【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 男性シンガー

小田和正の歌い方・歌唱力-綺麗な音色の魅力的な高音-【歌声解説】

投稿日:2017年11月30日 更新日:

今回は小田和正さんについて書いていきたいと思います。小田和正さんと言えば、日本の音楽界で長く活躍し続ける伝説級のシンガーですよね。

その独特の声は一度聞いたら忘れられない声ですよね。それでいて唯一無二の声!CMなどで流れると本当に心が洗われますよね。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな小田和正さんの声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は高めの音域で、息が流れやすくかつエッジ感のある声質

地声・話し声の音域は高めの音域です。音域的に高めの声帯を持っているように感じます。

声質は息が流れやすい声質をしています。声帯があまり鳴らずに息が流れやすい息先行型の声質です。と同時にエッジボイス的な声帯閉鎖のカラカラとした鳴りがある個性的な声です。

共鳴は咽頭共鳴(下方向)気味に当てていますが、あまり下方向へ響かないタイプですね。本来上に響きやすい喉を持っているのでしょうが、話し声は低めに話そうとしているのでしょう(意識的か無意識的かはわかりませんが。)

 歌声は綺麗な高音ミックスボイス

歌声は主に2種類の歌声で歌っています。地声・ミックスボイスの2種類ですが、ほとんどはミックスボイス系の発声一本で歌っています。地声系の発生が聞ける楽曲はほとんどないのではないでしょうか。

低音域は地声系の発声を使っているフレーズもあります。が、ほとんど使われることはなく使ってもかなり低い音域の時に少し出てくるくらいですね。

低中高音域とミックスボイスで歌っています。薄い声帯閉鎖とさらりとした息の流れが特徴的なミックスボイスです。声帯を薄く使って、地声的に聴こえる芯はあるのですが非常に澄んだ音色で綺麗なミックスボイスです。

高音域になると声帯の閉鎖感がやや強まりますが、基本的には薄い声帯閉鎖と息の流れで綺麗な澄んだ音色を作り出しています。

どういう歌い方か

声のスタート・音のスタートを大事にした歌い方

小田和正さんの歌い方はかなり特徴的です。一音につき一言という歌い方が多いです。というよりそういう曲が多いのですが、本人が作っているので、そういう歌い方です。なのでしゃくりなどはかなり少ないです。また、ロングトーンも少ないですね。

まっすぐに音程をとって、言葉を音に合わせてポンポンと置いていくような歌い方です。もちろん全てがそうだとは言えないですが。綺麗な澄んだ声を話すように語るように歌うのが小田和正さんの特徴ですね。

どういう練習をすれば小田和正さんのように歌えるか

小田和正さんのように歌うには当然、色々な要素が必要です。とても書ききれないほど多くの要素があります。

しかし、そんな中で重要な要点を絞ることで、小田和正さんの歌声に近づく近道になりますし、練習方法を自分の中で確認することができます。

小田和正さんのように歌うには

  • 綺麗なミックスボイスを身につける
  • 息のある声を身につける
  • 独特の歌い方を理解し習得する

この3つですね。では書いていきたいと思います。

綺麗なミックスボイスはリップロールで身につける

ミックスボイス、特に綺麗なミックスボイスを身につけるにはリップロールの練習が最適です。ミックスボイスの練習方法はたくさんありますが、綺麗・澄んだ・柔らかいミックスボイスはリップロールの練習が一番いいですね。リップロールで高い音まで練習してみたり、小田和正さんの楽曲をそのままリップロールで歌ってみてもいいと思います。

注意点は力み過ぎないようにしてください。無理は禁物ですよ。

リップロールについて詳しくはこちら

【リップロール】のやり方・効果・練習方法・理屈について

息のある声はドッグブレスで身につけよう

息のある声を身につける練習法で最適なのはドッグブレスです。ドッグブレスで声を出す練習をしていくと、自然と声に息がついてきます。どうしても日本人は喉に頼りがちな発声をしてしまうので、息をしっかりと吐いた声を身につけるのには最適です。

ドッグブレスで色々な言葉で発声練習してみたり、そのまま歌を歌ってみたりしてもいいと思います。

【ドッグブレス】のやり方・効果・練習方法について

独特の歌い方を理解する

小田和正さんの歌い方を耳では理解している人も多いと思いますが、具体的に何がどうなってあの歌い方になっているかをしっかりと理解しましょう。基本的に一音一言のフレージングで歌う。これはもちろんそうじゃないこともあるのですが、こういう場合が多いです。

言葉は伸ばし過ぎず途切れ途切れにブレーキを利かす。小田和正さんはあまりロングトーンをしないです。音を短く切る傾向がありますが、切り方に注意です。ぶつ切りにしてしまうと雑に聞こえてしまうので、ゆっくりと切るのです。柔らかく切ることが重要です。

小田和正さんはこういうところもすごいですよね。歌い方を理解できると表現しやすくなります。

理解して練習して表現する ですね。

まとめ


小田和正さんのように歌うには、綺麗なミックスボイスと独特の歌い回しを習得することが重要な要素です。

ここをしっかりと押さえた上で、その他の要素を詰めていきましょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。それくらい歌におい ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.