ボイストレーニング 声や歌について

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

更新日:




今回はベルティング発声・ベルティングボイスというものについて書いていきたいと思います。

このベルティングボイスはミックスボイス同様になんだか定義がふわふわしているものです。

日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、海外では音楽用語として普通に使われるようです。

今回はそんなベルティング発声について書いていきたいと思います。

ベルティング発声・ベルティングボイスとは

ふわふわしているものですが、簡単にいうと

地声のような高音

ということです。

 

意味としては地声のまま高い音域を出すということでしょうか?それとも地声のように聞こえる高い音でしょうか?実際いろいろな本でも様々なことが書いてあって大体のニュアンスはあるのですが、正確なものはわかりません。

 

まぁ声の出し方はどうあれ「パワフル・力強い声・地声のように聞こえるそんな高音域を指す」のでしょう。

 

なんだか曖昧な感じもしますが、声の種類はなかなか定義付けできないものなのです。

というか世界中であれやこれやベルティングだのミックスボイスだの地声だのと、世界中の人が違う見解を示すので、何が正解かを考えるとキリがありません。笑

 

個人的に思うベルティングボイスとは

個人的にはミックスボイスの仲間だと思います。(ミックスボイスも世界中でいろいろな見解があるので、もう議論はいいです。笑)

個人的に思うミックスボイスの定義についてはこちら

 

なので強いミックスボイス・閉鎖系のミックスボイスの仲間だと考えています。

 

地声を引き上げて出すという感じではないですね。個人的な見解ですが。

地声を引き上げると考えると地声の定義を考えないといけません。笑 そうなるともう何が何だか、、、話し声に使う声が地声ではないでしょうか?

 

海外ではこういう声をベルティング発声というみたいですね。地声のように聞こえる声ですが、地声でしょうか?笑 地声のように聞こえますが、ミックスボイスという位置付けだと考えています。

 

日本の偉大なシンガーASKAさんの歌声ですが、上がベルティング発声ならばこれもベルティング発声でしょう。

地声の声質を考えると、こういう強い発声はやはりミックスボイスの一種と感じますね。ASKAの歌声解説はこちら

 

まぁどう捉えるかは結局個人次第です。

が、個人的にはミックスボイスだと考えています。僕が思うミックスボイスの定義は広いです。笑

 

ベルティング発声はどうすればできるか

ベルティング発声と言われているような力強い高音の発声にはある程度の特徴があります。

  • 口が開いている
  • 喉が開いている
  • 声帯は締まっている
  • 声帯の鳴りの倍音がある
  • 息っぽくない(息が漏れていない)←結構重要かも

まぁ他にもあるでしょうが、こんな感じですね。

 

  • 口が開いている→口は重要ではないが、開けた方が喉が開く
  • 喉が開いている→喉の開きは地声のように聞こえる感覚を生む。余計な力は入っていないということ。
  • 声帯締まっている→この声帯の閉鎖が非常に重要。声帯はかなり締めないとベルティング発声はできないはず。
  • 声帯の鳴りの倍音がある→声帯を閉鎖させているから良く鳴る。よく鳴るのは閉鎖をそのままに小さな息の通り道に息をぶつけて押し出しているから。
  • 息っぽくない(息が漏れていない)←実際に息は流れているが微量。閉鎖させている声帯は息の出口が少ないので息は少しづつしか出ていない。=ロングトーン・ロングフレーズが可能とも言える。

 

重要なのは声帯だけをしっかりと締めて、その締めた状態のまま音を鳴らせるか・息と通せるかというのが重要です。ベルティングボイスは声を出すというより鳴らすという感覚が強いです。

高音を出すという感覚のうちは出せないかもしれません。出すのではなく、鳴らすのです。

 

エッジボイス「ネイ・ヤイ」トレーニングからアプローチをかける練習がいいと思います。

が少し違うような気もします。

そもそも声帯閉鎖を自由にコントロールできなければ難しいかもしれませんが、具体的やり方を書いてみたいと思います。

 

がその前にベルティング発声の原理を体感しましょう。

ベルティング発声の原理の体感

ちょっと変な話になってしまいますが、口でおならの音ってできるでしょうか?

口で高いおならの音の真似とか小さい頃よくしませんでしたか?

