【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 男性シンガー

松山千春の声や歌い方についての分析

投稿日:2018年2月6日 更新日:

今回は松山千春さんの歌声について書いていきたいと思います。松山千春さんと言えば、日本の音楽界で長く活躍する大人気のミュージシャンですよね。

何と言ってもあの歌声。オンリーワンな歌声は一聴するだけで松山千春さんとわかる声ですよね。あの歌声に魅了されている人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな松山千春さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通〜やや高めくらいの音域で、声帯閉鎖が強めの声質

地声や話し声の音域は普通〜やや高めくらいの音域です。音域的に普通〜やや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように思います。

声質は声帯の鳴りが強めの声質です。息の流れよりも声帯の鳴りが先行する鳴り主体の声質です。ジリジリ・チリチリした鳴りの倍音のある声です。鳴り主体の声ですが、声帯の鳴りは尖っているというよりどこか柔らかを感じる鳴りを持っています。

持っている声帯

普通〜やや高めくらい・柔らかい鳴り系

歌声は柔らかい独特の鳴り系の発声

歌声は2種類の声区を使っています。地声・ミックスボイスの2種類です。さらにミックスボイスを強く鳴らす声とファルセット的に鳴らす使い方で分けています。

低中音域は地声を使っています。低中音域とは言っても結構高い音域帯まで地声を使っています(下の音源『恋』は全部地声系の発声でしょう)。

声質は声帯の鳴りと息のバランスの取れた声質です。話し声にやや息を通すような感じで出しているのでしょう。柔らかい鳴りの声です。鼻腔や軟口蓋などの上方向をメインに声を当てており、上方向へ広がるような共鳴を持っています。下方向への響きのニュアンスは少ないです。

地声

上アゴと鼻腔に声を通すような音色作り。そしてそこへ柔らかい鳴りの声を通すようなニュアンスです。

中高音域はミックスボイスを使っています。地声域との声質変化が少ないのでわかりづらいですが、やや声帯が閉鎖的に働き高音域を発声しています。柔らかくもしっかりと芯のあるミックスボイスで高音域まで使いこなしています。

強いミックスボイス

わかりやすいところで行くと、前半部分「あなたをあいして〜あ〜いして〜」。後半部分「こころがいたいわ〜〜〜」。

このミックスボイスは2種類あり、ファルセット系の発声はほとんど使っていないのも松山千春さんの特徴です。ファルセット的な使い方をするミックスボイスという感じです。やや抜き気味に響きを頭の後ろ部分に持っていくような音色の作り方でファルセットのような音色を作ります。

ファルセット的ミックスボイス

冒頭「何もで〜〜〜きず」です。ファルセットでのニュアンスでのミックスボイスです。同じ音が以降のフレーズもあるのですが、強いミックスボイス(「つかれは〜〜〜てた」)ですね。

「ひと〜〜〜だから」これは中間くらいの音色です。

どういう歌い方か

美しいビブラートと流れるようなフレージング

松山千春さんは綺麗にビブラートを使いこなしています。

また、あまり音を切らず長いフレーズを一息で発声します。母音を綺麗に繋げるような日本的な歌唱です。この綺麗なビブラート長めのフレージング流れるような滑らかさを生んでいるように思います。

ピッチ感も非常に素晴らしく、圧倒的歌唱力を持っています。

どういう練習をすれば松山千春さんのように歌えるか

松山千春さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん多くの練習や訓練が必要になってきます。

しかし、要点を絞ることで近づくための近道になります。

松山千春さんのように歌うポイント

ポイント

柔らかいミックスボイスを身につける

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

柔らかい鳴りのミックスボイスを身につける

松山千春さんのように歌うには柔らかい鳴りを高音域まで身につける必要があります。柔らかくもくっきりと芯を持つような発声です。結構誰にでもできないレベルのミックスボイスを使いこなしているので大変ですね。

柔らかい鳴りを身につけるにはリップロールのトレーニングが最適です。リップロールで低音域から高音域まで綺麗に繋げるように発声する練習などがいいと考えられます。松山さんは声区以降が非常に綺麗で一本化されていますから。

リップロールだと声帯が薄く鳴りすぎるなと感じる場合は「ネイ」「ヤイ」トレーニングなどで声帯の鳴りのバランスを整えていきましょう。

共鳴は基本的に上方向なのでハミング練習なども欠かせませんね。

まとめ


松山千春さんのように歌うには

松山千春さんのように歌うポイント

ポイント

柔らかいミックスボイスを身につける

が重要です。まずはここをしっかりと練習しましょう。柔らかくしっかりと芯のある発声を鼻腔方向へ通すのが鍵です。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。 歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことが ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.