【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

発声方法

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

更新日:

今回はベルティング発声・ベルティングボイスについてのテーマです。

この記事は

  • ベルティングとは
  • ベルティングの特徴
  • 発声原理や理屈
  • 具体的な出し方や練習方法

という内容です。

ベルティング発声・ベルティングボイスとは

定義はふわふわしているものですが、簡単に言うと

地声のような高音発声

ということです。

ベルティング・Belting?

英語「Belt」の動名詞「Belting」です。「Belt」つまり「腰に巻くベルト」の意味です。

動詞として使うと「ベルトや帯を締めるなどの意味、「Belt out」で「勢いよく歌う・大声で歌う」などの口語的な意味としても使われるようです。

つまりBeltの動名詞「Belting」のvoice(声)で『ベルティングボイス』という名称です。

「地声のような高音発声」とは意味としては

  • 地声のまま高い音域を出すということでしょうか?
  • 地声のように聴こえる高い音でしょうか?

実際いろいろな本や情報でも様々なことが書いてあって大体のニュアンス(地声のように聴こえる高音とか地声を引っ張り上げている高音とか)はあるのですが、正確な定義はどれも曖昧です。

そもそも声の定義は線引きが難しいものですから。

明確な定義はどうあれパワフル・力強い声・地声のように聞こえるそんな高音域を指す」のでしょうし、そういう言葉として使われています。

特に

『地声のように聴こえる』という点で比較的太い発声をしている高音を指すことが多いように感じます。

例えばやや閉鎖的なニュアンスで尖った声を出している強い高音はベルティングとあまり言われなかったりします。

『地声のように聴こえる』とは『喉を締めた感じもなく、自然に地声のように開いている高音=太さと強さのある高音』という感じでしょうか。

なんだか曖昧な感じもしますが、声の種類はなかなか定義付けできないものなのです。

というか世界中であれやこれやベルティングだのミックスボイスだの地声だのと、世界中の人が違う見解を示すので、何が正解かを考えるとキリがありません。

そういうものだと割り切って考えるとある意味一歩前進できます

個人的に思う『ベルティングボイス』とは

ベルティングボイスは

強い声帯閉鎖と強い息の圧力によって生み出される強い高音発声

個人的にはこのように考えています。

分類で言えばミックスボイスの仲間だと思っています。(ミックスボイスも世界中でいろいろな見解があるので、ここでの議論はやめておきましょう。個人的に思うミックスボイスの定義についてはこちら

まぁミックスボイスも地声か裏声かで言えば地声の仲間のようなものと考えられるのですが。

下の引用は他サイトなのですが非常に興味深い内容なので一部紹介します。

  • このテクニックは強い声門閉鎖を維持したまま、声帯振動を限界を超えて強く振動させる
  • ベルティングは、強い閉鎖度と声門下圧の増加が求められます。
  • Schutte とD.G. Millerは、次のようにベルティングを定義しました:『ベルティングとは、第1フォルマントを開いた(高いF1)母音上で、第2倍音に同調させるために、喉頭の上昇を必要とし、ある音域で、一貫した胸声区(>50%の声門閉鎖の位相)の使用を特徴とする、大きな声のための唱法である』

引用元:ベルティング Belting

かなり難しく書かれており、様々な見解がありますが強い声帯閉鎖と強い息の圧力必要とする発声であることは共通していますね。

ベルティングボイス の例

海外では下の動画のような声を「ベルティング発声」としていますね。

地声のように聞こえるパワフルな発声です。

これを地声ととるか、ミックスボイス(ミドルボイス)ととるかはお任せします。個人的にはこのような発声は地声(話し声で使う声帯の使い方)を超えた高音発声なのでミックスボイスと考えています。

