ボイストレーニング

【「ヒ」トレーニング】のやり方・効果・練習方法について

投稿日:2017年12月4日 更新日:

今回はボイストレーニングの中でも軟口蓋・口腔に響きを持っていくトレーニングについて書いていきたいと思います。

歌を歌うには、いや、声を出すのには響きが必要不可欠です。

いい声を出そうとすればするほどに響きは重要です。

よく響いているものはよく聞こえるのですね。

今回は軟口蓋や口腔に響きを持っていく「ヒ」に発音について書いていきたいと思います。

 

「ヒ」トレーニングとは

その名の通り「ひ」の発音でトレーニングする方法です。

試しに「ヒ」と言ってみてください。

「ヒ」

強めに言ってみてください

「ヒッ!」

そう、それです。

どうでしょう?上アゴの方に響きが来てませんか?

上アゴの空間が若干上がっているような感覚になりませんか?

そして「ヒ」というと息がしっかり流れませんか?

これが「ヒ」のトレーニングで掴むべき感覚なのです。

「ヒ」トレーニングの効果

  • 上アゴ・軟口蓋に響きがくる
  • 息がしっかりと流れる

大きなところはこの二つですね。

上アゴ・軟口蓋に響きがくる

この位置が響くことで歌はもちろんのこと、声がすごく良くなります。

簡単にいうと声が平べったくなくなり、深みが出るようになります。

極端なことを言うとオペラのような響きに近づきます。これはあくまで極端なので、そう目指さないとそうはなれませんのでご安心を。笑

深みのある声が出せる人は声にツヤができます。聞いていて気持ちいいいのですね。

息がしっかりと流れる

これは声を出すにあたって非常に重要な要素です。

息が流れている=倍音が多い=声が通る

と言えます。一流と言われて言う人たちは、必ずと言っていいほど息が流れています。

息の流れは歌の上手さと直結していると言えますね。

「ヒ」の発音は息を流さないと発音できないので、声に息を多くしていく練習にはピッタリのトレーニングですね。

練習方法

単発で「ヒッ!」とスタッカートで音階練習をしていく

ピアノに合わせて「ヒッ!」と勢いよく発声します。これで無理のない範囲まで音階を上げていき、また下げていきます。

レガート(流れるようにつなげて)に「ヒイヒイヒイヒイヒ」で音階練習

次はレガートに練習していきます。

これもピアノで「ドレミファソファミレド」に合わせて「ヒイヒイヒイヒイヒ」と発生していきます。

これも無理のない範囲で音階を上下させてください。

注意点

喉を締めすぎたり、無理して発声することはなるべくやめておきましょう。

このトレーニングは喉に負担がかかりがちです。

また、しっかりと「ヒ」と発音することを心がけましょう。

よくあるのが高音になるにつれて「ヒェ」になったり「ヘ」になったりしてしまいがちです。

正しく「ヒ」で練習しましょう。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

-ボイストレーニング

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.