歌声解説 歌声解説 女性シンガー

手嶌葵の歌い方・歌唱力 息が重要なウィスパーボイス【歌声解説】

投稿日:2018年1月10日 更新日:




今回は歌手の手嶌葵さんについて書いていきたいと思います。

手嶌葵さんと言えば、透き通った歌声と抜群の歌唱力で人気の歌手ですね。

素晴らしいのは何と言ってもその歌声!

一聴しただけで、手嶌葵さんとわかりますし、心に透き通ってくるような沁みるような歌声です。

今回はそんな手嶌葵さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

 どういう声質か

地声・話し声はやや高めの音域で息が多い声

地声はやや高めの音域です。 声として息がかなり多いです。息が流れるのとは別に若干のハスキーな性質がある感じですね。

もちろんハスキーな性質が息の流れにつながるのですが、もともと息が多い声の出し方で若干のハスキーな性質を持っていますね。ほんの若干ですよ。

 

またサ行の音などの発音がとても綺麗で、しっかりと息が擦れています。

これもいきの流れが生み出す効果ですね。

 

歌声もウィスパー系中心の歌声

歌声も地声とそこまで大差ない声ですね。

地声より透明感が一層増して、ウィスパー系の歌声です。

ファルセットや少し強めの声を使うこともありますが、基本的には透き通るウィスパーで歌うという感じですね。

 

どういう歌い方か

ウィスパーで言葉を押しすぎず引きすぎず

ウィスパーボイスで歌うのは実は結構難しいのです。

ウィスパーボイスは「声量的には出ていない」と言えるのですが、通るウィスパーボイスでなければいけないのです。 通らない声であれば、本当にただ囁いているだけで何言ってるかわからないですからね。

 

通るウィスパーボイスというのは、息の量が鍵を握ります。息が多ければ多いほどに通ります。しかし、息の量が増えれば当然声帯にかかる圧力は増えていき、囁きからは遠ざかっていくわけです。

 

つまりウィスパーをコントロールするのも難しいのです。

手嶌葵さんはこれでもかとウィスパーを使いますが、かなり声が通りますよね。

あの大量の息が声の通りを生んでいるのです。

どういう練習をすれば手嶌葵さんのように歌えるか

手嶌葵さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん多くの練習や訓練が必要になってきます。

ですが、要点を絞っていくことで近づく近道になります。

 

手嶌葵さんのように歌うポイント

  • 息の多いウィスパーボイスを身につける

やはりこれが一番重要ですね。

では書いていきたいと思います。

 

息の多いウィスパーボイスを身につける練習

ドッグブレス

まずはドッグブレスで横隔膜を鍛えて息をしっかりと吐けるようになることが重要です。

またドッグブレスの練習を声の成分より息の成分を多めに練習することで、ウィスパーボイスの練習にもなります。

これでしっかりと声に息をのせる練習をしましょう。

【ドッグブレス】で横隔膜を鍛えて声量アップ|通る声を身につける

今回はボイストレーニングの中の「ドッグブレス」について書いていきたいと思います。「ドッグブレス」はボイストレー二ング界では有名なトレーニングです。   トレーニングとしてかなり有効なので、音 ...

 

「ヒ」トレーニング

「ヒ」トレーニングもウィスパーボイスのトレーニングに最適です。

ウィスパーボイスは息を吐くのも大事ですが、響かせる位置に息を通り道を作るのも重要です。つまり響きを当てる位置が重要ということです。

ちょうど軟口蓋に向かって息を通すような声の出し方がウィスパーボイスには一番最適かと思います。

この「ヒ」トレーニング軟口蓋に向かって息を当てるのにかなりいい練習です。

詳しくはこちら

通る声・いい声を身につけるには「ヒ」トレーニング

今回はボイストレーニングの中でも軟口蓋・口腔に響きを持っていくトレーニングについて書いていきたいと思います。 歌を歌うには、いや、声を出すのには響きが必要不可欠です。 いい声を出そうとすればするほどに ...

 

まとめ

手嶌葵さんのように歌うには

  • 息の多いウィスパーボイスを身につける

が重要です。もちろんそれ以外にも重要なことはたくさんあるのですが、手嶌葵さんの歌声に近づくにはまずここを抑えるべきですね。






-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.