歌のスキル・テクニック

歌のテクニック『しゃくり』について【”絶対的に良い”というものでもない】

投稿日:2020年7月8日 更新日:

今回は歌のテクニックでもある『しゃくり』についてです。

この記事は

  • しゃくりとは
  • やり方
  • 効果【メリット・デメリット】
  • 歌が上手い人ほど基本”しゃくらない”

という内容です。

『しゃくり』とは

しゃくりとは

  • ある音に対して下の音階からフェードインするようなピッチの取り方のこと

です。

 

基本的に

  • フレーズの出だし
  • 言葉の出だし
  • 音の出だし

で使われることが多いテクニックです。

こんな感じのピッチ移行をするテクニックです。

 

しゃくりのやり方

やり方とは言っても、特別なことは何もありません。

フレーズや音の冒頭、下の音階から入って目的の音を発すればいいだけです。

 

下の音階は正直なんでも良いとも思います。

目的の音にしっかりとたどり着けるのなら、しゃくりの音階は『ニュアンスの部分』ですからそんなに気にする必要がないでしょう。

 

思いっきり下からしゃくってもいいですし、

浅めにしゃくってもいいと思います。

 

ここは表現の問題なのでお好きに表現してください。

 

良いしゃくりにするためには

『良いしゃくり』にするためにはしゃくりそのものよりもまず、

  • しゃくった後の音程に気をつけること

が重要です。

 

つまり、

  • しゃくった後の音程はドンピシャであっている方がいい

ということです。

しゃくりというのはピッチの中でも

  • 『ニュアンス作りの部分(音程が合っていない部分)』

です。

なので割とどんな音程を取ってもいいのです(*もちろんコード上の音に乗せる方がいいのですが、あまり乗せるのを意識するとそれは”しゃくり”というより、ただの”必要な音”になってしまいます。)

 

しかし、しゃくった後の音程はしっかりと合ってないと『ただひたすらに音程を外している人』になってしまいます。

 

ココがポイント

音程が合うという『安定』へと収束するからこそ、ニュアンス部分の『不安定』が活きるんです。

 

なのでしゃくった後の部分はしっかりと音程を合わせることを意識することで『良いしゃくり』になります。

 

もう一つ

  • しゃくりのスピード感が大事

なのですが、それはデメリットの項目でまとめて説明します。

 

しゃくりのメリット

しゃくりの効果は主に二つ

  1. 歌がいい感じに聴こえることもある
  2. 音程を合わせやすい

という二つです。

 

①歌がいい感じに聴こえることもある

すごくざっくりとした表現で申し訳ないのですが、それ以上を説明することは実際難しいというか、好みや感じ方の問題なので『いい感じに聴こえる』としか言えません。

 

しゃくりは言ってしまえば、

  • 『音程のズレ』を狙って作ること

でもあります。

 

この絶妙なズレがニュアンスを作り、人の感情を動かす音を作り出すのです。

ギターのスライドやチョーキング(ピッチベンド)なんかも同じような感じですよね。

ニュアンス程度のズレ(不安定)が安定へと収束するとき、不思議と人の心は動くんです。

 

②音程を合わせやすい

先ほど『しゃくった後の音程が大事』と言いました。

 

実はしゃくりはこの

  • 『しゃくった後の音程を合わせやすい』テクニック

でもあります。

 

どういうことかというと、音程を『探れる』んです。

 

図で説明した方が早いので↓

つまり音程を探り探り合わせることができるんです(実はこれが裏を返せばデメリットでもある)。

 

特にコードの境目や沈黙の後バックの演奏と同時に歌い出すときなどに使えます。

出だしの音を最初からドンピシャで合わせるのはかなり難しいですからね。

 

しゃくりのデメリット

しゃくりにはデメリットがあります。

 

簡単に言ってしまえば、

  • 下手に聴こえる

ということです。

 

「いやいや、さっきいい感じに聴こえるって言ったよな!?矛盾してるよ。」

と思いますよね。

 

でも、そうなんですよ。実は

  • 「しゃくり」は表裏一体のテクニック

だと思います。

 

 

そして、下手に聴こえやすい注意点として

  1. しゃくりが多いのはよくない
  2. しゃくりが長い(遅い)のはよくない

というものが考えられます。

一つづつ説明します。

 

①しゃくりが多いのはよくない

単純にしゃくりを使いまくるのはよくないということです。

 

先ほど言ったようにしゃくりとは

  • 音程をズラすテクニックの一つ

です。

 

ズラす回数が多いと、全体の印象として『音程がズレている』という印象を受けやすくなります。

フレーズの頭をしゃくりまくっていると聴き手にあまりいい印象を与えることはないということですね。

 

『音程が合わせやすいテクニック』なだけにたくさん使ってしまいがちになる人もいるでしょうが、

  • ここぞというときに使う方がいい

のかもしれません。

 

しゃくりが長い(遅い)のはよくない

長いとか遅いとかうまく言葉で表現できないのですが、

こういうことです↓

 

こういうしゃくり方をすると、

  • ねっとりしたような印象
  • 粘り気のある印象
  • 遅れているような印象

を与えてしまいます。

 

当然と言えば当然ですね。

 

ピッチの核はあくまで『しゃくった後の音程』ですから、その部分が音程を感じやすい部分です。そこに食い込んでしまうと、そういう印象を持ってしまうということでしょう。

なので、しゃくるのなら素早くしゃくるのも重要と考えられます。

 

歌が上手い人は『ここぞ』という時以外”しゃくらない”

実は歌が上手ければ上手い人ほど基本的に『しゃくり』は使いません(*例外もあります)。

 

なぜ使わないか?

”基本的には”ですが、

  • 使わない方が音楽的に美しいから

でしょう。

 

先ほども書きましたが、音の出だしからドンピシャで音程を合わせるのはかなり難しいんです。

当然、楽器だと鳴らした瞬間からその音が鳴るのですが、声だとそうはいきませんよね。

 

だからこそ、それに近づくことで楽器の音色に近づけるとも考えられます。

  • 出だしからドンピシャに合わせる(近づく)ことができると楽器のように聴こえる=音楽的に美しい

と感じるのです。

 

つまり

  • しゃくらない方がいい

とも考えることはできます。

 

言葉のアタック(出だし)から音程が綺麗にあっているほど美しいものはないです。

個人的にはカラオケの採点は『加点』じゃなくて、『減点』の方がいいと思っています。

 

とは言え、しゃくりはこれまで書いてきたように上手く聞こえるテクニックでもあり、メリットもあるわけで、、、。

 

個人的には『歌の上手さとしゃくり』の相関図はこんな感じになると思っています。

ある一定のラインまでは使った方が(意識した方が)上手く聴かせられるテクニックで、そこから先を求めるのなら基本的には使わずに『ここ!』というときに狙って使うテクニックであると考えています。

 

-歌のスキル・テクニック

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.