ボイストレーニング

通る声・いい声を身につけるには「ヒ」トレーニング

更新日:

今回はボイストレーニングの中でも軟口蓋・口腔に響きを持っていくトレーニングについて書いていきたいと思います。

歌を歌うには、いや、声を出すのには響きが必要不可欠です。

いい声を出そうとすればするほどに響きは重要です。

よく響いているものはよく聞こえるのですね。

今回は軟口蓋や口腔に響きを持っていく「ヒ」に発音について書いていきたいと思います。

 

「ヒ」トレーニングとは

その名の通り「ひ」の発音でトレーニングする方法です。

試しに「ヒ」と言ってみてください。

「ヒ」

強めに言ってみてください

「ヒッ!」

そう、それです。

どうでしょう?上アゴの方に響きが来てませんか?

上アゴの空間が若干上がっているような感覚になりませんか?

そして「ヒ」というと息がしっかり流れませんか?

これが「ヒ」のトレーニングで掴むべき感覚なのです。

「ヒ」トレーニングの効果

  • 上アゴ・軟口蓋に響きがくる
  • 息がしっかりと流れる

大きなところはこの二つですね。

上アゴ・軟口蓋に響きがくる

この位置が響くことで歌はもちろんのこと、声がすごく良くなります。

簡単にいうと声が平べったくなくなり、深みが出るようになります。

極端なことを言うとオペラのような響きに近づきます。これはあくまで極端なので、そう目指さないとそうはなれませんのでご安心を。笑

深みのある声が出せる人は声にツヤができます。聞いていて気持ちいいいのですね。

息がしっかりと流れる

これは声を出すにあたって非常に重要な要素です。

息が流れている=倍音が多い=声が通る

と言えます。一流と言われて言う人たちは、必ずと言っていいほど息が流れています。

息の流れは歌の上手さと直結していると言えますね。

「ヒ」の発音は息を流さないと発音できないので、声に息を多くしていく練習にはピッタリのトレーニングですね。

練習方法

単発で「ヒッ!」とスタッカートで音階練習をしていく

ピアノに合わせて「ヒッ!」と勢いよく発声します。これで無理のない範囲まで音階を上げていき、また下げていきます。

レガート(流れるようにつなげて)に「ヒイヒイヒイヒイヒ」で音階練習

次はレガートに練習していきます。

これもピアノで「ドレミファソファミレド」に合わせて「ヒイヒイヒイヒイヒ」と発生していきます。

これも無理のない範囲で音階を上下させてください。

注意点

喉を締めすぎたり、無理して発声することはなるべくやめておきましょう。

このトレーニングは喉に負担がかかりがちです。

また、しっかりと「ヒ」と発音することを心がけましょう。

よくあるのが高音になるにつれて「ヒェ」になったり「ヘ」になったりしてしまいがちです。

正しく「ヒ」で練習しましょう。

 

 

ボイストレーニングに必要な【おすすめグッズ】

呼吸・横隔膜を鍛える『POWER breath パワーブリーズ』

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。↓

 

Be−Vo[ビーボ]

発声練習を手助けしてくれるボイトレグッズです。よく割り箸をくわえてトレーニングするとか言いますが、商品だけあって割り箸より100倍いいです。割り箸は箸ですもんね。

 

使い方やトレーニング方法も記載されているので自分でトレーニングすることができます。

使い方も豊富で値段も安いので、『声を良くしたい・滑舌を良くしたい・表情筋を鍛えたい』という方にはピッタリのアイテムです。↓

同じような商品です。Be−Voとあまり変わりませんが、こちらはケース付きです。

個人的にはBe−Voがオススメですが、まぁお好みで。↓

 

肺活量グッズ

『パワーブリーズ』以外にも肺活量・呼吸を鍛えるグッズはあります。

パワーブリーズは最強グッズなのですが、お値段がそこそこしますので、「そこまで本気じゃないんだよなぁ」という方もいるはずです。

 

「でも声はよくしたいから、安くて鍛えられる商品が欲しい」という方にオススメです↓

 

 

BeQu 鼻筋セレブ ノーズアップピン

こちらはボイトレグッズではなく、本来は美容グッズです。

鼻筋を綺麗にするという『amazonベストセラーの大人気美容グッズ』なのですが、実はこれがボイストレーニングに使えます。

 

というのも装着中はほとんど鼻をつまんでいる状態になります。この状態で声を出したり、ボイストレーニングすることで「逆ハミング練習」ができるのです。歌には必須の鼻腔共鳴を鍛えることができます。

いいトレーニングだけに道具があると楽ですね。

『逆ハミング練習』についてはこちら

 

まぁ、自分の手で鼻をつまめばできるんですけどね。そんなこと言ってしまうと、パワーブリーズだって手でできますし、Be−Voだって指を噛めばできます。笑

便利ゆえに道具を使うのです。

 

とりあえず、鼻腔共鳴+鼻筋綺麗一石二鳥です。

本来は美容グッズですが、ボイトレにも活用できるのがいいんです。

ボイトレしながらイケメンや美女になりたい方にオススメです↓

 

もちろんただの鼻栓でもいいんですよ↓

でも、どうせなら少しでも『付加価値』があった方がいいじゃないですか。笑

 

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを学び・実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスになるでしょう↓

 

オススメのボイトレ本ランキングはこちら

 

BELTBOX

こちらはボーカリストのための防音グッズですね。

なかなか大きな声を出せない環境や近所に迷惑をかけられない環境にいる方も多いのではないでしょうか。

練習したくても声量が気になってできないという時にオススメのグッズです↓

 














-ボイストレーニング

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.