歌声解説 女性シンガー

手嶌葵の声や歌い方についての分析

投稿日:2018年1月10日 更新日:

今回は手嶌葵さんの歌声・歌い方についての分析です。

話し声の特徴

地声や話し声はやや高めの音域

音域的にやや高めくらいの声帯を持っているという印象です。

 

声質は息の成分が非常に多い「息っぽい」声質です。

声帯があまり閉鎖しない(鳴らない)ために息の倍音成分が非常に多く含まれる声質です。

 

息っぽい声質の象徴と言えるくらいわかりやすい「息っぽい」タイプで、息が綺麗に流れやすく透き通る透明感を非常に感じやすい声を持っていると言えるでしょう。

声帯があまり鳴らないので子音が立ちやすく、サ行の音などの発音がとても綺麗なのも特徴です。

持っている声帯

やや高めの音域・透明感のある息っぽい声質

歌声の発声方法

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

話し声同様に非常に息の多い澄んだ音色の発声をしています。綺麗な息の成分(倍音)が「スーーーー」と鳴っているのがわかりますね。

ウィスパーボイスと呼ばれるような囁くような声の出し方です。基本的に「息」が全てというような発声法で、息に音を乗せているような印象を受けます。

息の流れ、息のコントロールが重要な発声法です。

ウィスパーな発声方法によって「子音」が立ちやすく子音の粒が非常に綺麗に聴こえるのも特徴的です。

息が綺麗に流れる非常に美しい発声ですね。

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)。綺麗な透明感のあるファルセット。地声域同様に域が非常に流れやすく澄んだ音色です。

自在に切り替えている上、地声の発声も息っぽいので裏声との境目がかなりわかりにくいですね。

歌い方

共鳴や音色

歌声の共鳴は鼻腔や口腔など上方向中心の共鳴で、明るい透明感を作るような音色作りです。

逆に下方向(咽頭腔)へはあまり響かせないタイプですね。

 

ビブラート

フレーズによるのは当然ですが、あまりかけない・もしくはほんのりとかけるようなフレーズが多いですね。

 

フレージング・歌い回し

  • 流れるようなウィスパースタイル

というのが特徴かと。

基本的にほとんどのフレーズがウィスパーボイスという歌唱スタイルです。

低音域でも高音域でもささやくような発声でなんでも歌い上げています。簡単そうに思えてかなり難しい歌唱法ですね(*元々の声質による面も大きいでしょう)。

 

歌い回しはそこまで偏りがあるわけではないのですが、どちらかと言えば旋律が滑らかに流れるような曲線的なフレージング寄りというタイプでしょう。

どういう練習をすれば手嶌葵さんのように歌えるか

手嶌葵さんのように歌うポイントは

ポイント

息の多いウィスパーボイスを身につける

やはりこれが一番重要ですね。

息の多いウィスパーボイスを身につける練習

まずはドッグブレスで横隔膜を鍛えて息をしっかりと吐けるようになることが重要です。

またドッグブレスの練習を声の成分より息の成分を多めに練習することで、ウィスパーボイスの練習にもなります。これでしっかりと声に息をのせる練習をしましょう。

「スー」「ズー」トレーニング息と声の連動に最適なトレーニングです。

ウィスパーボイスは息を吐くのも大事ですが、響かせる位置に息を通り道を作るのも重要です。つまり響きを当てる位置も重要ということです。

また、手嶌葵さんは『もともと持っている声質を最大限に活かしている』というは忘れてはいけないところでしょう。

個人個人持っている声帯は違うので自分の声帯と向き合いながらのトレーニングすることも大事ですね。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.