発声方法

綺麗な歌声の出し方について

投稿日:2020年12月25日 更新日:

「綺麗な歌声」「美しい歌声」の出し方についての研究考察です。

*今回の内容は基本的にポップス(マイクを使う歌唱スタイル)向けのお話で、クラシック(マイクを使わない歌唱スタイル)向けではありません。

 

綺麗な歌声を作るには

  1. 歌声に息をたくさん流すこと
  2. 息と声帯を連動させること

という二つの条件を満たす必要があると考えられます。

綺麗な歌声は息が多く流れる

これは綺麗な歌声に限らず「静かな歌声」〜「力強い歌声」まで『いい音色の歌声』であればだいたい当てはまることでもありますが、綺麗な歌声には特に『たくさんの息が流れている』と言えます。

 

どれほど息が流れているのか?

これはなるべくシンガーたちの生歌を聴くとわかりやすいです↓

息がしっかりと流れているのがわかるはずです。

CD音源やライブ音声など”マイクを通った声”では「息の流れ」が感じにくい場合がありますが、、実際のシンガーたちの歌声は息の流れがとても綺麗で、生歌の音源は比較的それがわかりやすい。

もし目の前で聴いたのならもっとそれがわかるはず。

 

また『どれくらい息を流しているのか?』というのは「話し声」から「歌声」への変化に着目するとわかりやすいです↓

歌声に切り替わった瞬間に息がたくさん流れて、声帯から息が漏れるような「スーー」という音が聴こえますね。

 

この

スー」という音こそ、『歌声の美しさの正体』とも言えるでしょう。

『スー』という音は言わば『息の倍音』で、これによって人は「綺麗だ」と感じているのですね。

 

つまり、普通の話し声と比較して歌声にたくさんの「スー」を含ませること(たくさんの息を吐くこと)で『美しさ』『透明感』が生まれる(*再生位置12:02〜、話し声から歌声へ。10:00〜の歌声もわかりやすい)↓

 

よって『息をたくさん綺麗に流す発声(「スー」を含ませる発声)を身につければ綺麗な歌声は出せる』とも言えるでしょう。

 

意外と答え自体はシンプルなのですね。

「息と声帯の連動」も必要

ところが、「息をたくさん吐いても綺麗な歌声にはならない」「単に息っぽい声にしかならない」という場合もあるでしょう。

これは

  • 声帯が息の力を活かしきれていない

という理由で起こると考えられます。

単に息を強めても声帯がその息の力を上手く綺麗な音に変換できるだけの能力がないから、ただの息っぽい声になっているのですね。

息の流れを上手く活かせる声帯であれば綺麗な音色を作れる。

これが『息と声帯の連動性』の問題です。

 

例えるのなら口笛みたいなものです。口笛が鳴らせる人は唇などで綺麗な音になる形を作れているから息を流すと「ピーー」という綺麗な音が鳴りますよね。しかし、誰もが最初はそれが作れないのでスカスカと虚しく息が漏れるだけです。

 

これと似たようなことが声帯にも起こっているというイメージです。

もちろん口笛とは違い、誰もが『話すレベル』では息を音に変換できています。しかし、『綺麗な歌声レベル』では息を活かす力が備わっていない場合も多いのですね。

 

この”息を活かす声帯の力”は具体的にコレという部位の能力というよりも声帯全体の能力、言わば『声帯の柔軟性』とも言えるでしょう。

なので、声帯が柔軟な人はたくさんの息を綺麗に活かすことができる。声帯が柔軟ではない人はたくさんの息を上手く活かすことができないということです。

よって、綺麗な歌声を生み出すには

  1. 歌声に息をたくさん流すこと
  2. 息と声帯を連動させること

という二つの条件が必要だと言えます。

この二つを上手く攻略していくことが綺麗な歌声を出す訓練になっていくと考えられます。

綺麗な歌声の出し方・練習方法

綺麗な歌声を作っていくには

  1. ”無声音”をコントロールする
  2. 「スー」という成分を含む声を作る
  3. 息が流れる声をコントロールする

という3つのステップで練習していくといいだろうと思います。

①”無声音”をコントロールする

「無声音」とは声帯を鳴らさずに息だけの声・ヒソヒソ話の声のことです。

 

