【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

歌声解説 男性シンガー

小田和正の声や歌い方についての分析

更新日:

今回は小田和正さんの歌声について書いていきたいと思います。

小田和正さんと言えば、日本の音楽界で長く活躍し続ける伝説級のシンガーですよね。

その独特の声は一度聞いたら忘れられない声ですよね。それでいて唯一無二の声!CMなどで流れると本当に心が洗われますよね。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は高めの音域で、息が流れやすくかつエッジ感のある声質

地声・話し声の音域は高めの音域です。

音域的に高めの声帯を持っているように感じます。

声質は息が流れやすい声質をしています。声帯があまり鳴らずに息が流れやすい息先行型の声質です。と同時にエッジボイス的な声帯のカラカラとした鳴りがある個性的な声です。

共鳴は咽頭共鳴(下方向)気味に当てていますが、あまり下方向へ響かないタイプですね。本来上に響きやすい喉を持っているのでしょうが、話し声は下方向気味に鳴らしています。

持っている声帯

高めの音域・息系の声質

 歌声は綺麗な高音系の発声

歌声は2種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)

の2種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

息が綺麗に流れる息系の地声域の発声です。息の上に綺麗に声が乗っているような発声ですね。

息の倍音成分が多く含まれており非常に心地よい澄んだ音色の発声です。もともと持っている声帯の音域も高めの声帯を持っているので、かなり高い音域帯まで地声域を引っ張っているように思います。

なので自在に美しい表現ができるのでしょう。

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。とは言っても地声の延長線上のような明確な線引きはしにくい発声です。

高音域になると声帯の閉鎖感がやや強まりますが、基本的には薄い声帯の鳴りと息の流れで綺麗な澄んだ音色を作り出しています。

歌声

息が綺麗な高音系の地声域・ミックスボイス

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋など上方向主体の明るい音色作りです。

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではないですが、フレーズ次第では自然にかけています。

フレージング・歌い回し・歌唱力

小田和正さんの歌い方はかなり特徴的です。一音につき一言という歌い方が多いです。というよりそういう曲が多いのですが、本人が作っているので、そういう歌い方と言えますね。なのでロングトーンなどは少ない傾向にあります。

まっすぐに音程をとって、言葉を音に合わせてポンポンと置いていくような歌い方です。語るような囁くようなニュアンスで歌っているので、とても心地よく伝わりますね。

もちろん全てがそうだとは言えないですが、綺麗な澄んだ声を話すように語るように歌うのが小田和正さんの特徴だと言えるでしょう。

どういう練習をすれば小田和正さんのように歌えるか

小田和正さんのように歌うには当然、色々な要素が必要です。とても書ききれないほど多くの要素があります。しかし、そんな中で重要な要点を絞ることで、小田和正さんの歌声に近づく近道になりますし、練習方法を自分の中で確認することができます。

小田和正さんのように歌うポイント

ポイント

綺麗なミックスボイスを身につける

息のある声を身につける

独特の歌い回しを理解し習得する

この3つですね。では書いていきたいと思います。

綺麗なミックスボイスはリップロールで身につける

小田さんはおそらく地声的な要素が多いとは思うのですが、普通くらいの音域帯ではミックスボイスでないと届かないところも出てくるでしょう。

特に綺麗なミックスボイスを身につけるにはリップロールの練習が最適です。

ミックスボイスの練習方法はたくさんありますが、綺麗・澄んだ・柔らかいミックスボイスはリップロールの練習が一番いいですね。リップロールで高い音まで練習してみたり、小田和正さんの楽曲をそのままリップロールで歌ってみてもいいと思います。

息のある声はドッグブレスで身につけよう

息のある声を身につける練習法で最適なのはドッグブレスです。

ドッグブレスで声を出す練習をしていくと、自然と声に息がついてきます。どうしても日本人は喉に頼りがちな発声をしてしまうので、息をしっかりと吐いた声を身につけるのには最適です。

ドッグブレスで色々な言葉で発声練習してみたり、そのまま歌を歌ってみたりしてもいいと思います。

独特の歌い方を理解する

小田和正さんの歌い方を耳では理解している人も多いと思いますが、具体的に何がどうなってあの歌い方になっているかをしっかりと理解しましょう。基本的に一音一言のフレージングで歌うこれはもちろんそうじゃないこともあるのですが、こういう場合が多いです。

言葉は伸ばし過ぎず途切れ途切れにブレーキを利かす。小田和正さんはあまりロングトーンをしないです。音を短く切る傾向がありますが、切り方に注意です。ぶつ切りにしてしまうと雑に聞こえてしまうので、ゆっくりと切るのです。柔らかく切ることが重要です。

小田和正さんはこういうところもすごいですよね。歌い方を理解できると表現しやすくなります。

理解して練習して表現する ですね。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

 

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.