歌唱力アップ

地声の高音域を広げる方法【結局、地道なトレーニングが一番いい】

投稿日:2019年7月23日 更新日:

この記事は

  • 地声の高音域を広げるトレーニング
  • 音域を広げるための予備知識
  • 音域を広げるための要素

という内容です。

地声の高音域を広げるトレーニング方法

早速ですが、まず『地声域の高音域を広げる具体的なトレーニング方法』から紹介します。

 

まずは

自分の『地声のに出せる範囲の限界』を理解します。

ピアノで一音一音低い音から音程を上げていき限界を探っていきます。

 

発音は「あー♫」などなんでもいいです。

 

この際、大事なポイントはあくまで『楽に出せる範囲』の限界を探ることです。

『ほんの少しでも苦しい・変な力がちょっとでも入る・喉が締まる予兆がする』みたいなことがあってはダメです。

 

楽な音は『100回出したら100回とも一切ミスなく出せるくらいの音』です。

これすごく大事です。

 

例えば、

  • 『ド』→楽に出せる
  • 『ド#』→ほんのりきつい
  • 『レ』→少しきつい

みたいな感じなら、楽に出せる範囲は『ド』までということになります。

 

この音を理解したら、

まずはこの『ド』と『ド#』をピアノなどの楽器に合わせてひたすらに発声練習します。

つまり『楽』と『ほんのりきつい音』。

 

ここでの目標・目的は

  • 『ド#』を『ほんのりきつい→楽に出せる』に変えること

です。

発音はなんでもいいというか、『いろいろな発音』をやってみるのが大事だと思います。

これをとにかくひたすらに繰り返します。できるまで一点集中

 

そうすると、継続するうちに

  • 『ド#』→楽に出せる
  • 『レ』→ほんのりきつい
  • 『レ#』→少しきつい

へと成長します。

 

やった。音域が半音広がりました!

 

これが『音域が広がる』ということですし、こうして『100回出したら100回とも一切ミスなく出せるくらいの音』を一つづつあげていけば必然的に歌唱力も上がります。

 

例えば、

  • 『1日15分〜30分』×30日(一ヶ月)

で『半音上げる』とします。

 

そうすると

  • 『半音上げる』×12ヶ月で1オクターブ音域が上がる

という計算になります。

 

なんかそう考えるとできそうですよね。

1ヶ月に上げる音域はたった半音でいいのですから。

 

そして、これを繰り返せば、

  • 1年で1オクターブ
  • 2年で2オクターブ
  • 10年で10オクターブ。。。。。。

となればいいのですが、、、、。

 

ならない。これも頭に入れておくべき。

 

音域を広げるトレーニングをする上で知っておくべき大事なことですが、

人の声帯には最適な音階の範囲があり、それは人それぞれ決まっている

ということです(これに関しては後半詳しく説明します。)

 

つまり、

半音づつ上げていくと、ある一定のラインまでは

  • 『ほんのりきつい音→楽な音』

に変えていくことができるのですが、何をどうしても楽にはならない音(限界)は存在する

ということです。

 

その音階まで来た時おそらく、

  • 声帯は裏声に行きたがっている
  • 裏声が出しやすい音域

のはずです。

 

その時は素直に裏声に変えるのがいいと思います。

それ以上は『自分の持っている声帯の最適な範囲を外れている』ので、基本的にいくら鍛えてもそんなに伸びませんし、出せるように頑張ったところで魅力的でない可能性が非常に高いです。

 

関連

*この最適範囲をぶち破る『ハイトーンボイス』みたいなものも世の中には存在しますが、それ相応のリスクを抱えます。メタルシンガーやハードロックシンガーには必要なのかもしれませんね。このページでは省略します。

ハイトーンボイスの出し方【高音ミックスボイスを鍛える】

続きを見る

 

 

なので、

『自分の声帯が持っている最適な範囲』までなら地声域の音域は広げることができると考えられますし、このトレーニングは非常に有効と考えられます。

 

このトレーニングの注意点

最大の注意点は『ほんのりきつい音→楽な音』に変えるときに

  • その発声の音色に最大限の注意を払うこと

です。

 

要は変な発声の方向性へ進まないようにしなければいけないということです。

 

判断するのは意外と簡単で、練習するときに『録音』すればいいのです。

そしてそれをよく聞いてみる。

スマホの録音で十分です。

 

これで変な発声に入り込むことを防げます。

 

自分で判断できない?

録音を聴いて自分が変と感じたら、ほぼ他人も変と感じていますので、それが『変な発声』です。

変でもないし、良くもないと感じたら良く感じる発声になるように試行錯誤です。

結果的に魅力的な歌声になるでしょう。

 

録音だから変に感じる?

いや、残念ながら録音こそほぼ真実

大抵のスマホの録音の音質はすごくいいですよ。今やiPhoneのマイクで録音したものをそのままCD音源に使うミュージシャンも増えています。

 

関連

これは内耳共鳴の関係で変に聴こえるのですね。

歌が上手い人は内耳共鳴と外耳共鳴の誤差が少ない!?