まずはしっかりと息を吐いて無声音を出します。発音はなんでもいいですが、「(はぁーー)」で。

この時、口から(声帯から)息が漏れる音「スーー」という音が聞こえるはずです。まずはこの無声音の発声を使いこなせるようになりましょう。

 

こんなイメージ(*再生位置)↓

おそらくこれはほとんどの人にとってこれはそこまで難しいことではなく、簡単にできるかと思います。

②「スー」という成分を含む声を作る

次にその「スーー」という音を消さないようにしてそこに声を乗せます。

声を乗せるとは「声帯を鳴らす」ということですが、いきなりしっかりと声を乗せるのではなく、まずはほんのりとため息に近いような発声から入りましょう。

 

無声音「(はぁーー)」からため息に声を乗せるようにした「(はぁ)ぁあーー」というイメージ。

音程はまず自分が一番出しやすい音程で。

 

かなり息をたくさん消費して苦しいかもしれませんが、まずは声帯を鳴らしても「スーー」という音が消えないことを意識することが重要です。

慣れてきたらそのまま、ちょうどいいところまで声帯を鳴らしてみましょう。

「自分が一番出しやすい音程」ではありますが、この辺りからすぐにはできない人も出てくるでしょう。

「スーー」という成分を上手く残したまま発声するのはすぐには難しいかもしれません。

  • 「すぐに息を使い切ってしまう」
  • 「かと言って、息を抑えようとすると”スー”が消えてしまう」

などなど色々な問題を抱えることでしょう。

 

これは先ほどの述べた『息と声帯の連動性』の問題です。

解決策はシンプルに連動するまでひたすら繰り返すことでしょう。最初は息がダダ漏れの発声でもずっと継続しているうちにだんだん慣れてきて楽にできるようになってくるでしょう。これはある意味息と声が連動してきたということですね。

口笛と同じように最初は上手くできなくても、ずっと繰り返しているうちに自然とできるようになってくるはずです。ただし、難易度は口笛よりも難しいのかもしれません。

息に声を乗せる【”息の重要性”と声帯との連動性について】

続きを見る

③息が流れる声をコントロールする

自分が一番出しやすい音程で「スーー」という音を消さずに発声できるようになったら、次はその発声の音域をコツコツと広げていきます

おそらく先ほどの息をしっかりと乗せた発声に慣れてきた段階である程度の音域は広げられるようになっているはずですが、歌に使える発声にするためによりその範囲をより広げていきましょう。

 

ここでも「スーー」という成分が声に含まれていることを確認しながら少しづつ音域を広げていきます。

おそらくいきなり音域を飛ばすとその成分は消えてしまったりするでしょうから、少しづつコツコツと繰り返し開発するといいと思います。

しっかりと「スー」を保てる範囲のギリギリを何度も発声していくと少しづつ音域は伸びてくはずです。

ただし、どんな人にも一定の限界があり無限に綺麗な発声の音域を伸ばせるわけではないことだけ気をつけておきましょう。「声帯が裏声に行きたがっているな」と感じるくらいで裏声に移行したほうが綺麗さを保てるでしょう。

 

「スー」を含む発声が使いこなせる音域が広がって自由に使いこなせるようになったら「綺麗な歌声」の完成です。

これも基本的にはそう簡単にできるようなものでもなく、多くの人が長く時間がかかる部分でしょう。

自分の声帯の特性(声質)を考慮する必要がある

基本的には息がたくさん流れる発声は「綺麗な歌声」となるのですが、あくまでも”基本”であり、人それぞれ『持っている声質(声帯)の違い』は考慮しておくべきでしょう。

 

人の声質のタイプは大きく分けると4つの方向性があると考えられるのですが、

綺麗な歌声を作りやすい順に

  • 「息っぽい」>「カサカサハスキー」>「鳴りやすい」>「ガラガラハスキー」

という感じになるでしょう(*あくまでも目安や傾向で必ずではない)。

 

