ボイストレーニング

リップロールとタングトリルを同時にする合わせ技の効果は?

投稿日:2018年5月15日 更新日:

今回はリップロールとタングトリルの合わせ技について書いていきたいと思います。

合わせ技というのはその名の通りリップロールとタングトリルを同時にするということです。

 

ボイストレーニングに結構詳しくなってきた方や、いろいろな練習法をやっていると考えつく方法かもしれません。

そのリップロールとタングトリルの合わせ技、ここでは「リップトリル」と呼ぶことにしますね。(正式名称ではありませんのでご注意ください。長いとめんどくさいので省略するだけです。そもそもリップロールのことをリップトリルと言ったり言わなかったり・・・・。置いておきましょう。)

 

ではリップトリルについて書いていきたいと思います。

 

どうやってリップロールとタングトリルを同時にする?

まずは大前提としてリップロールとタングトリルの両方をできるようになる必要があります。

 

無理な音域でやれと言っているのではないのですから、この点に関してはクリアできている人が多いと思います。

リップロールができない人やタングトリルができない人はまず練習しましょう。

練習すればきっとできるようになるはずです。

 

リップトリルのやり方

やり方

さて肝心のリップトリルのやり方ですが、

  1. まずはリップロールを出しやすい音域で出す
  2. その口の中の空間でタングトリルをする

これだけです。

 

最初はできないかもしれませんが、慣れると簡単にできるようになります。

先にリップロールから入った方がやりやすいと思います。

 

できた方、どうでしょうか。ものすごくブルブルしてますよね。

ブルブルがかけ合わさってすごいことになってますよね。

 

リップトリルの効果

それぞれ単体でするトレーニングと比較して

 

ポイント

よりウォーミングアップ効果がある

息の圧力が上がる

 

というのが主な違いですね。

 

高いウォーミングアップ効果

ウォーミングアップ効果が高くなるのは必然な気がしますね。唇をほぐしながら、舌もほぐしながら声を出す

 

どちらか単体で行うよりも使っている箇所が多いのでその分ウォーミングアップには最適かもしれません。(ブルブルが2倍だからウォーミングアップ効果が高いというわけではありませんよ。)

 

ポイント

使う箇所が多いのでウォーミングアップ効果が高い

 

リップロールの脱力の理屈についてはこちらの記事に詳しく書いています。興味のある方はぜひ読んでみてください。

リップロールの脱力の理屈と練習効率UPの仕組みについて

今回はリップロールの脱力と声帯にかかる息の圧力について書いていきたいと思います。 リップロールというものは、もはや理屈を抜きに脱力・上手くなるだったりの目的だけが普及しているような気がします。 &nb ...

続きを見る

 

息の圧力が上がる

息の圧力が上がる=そのぶん息の量が必要 ということです。

 

どういうことか。リップロールもタングトリルも息の出口をふさぐトレーニングですよね。

 

ココがポイント

「ふさぐ」と言っても完全にふさぐわけではなく、連続的に息の出口をふさいだり開いたりしています。

これにより余計な力を脱力しながら直接声帯を動かす筋肉にアプローチしやすくなるんです。

「声帯以外にも息の圧力を受ける弁を疑似的に作る」と言ったところでしょうか。

難しい表現ですよね。

簡単に言うと、「息によって震える場所を増やす」んです。

 

これを踏まえると二つ同時にすることによって、

息の圧力を受ける弁が声帯以外に2つになるわけですから、その分息によって押し出す力が必要になるわけです。

より息が必要になると言うことです。

 

つまり息を押し出す力は普通よりもつくと言うことになります。

 

二つの効果をかけ合わせたミックスボイスのトレーニングになる?

このサイトでは主に

  • リップロールは綺麗で柔らかいミックスボイスの練習向き
  • タングトリルはやや太いミックス・やや強いミックスボイスの練習向き

のトレーニングと紹介しています。(万人に当てはまるわけではないですよ。)

であれば、その二つの効果があると考えられるでしょう。

 

しかし、それはなんとも言えません。相乗効果とまではいかないような気がします。

 

感覚的には息の量・息の圧力が必要なタングトリルですね。リップロールのいいところを消しているような気がします。

重たいタングトリルという感じがします。

これに関してはまだ研究不足ですので、追加情報があれば書いて行きたいと思います。ぜひ一度試して効果検証を行ってみてください。

 

まとめ

リップトリルは

  • 高いウォーミングアップ効果
  • 息の圧力強化

に高い効果を発揮するでしょうが、合わせた効果とはならなさそうです。

とはいえまだまだ研究の余地があるので、研究は続けたいと思います。

 

とりあえず、重たいバッドを振って普通のバッドを持つと軽く感じる的な効果はあります。

 

リップロールの練習は意識や響きのバランスなどで同じ練習でも効果が変わってきます。

そのことについては別記事に書いているので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

リップロールの練習は意識で効果も変わってくる

今回はリップロールの練習についてを掘り下げて詳しく書いていきたいと思います。 リップロールは練習方法として有名なものですが、単純にリップロールと入っても様々な声質で練習することができますし、意識次第で ...

続きを見る

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

-ボイストレーニング

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.