歌声解説 男性シンガー

藤井風の声や歌い方についての分析

投稿日:2020年3月12日 更新日:

今回は藤井風さんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

話し声の特徴

話し声の音域はやや低めくらいの音域

やや低めくらいの音域帯の声帯を持っているという印象です。

 

話し声の声質は『鳴りやすい』タイプの声質

若干軽やかさや柔らかさも感じますが、ジリジリ・ビリビリとした鳴りの成分がしっかりとある芯のある声質を持っていると言えるでしょう。

持っている声帯

やや低めの音域・鳴りやすい声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

息の流れと声帯の鳴りのバランスのいい発声主体で歌っています。どちらかと言えば鳴り寄りの声質ですが、息の流れも綺麗ですね。

 

このバランスのいい発声を美しく鳴らすのが藤井風さんの特徴ですね。

基本的にはこの地声域中心の発声でくっきりとかつ滑らかに歌っています。

後半の高音部分はミドル域に入っている感じですが、それ以外は地声域です。

非常にバランスのとれた発声で滑らかさも力強さも感じます。

最後の方は息系の声も使っています。

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声。

そこまで強い高音を発するというよりは地声域以上は綺麗にファルセットへ移行させるスタイルがメインですね。

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)。

非常に綺麗なファルセットを自在に使いこなすのも藤井風さんの特徴ですね。

切り替えがとても上手で、さらりと美しくファルセットに切り替えています。

基本的に鳴りやすい発声主体なのでその中に息系のファルセットがあると綺麗な抜け感を生みます。

歌い方

共鳴や音色

共鳴は上下の偏りなくフラットな印象を受けます。

というより綺麗に上下の共鳴をコントロールしているとも言えますね。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではないですが、フレーズ次第でナチュラルにかけています。

 

フレージング・歌い回し

大きな癖があるわけでもないですが、それでいて特徴的な印象を受ける歌い方です。

いろいろなスタイルのいいとこ取りをしたような印象を受けます。

 

洋楽っぽさもあり、でも日本語もしっかりと表現しているオールラウンドな上手さを持った歌唱力です。

リズム感やピッチ感も抜群ですね。

どういう練習をすれば藤井風さんのように歌えるか

藤井風さんのように歌うポイント

ポイント

バランスのいい発声を身につける

これが重要だと考えられます。

バランスのいい発声を身につける

藤井風さんのもともと持っている声質は『鳴り系』です。

非常にじりじりした鳴りを持った話し声をしています。

 

なのでこういう声帯を持っている人は『息をしっかりと流す』ことでバランスのとれた発声にしていく必要があります。

また、『息系の声』を持っている人は逆に声帯の鳴りを意識するといいでしょう。

 

息の流れを鍛えるには「ドッグブレス」や「スー」「ズー」トレーニングなどがオススメです。

こういう息系のトレーニングでまずは息と声の連動感を鍛えていきましょう。

息と声のバランスを整えるにはリップロールタングトリルなど息の持続的な流れと発声を組み合わせたトレーニングがオススメです。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.