【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

歌声解説 男性シンガー

ONE OK ROCK Takaの声や歌い方についての分析

更新日:

今回はロックバンドONE OK ROCKのボーカルTakaさんの歌声について書いていきたいと思います。

ONE OK ROCKと言えば、レベルの高い音楽性を持つ世界で活躍する日本のロックバンドですよね。

何と言っても、楽曲の良さ、演奏、そしてTakaさんの歌声はとても素晴らしいです。英語もとても上手ですね。その歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域でガラッとしてハスキー系の声質

地声・話し声の音域はやや高めの音域ですね。

音域的にやや高めの音域の声帯を持っていると言えるでしょう。

声質は声帯の鳴りのある鳴り系の声質ですね。

若干ハスキーな鳴りやエッジ感のあるガラッとした鳴りのニュアンスがある話し声です。このニュアンスが歌声に活かされていることも多いですね。

話し声の共鳴は鼻腔や軟口蓋など上方向への共鳴が強く、下方向への響きは少ないです。

持っている声帯

やや高めの音域・ハスキー感のある鳴り系の声質

歌声はハスキーな倍音を持ったミックスボイス

歌声は主に3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声での発声です。

フレーズによって声帯をしっかりと鳴らす鳴り系の声質から息が多い息系の声質まで使い分けていますね。

基本的には息が綺麗に流れる息の倍音の多い発声主体割合が多いと思います。そこにエッジボイスのような声帯の鳴りを足してザラッと鳴らしたような発声もおりまぜるのがTakaさんの特徴ですね。

洋楽シンガーがよく使うようなエッジボイスの延長線上での発声スタイルです。

もともと持っている地声の音域が高めなのもあるでしょうが、かなり高い音域帯まで地声系の発声で歌っていますね。

地声

前半は息系の発声(ウィスパーボイス)、後半は少し鳴らしてバランスのいい発声↓

エッジボイスを随所に織り交ぜる、エッジボイスの延長線上での発声↓

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。地声の延長線上の発声です。

ミックスボイスは非常に独特の鳴りがあります。エッジボイスに近い閉鎖感で息を押し出すようにして歌っていますね(喉を締めているのではなく、声帯を上手くコントロールしている)。

息の圧力で声が少し割れ気味になったりするのも特徴的ですね。

この割れ感がザラザラ・ガラガラと非常に大きな倍音を生んでいます。これはおそらく仮声帯も作用しているような発声ですね。

この声の割れ感にプラスしてハスキーな倍音も乗ってくるので息系の倍音の鳴りもある特殊な声質のミックスボイスです。

また、このミックスボイスを使った強い高音のロングトーンは圧巻ですね。

あのロングトーンは声帯コントロールに長けていないとできない技でしょう。

ミックスボイス

これくらいの音域で地声の延長線上くらい、ミックスの入り口くらいと考えられます。

ガリガリとした鋭い鳴り↓

ファルセット

高音域はファルセットです。

息が多いファルセットで、地声との切り替えも非常に綺麗です。

とても綺麗でしっかりと息が流れるファルセットです。このファルセットの美しさもTakaさんの魅力の一つだと思います。

ファルセット

非常に綺麗です。

歌声

息系の地声域・強い鳴りのミックスボイス・綺麗なファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

声質が高いのと相まってかなり高い位置、鼻腔や軟口蓋に共鳴しています。

声の方向性は斜め前方向(おでこの方向)くらいの音色作りでしょう。

上方向への響きは澄んだ音色を作り出し、息系の倍音の多い声に相性のいい共鳴ですね。

英語を歌うのにも鼻腔共鳴は重要です。

ビブラート

ビブラートはそこまでかけるタイプではないですが、自然にかかっているフレーズもあります。

フレージング・歌い回し・歌唱力

英語の発音が上手いのもあるのですが、日本語であっても「子音」を強調した歌い方をしているのが特徴です。

これだけが要因で洋楽的に聴こえるわけではないのですが、洋楽的な歌に聴こえるのにはとても重要な要素です。日本語は母音系の言語ですね。

ピッチ感やリズム感もとても良く圧倒的な歌唱力を持っていますね。

どういう練習をすればTakaのように歌えるか

Takaさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。その分多くの練習や訓練が必要になってきます。ですが、要点を絞ることで近づく近道になります。

Takaさんのように歌うポイント

ポイント

息の流れる発声を身につける

上方向への共鳴を身につける

鳴りの強いミックスボイスを身につける

この3つが重要ですね。では練習方法を紹介します。

息の流れる発声を身につける

息が綺麗に流れる息の倍音の多い発声を身につけましょう。

息の流れる発声は息と声との連動が重要です。

息と声との連動のトレーニングは「スー」「ズー」トレーニングドッグブレスが最適です。また、「ヒ」トレーニングも上方向への響きをつけながら息のトレーニングができます。

息のトレーニングはすぐに成果が出るものではないので、毎日少しづつでも継続することが大事でしょう。

息を効率良く鍛えるにはパワーブリーズもおすすめです。

またTakaさんはエッジボイスをかなり多く使いこなしています。

洋楽はエッジボイスを多く使用するので、洋楽的に歌うのであれば必須のテクニックですね。

まぁ洋楽シンガーは意図的にエッジボイスを使っているというよりは英語という言語的な特徴からエッジボイスの延長線上で声を出しているという感じですね。

上方向への共鳴を身につける

鼻腔共鳴や軟口蓋への響きなどの上方向への響きのトレーニングは「ハミング練習」が最適です。

ハミング練習は声帯のコントロール能力も鍛えるのでいいトレーニングです。

強い鳴りのミックスボイスを身につける

声帯をしっかりと強く鳴らすようなミックスボイスを身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニンググッグトレーニングが最適です。

このトレーニングは強い鳴りの高音域を脱力を促しながら鍛えることができます。

音域を広げるのは筋トレのようにコツコツしたものですので、無理せず少しづつ開発していくのがいいと思います。

まずはこれらのポイントをしっかりと練習してから他の練習に取り掛かると良いでしょう。

ただ、Takaさんはもともと持っている声帯が高めです。低めの声帯を持っている人が完全に同じように歌うのはなかなか難しいかもしれませんね。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

 

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.