どう感じたでしょうか?「地声だ」「ミックスボイスだ」は個人の感覚次第ですし、よくわからない人はよくわからなくてもいいと思います。

ただ強く声帯が鳴っており(閉鎖しており)、強い息の圧力を支えることで強い高音域を生み出していることがわかります。

下の動画は日本の偉大なシンガーASKAさんの歌声ですが、上がベルティング発声ならばこれもベルティング発声ではないでしょうか。

結局どう捉えるかは結局個人次第ですが、個人的にはミックスボイスの仲間だと考えています。

でも、この際定義なんてどうでもいいですね。

出せるか・出せないか・どう出すのかが気になるところでしょうし、重要だと思います。

ベルティング発声の特徴

ベルティング発声と言われているような力強い高音の発声にはある程度の特徴があります。

力強い高音発声の特徴

  • 口が開いている
  • 喉が開いている
  • 声帯は締まっている
  • 声帯の鳴りの倍音がある
  • 息っぽくない(息が漏れていない)←結構重要かも

まぁ他にもあるでしょうが、こんな感じですね。この特徴を紐解いていくと以下のように考えられます。

特徴を掘り下げる

  • 【口が開いている】→口は重要ではないが、開けた方が喉が開く
  • 【喉が開いている】→喉の開きは余計な力みを感じさせず地声のように聴こえる感覚を生む。広い共鳴空間は声の太さを生み出す。
  • 【声帯は』締まっている】→この声帯の閉鎖が非常に重要。声帯かなり締めないとベルティング発声はできないはず。
  • 【声帯の鳴りの倍音がある】→声帯を閉鎖させているからよく鳴る。よく鳴るのは閉鎖をそのままに小さな息の通り道に息をぶつけて押し出しているから。
  • 【息っぽくない(息が漏れていない)】→実際に口から出ている息の量は少ない(ただし、声帯自体にかかる息の圧力はかなり大きい)。閉鎖させている声帯により息の出口が少ないので息は少しづつしか出ていない。=ロングトーン・ロングフレーズが可能とも言える。

 

重要なのは声帯だけをしっかりと締めて、その締めた状態のまま音を鳴らせるか・息を通せるかというのが重要です。

ベルティングボイスは声を出すというより鳴らすという感覚が強いはずです。

高音を出すという感覚のうちは出せないかもしれません。出すのではなく、鳴らすのです。

ではアプローチ方法を書いていきますがその前にベルティング発声の『原理』を体感しましょう。

ベルティング発声の原理や理屈

ちょっと変な話になってしまいますが。口で「おならの音」って鳴らせるでしょうか?

口で高音のおならの音の真似とか小さい頃よくしませんでしたか?

「ぷーーーー」って。

これがベルティングボイスの原理なんです。

「プーー」をするとき

大抵の人は唇をしっかりと閉じている状態に強い息を通そうとするでしょう。

唇の閉じ具合はほとんど閉じている状態でほんの隙間に息の通り道ができるように息を吐きますね。

このとき唇の閉じ具合はいい具合に固定されているでしょうし、その口の形を維持するのに結構ながいると思います。

そしてそこに息を通すのも風船を膨らますような息の圧力が必要になると思います。

これがしっかりできたときに高い音で「プーーーーーー」と鳴りますよね。

ベルティングの発声の原理や考え方もこれと同じです。

高くて強い音はこのように息の圧力と狭い出口があれば実現します

もう一つ例を挙げておくと、風が強い日や台風の時って窓の隙間が「ピュー」って鳴っていますよね。あの音って窓をだんだん開くと低い音になって消えますし、ギリギリのところで開けておくとかなり高い音が鳴りますね。

