歌唱力アップ

独学で歌が上手くなる方法についての考察

投稿日:2020年9月9日 更新日:

今回は「独学で歌が上手くなる方法」というテーマについての考察です。

そもそも『独学でも歌は上手くなれるのか?』という疑問はよくあるでしょうが、これは「歌を習ったことはない」と発言しているシンガー達は日本はもちろん世界中にたくさんいるので『可能』だと言えるはずです。

 

ではどのように練習していったらいいのだろうか?という研究考察が今回の記事の内容です。

独学で歌が上手くなる方法

独学で歌が上手くなるためには

  1. 楽器を練習する(*絶対ではない)
  2. 現状の自分の音域でも歌いやすい曲から練習して極めていく
  3. 自分の歌声を必ず録音して聴く
  4. 自分の歌声の録音とシンガーの歌声を比較して改善点を修正していく

という4つのポイントを押さえることが重要だろうと考えられます。

①楽器を練習する(*絶対ではない)

これは統計を取ったわけではなくあくまでも個人的な肌感覚なのですが、

  • 独学のシンガー達は楽器をしていることがかなり多い

という傾向があります。

 

もちろん”絶対にしなければいけない”というわけではないのですが、「やった方がいい」と言わざるを得ないくらいには重要だと考えられます。

 

例えば、世界的に有名な独学シンガー達↓

  • エルトン・ジョン
  • デイヴ・グロール(Foo Fighters)
  • ジャック・ホワイト
  • ナイル・ホーラン(One Direction)
  • プリンス
  • ノエル・ギャラガー(Oasis)
  • エリック・クラプトン
  • デヴィッド・ボウイ
  • ジミー・ヘンドリックス
  • ショーン・メンデス

引用元:10 Pop Stars Who Were Completely Self-Taught

他にも、皆さんご存知フレディ・マーキュリー(Queen)もピアノは習っていたが歌は独学だと言われています。

このように独学の人には楽器が弾ける人(楽器を練習してきた人)というのが非常に多いです。

 

まぁ言ってしまえば独学に限らず『楽器が弾ける人は歌が上手くなりやすい』という傾向が存在するので当然と言えば当然なのですが。

その詳しい理由はこちらの記事↓

楽器が弾けると歌が上手い?|歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器

続きを見る

にまとめているのでここでは詳しくは省略しますが、簡単に言えば楽器を弾くことで『コード感(音楽との調和能力)』や『タイム感(リズムを自分で刻む能力』など歌に必要な能力が効率よく鍛えられるからだと考えられます。

 

「楽器を練習する」というのは必ずしなければいけないというわけではないですが、独学で歌が上手くなるためにはかなり効果的なポイントの一つだと考えられます。

②現状の自分の音域でも歌いやすい曲から練習して極めていく

独学だろうが、歌を習おうが『たくさん歌う』という行動なしに歌が上手くなることはできません

ある意味当たり前ですが、絵を描かずして絵が上手くなることはできませんし、シュートを打たずしてシュートが上手くなることはできないのと同じように、歌を歌わずして歌が上手くなることはできない。

 

なので、たくさん歌い込むというのは歌が上手くなるためには必須の行動と言えるでしょう。

ここで『好きな曲をただひたすらに歌い込む』というのもいいのですが、独学でのトレーニングを上手く成功させるためには『どんな曲を練習するか』というのがかなり重要な鍵になってくると考えられます。

 

ポイントは

  • いきなり音域的に厳しい曲に挑戦しないこと
  • 今の自分の能力(音域)でも歌える曲からまずは歌いこんでいくこと
  • 音域がちょっとずつ広がって来たらゆっくりとステップアップしていくこと

です。

この理由は音域面でいきなりジャンプすることは失敗するリスクが高くなるから。

基礎をすっ飛ばして応用に行ってしまうようなもので、「変な発声・癖を身につけてしまう」などのリスクがかなり高まると予想されます。

 

これはかなり大きなボイトレの落とし穴になっているのではないかと。

 

というのも歌が上手くなりたいと考えているほとんどの人は「高い声で歌えるようになりたい」「音域を広げたい」という思いが頭の中を大きく占めているはずです。

なので『高音の練習に集中する』『高い曲に挑戦する』という行動を真っ先に取っていってしまいます。その結果『基礎をないがしろにして応用へと進んでしまう』のですね。

 

やはり基礎は大事だからこそ”基礎”。

 

まずはしっかりと基礎能力を高めるためにも

  • 音域的に無理のない曲をまずは極めていく

という練習をしていくことが独学において重要かと(*独学でなくとも重要でしょう)。

 

そしてある程度たくさん歌いこんで「この曲はかなり歌えるようになった」という段階に来た時、自然と音域はある程度広がっているでしょうから次のステップの音域の曲へと挑戦していく。

この流れを繰り返していけばゆっくりと上手く音域も伸ばしていけるでしょう。

③自分の歌声を必ず録音して聴く

独学においてはこれが一番重要とも言えるのかもしれません。録音はスマホで十分でしょう。

 

録音をするメリットは

  • 自分の声の現実を知ることができる
  • 客観的に修正できる
  • マイク乗りのいい発声が身につきやすくなる

などがあります。

 

自分の歌声の録音をひたすら聞いているだけで改善点などがたくさん見えてきます。ある意味録音がボイストレーナーです。

 

