歌声解説 男性シンガー

徳永英明の声・歌い方・歌唱力の研究

投稿日:2017年11月1日 更新日:

今回は徳永英明さんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

声質・発声方法について

話し声・持っている声帯の特徴

地声・話し声の音域は高めの音域

持っている声帯の音域のタイプはテノール(男・高音)くらいだと考えられます。

 

声質はカサカサ型のハスキーボイス

声帯の鳴りが非常に薄く、息が漏れるようなカサカサとしたかすれるハスキーの成分(倍音)を持つ声質です。

 

共鳴も声が上方向へ抜けやすい骨格・喉を持っているような印象を受けます。

歌声の特徴

チェストボイス(地声)

低中音域

声質は話し声同様にハスキー感のある声質です。

 

非常に息の倍音が多く、透き通る印象を作りだす美しい歌声です。

話し声同様に「スーーー」という息の倍音が綺麗にマイクに乗ります。

 

もともと持っている音域帯がやや高いのもありますが、この息系の倍音が澄んだ印象を作り出し音程以上の音の高さ感じるような効果を感じます。

 

地声

 

ミドルレンジ(地声)

中高音域(≒ミドルボイス・ミックスボイス)

息の圧力に合わせて声帯の閉鎖感がやや強まって、やや強めの鳴りの高音を出しています。

 

ただ、声帯の閉鎖が不完全なのでいい意味でハスキー感は消えませんし、ガサっとしたようなザラッとしたような倍音が鳴っています。

 

ミドル


 

どういう練習をすれば徳永英明さんのように歌えるか

徳永英明さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

徳永英明さんのように歌うポイント

ポイント

息の多い発声を身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

息の多い発声を身につけるには

徳永英明さんの最大の特徴はやはり

  • 息の倍音成分の多い発声

でしょう。

 

ただ、これは『ハスキー』という少し特殊な声帯が生み出す倍音も多いので、普通の声帯をもっている人は一定のラインまでしか真似できないでしょう。

 

ハスキーボイスでない人がハスキーボイスになるのは難しいのです。

それは大前提で、そこに近づくためには息のトレーニングが重要になってくるということです。

 

息のトレーニング

息の多い発声を身につけるには

  1. 「スー」「ズー」トレーニング

が最適です。

 

このトレーニングは息と声を連動させるトレーニングになりますし、横隔膜を鍛えるトレーニングにもなります

息系のトレーニングは毎日少しづつでも練習することで少しづつ効果が出てきます。頑張りましょう。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.