歌のスキル・テクニック

歌うときの”正しい”口の開け方は、『人によって違う』

更新日:

今回は「歌うときの口の開け方」についてです。

この記事は

  • 歌うときの正しい口の開け方は結局”人によって違う”
  • 口の開け方と音色の関係性

という内容です。

歌うときの口の開け方について

歌うときの口の開け方について理解しておくべきことは

  • 個人個人最適な開け方は違う
  • 自分に合う口の開け方を見つけることが大事

ということでしょう。

 

正しい口の開け方は無限にある?

ボイトレや歌における『正しい口の開け方』というものは、無限にある・もしくは存在しないと言えるのではないでしょうか。

 

例えば、ボイストレーニングでは

  • 「口を大きく開けなさい」
  • 「指が3本縦に入るくらい」
  • 「口の中にピンポン球を入れているように」

などなど色々言われます(これらはクラシックの要素が強いですね)。

 

もちろんこれらが正解の人もいるので「ダメだ」とは言っていないのですが、それが「必ず正解」とは言えないと思います。

 

なぜなら、

  • 『人それぞれ、声帯・骨格・関節・顎・口・歯などの作りが違うから。』

です。

まぁ当たり前と言えば当たり前ですね。

 

なので、口を大きく開けることが逆にマイナスになる人も一定数いるはず。マイナスになったら「正しい」とは逆ですよね。

 

また、プロのシンガーを見ても全ての人が大きな口を開けているわけではないですね。口をあまり開けないシンガーも多くいます。

その人にはそれが最適なのでしょう。

  • 口の開き方に共通する正解は一切ない
  • 正解はその人だけのもの

だと思います。

 

つまり、そこまで口の開け方にこだわらずに

  • 自分が開けやすい開け方で開けるのが一番

だと考えられますし、

  • どう口を開けても声帯が綺麗に鳴らせるようにすること

の方に焦点を当てた方が本質的でしょう。

 

ただし、口の開け方と声帯は無関係ではないです。

 

発声しにくい発音は存在する

例えば、強い地声の高音発声を

  1. 「ア」と大きく口を開いて発声する
  2. 「ウ」と口をすぼめて発声する

とすると、おそらく多くの人は「ア」の方が発声しやすいと思います。

 

これは主に『顎・舌』のポジションが声帯の動きに影響するためと考えられます。

 

だから多くのシンガーは「ウ」の母音で強く張らずに裏声にしたり、強く張る場合「ウァ」「ウェ」「ウォ」など微妙にズラすように表現することが多いです。

そもそも作曲段階から「ウ」で強く張るのは避けるように作るのかもしれません。

 

なんにせよ、口の開け方は声帯と無関係ではないので、『自分の表現をするための工夫』みたいなものが必要なときもあるでしょう。

 

「口の開き具合」とは「音色の出口の調整」

「声」を構成する要素は「息・声帯・共鳴」であり、

  • 口の開きは「共鳴」部分

に属します。

 

つまり、声帯で作られた音が『どのように出て行くか』を決める部分です。

よって、『音色の印象を決める』という部分においては重要な役割を果たします。

 

口の開き方と声色の関係性

口の開き方の種類

開き方は大きく分けると2種類の方向性が考えられます。

  • 縦方向
  • 横方向

という二つですね。

 

縦に開けるというのは

  • 「オ」の形に近い状態に開ける

ということです。

 

横に開けるというのは

  • 「イ」の形に近い状態に開ける

ということです。

 

もちろん、そうできない発音は存在するのですが、どちらに寄っているかが重要なのです。

それに、「オ」の口の形のまま「アイウエオ」と発音することはできますし、「イ」の形でも同様に発音できます

 

当然変な発音になるのですが、どんな発音でも口の形を変えることはできますし、それによって音色が変化するということがわかります。

 

口の開き方と音色の変化

口を縦に開く音色の特徴

縦に開くことで

  • 深い
  • 太い
  • 重たい
  • 暗い
  • かっこいい
  • 大人っぽい

印象になります。

 

口を横に開く音色の特徴

横に開くことで

  • 浅い
  • 細い
  • 軽い
  • 明るい
  • 可愛い
  • 子供っぽい

印象になります。

 

縦の方が言葉の印象は何だか悪いような気になりますが、歌は表現なので例えば明るい暗いの良し悪しなどはないです。

当然必ずそうなるというわけでもないのですが、そういう印象を生み出しやすいというものです。

 

結論

口の開け方は

  • 『自分に合ったものを見つけること』

が重要です。

 

口に開き方は

  • 縦方向
  • 横方向

の傾向があり、それに応じて印象が変化する。

 

今回は「口の開け方」でしたが、「舌の位置」も同様に『個』の要素が強いです。

歌うときの”舌の位置”についての考察【最適なポジションは人それぞれ】

続きを見る

-歌のスキル・テクニック

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.