歌声解説 女性シンガー

ZARD 坂井泉水の声・歌い方・歌唱力についての研究

投稿日:2018年6月14日 更新日:

今回はZARDのボーカル、坂井泉水さんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

声質・発声方法について

話し声・持っている声帯の特徴

地声・話し声の音域はやや高めくらいの音域

若干高いくらいではありますが、声帯の音域のタイプはソプラノ(女・高音)寄りだろうと考えられます。

 

話し声の声質は息が流れやすい透明感のある声質

声帯が鳴らないタイプという感じではないのですが、息が流れやすく透明な空気感を持った澄んだ音色の声質と言えるでしょう。

 

共鳴は鼻腔など上方向への響きやすい骨格・喉の作りという印象を受けます。

 

歌声の特徴

チェストボイス

低中音域は地声

息の流れが綺麗な発声。

 

息を綺麗に流しつつ声帯を自然に鳴らすようなバランスの良い発声ですね。心地よい綺麗な鳴りと爽やかで明るい音色の歌声です。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

声帯の閉鎖がやや強まり強い鳴りの高音域を生み出しています。

息の流れよりも声帯の鳴りが強まる鳴り系高音域です。

 

高音域でのファルセット系の発声はそこまで使っていませんね。

 

どういう歌い方か

鼻腔や軟口蓋などの上方向への響きが綺麗です。

特に声を上アゴに当てるような軟口蓋への声の当て方が明るく爽やかな音色を生み出しているように感じます。

 

ビブラートも非常に綺麗にかかりますし、ピッチ感もとてもいいです。

あまり声を作りすぎずに地声を活かして素直に歌っているからこそ、多くの人の心に刺さる歌が歌えるのかもしれませんね。

 

どういう練習をすれば坂井泉水さんのように歌えるか

坂井泉水さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

坂井泉水さんのように歌うポイント

ポイント

息が綺麗に流れる発声を身につける

軟口蓋への綺麗な響きを身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

息が流れる発声を身につけるには

坂井泉水さんのように歌うにはやはり『綺麗な息の流れ』が必須でしょう。

 

息が多い発声を身につけるにはドッグブレスの練習が最適です。

ドッグブレスはその名の通り、犬の呼吸のようにトレーニングする方法です。

 

息と声との連動肺活量アップに最適なトレーニングです。

息のトレーニングは声を良くするのに欠かせないトレーニングです。

 

毎日少しづつでも取り組むと効果が出てくると思います。

 

軟口蓋への響きを身につけるには

軟口蓋へのを身につけるにはハミング練習が最適です。

ハミング練習は大きく分けて二つの練習法があります。「M」の発音での練習と「N」の発音での練習です。どちらも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

 

また「ヒ」トレーニングは軟口蓋への響きを意識しながら息の流れもトレーニングできます。

坂井泉水さんのように歌うには一石二鳥のトレーニングかもしれません。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.