く振動させる原動力。強い鳴り/声量を生み出す。
  • 『共鳴』→太い音色を作り出す。

という感じです。

 

ベルティング発声における『息の圧力』

実はベルティングにおいてはこの『息の圧力』という言葉をしっかりと認識しておくべきだと考えます。

息の圧力は息の量ではありません。

 

あくまで、

『声帯にかかる息の圧力』

『声帯がせき止めている息の圧力』

です。

 

このように声帯が息を受け止めなければ『息の圧力』そのものは小さくなりますし、発声そのものも息が多く流れる『息系の発声』になります。

 

このように息が声帯にせき止められることで強い圧力を生み出し、結果的にそれは強く声帯を振動させることになり、強い発声が生まれます。

 

つまり、息の力と声帯の動きと連動して息の圧力を生み出します。

 

そしてこの息の強い圧力が『強い鳴り・パワフルな鳴り・声量ある鳴り』を生み出すのですね。

 

ベルティングの出し方・練習方法

まず、

  1. 『声帯閉鎖』
  2. 『息の圧力』
  3. 『共鳴』
  4. 『声帯伸展』

のうち、まずは『声帯閉鎖』『息の圧力』という部分にしぼります。

これは『力強さ・パワフルさ・声量』みたいな部分と大きな関わりのある部分です。

 

いきなり全部を考えるのは大変というよりも、実は歌が苦手な人の場合『共鳴』と『声帯伸展』で行き詰まると思います。

「強い声帯閉鎖」「強い息」を両立させた時、力強い発声ができる

  1. 強い声帯閉鎖
  2. 強い息

まずはこの二つを両立させると、声量ある強い声が出せると思います。

 

 

 

この両方をいかに両立させた状態で声を出すかが重要です。

 

要するに

「エッジボイスのような状態を維持してそこに強い息を押し通す」

みたいな考え方がわかりやすいかもしれません。

 

声帯閉鎖と強い息

  1. 大きく息を吸います
  2. その分だけ強く勢いよく息を吐きます(この息の強さを忘れない)
  3. もう一度息を吸います
  4. 口は「ha」の形を作ります(この時できるだけ喉の空間や喉周りを広く保つ意識)
  5. 「ha」と吐きたいところですが、息を止めます
  6. この時息は喉(声帯)で止めているような感覚が必要です
  7. この息を止めるほどの閉鎖感・声帯の締まりの感覚を『そのまま』にそこに無理やり息を通し声を出します
  8. 「あ"ーー!」と力強い発声がでます。

どんな発声になったかはわかりませんが、ほとんどの人が怒鳴り声や叫び声に似たような声量ある発声になったと思います。

場合によっては、ガラガラ・ゴロゴロと声帯が割れるような音が鳴って怒鳴り声・がなり声のような感じになるでしょう。

 

これは声帯が息の圧力を支えきれずに仮声帯というものが作用しています↓

この『仮声帯』の音色は少し嫌な感じもするでしょうが、無理に消す必要はないです。

ベルティングと呼ばれる発声はこの仮声帯の「うなるような音色」を残すような発声も多いです↓

 

もちろんこのニュアンスは消してもいいです。

 

そういう場合は息の力を弱めてください。

  • 仮声帯が働く=声帯が息を支えられない

なので、息の圧力を弱めれば収まります。

ただし、弱くしすぎるとベルティングの要素を失うので、バランスは上手く取ってください。

 

ただし、

*人によってはそもそも力強い声を出せない声帯を持っている人もいます。

日常生活でも「大声を出す・怒鳴る・叫ぶ」みたいなことができない人です。

主に息っぽい声を持っている人に多いかもしれません。こういう場合は無理をせずに諦めることも大事です。むしろそれを活かせる発声は確実にあります。

 

とにかくこれで、

  • 『力強い声量ある発声』

という条件は満たせたと思います。

 

これに『高音』で『太い(喉開く)』発声にすれば条件的にはベルティングボイスなのですが、、、、、できますでしょうか?

 

ここで、

できる人はやろうとすれば『高音』にも『太く』もすぐできるはず。

できない人はいくらやってもできません(今の能力では)。

これ結構大事です。

 

『共鳴』と『声帯伸展』は声帯の柔軟性がモノを言う

ここまで読んで頂いて、こんなこと言うとアレなのですが、

ベルティングは歌が上手い人(声帯の柔軟性がある人)しか上手く発声できない

と考えられます。

 

その主な要因は『声帯伸展(高音)』とそれに伴う『共鳴』です。

 

簡単に言うと、

  • 高音が苦手な人の場合、高音を出そうとすると喉が締まっていって共鳴空間が狭くなってしまい太い音色を作れない

のです。

  • 逆を言えば、太い音色を作ろうとする(喉を開こうとする)と音程を上げきれない

んです。

『太い』と『高音』の両方を取ることができない。

 

つまり、

『高音』と『共鳴』が密接に繋がっているので、声帯の柔軟性がないとベルティングの条件を満たせない

のですね。

 

じゃあ、どこを鍛える?

とにかく高音を出す能力、『声帯伸展』能力を鍛えることが一番です。

  • 声帯伸展能力を高める=声帯の柔軟性を高める

ことになります。

 

関連

「じゃあ、声帯伸展って何?」っていうお話はここでは長くなるので、こちらへ。

声の音程を調節する仕組みについて【声帯伸展と声帯収縮】

続きを見る

 

とにかく、『声帯伸展の能力がないと高音を自由に出せない』のです。

 

ベルティングの練習方法【結局『コツコツ』と開発】

声帯伸展能力がどうこうと考えてそこにアプローチするのももちろん大事なのですが、

結局、

コツコツと一歩づつ出せる音域の範囲を広げていくこと

が大事ですし、結果的に『ベルティングボイスと呼ばれる発声への道』でしょう。

 

先ほど、『力強い発声』ができたと思いますが、結局『自分が現状だせる音域の範囲』であれば強い声量ある声はできるんです。

 

なので、

  • その出せる範囲を一歩づつ広げていった先が『高音の力強い発声=ベルティングボイス』

でしょう。

 

練習方法

練習段階では

『自由に出せる地声域(もしくはミックス/ミドル域)の範囲を広げるだけ』

です。

 

先ほどのガッと出した力強い発声は息の圧力・勢いが強いので普通の発声よりは高音が出しやすくなっています。

もちろんこれで練習してもいいのですが、

  • 普通の発声で楽に出せる高音=強く鳴らしても出せる
  • 強く鳴らさなければ出せない高音=普通の発声では出せない可能性がある

と考えられるので、音域を広げる練習そのものは強い発声でなくてもいいのですね。

もちろんどんな人でもある一定のラインで限界は来ますのでその点は注意です。

 

練習方法

音域を広げる具体的練習方法は

  • ピアノなどでコツコツと一音づつ『ほんのり苦しい音』を『楽に出せる音』に変えていく
  • 『ほんのり苦しい音』を何度も練習して『楽な発声』に変える
  • そして『次のほんのり苦しい音』に同じことを繰り返す

これだけです。

地道にコツコツとした積み重ねが重要です。

 

関連

コツコツとしたトレーニングの具体的なやり方はこちらで↓

地声の高音域を広げる方法【結局、地道なトレーニングが一番いい】

続きを見る

 

-発声方法

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.