声帯が窓、風は息です。

窓の隙間は小さくないとダメですし、風の強さも強くないと音は鳴りません。

「強い声帯閉鎖」「強い息」を両立させた時、強い高音発声ができる

  1. 強い声帯閉鎖
  2. 強い息

この両方(強く締める・強く吐く)をいかに両立させた状態で声を出すかが重要です。

要するに

「エッジボイスの状態を維持してそこに強い息を押し通す」みたいな考え方がわかりやすいかもしれません。

ベルティングに必要なもの

  1. 声帯のみを締めた状態を維持する(喉は開放的)
  2. そこに音が鳴るように強い息を通す

つまり

  1. 強い声帯閉鎖
  2. 強い息の圧力

が必要。

この二つを共存させることができるようになると『ベルティング発声』と呼ばれるものは完成するでしょう。

ベルティングボイスの具体的な出し方・感覚

ベルティングボイスの出し方

  1. 大きく息を吸います
  2. その分だけ強く息を吐きます(この息の強さを忘れない)
  3. もう一度息を吸います
  4. 口は「ha」の形を作ります(この時できるだけ喉の空間や喉周りを広く保つ意識)
  5. 「ha」と吐きたいところですが、息を止めます
  6. この時息は喉(声帯)で止めているような感覚が必要です
  7. この息を止めるほどの閉鎖感・喉の締まりの形を『そのまま』にそこに無理やり息を通し声を出します
  8. 「あ"ーー!」と力強い発声ができます

「いや、できねぇよ!」ってなりますよね。

難しいんですよ。

鳴らせない人は

  • 息を通せない
  • 声帯を締めたままにできない

のどちらかだと思います。

この二つは対抗している力なので共存させるのが非常に難しいのです。

ベルティングができない理由

ベルティングができない理由は

  • 声帯【
  • 息【

という状態を作れないからです。

この二つの関係性は基本的には反比例の関係性になっているのです。

声帯を優先させると

しっかりと声帯を締めるような状態を保つと息が通せない(声を出せない)という状態になるでしょう。

つまり

  • 声帯【
  • 息【

という状態です。

例えば、

息を止めた状態・声帯を締めた状態をできるだけそのままに(ちょっとだけ緩まってもいいので)ほんの少し声を出そうとするとどうなるでしょうか?

エッジボイスのような感じになりませんか?

この状態はほんの少しの息の通り道を声帯が閉鎖している中で作ったような声です。

このエッジボイスの状態は声帯にかかる息の圧力は小さいです。

エッジボイスは締めた状態の声帯を最小限の息でゆっくりと振動させているから、カラカラと音がなるのです。

体育の先生が使うような笛をよわーい息でヒョロヒョロ鳴らしている状態です。

これを「ピーーーーーー」と鳴らせるくらい息の力が必要となるのです。

息を通すことを優先させると

では次は体育の先生の意識を持って思い切り息を笛(声帯)に向かって出した場合、今度は声帯を閉鎖させられなくて、ガラッとした声・割れた声のような感じになるでしょう。

つまり

  • 声帯【
  • 息【

という状態です。

強い息の力によって声帯が閉鎖した形を維持できないのですね。

息の圧力に声帯が耐えられずに割れてしまったりシャウト系のような声やがなり声のようになったりします。

この反比例の力の関係性を崩すときにベルティングボイスが可能となるのですね。

そして

そのために何が必要なのか?というとそれが

声帯コントロール

なのですね。

ベルティングのトレーニング方法

この二つを両立させるように練習していくしかないのですが、それが難しいところでもありますし、個人個人声帯も違いますからアプローチも変わってくるはずです。

声帯コントロールを脱力の面からアプローチする

例えば、

などなどたくさん考えられます。

自分の声の状態がどういう状態なのか、何が足りないのかを試行錯誤しながらのトレーニングになると思います。

ベルティングボイスはミックスボイスでもあるので(個人的考え)、ミックスボイスを練習していくことでベルティング発声ができるようになっていくこともあるでしょう。

3種類のミックスボイスの出し方や練習方法について

続きを見る

息の力の面でアプローチする

基本的にベルティング系の発声は「息の力」だけで押し切ってもダメではあるのです。

やはり声帯コントロール・声帯の支えがあってそれを息で押し切ることが重要なのです。

ですが、息を鍛えることが何の役にも立たないとは考えにくいです。

特に息を鍛えることは声帯との連動性を鍛えることにもつながり、結果的に声帯コントロールに作用するとも考えられます。

息に声を乗せる【”息の重要性”とその連動ついて】

続きを見る

「歌は息が8割」などと言われるのもそういうことですね。

息のトレーニングは

がオススメです。

息のトレーニングは毎日短い時間でもコツコツと続けることが重要でしょう。

結論

ベルティングボイスは

  • 強い声帯閉鎖
  • 強い息の圧力

の二つを共存させた発声と考えられる。

-発声方法

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.