ボイストレーニング 音楽

リップロールとタングトリルを同時にする合わせ技の効果は?

更新日:

今回はリップロールとタングトリルの合わせ技について書いていきたいと思います。

合わせ技というのはその名の通りリップロールとタングトリルを同時にするということです。

 

ボイストレーニングに結構詳しくなってきた方や、いろいろな練習法をやっていると考えつく方法ですね。

そのリップロールとタングトリルの合わせ技、ここでは「リップトリル」と呼ぶことにしますね。(正式名称ではありませんのでご注意ください。長いとめんどくさいので省略するだけ。笑)

ではリップトリルについて書いていきたいと思います。

 

どうやってリップロールとタングトリルを同時にする?

まずは大前提としてリップロールとタングトリルの両方をできるようになる必要があります。

無理な音域でやれと言っているのではないのですから、この点に関してはクリアできている人が多いと思います。

リップロールができないって人やタングトリルができないって人はまず練習しましょう。

練習すればきっとできるようになるはず。

 

やり方

さて肝心のリップトリルのやり方ですが、

  1. まずはリップロールを出しやすい音域で出す
  2. その口の中の空間でタングトリルをする

これだけです。

 

最初はできないかもしれませんが、慣れると簡単にできるようになります。

先にリップロールから入った方がやりやすいと思います。

 

できた方、どうでしょうか。ものすごくブルブルしてますよね。

ブルブルがかけ合わさってすごいことになってますよね。

 

リップトリルの効果

それぞれ単体でするトレーニングと比較して

  • よりウォーミングアップ効果がある
  • 息の圧力が上がる

というのが主な違いですね。

 

高いウォーミングアップ効果

ウォーミングアップ効果が高くなるのは必然な気がしますね。唇をほぐしながら、舌もほぐしながら声を出す。

どちらか単体でするよりも使っている箇所が多いのでその分ウォーミングアップには最適かもしれません。(ブルブルが2倍だからウォーミングアップ効果が高いというわけではありませんよ。)

 

息の圧力が上がる

息の圧力が上がる=そのぶん息の量が必要 ということです。

 

どういうことか。リップロールもタングトリルも息の出口をふさぐトレーニングですよね。

「ふさぐ」と言っても完全にふさぐわけではなく、連続的に息の出口をふさいだり開いたりしています。

これにより余計な力を脱力しながら直接声帯を動かす筋肉にアプローチしやすくなるんです。

 

「声帯以外にも息の圧力を受ける弁を疑似的に作る」と言ったところでしょうか。

難しい表現ですよね。

簡単に言うと、「息によって震える場所を増やす」んです。

 

これを踏まえると二つ同時にすることによって、

息の圧力を受ける弁が声帯以外に2つになるわけですから、その分息によって押し出す力が必要になるわけです。

より息が必要になると言うことです。

 

つまり息を押し出す力は普通よりもつくと言うことになります。

 

二つの効果をかけ合わせたミックスボイスのトレーニングになる?

このサイトでは主に

  • リップロールは綺麗で柔らかいミックスボイス向き
  • タングトリルはやや太いミックス・やや強いミックスボイス向き

のトレーニングと紹介しています。(万人に当てはまるわけではないですよ。)

であれば、その二つの効果があると考えられるでしょう。

しかし、それはないように感じます。

感覚的には息が多く必要なタングトリルですね。リップロールのいいところを消しているような気がします。

 

まとめ

リップトリルは

  • 高いウォーミングアップ効果
  • 息の圧力強化

に高い効果を発揮するでしょうが、合わせた効果とはならなさそうです。

とはいえまだまだ研究の余地があるので、研究は続けたいと思います。

とりあえず、重たいバッドを振って普通のバッドを持つと軽く感じる的な効果です。笑

 

 

ボイストレーニングに必要な【おすすめグッズ】

呼吸・横隔膜を鍛える『POWER breath パワーブリーズ』

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。↓

 

Be−Vo[ビーボ]

発声練習を手助けしてくれるボイトレグッズです。よく割り箸をくわえてトレーニングするとか言いますが、商品だけあって割り箸より100倍いいです。割り箸は箸ですもんね。

 

使い方やトレーニング方法も記載されているので自分でトレーニングすることができます。

使い方も豊富で値段も安いので、『声を良くしたい・滑舌を良くしたい・表情筋を鍛えたい』という方にはピッタリのアイテムです。↓

同じような商品です。Be−Voとあまり変わりませんが、こちらはケース付きです。

個人的にはBe−Voがオススメですが、まぁお好みで。↓

 

肺活量グッズ

『パワーブリーズ』以外にも肺活量・呼吸を鍛えるグッズはあります。

パワーブリーズは最強グッズなのですが、お値段がそこそこしますので、「そこまで本気じゃないんだよなぁ」という方もいるはずです。

 

「でも声はよくしたいから、安くて鍛えられる商品が欲しい」という方にオススメです↓

 

 

BeQu 鼻筋セレブ ノーズアップピン

こちらはボイトレグッズではなく、本来は美容グッズです。

鼻筋を綺麗にするという『amazonベストセラーの大人気美容グッズ』なのですが、実はこれがボイストレーニングに使えます。

 

というのも装着中はほとんど鼻をつまんでいる状態になります。この状態で声を出したり、ボイストレーニングすることで「逆ハミング練習」ができるのです。歌には必須の鼻腔共鳴を鍛えることができます。

いいトレーニングだけに道具があると楽ですね。

『逆ハミング練習』についてはこちら

 

まぁ、自分の手で鼻をつまめばできるんですけどね。そんなこと言ってしまうと、パワーブリーズだって手でできますし、Be−Voだって指を噛めばできます。笑

便利ゆえに道具を使うのです。

 

とりあえず、鼻腔共鳴+鼻筋綺麗一石二鳥です。

本来は美容グッズですが、ボイトレにも活用できるのがいいんです。

ボイトレしながらイケメンや美女になりたい方にオススメです↓

 

もちろんただの鼻栓でもいいんですよ↓

でも、どうせなら少しでも『付加価値』があった方がいいじゃないですか。笑

 

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを学び・実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスになるでしょう↓

 

オススメのボイトレ本ランキングはこちら

 

BELTBOX

こちらはボーカリストのための防音グッズですね。

なかなか大きな声を出せない環境や近所に迷惑をかけられない環境にいる方も多いのではないでしょうか。

練習したくても声量が気になってできないという時にオススメのグッズです↓

 














-ボイストレーニング, 音楽

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.