歌の雑学・研究・考察

主流な発声傾向・歌い方の変遷について

投稿日:

今回は『主流な発声傾向(ポップス)の変遷』についての研究です。

あくまで『主流な/人気な』という部分で、例外を探せばいつの時代もいくらでもいるというのは大前提でのお話です。また、歌唱方法や発声を細かくみていくとキリがないのでざっくりといかせていただきます。

主流な発声傾向の変遷

音楽の歴史が積み重ねられていく上で、歌における主流な発声傾向は時代によって変化しています。

その理由は色々あるでしょうが、最も大きな要因は

  • 文明・文化の変化。音楽の「聴き方」と「作り方」の変化。つまり「聴き手の音楽機器」と「作り手の音楽機器」の進化。

によるところが大きいでしょう。

今回はその理由をどうこう考えたいわけではないので、早速ですが本題へ。

 

発声・歌い方の傾向はものすごーくざっくり考えると、

  • 温度感・熱量が「高い」か「低い」か

という軸で考えることができると思います。

温度感とは、発声の「熱量」「頑張り具合」「テンション」「高音の出し具合」みたいなものです。

 

そうすると、

  1. 【〜1920】・・・マイクがないので、熱量高い→『クラシックスタイル
  2. 【1920〜1950】・・・熱量低め→『カントリー・ジャズスタイル
  3. 【1950〜2000】・・・熱量がどんどん上がり続ける→『ロックスタイル
  4. 【2000〜2010】・・・停滞?→『スマート期?』
  5. 【2010〜現在】・・・熱量がどんどん下がり続ける→『ヒップホップスタイル

このように区分できるのではないかと考えられます(*都合よく10年区切りになるわけはなく、あくまでざっくりとした目安です)。

 

では、それぞれの年代について紐解いていきたいと思います。

*以下の2つの動画は音楽変遷がわかりやすいので参考までに↓

 

〜1920年辺り【熱量が高い】

マイクという機器が普及するまで、つまりポピュラーミュージックが普及するまでの時代。

当然、マイクがないことを前提とした歌唱方法が当時の主流だったでしょう↓

マイクがない状態でも聴く人に響き渡らせるため、『声量に特化しなければならない』=『熱量の高い歌唱方法』が主流ですね。

とにかく声量に特化させるために、「声帯は常に鳴りの形をとる」「咽頭共鳴を最大化させる」ということがこの歌唱スタイルの特徴でしょう。

もちろんこのスタイルは一つの音楽の形として現在にも受け継がれています。

1920〜1950年辺り【熱量が低い】

この時代はカントリーミュージックやジャズなどの時代でしょう。

この時代の発声方法はかなり落ち着いた温度感の発声が主流です↓

 

普通に話すくらいの温度感。

マイクがあるからこそこれくらいの熱量でも多くの人にその歌声を届けられるようになったとも考えられますね。

ただし、マイクやそれに関する音響機器はまだまだ発展途上で、逆を言えば『マイクがあるからこそ、音が割れないように熱量の高い発声ができなかった』とも言えるのかもしれません。

この時代付近で、いわゆる『ジャズっぽい歌い方・熱量』は完成したと言えるのかもしれません。

1950〜2000年辺り【熱量がどんどん上がる】

ここから熱量はどんどんと上がっていきます。

50年代から熱量高めの音楽、R&Bやロックンロールが流行していく↓

まだまだ、音割れするような音響ではありますが、この熱量の歌唱スタイルがこの後どんどん主流になっていくのですね。

 

60年代と言えば(*ポップ・ミュージックの祖)↓

この時代音響機器は凄まじく進化して、今だに「ビートルズが使っていた〇〇」のように言われますし、現代でも使われています。

60年代、熱量はどんどん高まる(*ソウルミュージック)↓

 

今でも「ソウルミュージック」というジャンル=力強い・パワフルな歌唱スタイルというような熱量が高いイメージでしょう。

70年代くらいになると熱量は発声の力強さとともに、高音へと向かうジャンル(ハードロック)が現れる↓

こういうハードロックボーカリスト達が歌い方・歌唱方法というものにさらなる方向性を見出したとも言えるのかもしれませんね。

女性シンガーも明るく高めの発声へとだんだんと寄っていく。

 

80年代、熱量はピークに近づいています。評論家にもよるのでしょうが、80年代にポピュラー音楽は一つの完成形を迎えたとよく言われますね↓

 

マイケル・ジャクソンとプリンスという二人の天才によって生み出された音楽は次世代に大きな影響をもたらしたと言われていますね。

この年代は歌唱方法も一つの極みというか、熱量の高さと美しさをギリギリまで総取りするような完成されたものとなっていく↓

女性も美しさとパワフルさを両取りするようなとんでもないシンガーも現れる↓

現代においてもこういうスタイルは正解というかお手本の”一つ”となっているでしょう。

 

