歌のスキル・テクニック

歌うときの口の開け方について【音色と音程への影響】

投稿日:2018年6月30日 更新日:

今回は「歌うときの口の開け方」についてです。

この記事は

  • 歌うときの口の開け方について
  • 口の開け方と音色の関係性
  • 口の開け方と音程の関係性

という内容です。

歌うときの口の開け方について

歌うときの口の開け方について理解しておくべきことは

  • 個人個人最適な開け方は違う
  • 自分に合う口の開け方を見つけることが大事

ということです。

 

ボイストレーニングでよく言われるのは

  • 「口を大きく開けなさい」
  • 「指が3本縦に入るくらい」
  • 「口の中にピンポン球を入れているように」

などなど言われますね。

 

もちろんこれらが正解の人もいるので「ダメだ」とは言っていないのですが、それが「必ず正解」とは言えないと思います。

 

なぜなら

『人間は人それぞれ。体の作り、骨格、関節、顎、歯などは全て人によって違うから。』

です。

 

口を大きく開けることがマイナスになる人も一定数いるはずです。

 

プロのシンガーを見ても全ての人が大きな口を開けているわけではないですね。口をあまり開けないシンガーも多くいます。

その人にはそれが最適なのでしょう。

 

「口を開きなさい」という教えに囚われて頑張って口を開けることが成長の妨げになる可能性もあるはずですね。

 

つまり、

  • 自分はどう口を開けると音色はどうなるのか?
  • 自分に合わない口の開け方は?
  • 自分に最適な口の開け方は?

というのを自分で見つけていくことが、一番大事なことだと考えられます。

 

口の開き方と声色の関係性

口の開き方の種類

口の開き方というのは文字通りなのですが、口・口の中の空間の開き方です。

 

開き方は大きく分けると2種類の方向性が考えられます。

  • 縦方向
  • 横方向

という二つですね。

 

縦に開けるというのは

  • 「オ」の形に近い状態に開ける

ということです。

 

横に開けるというのは

  • 「イ」の形に近い状態に開ける

ということです。

 

もちろん

そうできない発音は存在するのですが、どちらに寄っているかが重要なのです。

それに、「オ」の口の形のまま「アイウエオ」と発音することはできますし、「イ」の形でも同様に発音できます

 

当然変な発音になるのですが、どんな発音でも口の形を変えることはできますし、それによって音色が変化するということがわかります。

 

口の開き方と音色の変化

口を縦に開く音色の特徴

縦に開くことで

  • 深い
  • 太い
  • 重たい
  • 暗い
  • 大人っぽい

印象になります。

 

口を横に開く音色の特徴

横に開くことで

  • 浅い
  • 細い
  • 軽い
  • 明るい
  • 子供っぽい

印象になります。

 

縦の方が言葉の印象は何だか悪いような気になりますが、歌は表現なので例えば明るい暗いの良し悪しなどはないです。

当然必ずそうなるというわけでもないのですが、そういう印象を生み出しやすいというものです。

 

口の開き方と音程の変化

「口の開き方は自分にあった最適なもの」でいいのはもちろんですが、口の開き方は音程に若干影響を与えます。

 

もちろんほんの若干であるのは大前提。

  • 口を大きく開くほど高くなる
  • 口を閉じるほど低くなる

これは同じ音で「あーーー」と発声しながら口を大きく開いたり閉じたりするとわかると思います。

 

半音いかないくらいですが、音程が変化しているように感じるのです。

実際は音色変化が主な変化なのですが、音程にも影響はあります。

 

もちろん

大きく口を開けたからって、高音が出るわけでもないのですが、『ほんのり出しやすくなる』くらいの効果は考えられます。

 

結論

口の開け方は

『自分に合ったものを見つけること』

が重要です。

 

口に開き方は

  • 縦方向
  • 横方向

で音色が変化しやすい。

 

また、音程の変化に若干の影響があります。

 

-歌のスキル・テクニック

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.