歌声解説 男性シンガー

奥田民生の声や歌い方についての分析

投稿日:2018年1月10日 更新日:

今回はユニコーンのボーカル、奥田民生さんの歌声・歌い方についての分析です。

話し声の特徴

話し声の音域はやや低めくらいの音域

音域的に「やや低め」くらいの声帯を持っているという感じです。

 

声質は「鳴りやすい」タイプの声質

ジリジリ・ビリビリとした声帯の鳴りの成分がしっかりと鳴りやすく、強くくっきりと鳴りやすい声帯を持っていると言えるでしょう。

歌声もくっきりと芯のある音色になるのはこの元々の声質が存分に活かされているように感じます。

持っている声帯

やや低めの音域・鳴りやすい声質

歌声の発声方法

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

声帯をしっかりと鳴らす鳴り系の声質を使っています。

地声

ジリジリとした鳴りのある声質です。

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声。

息の圧力をしっかりとかけて強く鳴らして中高音域を発声しています。

地声域同様にしっかりとした声帯の鳴りがあり、かつどこか柔らかさを感じるような音色です。

 

ミドル

歌い方

共鳴や音色

歌声の共鳴は上下に偏ることなくフラットなニュアンスを作ることが多いです。

声の方向性は前方向から斜め前方向主体でしょう。

口や口の中の空間を横方向へ開くような浅めのニュアンスでの音色作りが多いですね。

 

ビブラート

フレーズにもよりますが、基本的にビブラートはほとんどかけずにまっすぐに歌うタイプです。

 

フレージング・歌い回し

言葉を言葉通りの響きや意味で伝わるように歌うタイプです。

日本語を綺麗に伝えるのを重視したようなまっすぐな歌い方ですね。

多くの楽器を弾けるだけあって、ピッチ感がかなりいいので歌声も魅力的です。

どういう練習をすれば奥田民生さんのように歌えるか

奥田民生さんのように歌うポイント

ポイント

鳴り系の発声をコントロールする

これが重要だと考えられます。

鳴り系の発声をコントロールする

奥田民生さんのように歌うには鳴り系の発声を低音域から高音域までコントロールすることが大事でしょう。

 

鳴り系の発声トレーニング

鳴り系の発声トレーニングは

が最適です。

このトレーニングは強い鳴りの高音域の練習にオススメです。

 

声帯の鳴りの柔軟性を調整するのはリップロールの練習がいいでしょう。

鳴りを柔らかくしたり薄くしたりするトレーニングになります。

 

声帯の鳴りのトレーニングはエッジボイスのトレーニングが最適です。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.