続きを見る

 

このトレーニングの弱点【質のためには必要な弱点】

このトレーニングの最大の弱点は

  • 『つまらない』
  • 『地道すぎる』
  • 『我慢が大変』

みたいなところだと思います。

 

半音づつコツコツと練習し続けるのは、正直楽しくないですよね。

もっと高音まで頑張るような『ドミソド〜♫』みたいな音階でトレーニングした方が楽しいですし、やってる感があります。音程を飛ばしたくなるんです。

 

ところがそういうトレーニングこそ『音域を広げる』というだけの観点で言えば、あまり良くない場合も考えられます。

特にプロのシンガーのような質の良い発声をしたい場合はやめた方がいいでしょう。

 

というのも、音階をジャンプするようにして無理やり押し広げていく練習は

  • 発声の質高音が出せる

にどうしてもウェイトが寄ります。

 

そうすると、結果的に質が良くない高音・少なくとも質を意識していない高音を身につけることになります。

結果的にプロのような音色にはならない可能性が高いでしょう。

 

逆に、一音づつコツコツとほんのりきつい音を楽に変えていくトレーニングは

  • 発声の質高音が出せる

発声の質を最大限重視した考え方のトレーニングです。

 

急激に音階が上がることはないですが、変な発声になるリスクを最大限排除しています。

必然的に魅力的な発声のまま音域を広げることができます。

 

そのかわりにつまらない地道なトレーニングとなりますが、我慢です。

長い目で見れば良い結果に結びつくと思いますので。

 

まぁ、

  • カラオケで自由に楽しく歌いたいのか(そこまで努力せず楽しめる範囲になりたい)
  • プロのように魅力的な発声で歌いたいのか(とにかく努力して魅力的になりたい)

など、その人のニーズによっても違うと思います。

カラオケで楽しく歌いたい範囲であれば、音階をジャンプさせるような発声トレーニングの方が手っ取り早いこともあるでしょう。

 

このトレーニングは継続する意思も大切なので。

魅力的な発声の質を保ちつつ音域を広げる場合にはコツコツと開発するのが一番と考えます。

 

音域を広げるための予備知識

「地声」か「ミックスボイス」か

地声の音域広げるという話になったときに、大抵出てくるのが『ミックスボイス』ですよね。

 

これに関してはあまり深く考えない方がお得です。

裏声ではない高音域を広げたいのであれば、どっちにしてもやることは変わりませんから。

 

もしあなたのミックスボイスの認識が大枠『裏声ではない高音発声』であれば、分類上ミックスボイスは地声と考えられますので『地声の仲間≒地声』と考えておきましょう。

少なくともそれで損はないです。

 

誰でも音域は広がるのか?

聞きなれた言葉かもしれませんが、

  • 音域は誰でも広がると考えられる

のです、、、。

 

が!!!

人の声帯には限界があり、それぞれの限界値(最適値)はその人が持っている声帯による

のです。

 

よく言う、

「高音域はどこまでも伸ばせるが低音域は伸ばせない」

というお話がありますね。

 

確かに、

理屈上は高音域はどこまでも伸ばせるのですが、人の声帯には当然限界がありそれ以上は無理の生じるものだと考えられます。

これはスポーツなどでも同じですね。

  • 「理屈上は誰でも160キロ投げられます」
  • 「理屈上は誰でもメッシ並みのドリブルができます」

いやいや、、、。

 

誰にでも『その体に合った最適』があるんです。

なので、『高音域はある程度伸ばせる』くらいの表現が現実的でしょう。

まぁ歌は「高い声を出さなければいけない」とか「高い方がいい」ということではないですから。

 

その最適を極めた方が魅力的です。

 

*ちなみに『低音域は伸ばせない』でほぼ正解。伸ばせても1〜2音くらいでしょう。

 

では歌においての最適は?

大抵の人は

  • 自分の声の最低音から数えて、『2.5〜3オクターブ(地声/ミックスボイス・ファルセットを含めて)』くらいは出せる(力を秘めている)

と言われています(多少の個人差はあるはず)。

 

それだけあれば十分でしょうし、ほとんどの人は満足するでしょう。

*ポップスで使う平均音域幅は1〜1.5オクターブくらい(その人の一番おいしい音域帯を狙うから)。

 

そしてこの一番おいしい音域帯は人それぞれが持っている声帯によって違います。

自分の地声域の目安

まず、

  • 自分の声帯の最低音を見つける

ことが大事です。

 

『最低音』とは

単純に、

  • 『自分が出せる一番低い音』

のことです。

ただし、音にできるかできないかくらいのギリギリな最低音ではなく、

  • 『綺麗に音にできる最低音』

くらいで捉えるとちょうどいいかもしれません。

 

この最低音は人によって(持っている声帯によって)変化します。

男女の差はもちろんのこと、人それぞれに違います。

 

