歌のスキル・テクニック

歌のリズム感の鍛え方について

更新日:

今回は歌のリズムについてのテーマです。

この記事は

  • リズム感を鍛える練習方法
  • リズムを理解する

についてです。

歌のリズムについて

歌におけるリズム感は、

  • 楽曲と歌のリズムを合わせる「リズム感」
  • 自分だけでリズム(拍)を刻む「タイム感」

の2つがあります。

 

「リズム感」は多くの人がわかるように楽曲のリズムに合わせる能力、歌のフレーズの決まったリズムに合わせる能力です。

「タイム感」は例えば、弾き語りやアカペラなど自分だけでリズムを作り出す能力です↓

こういうの能力は少し特殊で、ドラムの練習はもちろんですが、楽器の弾き語りの練習など自分だけでリズムを刻む練習をしないと身につかないでしょう。

歌のリズムを鍛える方法

歌のリズム感を鍛える方法は

  1. 多くのリズムを集中して聴く
  2. 自分でパーカッションしながら歌う
  3. ボイスパーカッションをやってみる(上手くできなくてもいい)

などの方法があるでしょう。

①多くのリズムを集中して聴く

リズム感を良くするためにはとにかくリズムに関心を持ってリズムをよく聴くことが重要です。

ドラマーにリズム感がない人がいないように、リズムは興味・関心・意識・注目・経験が非常に大切だと思います。

 

まずは

  • たくさんのリズムに触れる
  • たくさんの音楽のリズムを意識して聴く

ことである程度自然と体にリズム感が身についてくるでしょう。

とにかくまずは集中して聴く。

 

こういうの聴いていると自然とリズム感が良くなりそう↓

②自分がパーカッションをしながら歌う

これは『打楽器を演奏しながら歌う』ということです。

そう言われると難しく感じるでしょうが、別にドラムでなくとも、机でもイスでも手を叩くなどでも大丈夫でしょう。

とにかく打楽器のリズム刻みながら歌うことはリズム感を向上させることに大いに役立つでしょう。

ドラムが弾けるボーカリスト、ドラマー出身のボーカリストも結構いますよね。

 

お手軽でおすすめなのは

  • 『エッグシェーカー』

エッグシェーカーをシャカシャカ振りながら歌うだけでリズム感をつけるとてもいいトレーニングになると考えられます。

エッグシェーカーのいいところ

  • 歌いながら鳴らせる
  • お手軽で安い
  • 誰でも簡単に鳴らすことができる
  • リズムがはっきりしやすい

というところです。

 

手を叩く練習

実は手を叩くのも結構奥が深くて、ドンピシャのリズムで手を叩くのってかなり難しいんです。

よくあるリズム感のトレーニングで

  • メトロノームのクリック音を手を叩いて消す

というトレーニングがあります。

 

どういうことかというと、メトロノームのクリック音は完璧に同じタイミングで手を叩くとクリック音が消えます(*そう聴こえる)。

これが完璧にタイミングを合わせないと消えないので、リズムを鍛えるいいトレーニングになるのですね。

 

表拍だけ消す、裏拍だけ消すなど色々工夫してみてください。

メトロノームは無料のメトロノームアプリなどで十分でしょう。

③ボイスパーカッションをやってみる

歌に合わせてボイスパーカッションをやってみるのもいいと思われます。

これは別に「ボイパを上手くなれ」というわけではなく、

  • 口でリズムを刻んでみる

ということが重要。

 

歌も結局口から音を出すのですから、それでリズムを刻むボイスパーカッションをやってみる練習は歌のリズム感を向上させることに大きく役立つと考えられます。

リズムを理解する

リズムについて程度理解しておくことも歌においてはプラスになるでしょう。

  1. 表拍
  2. 裏拍
  3. シャッフルビート
  4. 8分の6ビート

だいたいこれくらいわかっておけば、大丈夫だと思います。

①『表拍』

リズムを語る上で欠かせないのが表拍と裏拍ですね。

簡単ですので理解しておきましょう。

 

まずは表拍

4拍子で例を出すと

「1・2・3・4」

」という数字の部分ですね。

 

拍子の核となる部分ですね。

これは日本人にもよく染み付いたリズムですし、リズムの基本中の基本と言えるでしょう。

 

 

②『裏拍』

裏拍

4拍子で言うと、

「1・2・3・4」

「1」 「」の部分ですね。

 

分かりやすく言うと「1」の「」の部分ですね。理解するのは簡単ですね。

 

 

ここで重要なことなのですが、裏拍を感じることで表拍では4つだったリズムが8つに増えましたよね?(実際に増えたわけではないのですが、そう感じやすい)

コレが歌の中では重要。

 

裏拍を感じる

よく「裏を感じろ」と言う言葉が音楽では使われます。

なぜ裏を感じろと言う風に言われるかと言うと、その方がリズムが合いやすい

 

なんのリズムが合いやすいのかというと、「表拍のリズム」が合いやすくなるのですね。

 

③シャッフルビート

表でも裏でもない位置での拍の取り方です。

言葉にすると「タッカ・タッカ・タッカ・タッカ」という感じのリズムで『ハネる』と言われます。

 

こういうリズムの楽曲もあるので知っておくのが重要です。

とにかく聴いてみましょう。

 

シャッフルビート

跳ねているようなリズムですね。なので、『ハネる』。

これは『4拍子の中に3連符を4つ入れてその3連符の中の真ん中を抜いているリズム』です。

ちょっと何言ってるかわからないですよね。

 

3連符

これは一小節あたり「タタタ」×4のリズム。「タタタ」は3連符。この3連のリズムも重要。

この「タタタ」の真ん中を抜いて「タッタ」×4にすれば先ほどのシャッフルビートのできあがりです。

④8分の6ビート

よく『ワルツのリズム』と言われるものです。

変則ビートの中ではよく出てくるビートなので、知ってきましょう。

 

1小節あたり6つの拍で次の小節に移行するリズムです。

「8分の8」は8ビート、これは6ビートで次の小節に移行していくので「8分の6」です。

『ボイトレに役立つグッズ』はこちら

ボイトレグッズ紹介ページ

※当サイトのページです

-歌のスキル・テクニック

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.