【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

各種ボイストレーニング方法

息の流れと軟口蓋への響きをつける「ヒ」トレーニング

更新日:

今回は息と上方向への響きのトレーニング、「ヒ」トレーニングについてです。

この記事は

  • 「ヒ」トレーニングとは
  • 「ヒ」トレーニングの効果
  • 「ヒ」トレーニングの練習方法

についての内容です。

「ヒ」トレーニングとは

その名の通り「ヒ」の発音でトレーニングする方法です。

試しに、

「ヒ」と言ってみましょう。「ヒ」。

次に強めに言ってみてください「ヒッ!」。それです。どうでしょう?

  • 上アゴの方に響きが来てませんか?
  • 上アゴの空間が若干上がっているような感覚になりませんか?
  • そして息がしっかり流れませんか?

これが「ヒ」のトレーニングで掴むべき感覚です。

 

「ヒ」トレーニングの効果

「ヒ」トレーニングの効果は大きく二つ

  1. 上アゴ・軟口蓋に響きがくる
  2. 息がしっかりと流れる

です。

それぞれ掘り下げます。

 

上アゴ・軟口蓋に響きがくる

上アゴに声を当てる息を持つことで自然と上アゴが上がった声の出し方ができるようになってきます。

また、軟口蓋への響きもしっかりとつくようになります。

これによって明るい音色や爽やかな音色など広がりのある音色の声になります。

 

ココがポイント

「ヒ」の発音はそれを割と強制させる力がある(逆に下方向への響きは難しいというか自然じゃない)ので響きを意識するトレーニングにとてもいいです。

 

息がしっかりと流れる

「ヒ」という発音は息が多く必要な発声です。

この発音でトレーニングすることで「息の流れのある発声」を身につけることにつながるでしょう。

息のコントロールを活かすための息と声との連動にもとてもいいトレーニングになります。

 

「ヒ」トレーニングの練習方法

単発で「ヒッ!」とスタッカートで音階練習をしていく

ピアノに合わせて「ヒッ!」と勢いよく発声します。これで練習していきます。

ピアノや音源がない人は適当にやってもそれなりの効果があります。

ピアノを使うのはピッチ感を鍛える効果も考えてのことです。

やり方

ピアノの

  • 「ドレミファソファミレド」に合わせて「ヒッヒッヒッヒッヒッヒッヒッヒッヒ」
  • 「ド・ミ・ソ・ミ・ド」に合わせて「ヒッ!ヒッ!ヒッ!ヒッ!ヒッ!」

という感じです。

これはしっかりと勢いよく息を流す意識が重要です。

レガート(流れるようにつなげて)に「ヒイヒイヒイヒイヒ」で音階練習

次はレガート(なめらかにつなげる)に練習していきます。

やり方

ピアノの

  • 「ドレミファソファミレド」に合わせて「ヒイヒイヒイヒイヒ」

という感じです。

これは「ヒ」にしっかりとアクセントをつけつつ、流れるように音を繋げましょう。

注意点

しっかりと息を吐いて発音することを心がけましょう。

また、しっかりと「ヒ」と発音することを心がけましょう。よくあるのが高音になるにつれて「ヒェ」になったり「ヘ」になったりしてしまいがちです。

正しく「ヒ」で練習しましょう。

 

トレーニング音源に困っている方は当サイトのボイトレ音源ページも活用してみてください。

 

 

-各種ボイストレーニング方法

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.