歌唱力アップ

独学でボイトレする方法【今の時代は全部無料でなんとかなる】

更新日:

今の時代、「歌が上手くなるのは独学・無料でなんとでもなるのではないか?」と考えられます。

なので、今回は独学ボイトレのやり方や考え方についてまとめてみました。

 そもそも独学でボイトレできるのか?

「独学ボイトレは成長できるのか」「独学で歌が上手くなれるのか」というのは、よくある疑問でしょう。

これって結局、人による』というのが最終的に辿り着く答え

  • 独学でもボイトレを成功させる人もいるし、失敗する人もいる
  • ボイトレ教室に通っても上手くならない人もいるし、上手くなる人もいる

「そんなこと言われなくてもわかる」という人もいるかもしれませんが、こうとしか言えませんよね。

「絵」でも「スポーツ」でも同じようなものだと思います。

 

ただ、プロのシンガーにもボイトレ教室などに通ったことがない人が多くいますし、むしろそういう割合の方が多いのかもしれません

というのを考えれば独学でも特に問題はないと言えるでしょう。

 

ちなみにこれを言うと、「プロのシンガーは最初から上手いだけじゃないか」と考える人もいるでしょうが、

  • 幼い頃から上手い人はいても、”最初から上手い”人はいない
  • 急激に上手くなる人はいても、”最初から上手い”人はいない

でしょう。

歌が上手い人は生まれつきなのか【小さい頃から歌が上手い理由】

続きを見る

つまり、『誰しもが歌が上手くなるための何らかの過程・行動は必要』と言えるでしょう。

独学ボイトレの手順

  1. 知識や学び(頭の面)
  2. 歌う・ボイトレ(体の面)

という2軸で考えることが大切でしょう。

①知識や学び

学ぶという部分にも大きく二つの軸がある。

  1. 音楽的知識・練習方法
  2. 音楽そのもの

の二つです。

①音楽的知識・練習方法を学ぶ

【YOUTUBE・SNSを駆使する】

まぁ「言われてなくても」という感じでしょうが、今やYOUTUBEなどに多くの情報が溢れているので、それで学べますね。

しかも無料。

 

個人的には海外のYOUTUBEにものすごく学べるものがあったりすると思っています。

もちろん日本のものがダメとか言ってるわけではないですが、こういう分野はやはり海外の方が進んでいます。

 

個人的なおすすめチャンネルを紹介↓

このチャンネルはかなり有益かつハイレベルですが、基本的に誰かに向かって教えている動画なので「盗む」ように見る必要があります。

でも誰かに向かって教えているからこそわかりやすかったりすると思います。個人的には一番おすすめのチャンネルです。

 

こちらのチャンネルは初心者にも優しい。ボリュームも豊富で字幕付き、項目ごとに色々解説していますし、一緒に練習できるものも多いので非常に役立つと思います↓

 

【本で知識を得る】

「本って無料じゃなくない?」

と思うでしょうが、やる気があれば実はできる

 

  • 【住んでいる街の図書館】

意外といい本があったり、なかったり(場所にもよるでしょう)。

医学的な面も兼ね備えたような専門書も見つかったりと普段なかなか目にすることができない論文が無料で読めたりします。

 

かなり核心をついていたりもするはず。

ただ、そういう本ほど難しいので読解が大変です。

 

  • 【『Kindle unlimited』を活用(30日間限定)】

Amazonで30日間無料でkindle本読み放題があります。

実質、ボイトレ本読み放題です。

もちろん、kindleとして出されているものに限りますが、それでも30冊くらい読めるはず。

 

練習方法などいろいろ学べるはずです。

注意点は30日終わったら解約しないと無料じゃなくなりますので、30日に集中しないといけないことです。

②音楽そのものを学ぶ

【YOUTUBE】

もうなんでも聴き放題ですね。

ただ、だからこそできるだけタメになる(歌が上手くなる)音楽をたくさん聴くことを意識した方がいいのかもしれません。

 

もちろん好きな音楽を聴くのもいいのですが、独学で歌が上手くなりたいのなら

  • 『洋楽を聴くべし』

でしょう。

 

別に日本の歌がダメだと言っているわけではないのです。僕も日本の音楽大好きです。

ただ、洋楽聴くべき。

洋楽を聴く人は歌が上手くなる?【洋楽を聴くべき理由について】

続きを見る

 

