歌声解説 女性シンガー

松任谷由実の歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年1月12日 更新日:

今回は松任谷由実さんの歌声について書いていきたいと思います。

松任谷由実さんと言えば、日本の音楽界で長く活躍しているミュージシャンですよね。

 

世に残した名曲は数しれず。多くの人の心に残る名曲を残していますし、今尚生み出していますね。

魅了されている方も多いのではないでしょうか。

 どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域は低めで、声帯の鳴りの強い声質

音域

地声や話し声の音域は低めの音域です。

現在は年齢的な部分の低さもあるかもしれませんが、昔からやや低めの音域ですね。

 

声質

声質はかなり声帯の鳴りが強い声質です。息の流れよりも声帯の鳴りが先行する鳴り主体の声を持っていますね。

ジリジリ・ビリビリした鳴りの倍音が鳴っている声質です。

 

持っている声帯

低めの音域・鳴り系の声質

 

歌声は特有の鳴りの倍音を活かした声

地声

低中音域は地声

話し声同様に声帯の鳴りがしっかりとある発声で歌っています。

 

柔らかい声帯の鳴りが非常に心地よいですね。

共鳴は下方向(咽頭共鳴)へ寄ることが多いです。

 

地声

低音部分が地声。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス)

柔らかくもしっかりと鳴るミドルからファルセットに近いような音色のミドルまで使いこなしています。

 

共鳴は地声域とは変わって鼻腔方向へ強く響かせるようにして鳴らしています。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

あまり使われることはない発声ですが、使っているようなフレーズもあります。

下の音源の高音の抜きはファルセットっぽいですが、よく聞くと完全に裏返っておらずミックスボイスっぽいかもしれないという微妙なラインです。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

声区によって共鳴の方向を上下へ大きく変化させるのが特徴的です。

 

上方向から下方向まで声の当てている方向性が豊かです。

なので高い声は澄んだ音色、低い声は深みのあるニュアンスをしっかりと生み出しているように感じでます。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけないタイプですが、ナチュラルにかかっているフレーズもありますね。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

フレーズの強弱、伸びとストップのメリハリの効いた表現豊かな歌い方です。

 

声区も使い分けているため非常に幅広い表現力を持った方ですね。

ピッチ感やリズム感もよく素晴らしい歌唱力を持っています。

 

どういう練習をすれば松任谷由実さんのように歌えるか

松任谷由実さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのため多くの訓練や練習が必要です。

しかし、要点を絞ることで近づくための近道になります。

 

松任谷由実さんのように歌うポイント

ポイント

柔らかく柔軟なミックスボイスを身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきます。

 

柔らかく柔軟なミックスボイスを身につける

柔らかいミックスボイスを身につけるにはリップロールのトレーニンングが最適です。

 

リップロールはミックスボイスの導入に最適なトレーニングですし、息と声のバランスを整えて柔らかい発声を身につけるのに最適です。

 

高音に抜けるような発声はリップロールで鍛えます。

逆に下に落とすような発声時や強い発声時は声帯の鳴りが特徴的です。

 

声帯が強く閉鎖して鳴っているのですね。

このような

声帯の鳴りを鍛えるトレーニングは「ネイ」「ヤイ」トレーニング・エッジボイスのトレーニングが最適です。

各種ボイトレ方法はこちら

ボイトレ一覧

発声方法・テクニックはこちら

発声・スキル

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.