【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

声や歌について

口の開け方と声の音色の関係

投稿日:2018年6月30日 更新日:

今回は口の開き方と声の関係性について書いていきたいともいます。口の開き方は歌声の響き方や表現や声色に大きく関わっています。同じ音程、同じ声でも口の開き方の具合で、音色は大きく変化します。

なぜなら、声の最終的な出口の形を決めているのが口です。つまり声帯で作られた声の最後の飾り付けをする部分ということです。今回はそんな口の開き方と声の関係性について書いていきたいと思います。

口の開き方と声色

口の開き方の種類

口の開き方というのは文字通りなのですが、口・口の中の空間の開き方です。

開き方は大きく分けると2種類の方向性が考えられます。

  • 縦方向
  • 横方向

という二つですね。

縦に開けるというのは「オ」の形に近い状態に開けるということです。横に開けるというのは「イ」の形に近い状態に開けるということです。

もちろんそうできない発音は存在するのですが、どちらに寄っているかが重要なのです。

それに、「オ」の口の形のまま「アイウエオ」と発音することはできますし、「イ」の形でも同様に発音できます

当然変な発音になるのですが、どんな発音でも口の形をを変えることはできますし、それによって音色が変化するということがわかります。

もちろん実際に発音するときに「オ」の口の状態(口を縦に開ける状態)で「イ」と発音することはほとんどありえないでしょう。ただそのニュアンスを意識した「イ」と単純に口を横方向へ思いっきり開ける「イ」の音色は大きく変わってくるはずです。

母音を詳しく分析することでボイストレーニングの質を高める

今回は母音について書いていきたいと思います。 母音というのは「a・i・u・e・o」「あ・い・う・え・お」のことですね。 日本語は特に母音を重視する言語です。話すにしても歌うにしても母音が重要になってき ...

続きを見る

口の開きと音色の特徴

口を縦に開く音色の特徴

縦に開くことで

  • 深い
  • 太い
  • 重たい
  • 暗い
  • 大人っぽい

印象になります。

口を横に開く音色の特徴

横に開くことで

  • 浅い
  • 細い
  • 軽い
  • 明るい
  • 子供っぽい

印象になります。

縦の方が言葉の印象は何だか悪いような気になりますが、歌は表現なので例えば明るい暗いの良し悪しなどはないですね。

口の開き方を癖づける練習方法は?

深く歌いたいとか浅く歌いたいとか色々目指すものがあるかと思います。

基本的には縦か横かを意識して、それに慣れるまで癖づけて歌う練習をしましょう。特殊な練習方法ではなく、意識の問題で体に染み込ませるしかないですね。

この意識を無意識にできるくらいまで意識して練習することが必要です。

まとめ

口の開き一つで、声の音色を変えられるので自分の理想のイメージに近づけるように口の開きを意識する必要があります。また、その意識が意識しないでもできるように体に染み込ませていきましょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.