当サイトは広告を利用しています

ボイストレーニング

地声の強化に!「ブッ」「トゥッ」「タッ」トレーニング

更新日:

今回は、「ブッ」「トゥッ」「タッ」というボイストレーニングについて。

 

このトレーニングは、

  • 声のアタック(出だし)を改善する
  • 発声のバランスを整える
  • 声帯が息を支えやすくなる
  • 地声の高音や声量を鍛えやすくする

という効果が期待できます。

 

個人的には、初心者はいい発声を身につけるため、上級者は声を整える・ウォーミングアップに使える、というトレーニングだろうと思っています。

「ブッ」「トゥッ」「タッ」トレーニングとは

その名の通り、

  • 「ブッブッブッブッ♬」
  • 「トゥットゥットゥッ♬」
  • 「タッタッタッタッ♬」

の発音でのトレーニングです。

 

派生させて

  • 「ブイブイブイブイブイ♬」
  • 「トゥイトゥイトゥイトゥイ♬」
  • 「タイタイタイタイタイ♬」

など「イ」をつける形にする方法もあります。

 

個人的には「ブッ!」「トゥッ!」「タッ!」という強い区切りの発音が良いと感じますが、個人差があるので自分に適した形を探すのが一番です。

 

世界的なゴスペルシンガーのヨランダ・アダムスも、ウォームアップで似たようなことを行っているようです↓

 

練習方法としては、

  • 同じ音で反復練習する
  • ピアノなどの音階に合わせて練習する
  • 歌唱曲全体をこの発音のみで歌う

などの方法があります。

 

自分に合った練習方法で問題ないのですが、個人的には、ピアノなどの音階に合わせてトレーニングすることでピッチ感なども一緒に鍛えられておすすめです。

練習用音源

練習用の音源に困っている方は『「ブッ」トレーニング練習用音源ページ』をどうぞ。

 

注意点

このトレーニングで注意すべきポイントは、

  • 発音をしっかりと行うこと。
  • 区切りをしっかりと意識すること。
  • 無理に声を出しすぎないこと。
  • 「B」「T」の発音の特徴をしっかりと活かすこと。

などです。

 

「ブッ」「トゥッ」「タッ」トレーニングの効果

これらのトレーニングによる効果は、

  1. 声のアタック(出だし)の改善
  2. 発声のバランスの整備、良質な発声を身につける
  3. 声帯が息を支えやすくなる
  4. 地声の高音や声量の鍛錬が行いやすくなること

が考えられます。

 

この効果は、「バビブベボ」「タチツテト」のような「B」と「T」の子音の発音の特性から生まれます。

これらの発音は、瞬間的に息を止めて一気に吐き出すという特性があります。

 

①声のアタック(出だし)の改善

「B」「T」の発音は、子音の勢いに声を引っ掛けやすい発音です。言い換えると、「出だし」にスピード感とアクセントが付きやすい発音ということです。

 

なので、この発声を繰り返しているうちに、声のアタックの精度が向上する効果が考えられます。

 

②発声のバランスが良くなる・いい発声が身につきやすい

『B』や『T』の発音は、息をせき止めて解放することにより、発声の勢い(息の流れ)がつきやすくなることも特徴の一つです。

 

発声に息の流れがつくと、息が乗った発声のトレーニングになります。つまり、息と声帯の連動性が高まり、発声が良くなるということです。

 

「B」や「T」は比較的鋭い子音なので、発音自体は綺麗とは言えないかもしれませんが、声帯部分に着目すれば発声を綺麗に整えてくれるのですね。

 

③声帯が息を支えやすくなる

これは「声帯が呼気圧(息の圧力)をしっかりと支えている状態」を作りやすくなるということです。

 

「ブッ」「トゥッ」「タッ」をスローモーションで発音してみるとわかると思いますが、発音しようとする瞬間に胸周辺で息の圧力が高まるような感覚(息がせき止められて膨らむような感覚)があると多います。

 

これが、声帯が息を支えている状態です(*支えているのは声帯のみではないですが)。

この状態が作れている状態から声を出すと、自然としっかりとした鳴りの声が生まれます。つまり、声をしっかりと鳴らすのが苦手な人などには良いトレーニングになるということです。

 

④地声の高音開発や声量開発になる

これまでの内容を踏まえると、このトレーニングは発声のバランスを整え、息の勢いと声帯の鳴りを共存させることが特徴です。

 

そのため、高音開発や声量開発を目的とする際にも、発声の質を維持しながら効果的にトレーニングができます。『B』や『T』の発音をしっかりと行うことで、喉締め発声などの不自然な発声をすることが難しくなるため、自然な発声が身につきやすくなるというメリットもあります。

 

なので、地声の高音開発や声量開発に効果的だと考えられます。

地声の高音域を広げる方法【結局、地道なトレーニングが一番いい】

続きを見る

 

まとめ

「ブッ」「トゥッ」「タッ」トレーニングは

  1. 声のアタック(出だし)を良くする
  2. 発声のバランスの整備、良質な発声を身につける
  3. 声帯が息を支えやすくなる
  4. 地声の高音や声量UPのトレーニングにしやすい

という効果が考えられます。

 

もちろん、すぐに効果が出るものではないので、コツコツとした積み重ねが大事になります。

 

また、ボイストレーニングには必ず個人差があるので、全ての人に同じように効果があるとは限りません。自分に合うトレーニングを探すことも大切なので、その点は考慮に入れておきましょう。

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2024 All Rights Reserved.