発声方法

綺麗な歌声・美しい発声についての研究【ポップス向け】

更新日:

別記事『地声とは』にも書いている

  • 『歌用にコーディネートされた地声』

についての詳しく追究します(今回はあくまでポップス向け。クラシックは少し条件が変化するので。)

よく、

  • 普通の話し声から豹変するような歌声
  • 歌い出した瞬間に「もう、上手い」と感じる歌声

を持つような人がいますね。何を持って普通の話し声から美しい音色の声へと進化するのか。そんな音色がどこからくるのか?という研究です。

綺麗な歌声・美しい発声の条件

美しい発声を生み出す条件は2つ

  • 息の流動性
  • 共鳴の最適化

だと考えられます。

この「息の流動性」と「共鳴の最適化」という言葉はわかるようでよくわからないと思いますのでそれぞれ掘り下げます。

息の流動性

簡単に言えば、

  • どれだけ息が流れる発声か

という意味。

 

美しい発声は息が非常に多く、綺麗に流れていることがわかると思います↓

ささやいているようなのに、ものすごく通る美しい発声です。

イヤホンなどで聴くと息の流れがよりわかりやすいと思います。

 

息の流動性は音色の美しさに直結する部分でしょう↓

息が流動的に流れ、息の倍音成分を多く含む=美しい音色。

つまり『息の流れが大事』と言える。

 

なのですが、そう単純でもないというのが大事なポイントです。

  • 声帯がどれだけ”効率的”に息を音に変換するのか
  • その息という風を利用してどれだけ美しい音を鳴らせるのか

というところが重要になると考えられます。

 

例えば、息が重要と認識するまではいいのですが、それを自分に落とし込んだときに全然上手くいかず「ん?道を間違えてる?」となる。

 

これが連動性』の問題

 

歌が上手い人の多く息を吐く発声と、歌が苦手な人の多く息を吐く発声は別次元?

息が多い発声は間違いなく美しいのですが、

  • 声帯がその息を上手く活かす『連動性

こそ重要で、上手い人ほどそれができると考えられます。

 

つまりその息を美しい音色に変換できる『声帯の柔軟性を持っている』と考えることができます。

極端な例ですが、

このように同じ息の量を吐いたとしても、その息を綺麗な音色に変換できない/上手く活かせない。

 

例えるなら、口笛のイメージです。

口の部分が綺麗な音を鳴らす形でないと、どうにもならない。

 

声帯も同じです。

確かに、誰もが『話す』というレベルでは息を声に変換できているはず。

そのレベルで言えば、誰もが連動していると言えるでしょう。

 

でも、話すレベルよりも遥かに柔軟に息と声を連動させることが必要で、そのためには声帯が柔軟である必要があると考えられます。

この変換の仕方が高度な発声が美しい発声ということですね。

「静かさ」も「力強さ」も突き詰めると『息の流動性』が鍵

【静かさ】

どれほど静かだろうが、息が綺麗に流動していれば『美しく通る』でしょう。

確かに”音量”は小さい。でも、”声量”はある↓

すごく軽く歌っていますが、息は流動的に美しく流れています。

静かな美しい発声。

 

例えば、アコギとウクレレは音量は違います。

でも音色の美しさが同じレベルならあとは音色の個性という話で、音量そのものは何も問題ではないですね。

歌声も同じように美しい音色は息の流動性が生み出し、音量はなくてもものすごく通る音色を生み出せるわけです。

歌に声量はいらない?【声量の必要性について】

続きを見る

 

【力強さ】

これは息の流動性と複雑に絡み合う問題なので、一概には言えないのですが、

結局、

  • 美しい力強い発声は息が流れている

と言えると思います。

 

どれだけ力強いロックな発声でも美しさを生み出すのは息の流動性(再生位置*14:00〜15:20くらいまで)↓

周りの人たちはもちろんダンサーでしょうが、だからこそ発声の質が全然違うことがわかりますね。

ものすごく美しく息が流動的に流れかつ力強く鳴らしています。

 

