音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】

ボイストレーニングを中心に音楽技術向上に関する様々なことを書いています

歌声解説

松山千春の歌い方・歌唱力 柔らかい閉鎖の歌声【歌声解説】

投稿日:

 

今回は松山千春さんの歌声について書いていきたいと思います。

松山千春さんと言えば、日本の音楽界で長く活躍する一流ミュージシャンですよね。

何と言ってもあの歌声。オンリーワンな歌声は一聴するだけで松山千春さんとわかる声ですよね。

あの歌声に魅了されている人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな松山千春さんの歌声について書いていきたいと思います。



どういう声質か

地声・話し声は高めの音域で声帯閉鎖が強めの声

地声の音域は結構高めの声をしています。高さを感じる声質ではないのですが、高い音域です。

高さをあまり感じられないのは、声帯閉鎖が強く喉付近に響きがあるからです。男らしい声ですが、音域はそれなりに高いという感じの声ですね。

ミックスボイス系の地声ですね。

 

歌声はミックス系で自然な声帯閉鎖

歌声はミックス系ですね。ただ断定できないのが、地声がそれなりに高いため地声のまま歌っているようにも聞こえます。

普通の音域の人だと明らかにミックスボイスの音域なのですが、松山千春さんは地声がそれなりに高いため地声っぽく聞こえますね。

もともと地声がミックスボイス系なのでなんとも言えないところです。

 

声帯閉鎖も地声同様に強く、それでいて薄く閉鎖させているので柔らかい響きになっています。

 

どういう歌い方か

歌い方はかなり特徴的ですね。

マイクの持ち方も特徴的ですが。笑

 

ビブラートは深いビブラートですね。美しいビブラートです。

あまり音を切らずに発声します。母音を重要視する日本的な歌唱法です。

また、口をあまり開けずに発生しています。

声帯閉鎖がしっかりしているため息が多く流れているタイプではないですが、ピッチ感がかなり良く音色がかなり美しく聞こえます。



どういう練習をすれば松山千春さんのように歌えるか

松山千春さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん多くの練習や訓練が必要になってきます。

しかし、要点を絞ることで近づくための近道になります。

 

松山千春さんのように歌うには

  • 閉鎖の強いミックスボイスを身につける
  • そのミックスボイスを柔らかく使う
  • 深いビブラートを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

閉鎖の強いミックスボイスを身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニング

閉鎖の強いミックスボイスを身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

このトレーニングは舌根をほぐしながら、余計な筋肉を使わずに声帯を締める発声ができます。

高音域まで「ネイ」「ヤイ」で楽に発声できるようにトレーニングしまましょう。

 

詳しくはこちら

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

 

閉鎖の強いミックスボイスを柔らかく使うために

閉鎖の強いミックスボイスを出せるようになったら次はそれを少し柔らかく使わなければなりません。

そのためにはリップロールの練習がいいでしょう。閉鎖の強いミックスボイスを意識してリップロールの練習をしましょう。

 

リップロールは声帯を薄く使うような綺麗なミックスボイスの練習に向いているトレーニングです。

閉鎖の強い声を身につけてから練習するといいでしょう。その声を柔らかく使えるようになってくるはずです。

歌唱力アップ『リップロールの効果』

深いビブラートを身につける

深いビブラートを身につけることは松山千春さんのように歌うためにとても重要です。

 

ビブラートの練習法について詳しくはこちら

ビブラートを身につけたい! 練習法は?

まとめ

松山千春さんのように歌うには

  • 閉鎖の強いミックスボイスを身につける
  • そのミックスボイスを柔らかく使う
  • 深いビブラートを身につける

が重要です。まずはここをしっかりと練習しましょう。

 

他のアーティストの歌声解説はこちら

 



-歌声解説

執筆者:


  1. keshi より:

    松山千春ファンの者です!楽しく読ませていただきました
    彼は40年にも及ぶ活動の中で声質も大きく変化していて、今の声になったのは90年代くらいからですかね〜
    初期は今より細く繊細な高音だったのですが、発声方法は変わってないのでしょうか?
    質問になってしまってすみません

    (参考音源)
    https://youtu.be/GPtWGViz8nk

    • shoheihey より:

      読んでいただきありがとうございます。「南風に乗せて」すごくいい曲ですね。
      確かに今よりも細く繊細ですね。発声方法は変わらず息はあまり流れない閉鎖系のミックスボイスなのですが、非常に薄く声帯が閉鎖していますね。
      昔の歌声はリップロールからアプローチをかけた方がいいかもしれませんね。
      また鼻腔の方への響きも現在よりあるので上にすっと抜けるような声質になっています。
      いつの時代の声も素晴らしいですね(^ ^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

元クリスタルキング 田中昌之の歌い方・歌唱力 閉鎖の強い超高音ミックスボイス【歌声解説】

今回は元クリスタルキングのボーカル田中昌之さんの歌声について書いていきたいと思います。 クリスタルキングと言えば、今は解散してしまいましたが圧倒的な歌唱で人気を誇っていたグループですよね。 その歌唱は …

松田聖子の素晴らしい歌唱力【歌声・歌い方解説】

今回は日本のアイドル界の歌姫:松田聖子さんについて書いていきたいと思います。 アイドル時代から現在に至るまで、多くの曲を世に残してきた松田聖子さんですが、注目すべきはその歌声。 別に現在のアイドルを否 …

木村カエラの歌い方 上方向への響きが綺麗な声量を生む 【歌声解説】

今回は木村カエラさんの歌声について書いていきたいと思います。 木村カエラさんと言えば、多くの名曲を生み出しているミュージシャンであり、そのルックスはかなり個性的で憧れている人も多いのではないでしょうか …

浜田省吾の歌い方 閉鎖の強いミックスボイスが胸に刺さる歌を生み出す【歌声解説】

今回はシンガーの浜田省吾さんのついて書いていきたいと思います。 浜田省吾さんと言えば、メディアへの露出はほとんどないものの絶大な人気を誇っているソングライターですよね。 歳を重ねても衰えない歌声と魅力 …

秦基博の歌い方はミックスボイス?万能な歌唱力【歌声解説】

今回は秦基博さんの歌声について書いていきたいと思います。 秦基博さんといえば、ガラスのような声とギターで日本中を魅了しているシンガーソングライターですね。 ハスキー声質の綺麗な声と高音がかなり出るのが …