で、普通にたくさん洋楽を聴くのもいいのですが、どうせならその人の発声方法などの詳細がわかりやすい音源とか聴くとより勉強になると思います。

歌唱力アップのために役立つ個人的なおすすめチャンネル↓

 

このチャンネルは音質が素晴らしいですし、生演奏・生歌ですし、マイクも普通のダイナミックマイクを使わないことが多いので発声がすごくわかりやすいですし、何よりシンガーやミュージシャン達のレベルは世界レベル。

 

②歌う・ボイトレ

”ボイトレ”とは当たり前ですが「歌が上手くなるための練習のこと」ですね。

 

ここで、多くの人は歌が上手くなるための練習は

  • ピアノの前で「あーあーあー♪」
  • 特殊な発声方法「例えばリップロール」

などなど「ボイトレらしいボイトレ」をイメージするでしょう。

 

しかし、こういうボイトレの優先順位は最後

歌の成長度合いが高いものから優先順位をつけると

  1. 録音して歌う
  2. とにかく歌を歌う
  3. ボイトレらしいボイトレ

という順番になるでしょう。

ボイトレらしいボイトレの中に大事なことはそこまで多くはないですし、「歌声は歌って作る」ということをベースに考えた方がいいでしょう。

優先順位とまず何をするかについてはこちらに詳しくまとめています↓

ボイトレ・歌の初心者はまず何をすべきかについての研究【歌の練習の優先順位】

続きを見る

独学ボイトレで困ること

何が正解かわからない

これが一番困ることというかほとんどの悩みだと思われます。

が、これは考えるだけ無駄というか、

  • 正解は人それぞれ違う
  • だからこそ自分の歌声を録音する
  • そうすることで『自分だけの正解』を見つける糸口になる

と考えたほうがいいかと。

「正しい発声」というものは人それぞれ違うのですから。

歌における『正しい発声』は人それぞれ違うもの

続きを見る

 

そして録音することがこういう独学のデメリットを解消できるものだと思います。

今の時代同じ録音条件で撮られたようなお手本は世界中にありますから、自分と比較してそこから正解を見つけていくのがベストかと

プロシンガーの歌声を確認する↓

最初は「なんだこれ?同じ人間か?」などの感想でもいいと思います。

とにかく研究し「なるほど自分とはココとココが違うのか」「では、そうなるにはどうすればいいのか?」などを考えて、自分で試行錯誤してみる

プロのシンガーの歌声を確認する↓

「なるほど、これくらいの距離感・空間でこれくらい美しく通るのか。どんな発声をすればこうなるのか。」などなど色々な視点から考えて試行錯誤する

 

このように

  • 『自分で分析して試行錯誤すること』が自分の正解を見つけるためのベストな方法

でしょう。

逆に言えば、自分で試行錯誤していないものは真の正解にはなり得ないのかもしれませんね(*持っている体や喉や声帯が人それぞれ違うから)。

だからこそ、「プロのシンガーには独学が多い」とも言えるのかもしれません。

どうしても困った時の裏技

「とは言え、自分自身の判断が全く信用できない」「独学には不安しかない」という時もあるはず。

 

そういう時は裏技というか個人的にも実際にやったことがあるのですが、

  • 色々なボイトレ教室の無料体験を受けまくる
  • 無料体験で質問しまくる

という技を使えばいいのです。

僕はこれを狙ってやったというよりは”ボイトレ教室を探す過程”でやっていた形になるのですが、結果的に「これは普通に使えるな」と思いました。

 

2ちゃんねるの創始者のひろゆきさんも英語を学ぶために英会話教室の無料体験に行きまくったという話をされていました。まぁやる人はやるんだなと。

 

ボイトレ教室も普通にこれができるので、「どうしても自分の力で解決できそうにないこと」があったときは近所の教室無料体験に行って解決すればいいと思います(*もちろん体験は1教室につき一度のみ)。

 

一つアドバイスをするとしたら、『困っていることや悩みなどをメモにまとめて持っていく』みたいなことをするとめちゃくちゃ有意義な無料体験になると思います。

 

シアーミュージックは全国にたくさんあるので体験に行きやすいかと↓

 

-歌唱力アップ

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.