【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

各種ボイストレーニング方法

『地声と裏声の交互切り替えトレーニング』で輪状甲状筋を鍛える

更新日:

今回は「地声と裏声の交互発声」について書いていきたいと思います。

この記事は

  • 裏声を鍛えたい人
  • 裏声の切り替えが上手くなりたい人
  • 地声の質やミックスボイスの質を向上させたい人

向けの内容です。

地声と裏声の交互発声トレーニングとは

シンプルなトレーニングです。

単純に地声と裏声を交互に発声するトレーニングです。

発音はなんでもいいのですが、「は・ひ・ふ・へ・ほ」のどれかやりやすいやり方でやりましょう。

 

ただ、連続的に発声するので結果的には「あ・い・う・え・お」になります。

意識はハ行実際はア行という感じです。

 

方法というほどのものはなく、ただひたすらに地声と裏声を交互に連続的に発声します。

何秒やるとか何回やるとかは自分で決めましょう。

 

地声の音程や裏声の音程も最初は気にせずに、両方とも出しやすい音程で交互に切り替えて発声するのがいいでしょう。

 

ヨーデルのように練習してもいいですね。

とても良いお手本になります。

 

重要なこと

地声は普段使っている声なので問題ないのですが、問題はファルセットです。ここでは正しいファルセットが出せることが前提で話を進めていきます。

正しくないファルセットで練習するといい効果が出ないかもしれませんので注意です。

 

不安な方はこちらで確認してみてください。

 

どういう効果がある?

交互発声の効果

  • 裏声が上手くなる
  • 地声と裏声の切り替えが上手くなる
  • 地声の最高音が上がる(音を引き上げる力)
  • ミックスボイスが上手くなる(声帯のコントロール)

という効果があるように思います。

 

これは主に交互に発声することで輪状甲状筋という筋肉が鍛えられるからという部分が大きいです。この輪状甲状筋は声帯の伸展(伸びる)をコントロールする筋肉です。

 

当然ながら地声と裏声の切り替えはうまくなります。それを練習法としているのですから。

当然地声と裏声をつなげるトレーニングにもなるでしょう。

 

なぜ交互に切り替える発声がいいのか?

これは地声とファルセットで声帯の使う部分が全然違うので、それぞれの使う筋肉・神経群のオン・オフを連続的に切り替えられる(つまり運動させている)のです。

 

輪状甲状筋も交互発声をすることで伸縮を繰り返し、鍛えることができるのでしょう。

 

理屈よりもやってみればかなり喉(声帯)を鍛えている感覚があると思います。もしくは鍛えているというよりも体や関節を柔らかくしているような感覚でトレーニングできるはずです。

 

継続が大事

この交互発声毎日少しづつでもいいので繰り返すとかなり効果があります。

地声と裏声を交互に発声するのは、聞いていてアホっぽい感じになりますし、結構しんどいですが、継続していきましょう。

 

体を柔らかくしていくように、毎日継続することで少しづつ成長していくはずです。

 

 

-各種ボイストレーニング方法

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.