ボイストレーニング

タングトリルのやり方・効果・練習方法について

投稿日:2017年10月20日 更新日:

今回は「タングトリル・タントリル」というボイストレーニングについてです。

このトレーニングは

  • 舌根をほぐし発声の力みを取る
  • 滑舌や舌の柔軟性を良くする
  • 息と声の連動性を高める

という効果が期待できます。

『タングトリル』とは

タングトリルとは、簡単に言えば『巻き舌』のことで、

連続的に巻き舌の状態を作りながら同時に声を出すトレーニング方法

です。

『タントリル』、『巻き舌トレーニング』などとも呼ばれます。

 

具体的にはこんなイメージ↓

語源・由来

このタングトリル、英語にすると『tongue-trill』になります。

  • tongueは「タン・舌」
  • trillは「震える・振動」

などの意味です。

*このtongueは発音上「タン」の方が正しく「タング」ではないんですが、なぜか『タングトリル』で広まっているのでそのままにしています。まぁ細かいことは気にせずにいきましょう。

タングトリルの効果・メリット

タングトリルは

  1. 舌根をほぐし発声の力みを取る
  2. 発音・滑舌が良くなる
  3. 息と声のバランスを整える

という効果が期待できます。

①舌根をほぐし発声の力みを取る

タングトリルは発声時の力みをほぐしてくれる効果が考えられます。

ここでの”力み”とは主に『舌・舌根』の力みのことで、これらをほぐすことで特に高音発声時などの舌の硬直や喉締め発声を解消できます。

 

なぜタングトリルが舌根をほぐすのかというと、『舌根の動きをある程度制限することで、舌根の悪影響を減らすから』です。

タングトリル中はある意味では舌を固めているとも言えるのですが、喉が締まる方向とは逆方向に引っ張り上げている状態なので、これが舌根が固まって喉が締まっていくのを防ぐのですね。

舌根部分を固定することで舌根の影響を受けにくくする

つまり、喉が締まっていくのを舌を起点にして防いでいるようなイメージです。

なので、厳密には舌根を「ほぐしている」というよりも『声帯と舌根を切り離す』とも言えるでしょうが、わかりにくい場合はほぐすと考えて問題ないでしょう。

 

舌を出して発声するトレーニングも似たような効果があると考えられます。

②発音・滑舌が良くなる

タングトリルには発音や滑舌をよくする効果も期待できます。「滑」と言うくらいですから、舌の動きが重要なのですね。

舌根をほぐし、舌の動きのトレーニングにもなるので、舌の柔軟性や動きを鍛えることにつながるしょう。

舌の動きが柔軟になれば発音も良く言葉を発することができます。

③息と声のバランスを整える

タングトリルの舌の高速運動は、舌自体は固まるような力が働いてそれを息の力で高速振動させています。

つまり、タングトリルをやっている状態というのは「息を綺麗に流し続けなければいけない」ということ。

息を一定量流し続けないとタングトリルを維持できない

これが結果的に息の流れと声のバランスを整えます。

しっかりと息を流しつつ声を出すような発声を身につける、いわゆる”息と声の連動”にも一役買うということです。

タングトリルのやり方・練習方法

やり方

  • 「ル」の発音をする直前の口の形を作ります。できるだけ強めの「ル」をイメージしてください。
  • 舌の裏が上の顎について、口の中で舌が丸まっていると思います。
  • この口と舌の状態を固定しながら息と声を出します(最初は息だけでもいいです)。
  • すると舌が息の力に押されて連続で「ルルルル」と振動します。
  • 舌を口の中で転がすようなイメージを持つといいでしょう。

 

舌を高速で振動させる

注意点

ある程度楽な状態で力を入れすぎないように気をつけましょう。

例えば、タングトリルを頑張って成立させようとして逆に喉や舌に力が入りすぎてしまっては本末転倒です。コツを掴むまでは時間がかかるかもしれませんが、タングトリルは力が入っていない状態で行うのが理想です。

 

どうしてもできない人

このタングトリルは舌の大きさや長さの関係でどうしてもできない人もいるようです。

「練習してもできそうにない」「全くできない」という場合は、無理にできるようになる必要はないでしょう。多くの場合目的はその先の”効果”にあるでしょうから。

例えば、舌を出しながらの発声練習などでも完全に同じではないですが似たような効果が期待できます。

できない場合のトレーニングに関しては『舌根をほぐすトレーニング』の記事を参考にしてみてください。

タングトリルでの練習方法

主に考えられるトレーニングは

  1. タングトリルでピアノや音源に合わせてトレーニング
  2. タングトリルだけで歌を歌ってみる

という二つです。

 

音階は苦手な音階をトレーニングしたりと自分で工夫できると思います。

関連

タングトリルの練習用音源ページもあります。音源に困っている方はぜひ活用してみてください。

 

また、タングトリルだけで歌を歌ってみるというのもいい練習になるでしょう。ただ、一曲まるまるタングトリルで歌うと力が入っていなくても舌がやや疲れてくることもあるでしょうからその辺りは臨機応変に。

まとめ

タングトリルとは『巻き舌の状態で発声練習をするトレーニング』のことで、このトレーニングをすることで

  • 高音での脱力を手助けする(舌根と声帯を切り離す)
  • 発音・滑舌が良くなる
  • 声の息の流れが良くなる

などの効果が期待できます。

滑らかな舌の動きが発音に大きく関わってくるので歌以外でも役立つトレーニングです。

急に効果が出るトレーニングではないので、毎日少しづつトレーニングをしていきましょう。

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.