【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

ボイストレーニング

声の出だしを鍛える「ク」トレーニング

投稿日:2018年6月29日 更新日:

今回は声のアタックを強化するトレーニング:「ク」トレーニングについて書いていきたいと思います。

声のアタックというのは声の出だしの部分のことですね。この声の出だしの部分のピッチやリズムやスムーズさなどは細かいようで歌の印象を大きく変えます。歌は永遠に伸ばし続けることは不可能なので、当然区切り(ブレス)が存在します。その度に『声の出だし』が生まれますね。歌の中でに声の出だしが何度も出てきます。出だしが得意ならその度に魅力的ですし、出だしが苦手ならその度に苦手を晒すことになります。声の出だしというのはそれだけ重要なのですね。

「ク」トレーニングをすることで

  • 声の出だしのピッチが良くなる
  • 声の出だしがスムーズになる

今回はそんな声のアタックを強化する「ク」トレーニングについて書いていきたいと思います。

声のアタック(出だし)について

音の出だしというのは非常に重要です。何も音のない状態から最初の音を作り出すのが「出だし」ですよね。

アタック(出だし)で重要な点は2つあります。

一つめはピッチです。

ピッチ

実は最初に出す音(出だし)というのが人間にとって一番難しい音でもあります。

例えば、「あ」という言葉で「ド」の音階を最初の一言に歌うフレーズがあったとして、その音・その言葉を細かく波形にする「ド」以外の色々な音が含まれています。「シ・ド」としゃくり上げるようにとっていたり、「ド#・ド」という風に音程をとっていたりします。

どれだけうまい人でも、機械でない限り絶妙な揺らぎがあるのですが、歌が上手い人はこのピッチが出だしから「ド」に近いです。スッと最初の音を当ててきます。もちろんテクニックとしてのしゃくりなどもありますが。

つまり出だしの音が正確に近づけば近づくほどに、楽器のように美しく聞こえるわけです。

もう一つアタックで重要なのが、「速さ」です。

速さ

声が出てくる「速さ」というのも非常に重要なのです。

例えば「あ」という一言を細かく瞬間で切り取ると、

声の出が速い人は「あーーーー」、声の出が遅い人は「・・ぁあー」という風になっています。

コンマ何秒の世界ですので、普通に聞いても意識しなければわからない世界ですが、これが遅い人と速い人では聞いていて心地よさが違います。速く出る人の方が楽にスラスラと声を出している印象を与えます。

声の出だしの速度が速い人の方がいいですね。もちろん遅さに味があるという人もいます。が、速い人は遅くできますが、遅い人は速くするのは難しいです。であれば速いに越したことはないというわけです。

こういうわけでアタック(出だし)というのは重要なのです。

 

「ク」トレーニングとは

さてここで本題「ク」トレーニングです。その名の通り「ク」の発音でのトレーニングです。

練習方法

いたってシンプルです。

「ドレミファソファミレド」

に合わせて

「クックックックックックックックック」

と練習していきます。(音階は好きなように変えてください)

『「ク」トレーニング練習用』トレーニング音源ページ

『「ク」トレーニング用』ボイストレーニング音源 「ク」トレーニング用のボイストレーニング音源です。もちろんそれ以外でも活用できますが、「ク」トレーニングがやりやすいように作っているつもりです。 トレー ...

続きを見る

ここで重要なのが意識として「COOK」のように英語っぽく発音するのが重要です。この意識を持つと息もしっかりと流れます。息をしっかりと流しつつ、声帯を瞬間的に締めたり開いたりするので出だしの音階と速さを鍛えることができるのです。

しっかりと意識的に「ク」と強く発音することが重要です。

注意点

しっかりと「ク」と発音する。「クェ」「キュ」などにならないように注意。

「ク」という発音をしっかりと息に乗せる。舌を弾くのと同時に息を吐き出すような感覚で。

「ク」トレーニングの効果

「ク」トレーニングの効果

声の出だしの速度を速める

声の出だしのピッチをよくする

舌根をほぐす効果

内喉頭筋を鍛える

このような効果があります。特に声の出だしを鍛えたい方にオススメです。

『ク』トレーニングの効果の理由

「ク」という発音は舌を上下に動かします。これを連続的に発声する事で舌根をほぐす効果があります。

息と連動させた発音なので声の出だしのスピードをスムーズにします。

「ク」という音は短く区切るような音(スタッカート)なので、出だしのスピード感やピッチ感を鍛えます。

「ク」の発音は余計な力を使いにくい(頼りにくい)ので、声帯をコントロールする部分(内喉頭筋)にアプローチできる。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。 歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことが ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.