 

さて、これをするときどうするでしょうか?大抵の人は唇をしっかりと閉じている状態に強い息を通そうとするでしょう。唇の閉じ具合はほとんど閉じている状態に息の通り道ができるように息を吐きますね。

このとき唇の閉じ具合はいい具合に固定されているでしょうし、その口の形を維持するのに結構な力がいると思います。そしてそこに息を通すのも風船を膨らますような息の圧力が必要になると思います。

 

これがしっかりできたときに高い音で「プーーーーーー」と鳴りますよね。

ベルティングの発声の原理もこれと同じ考え方です。

 

もう一つ例を挙げると、風が強い日や台風の時って窓の隙間が「ピュー」って鳴っていますよね。

あの音って窓をだんだん開くと低い音になって消えますし、ギリギリのところで開けておくとかなり高い音が鳴りますね。

あれと同じイメージを持ちます。

声帯が窓、風は息です。

 

窓の隙間は小さくないとダメですし、風の強さも強くないと音は鳴りません。

 

具体的な出し方・感覚

  1. 大きく息を吸います
  2. 息を吐きます
  3. もう一度息を吸います
  4. 口は「ha」の形を作ります
  5. 「ha」と吐きたいところですが、息を止めます
  6. この時息は喉で止めているような感覚が必要です
  7. この息を止めるほどの閉鎖感・喉の締まりの形をそのままにそこに息を通し声を出します
  8. 「AH~」と力強い発声ができます

「いや、できねぇよ!」ですかね?笑

難しいんですよ。

鳴らせない人は息が通せないか声帯を閉めたままにできないかのどちらかだと思います。

 

息を止めた状態・喉を締めた状態をできるだけそのままに少し声を出そうとするとどうなるでしょうか?

エッジボイスのような感じになりませんか?この状態は息の通り道を声帯が閉鎖している中で作ったような状態です。ただこの状態だと息が弱すぎるのですね。小さな圧力しかありません。

 

エッジボイスは声帯が締めた状態で比較的ゆっくりと振動しているから、カラカラと音がなるのです。

体育の先生が使うような笛をよわーい息でヒョロヒョロ鳴らしている状態です。これを「ピーーーーーー」と鳴らせるくらい息を吐くのです。

 

さぁどうでしょう?今度は声帯を閉鎖させられなくて、ガラッとした声になりましたか?笑

そうなんです。それは閉鎖した形を維持できていないのです。息の圧力に声帯が耐えられずに割れてしまったりシャウト系のような声になったりしますね。

 

  • 声帯を締めた状態を維持する
  • そこに音が鳴るように息を通す

この二つができるようになるとベルティング発声は完成します。

 

まとめ

ベルティング発声に必要なものは理解してもそこを感覚として掴んでいくのが非常に大変です。

重要なのは声帯閉鎖とそのコントロールです。

 

 

ボイストレーニングに必要なおすすめグッズ

呼吸・横隔膜を鍛えるパワーブリーズ

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。

 

 

ビューティーボイストレーナー

普通の発声練習ではできない負荷を与えてくれます。体だけを使っておこなうボイストレーニングがうまくできない、やり方が本当にあっているのかわからない、リップロールは飽きました、という方におすすめです。

声そのものの質向上に大きな効果を発揮するグッズです。

詳しくはこちら

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスにはなるでしょう。

 

おすすめボイトレ本ランキングはこちら 

【おすすめ"ボイトレ本"5選】効果のあるボイストレーニング本ランキング

 

ウタエット

アマゾンでも人気商品の「ウタエット」

こちらのグッズのいいところは何と言っても、自分の声が聞けるということ 。

防音効果もありつつ、自分の声も聞けるのでトレーニンググッズとしてはかなりいいです。自分の声を直に聞ければ、歌の成長に繋がりますしね。

 

まぁ、全くの無音にはどんなものもならないので、それなりの消音でいいという方はこれですかね。

 

 

一人deカラオケDX 防音マイク」

こちらのグッズはカラオケ機能をつけてしまっているので、防音で一人カラオケが楽しめるというグッズですね。

こちらもそこそこの防音効果があるので、カラオケにせずに単純なボイトレにも使えます。

プラス、カラオケみたいにエコー付きで楽しめてしまうグッズです。

歌の練習だけがしたい!とりあえず防音!という人には不向きかもしれませんが、トレーニングしつつ楽しみたいという人にはオススメですね。

 

 







-ボイストレーニング, 声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.