音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】

ボイストレーニングを中心に音楽技術向上に関する様々なことを書いています

ボイストレーニング

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

投稿日:2017年12月13日 更新日:

f:id:shoheihey:20171213185901j:plain

今回は咽頭共鳴や胸腔共鳴と呼ばれるような低い位置での響きについて書いていきたいと思います。

鼻腔での共鳴は歌の中では特に重要ですが、低い位置での響きも重要です。

特に歌声の中に深みを作るのに一役買います。いい声というのは大体この共鳴も持っています。

今回はそんな咽頭共鳴を身につけるという点について買いていきたいと思います。


低い位置での共鳴とは

その名の通り、咽頭付近や胸の方へに響きです。

オペラや演劇・ミュージカルなどではこの傾向が強いですね。そう、ああいう声がお手本ですね。

喉の状態としては開いていることの方が多いですね。

男性であれば、ものすごい低い位置で響かせることもできます。

この響きを身につけると

この響きを身につけると、声に深みが出ます。また低音域での声の鳴りが非常によくなります。

当然声の通りはよくなりますし、男性であれ女性であれかっこいい声というふうに言われることが多くなるでしょう。

ジャズのシンガーはこの共鳴もバリバリです。

どういう練習をすれば身につくか

 重要なのはあくび喉

よく歌うときはあくびするような喉の状態で歌えというふうに言われますが、その通りです。笑

あくびのどの状態になれば、自然と深い響きの声が出ますよね。でもこれって不自然に感じませんか?だからみなさん、この練習やめてしまうんですよね。

響きはすぐに身につくのに、なんか違和感あって歌えないという感じで辞めてしまうのはもったいないです。

そういう練習だと思って長いこと続けることで、自然と自分が無意識に出す声の中にその要素が含まれていきます。

あくびのどの状態で声を出す練習を継続的にしていきましょう。

もう一つ喉仏の位置が重要

あくび喉の状態の時って自然と喉仏が下に下がるのです。

つまり、喉仏を下げることが重要とも言えます。

喉仏を下げることがあくびのどを作ります。

つまり喉仏を下げる練習が、深い響きを作る練習にもなるというわけです。

喉仏を下げる練習は「手で触る」

喉仏を下げる練習は手で喉仏を触りながら発声するということです。

手で触るだけでいいの?と思うかもしれませんが、まぁそれだけでいいんです。笑

もちろん、喉仏が上がらないようにする意識は持っておかなくてはいけませんよ!

「触る」ということはそこに「意識」を持つことができるというわけです。意識を持つことは非常に重要なのです。

特に喉仏は普段目では見れませんし、まして動いているなと自覚している人も少ないでしょう。

そこに意識を向けるためもまずは「触る」ことが重要というわけです。

当然急にはできないでしょうが、触って練習することを続けていくとコントロールできるようになってきます。

これもすぐにやめてしまわず、長く続けることで習得できるようになってきます。

f:id:shoheihey:20171213194118j:plain

まとめ

深い響きは喉の開き方・喉仏の位置が重要です。

即効性がなくてもすぐには諦めずに、コツコツ練習すれば必ずできるようになりますので、しっかりコツコツ練習しましょう。

ボイストレーニングに必要なおすすめグッズ

ビューティーボイストレーナー

普通の発声練習ではできない負荷を与えてくれます。体だけを使っておこなうボイストレーニングがうまくできない、やり方が本当にあっているのかわからない、リップロールは飽きました、という方におすすめです。

声そのものの質向上に大きな効果を発揮するグッズです。

詳しくはこちら

自宅で簡単発声練習「ビューティーボイストレーナー」

通る声を身につけるためのマウスピース

主に腹式呼吸を鍛えるためのマウスピースです。

呼吸=息。歌の中で息は最も重要です。

息が乗る声はよく通ります。そんな声を身につけたい方にオススメです。

腹式呼吸トレーニング用マウスピース

叫びの壺

ボイストレーニングに欠かせない防音グッズです。これはストレス発散用のグッズでもありますが、ボイストレーニングにも大いに使えます。かなりの防音効果があります。やはりボイストレーニングは音量との戦い。

なかなか周りに迷惑かけられないですからね。

詳しくはこちら

発声練習に「叫びの壷」



-ボイストレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

周りに迷惑かけずに練習したい!防音に最適なボイストレーニンググッズの紹介

ボイストレーニングや歌の練習に必要な防音。 やっぱり大声で練習したり、強い声を出したりするときはそれなり音量が出てしまいますよね。そうなると、近所に迷惑になってしまったりとか、家族に迷惑になってしまっ …

ハスキーボイスになれるのか? 練習法はない。がそう聴かせる方法はある

今回はハスキーボイスについて書いていきたいと思います。 ハスキーボイスといえば、喉が枯れたようなスカスカした声だったりガサガサした声だったりした声のことですよね。 声は人によって千差万別。ハスキーボイ …

声の切り替えがうまくいかないときは「タイ」トレーニングで支えのある声を身につける

今回は支えのある声を出すためのトレーニングについて書いていきたいと思います。 支えのある声というのを身につけると、高音がぐっと出しやすくなります。 では早速書いていきたいと思います。   C …

裏声(ファルセット)の重要性を紐解く

今回はファルセット、いわゆる裏声について書いていきたいと思います。 裏声といえば人によってはあまり重要ではないと言ったり、あまり歌で使わない、俺はミックスボイスはだぜという人もいるのですが使わない人に …

「スー」「ズー」トレーニングで通る声を手に入れよう

今回は通る声を身につけるトレーニング、息の多い声を身につけるトレーニングについて書いていきたいと思います。 息の多い声というのはとても重要です。歌のみならず、話し声でさえ息が多い声というのは魅力的です …