雑学・研究・考察

歌の上手さと遺伝の関係性【重要なのはやはり”経験値”】

投稿日:2020年6月23日 更新日:

今回は歌の上手さと遺伝の関係性についてです。

この記事は

  • 歌の上手さと遺伝はほとんど関係ないと考えられる
  • 重要なのは『経験値』
  • 上手さとは関係ないが、遺伝的要因もある

という内容です。

歌の上手さと遺伝の関係性について

「歌の上手さは遺伝では?」

と考えたことがある人もいるとは思いますが、個人的には”ほぼない”と考えています。

 

その理由は

歌の上手さを構成する

  1. 「声帯の柔軟性」
  2. 「音楽的感性」

遺伝で決まるとは考えにくいから

です。

 

注意

*今回のお話はあくまで予想であって、科学的には未だ解明されていない領域だと思われますので、その点は注意です。

もしかしたらショートスリーパーの遺伝子が発見されたように、近い将来『歌ウマ遺伝子』みたいなものが発見されるかもしれません。

ないと思いますが。

 

話を続けます。

  • 声帯の柔軟性とは声帯の運動神経みたいなものです。
  • 音楽的感性とは音感やリズム感などの音楽的な感覚のことです。

この二つは遺伝で決まるのでしょうか?

 

もしかしたら遺伝で決まる要素が数%くらいはあるのかもしれませんね。

でもその大半は『経験・習慣』によって決まるのではないでしょうか?

 

少し極端な例ですが、

  1. すごく歌が上手い音楽家の両親から生まれた子供
  2. すごく歌が苦手な両親から生まれた子供

がいたとして、

この子供を入れ替えて育てたとします(倫理的に気分を害すかもしれませんが、あくまで例のお話です。)

 

この場合どちらの方が歌が上手くなる可能性が高いように思えるかと言われると、『音楽家の家で育った子供の方』だと思いますよね?

 

少し極端な例でしたが、遺伝的なポテンシャルがどうあれ、音楽は経験が占める割合が非常に大きいと考えられるはずです。

 

もっと言うと、歌においては

  1. 『正しい経験や習慣』
  2. 『価値のある経験や習慣』

というのが非常に重要なように思います。

 

遺伝ではないが、歌が上手い人の子供が歌が上手いのは必然?

そうは言っても歌が上手い人の子供は歌が上手いというのはプロのシンガーなどでも多く存在しますね。

こういう傾向にあるのはある意味必然とも言えると思います。

 

なぜなら遺伝がどうこう以前に、

  • 『正しい経験』
  • 『価値のある経験』

つまり『質の良い経験・高い経験値』が積めるからです。

 

どういうことか?

  • 質の高い歌を聴ける
  • 正しい発声を聴ける
  • 上手い歌が聴ける

という環境にいるということです。

それも目の前で聴けるんです。

 

簡単に言い換えると、

上手い歌を目の前で聴いていると歌が上手くなる

と考えられるということです。

「そんな馬鹿な。」と思うかもしれませんが、よく考えてみてください。

 

上手い歌を

  • どういう風に歌っているのか?
  • どんな音色が鳴っているのか?

などを肌で感じることができるんです。

 

『百聞は一見にしかず』とはまさに、ですね。

 

どんなものなのか肌で感じて理解できれば、それを真似することができるわけです。

少なくとも真似しようと練習する方向性を間違わずに済むということですね。

 

さらに言えば、

  • 練習方法
  • コツ・やり方

などを聞くことができるでしょうから、歌が上手い両親の子供が歌が上手い傾向になるのは必然ですね。

つまり遺伝というよりも『正しい経験値』を積みやすい環境にあるのですね。

 

上手いボーカルのいるバンドメンバーは歌が上手い

全く同じ理由で、バンドのボーカル以外、つまり楽器陣も歌が上手くなりやすいのはこのためです。

 

もちろんボーカルほどではないでしょうが、バンドメンバーも歌が上手いことって多いですよね。

コーラスに参加する人も多いですし、ソロでデビューする人もいますね。

 

上手い歌をいつもそばで聴いていれば、『何をどうすれば上手く歌える?上手い歌とはどんなものなのか?』という部分を肌で感じられるのですね。

 

こういうのは肌で感じるのとCDで聴くのでは全然違います。

音源はわかりにくい

音源のボーカルはまず『マイクを通して』いますし、『オートメーション・EQ・コンプ・リバーブ・サチュレーターなどなど』様々な機器やプラグインを通って聴きやすく飾り付けられたものですし、それを『どんな機器で聴くか?』というのもまた人それぞれです。

特に『コンプ』。これが発声の判断を狂わせる大きな要因の一つですが、このお話はまた今度。笑

 

ちなみに

最近はiPhoneカメラの前で弾き語りをしたりするシンガーが増えましたが、あれはCDで聴くよりも発声を捉えやすいですね。

何はともあれCD音源を聴くよりも肌で感じる(目の前で聴く)ことは何よりも歌の成長につながるものなのだと思います。

 

このことから言えるのは

  • 『正しい経験』
  • 『価値のある経験』

は歌の成長において重要であるということですね。

 

歌の上手さとは関係ないが、遺伝的要因もある可能性

上記のように歌の上手さというものはほとんどは後天的に決まるというものだと考えられるのですが、一点だけ遺伝に左右されると思われる点があります。

 

それが『声帯』です。

 

身体的特徴は遺伝するので声帯も同じだろう

例えば

両親の背が高ければ背が高くなる可能性が高いのと同じように、両親の声が高ければ高い声帯を持つ可能性が高いです。

もちろん逆も同様です。

つまり持っている声帯は遺伝の影響を受けやすいのではないかと考えられます。

ただ、必ずしも当てはまるものではなく、「背が高い両親・背が低い子」がいるように「高い声帯を持つ両親・低い声帯を持つ子」も当然ながらいるでしょうから、あくまで『そういう傾向にある』というくらいのものでしょう。

 

歌声が似る

家族で声の高さや声質が似ていることはよくありますね。一般的にもよくあることでしょう。

親子のプロのシンガーだと、

森進一さん・Takaさん・Hiroさん

倍音の乗り方が非常に似ていますね。

藤圭子さん・宇多田ヒカルさん

ジャンルはずいぶん違いますが、息の流れや下方向へ響かせた時などよく似ていますね。

松田聖子さん・神田沙也加さん

色々似ています。

などなど、時代や歌唱スタイル・音楽性・録音環境などはもちろん違いますが、似た声帯・似た声質の成分を持っていますね。

 

遺伝的に持っている声帯が同じようなものであれば、先ほどの『技術・テクニック・やり方・コツ』なども当然同じ道になるでしょうからそういう点でも『正しい経験値』が積みやすいのかもしれませんね。

今回のまとめ

  1. 歌の上手さは遺伝的要因とは考えにくい
  2. 歌の上手さは『経験の質と正しい理解』に大きく左右されるものである
  3. 声質や音域などは遺伝の割合もある可能性はある

ということです。

 

遺伝よりも大事なのは

  1. 『正しい経験』
  2. 『価値のある経験』

ということですね。

 

しかし、誰しもがそんな上手い人が周りにいるわけではないので、そんな経験できないですよね。

そういう場合はやはり、CDなどの音源を聴いて『正しい理解』みたいなものが大事になってくるのでしょう(さっき言ったようにiPhoneのカメラの前で歌っているようなものは理解しやすいですよ。)

 

つまり『耳の良さ=正しく理解できる耳』が大事になってくるのかもしれませんね。

-雑学・研究・考察

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.