特に大事なポイントは『自分の声の現実を知ることができる』という部分でしょう。

というのも人間は体の構造上「自分で聞いている自分の声」と「他人が聞いている自分の声」が違います。

そして、自分の現実の声というのは「他人が聞いている自分の声」の方です。

これは自分の声は骨伝導によって伝わってくる音があるからですね。

これによって例えば、

  • 自分はいい声を出しているつもりでも現実はそうでもない

などのことが普通に起こります。

このような誤差が生じている状態では歌が上手くなることはできないので、この誤差を小さくするためにも録音を繰り返す必要があると考えられます。

 

特に自分の声を録音して「気持ち悪さ」や「違和感」を少しでも感じる場合は必ず取り組んだ方がいいと考えられます。それは『自分の声の認識に誤差がある』ということですから。

 

歌が上手い・下手に関係なく

  • 自分の録音を聴いたときにあまり違和感を感じないこと

これがかなり重要なので、録音(現実)を繰り返し聴いて誤差を修正していく必要があるのですね。

この『違和感を感じない状態になること』の重要性はこちらにもまとめています。

「効率よく歌が上手くなるためのプロセス」についての研究

続きを見る

④自分の歌声の録音とシンガーの歌声を比較して改善点を修正していく

先ほどの録音を活かすことで、さらにいいトレーニングをすることができます。

簡単に言えば『自分の歌声とプロのシンガーの歌声を比較する』という練習です。これもかなり効果的なトレーニングだと考えられます。

 

例えば、YOUTUBEなどでプロのシンガーの”生歌”の映像がたくさん聴けますね↓

YOUTUBEなどの発展によりこのような生歌(マイクを通していない歌声)が聴ける機会が爆増していますね。

 

こういうスマホで撮られたようなものは自分も”同じ条件”を簡単に作ることができるわけです。

そして「プロの生歌の動画」と「自分の歌声の動画」を交互に比較します。すると、プロのシンガーにあって自分の歌声に足りないものが正確に見えてくるという理屈です。

そしてその足りないものを埋めようとすると自然と『歌が上手くなる』ということに繋がるということになります。

 

なぜ同じ条件が必要?

普段聴くプロのシンガーの歌声は素晴らしいエンジニア達によって綺麗にミキシングされたものがほとんどです。要するに最高の音になるように”盛っている歌声”です。盛るというとなんだか偽物みたいなマイナスイメージがある人もいるかもしれませんが、いい音に聞こえるように音を盛るのは昔から当たり前のことです。歌のお化粧みたいなものですね。

「お化粧したプロの歌声」と「自分のスッピンの歌声」を比較しても条件が同じではないので、その差が正確に見えてこないのですね。

 

ボーカルのミキシングについてはこちらにまとめています↓

自分に合った歌い方を見つける【ボーカルスタイルの決め方】

続きを見る

 

とにかく、同じ条件のものを比較することで必要なもの・足りないものが明確に見えてくるということです。初心者や歌が苦手な人は「そんなことできない」と思ってしまうでしょうが、”自分なりに見えるもの”で問題ないでしょう。同じ条件なら比較するのはそんなに難しいことではないはずです。

 

プロのシンガーの生歌は、おそらく最初は誰もが「こいつ、同じ人間なのか・・?」「その声が出せる意味がわからん」という感想になるでしょう。笑

 

人によって感じ方は違うでしょうが、プロのシンガーの生歌は「マイクで聞いている歌声から想像していたものよりもすごい」と感じることが多いのではないでしょうか。

 

とにかく、『プロの歌声』と『自分の歌声』の差を丁寧に根気よく分析すると必ず見えてくるものが必ずあるはず

 

注意点

一つ重要な注意点なのですが、

  1. 音域のタイプ
  2. 声質のタイプ

この二つは人それぞれの持っている声帯によってある程度特性が決まっていて、逆らうことが難しいです。

体・骨格・身長など人それぞれ違うように声帯も人それぞれ違います。

 

なので、例えば、

低い声帯を持つ人が高い声帯を持つ人のような声を研究して出そうとしてもいつまでたっても上手くいかないでしょうし、かなり息っぽい声質を持っている人が鳴りが強い鋭い声質を出そうとしても上手くいかないことが多いでしょう。

*あくまでも傾向のお話で例外はある。

 

なので、この『声帯の特性』という部分は上手く考慮してお手本と自分の差を考えることが重要です。

 

音域のタイプについてはこちら↓

『声帯のタイプ』と『魅力的な音域』の関係性について

続きを見る

声質のタイプについてはこちら↓

歌における声質のタイプについての研究

続きを見る

まとめ【独学で大事なのは大きく間違えないことだろう】

これまでの4つの項目をまとめると

  1. 楽器を練習する
  2. 現状の自分の音域でも歌いやすい曲から練習して極めていく
  3. 自分の歌声を必ず録音して聴く
  4. 自分の歌声の録音とシンガーの歌声を比較して改善点を修正していく

という流れになります。

 

おそらくこれらの流れを繰り替えすことで独学でも歌が上手くなれると考えられますが、独学において一番重要なことはやはり、

  • 大きく道を踏み外さないこと(=大きく失敗しないこと)

でしょう。

独学は指導者がいないので、間違った方向性に行っても誰も指摘してくれる人がいません。

もちろん、”独学でなくとも間違った方向性に行くこともある”でしょうが、独学はその可能性が高くなりますのでその点には注意です。もちろん失敗は成功のもとでもあるのですが、できれば大きな間違いは避けたいところです。そのリスクを下げるのにも録音は大いに役立つのでやはり録音の重要性は高いでしょう。

-歌唱力アップ

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.