やはり息っぽいタイプの声質を持っている人の方が、息が流れやすいので必然的に綺麗な歌声を作りやすいです。

もちろん鳴りやすい声質のタイプでも綺麗な歌声は作れるのですが、ある程度自分の特性を考慮する必要がある場合はあるでしょう。

歌における声質のタイプについての研究

続きを見る

綺麗な発声の声帯の状態

ここから先は個人的なマニアックな考察なので、「ふーん」くらいで読んで欲しいのですが、

  • ポップスにおける綺麗な歌声は『披裂軟骨(ひれつなんこつ)』部分が鍵と言えるのではないか

と考えています。

 

「披裂軟骨」とはこの部分(*21:14〜回転している部分)↓、

この(21:27〜)にあるようにこの部分が開いて声帯部分が機能を停止するとウィスパーボイスになります。

 

まず、声帯は披裂軟骨の動きも加わって開いたり閉じたりしています。

息だけを「はぁー」と吐くときは開き、普段の会話のように「あー」と声を出すときは閉じています。

*先ほどの動画で言えば(20:29〜)がしっかりと閉じている状態。動画とは上下が逆です。

 

ここでウィスパーボイス(ひそひそ話)はどういう状態になっているかというと、

このように部分的に空いているのですね。これが先ほどの動画(21:27〜)にもあった状態です。

 

声帯が振動しておらず披裂軟骨部分に空いている空間から息だけが漏れている状態なので、ウィスパーボイス(ヒソヒソ話)になる。

 

ここで、綺麗な発声というのはこのウィスパーボイス時にわかりやすい「スーー」という倍音(息の流れ)を保ったままの発声でしたよね。

 

ということは、

  • 「披裂軟骨部分がある程度開いたまま声帯部分を上手く振動させることができる発声」=綺麗な歌声

と言えるのではないかと。

要は『いかに披裂軟骨部分に隙間を作ったまま声帯をしっかりと振動させた声を作れるか』というのが美しい歌声を作る鍵なのではないでしょうか。

 

例えば、声帯が柔軟ではない人はこの披裂軟骨部分を開いたまま声帯だけを上手く鳴らすのはかなり難しいと思われます。やろうとすればため息に乗せたような声にすることは普通に可能でしょうが、歌声に使うための柔軟なコントロールはできないでしょう。

 

つまり、声帯が柔軟ではない人が歌声を作ると、披裂軟骨部分が声帯と一緒に硬く閉じるので綺麗な歌声を作れないのではないか。

もちろん、歌が上手い綺麗な歌声を持つ人でもこのように披裂軟骨をしっかりと閉じた発声を使うこともあります。

しかし、「そうしようとしてそうする」のと「そうしかできない」のは大きく違う。

 

そして、声帯が柔軟な人は披裂軟骨部分を柔らかく開きことができ隙間から空気が流れるので綺麗な歌声を作ることができるのではないか。

 

よって、この差が「普通の歌声(声帯が柔軟ではない人の歌声)」と「綺麗な歌声(声帯が柔軟な人の歌声)」の差ではないかと。

これを踏まえて綺麗な歌声などを聴くと、『普通に話している時には閉じている何か(披裂軟骨)が、綺麗な歌声になると開いている』というそんなイメージが持てると思います↓

歌声になると”何か”が開いているように感じますね。

 

もちろんこれは”ポップスにおける綺麗な歌声”のお話で、クラシックだと話は変わってくると考えられます。

クラシックの発声は基本的にこの披裂軟骨部分はしっかりと閉じる発声でしょう。

 

これは「マイクに声を届ける目的なのか」「会場に生身で声を届ける目的なのか」で”綺麗・美しい”という概念が変わってしまうことによる違いです。

 

クラシックの話は置いておきまして、ポップスにおいてはこの披裂軟骨部分を空けたまま発声できれば美しい音色が鳴るだろうという考察でした。

 

まぁこれがわかったからと言って特別やること自体は変わりませんし、「だからなんだ?」という話ではあるのですが。笑

 

とにかく、「息をたくさん流す発声をコントロールすること」。これは綺麗な歌声の条件ですし、『声の楽器化』の条件の一つでもあります。

楽器のような声の出し方について

続きを見る

-発声方法

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.