ほとんどの場合、その人の

  • 声が低ければ最低音は低い
  • 声が高ければ最低音は高い

です。

 

 

そして、

  • この最低音から平均1,5〜2オクターブくらいの範囲(誰でも魅力的に出せるであろう範囲)
  • 努力すれば2〜2.5オクターブくらいの範囲(魅力面と向き合わなければいけない範囲)

地声を伸ばせる範囲でしょう。

 

最終的には個人差があるのでざっくりとした目安でしかないのですが、これ以上は危険と判断するのが普通でしょうし、何より魅力面を大きく損なう可能性が高い。

 

 

音域を広げる要素

音程を上げるために必要な二つの要素

  1. 『声帯』
  2. 『息』

について理解しておくと、トレーニングのヒントになると思います。

『音程』と『声帯』の関係性

音程を司っている声帯の動きは

  1. 『声帯伸展』
  2. 『声帯収縮』

という二つの力に分けられます。

 

『声帯伸展(声帯が伸びる)』

このように伸びる力を使って音程を上下させることです。

これが音程をあげる原理であり、音程を決めている一つの要因です。

 

そしてもう一つが『声帯収縮(緊張)』です。

これは声帯自体を短くするような固くするような動きのニュアンスで、伸展に対して逆の動きになっています。

 

これは

  1. 単純に縮めて音程を下げる動き(メイン)
  2. 声帯を固めて音程を上げる働き(サブ)

の二つがあります。

 

このように縮んで音程を低くする力がメインですが、

 

 

声帯自体を硬くして音程を高くするような収縮もあるのですね(サブ)。

これが『声帯収縮』です。

 

この

  1. 『声帯伸展』
  2. 『声帯収縮』

という二つの力が複雑に作用するのが実は音程を決めている要因です。

 

音域を広げるのには「声帯伸展」「声帯収縮」をざっくりと理解しておくこともいいかもしれません。

 

『音程』と『息』の関係性

音程を決めている要因はもう一つ。

 

それが

  • 息の量・息の力

です。

 

声帯の状態が全く動かない(ありえませんが)という同一の条件下で息の量が弱いのと強いのではどちらが高音が鳴るでしょうか?

当然ながら息の量が強い方が高い音が鳴りますね。

 

試しに

音程は全く意識せずに思いっきり息を吐く勢いで声を出してみましょう。

「あーーーー」っと。

次に弱く息を吐くつもりで声を出してみましょう。

当然ながら強く息を吐いた方が高い音が鳴ったはずです。

 

例えば、

風が強い日の窓の音と同じですね。

風が強ければ「ピューーーー」っという強い高い音が鳴りますし、弱まると低い音になって消えていきます。

体育で使われるような笛も同じですね。強く吹けば高い音、弱く吹けば弱い音になります。

 

もちろん、厳密には息の量を上げるとそれに合わせて声帯は動いている(息を強く吐こうとすると反射的に声帯が動く)のですが、シンプルに考えると息の力を上げることで音程は上がります。

 

あくまで簡単に考えた場合での話ですが、息の量・息の力は音の高低大きく関わっています。

 

ただし、先ほども言ったように実質的には息に応じて声帯は動くようになっています。

つまり単純な息の量・息の力だけでなく『息と声の連動性能』のようなものが実は鍵となる場合もあります。

 

『音程』と『息』と『声帯』

つまり、

音程を決めているのは『息の量』と『声帯コントロール』

ということになります。

なのでこの二つが大きな柱であるということですね。

 

声帯収縮(緊張)や声帯伸展の度合いで音は高くなる・息が強ければ音は高くなるというわけです。

 

ということは

高音域を広げていくのは『このどちらか・もしくは両方を鍛えていくこと』で高音発声できるようになる

とも考えることができます。

 

なのでこの『声帯のコントロール』と『息』を強化することは高音域を広げることにつながると考えられます。

 

ただ、一つ注意しておかなければいけないのが、これらは複雑に絡み合う関係性にあるということです。

それぞれを強くしようとすると、反対に弱くなったり、何かができなくなったり、何かが足を引っ張ったりというような弊害が出てくることもあるということです。

 

つまり単純に表現しても下のようなグラフになりますし、実際はもっと複雑ですね。

そんな多くのことを考えていると、大変ですね。

これらは結局、発声を分解していった先のピースです。

 

この分解したピースを狙って鍛えるのも大事ですし、最初に紹介したような目的だけを考えてコツコツとトレーニングしていくことも結果的にはこのピースを鍛えることになっているでしょう。

 

両方大事

 

まずはコツコツと音域を開拓して、その中げの自分の試行錯誤として色々なピースを捉えて練習してみるといいと思います。

 

声帯収縮・緊張を鍛えるトレーニング

 

声帯伸展を鍛えるトレーニング

 

 

実際の発声などで高音を開発していくトレーニング

-歌唱力アップ

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.