歌声解説 女性シンガー

ZARD 坂井泉水の声や歌い方についての分析

投稿日:2018年6月14日 更新日:

今回はZARDのボーカル、坂井泉水さんの歌声・歌い方についての分析です。

話し声の特徴

話し声の音域はやや高めくらいの音域

音域的にやや高めくらいの声帯を持っているという印象です。

 

話し声の声質は息が流れやすい透明感のある声質

声帯が鳴らないタイプという感じではないのですが、息が流れやすく透明な空気感を持った澄んだ音色の声質と言えるでしょう。

持っている声帯

やや高めの音域・息が流れやすい透明感のある声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

息の流れが綺麗な発声。

息を綺麗に流しつつ声帯を自然に鳴らすようなバランスの良い発声ですね。心地よい綺麗な鳴りと爽やかで明るい音色の歌声です。

低中音域

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声。

声帯の鳴りがやや強まりしっかりとした芯のある中高音域を生み出しています。低中音域に比べるとグッとパンチのある歌声になっています。

基本的に中高音域での発声は地声系の発声で、ファルセット系の発声はほぼ使っていませんね。

歌声の特徴

透明感のある低中音/強く鳴らす中高音

歌い方

共鳴や音色

鼻腔や口腔などの上方向への響きが綺麗です。

特に声を上アゴに当てるような声の当て方が明るく爽やかな音色を生み出しているように感じます。

逆に下方向への響き(咽頭腔共鳴)はそこまで作らないタイプと言えるでしょう。

声が上方向へ綺麗に当たりやすく全体的に明るい音色になるのが坂井さんの特徴の一つ。

ビブラート

楽曲にもよりますが、基本的にはあまりビブラートはかけないタイプ。

 

フレージング・歌い回し

  • 伸びやかでストレートな歌い回し

が特徴でしょう。

ストレートで素朴な歌い回しが坂井さんの特徴でしょう。全体的に伸びやかで素直なフレージングという印象です。

どういう練習をすれば坂井泉水さんのように歌えるか

坂井泉水さんのように歌うポイント

ポイント

息が綺麗に流れる発声を身につける

口腔への綺麗な響きを身につける

これが重要でしょう。

息が流れる発声を身につけるには

坂井泉水さんのように歌うにはやはり『綺麗な息の流れ』が必須でしょう。

 

息が多い発声を身につけるにはドッグブレスの練習が最適です。

ドッグブレスはその名の通り、犬の呼吸のようにトレーニングする方法です。

 

息と声との連動肺活量アップに最適なトレーニングです。

息のトレーニングは声を良くするのに欠かせないトレーニングです。

 

毎日少しづつでも取り組むと効果が出てくると思います。

口腔への響きを身につけるには

口腔へのを身につけるにはハミング練習が最適です。

ハミング練習は大きく分けて二つの練習法があります。「M」の発音での練習と「N」の発音での練習です。どちらも効果が違いますので、使い分けて練習しましょう。

 

また「ヒ」トレーニングは口腔への響きを意識しながら息の流れもトレーニングできます。

坂井泉水さんのように歌うには一石二鳥のトレーニングかもしれません。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.