90年代も熱量は上げまくりです。この辺りが発声の熱量のピークと言えたのかもしれません。

こういうパンクロックらしい歌い方と言いますか、社会への反発感があり、いい意味で雑でゴリ押しな歌唱スタイルもこの時代あたりでかなり普及していたと考えられます↓

90年代はボンジョビやメタリカやガンズ・アンド・ローゼズなど、80年代にピシッと完成されたものに対して壊すような音楽性というか、ロックっぽい音楽が暴れまわったような時代にも思えます(日本も同じような感じですね)。

とにかく発声の熱量は高く、とにかくパワフルに、とにかく高音へという時代のピークだったのかもしれませんね↓

2000〜2010年辺り【温度感の停滞】

この辺りで発声の熱量の高まりがひと段落するというか、特別下がるわけでもないが上がることもないというイメージです。

ここからヒップホップが主流な音楽シーンに入り込んできますが、ラップもどちらかと言えば比較的温度感が高めで熱のあるラップが人気傾向だったのかもしれません↓

ざっくり温度感は停滞して高いままなのですが、若干下がる兆しを感じるようなどこかスマートでそんなに無理をしない歌唱スタイルが増えたような気もしないでもないですね。

例えば、ロックでもファルセットを多く使うようになったり↓

熱量は高いがそんなに高い音域にいかなかったり↓

 

とんでもなく上手い低音シンガーたちが現れたのもこの年代ですね↓

2010〜2020年辺り【熱量がどんどん下がる】

直近すぎて気付きにくいですが、おそらく音楽史の中でもかなり大きな転換点になっているだろうと考えられる時代。

ここから急激に発声の温度感が下がります。

まずこの年代の最大の特徴はヒップホップ(ラップ)が世界の主流になったというのが大きなポイントでしょう↓

温度感も落ち着いたラップも増えた、というよりラップスタイルそのものが音楽の主流として受け入れられたと言えるのかもしれません。

女性シンガーのラップスタイルもどんどん増えていますね↓

 

もちろんヒップホップだけではなく、ポップス全体として発声の温度感が低い曲が人気になる↓

さらに裏声(ファルセット)をがっつり使うシンガーが増える↓

エド・シーランはアコースティックなシンガーでありながらラップも使うから世界的に有名になったというところもあるのでしょう。

 

このように高音は頑張らずにファルセットを使うスタイルが増えたというものこの年代(現代)の最大の特徴ですね。もちろんいつの時代もファルセットを使う人はいるのですが、全体的な頻度は今が一番多いでしょう。

日本でも同じように最近ファルセットを多く使うシンガーが増え、ラップとは違いますが歌詞を詰める早口な曲が増えてきていますよね。

 

そして、発声の温度感の低下の一つの象徴のようなシンガーが現れる↓

 

これからはこのようなラップスタイル、もしくはラップに近いような温度感の低い発声が歌唱スタイルの主流になっていくのではないかと考えられます。

というか世界的にはもはや主流になりつつあると言えるのかもしません。

 

だから、海外ではよく「メロディーは死んだのか?」というのが議論になっていますね↓

 

日本は「ラップ」という点ではまだそうでもないのですが、温度感が下がる予兆はすでにあるはず。

まぁ日本はよく10年遅れとは言われますし、なんだかんだ世界の流れには逆らえないのではないかとも思います。

つまり、そのうち日本もラップだらけになる日が来るのかもしれません、、、、来るのか?笑

 

ちなみに”なぜこの温度感の低下が起こったのか”というところですが、色々な要因が複雑に絡んでいてこれという答えは絞れないのかもしれません。

  • 高まりすぎた熱量への反動なのか
  • 歴史の積み重ねによりメロディーの選択肢がどんどん無くなっていったからなのか
  • EDMの発展によるものなのか

あと、『熱量の高い発声のデメリット(*喉の寿命など)』みたいなものも50年くらいかけてある程度はっきりと解明されてきているというのもあるのだと思います。

現代社会はサステイナブル(持続可能)な社会になってきていると言われますが、歌唱方法もサステイナブルになってきているような気もします。

 

まぁ結局は「聴き手の音楽機器の進化」と「作り手の音楽機器の進化(*ヒップホップの躍進はここが大きいはず)」というところに集約されるのでしょう。

 

音楽は自由なので発声の熱量が「高いからいい」とか「低いからいい」などは一切ないですし、いつの時代でも色々な歌唱スタイル・歌い方があります。

ただ、時代によって主流な発声や歌い方は変化していて、今現在かなり大きな変化の中にいるのではないかということが今回の内容でした。

”歌唱力の方向性”は一つじゃない【ジャンル別歌唱スタイル・歌い方のまとめ】

続きを見る

-歌の雑学・研究・考察

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.