確かに力強い発声というのは、息を声帯で支える割合が増加します。

その結果強い音が鳴ります。

 

息を声帯で支える割合が増加するということは、

  • 息の流れを声帯がせき止めている割合が増加している

と言い換えられます。

でもせき止められすぎている状態は

  • 流動性が減る=美しさが減る

と考えられます。

ところが声帯が柔軟な人は

このように息のパワーを上げることで連動性を保ったまま、力強い鳴りが鳴らせると考えられます。

力強い美しい発声は息の流動性を保っている。

これも結果的には声帯の柔軟性が必要になるということですね。

 

つまり、美しい発声には「息の流動性」が必要であり、”息の流動性のために”「声帯の柔軟性(連動性)」が必要になるということ。

息の流動性のある歌声の追究【美しい発声のために】

続きを見る

共鳴の『最適化』

ここでの「共鳴の最適化」とは

  1. 『共鳴を考える前に発声の質はほぼ決まっている』
  2. 共鳴腔に害を与えない声帯の柔軟性が必要

ということです。

共鳴はあくまで増幅の役割

まず『共鳴を考える前ですでに発声の質はほぼ決まっている』ということを理解することが重要です。

共鳴は、『どう共鳴させてもいい』『なんなら、特に何も意識しなくても良い』と考えられます。

  • 共鳴は息と声帯で作られた音色を増幅させるもの
  • 音色の印象を決めるもの

です。

声は瞬間的ではありますが、順番があります。

  1. 息=声の『原動力』
  2. 声帯=声の『調節』
  3. 共鳴=声の『増幅』

増幅部分が担える役割はそんなに大きくはないのです。

『共鳴は大事』とはよく言いますが、それは言葉足らず

正しくは『”どんな音色”を共鳴させるかが大事』のはず。

 

もし、共鳴が音色の良し悪しの根本に関わるのなら、そもそも共鳴腔(頭蓋骨)が小さい子供は綺麗な発声ができないという理屈になってしまいますが、そうでもないですよね↓

 

つまり、

  • 声=(①息+②声帯)×③共鳴

なので、①と②の段階で「息の流動性のある発声(いい音色)」を作ることが重要。

つまり、

  • 美しい音色の発声を共鳴させることで美しい音色になる
  • 美しくない音色をどう共鳴させようが美しくない

と考えられます。

この「どんな音色を共鳴させるか」という”音色の質を重視すること”が、共鳴の最適化の一つのポイント。

そしてこれは先ほどの息の流動性のある発声につながります。

共鳴腔に害を与えない声帯の柔軟性

もう一つ最適化のポイントは「共鳴腔に害を与えない」ということです。

これはわかりやすく言えば、「喉締め発声など、共鳴させる空間を狭くしてしまう音色」にならない発声にする必要があるということです。

 

ただ、これは頭に入れておくくらいでそこまで意識しなくても良い部分だと思われます。

なぜなら、これも「声帯の柔軟性」によって決まるから。

つまり、これは結局『息の流動性のある発声』を身につけようとすると自然と手に入る部分だと思います。

  • 息の流動性を身につけようとする→声帯の柔軟性がつく→共鳴に害を与えない

という風に「声帯」の部分は色々なところにリンクします。

面白いのが最初に右側を取りにいくと、「共鳴ばかりに意識がいって」なかなか上手くいかないことが多いだろうと考えられるということ(*一概には言えないが)。

結論

結局、美しい発声は

  1. 息の流動性
  2. 共鳴の最適化

が必要でその二つに密接に関わるのが、『声帯の柔軟性』。

こう考えられますし、視点を変えると

こう考えることもできます。

 

今回は「美しい音色について」でしたが、これが結局

  • ピッチの良さ
  • リズムの良さ

などあらゆる面に効いてくる。だから美しい発声の人は歌が上手い。

発声の質がいい人はピッチがいい=歌が上手い

続きを見る

とにかくまずは「息を鍛える」「息と声との連動性を高める」というところから取り組んで行くといいと考えられます。

息に声を乗せる【”息の重要性”とその連動ついて】

続きを見る

-発声方法

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.