歌のスキル・テクニック

歌のリズム感の鍛え方について

投稿日:2018年7月4日 更新日:

今回は歌のリズムについてのテーマです。

この記事は

  • リズム感を鍛える練習方法
  • グルーヴについて
  • リズムを理解する

についてです。

リズムを鍛える練習方法

歌においてリズム感を鍛える方法は大きく二つ

  1. 多くのリズムを集中して聴く(学ぶ)
  2. 自分がパーカッションをしながら歌う(オススメ

この二つがオススメです。

 

多くのリズムを集中して聴く

リズム感を良くするためにはとにかくリズムに関心を持ってリズムをよく聴くことが重要です。

ドラマーにリズム感がない人がいないように、リズムは興味・関心・意識・経験が非常に大切だと思います。

 

まずは

  • たくさんのリズムに触れる
  • たくさんの音楽のリズムを意識して聴く

ことで自然と体にリズム感が身についてくるでしょう。

 

ドラムをメインにした音楽もたくさんあります。

ドラムの神様「スティーヴ・ガッド」

この人のドラムはとにかく美しい。

 

自分がパーカッションをしながら歌う

『自分がリズム楽器を演奏しながら歌う』

ということです。

 

打楽器はなんでもいいですし、手を叩くだけでもいいとは思いますが、おすすめは

  • 『エッグシェーカー』

です。

 

エッグシェーカーを振りながら歌うのがリズム感をつけるとてもいいトレーニングになります。

 

エッグシェーカーのいいところ

  • お手軽で安い
  • リズム的な楽器で誰でも簡単に鳴らすことができる
  • 音色の強弱がつきやすい

というところです。

 

とは言え、ただ振ればいいと言うわけでもないので、練習方法を紹介します。

練習方法

まずエッグシェーカーを手に持ちます。

持ち方はなんでもいいですが、基本的にはドアをノックするような形で手に持って振ります

まずは曲に合わせて均一にシャカシャカします。「1・2・3・4」というリズムなら

「シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカ」と言う感じですね。これだけでもリズム感はつきます。

次は強弱をつけます。これで歌に強弱やグルーブ感が生まれます。

  • シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカ」

表の拍にアクセントのついた日本的なノリですね。

  • 「シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカ

裏にアクセントがついた洋楽的なリズムの取り方です。

 

これを歌いながら練習することでリズムを感じながら歌うことができるので、リズム感が良くなります。

上手くできなければリズムが悪いということですね。

 

続けるうちにできるようになってくるでしょう。

練習していくうちに歌の中にリズム感が出て歌のグルーブが出てくるはずです。

 

エッグシェーカーを持ってない人は要点さえ捉えていればアクセントのタイムングで手を叩きながら歌うとかでもいいです。

エッグシェーカーは比較的安く手に入るので、一個くらい持っておいても損はしないでしょう。

 

歌のグルーヴについて

このグルーヴという言葉は非常の厄介な言葉でして、人それぞれ色々なグルーヴの解釈があると思います。

  • リズムの若干のズレのうねり合いをグルーヴ

とする考え方もあれば、

  • 完璧なリズムをグルーヴ

とする研究もありますね。

(人は完全にクオンタイズのかかったリズムにグルーヴを感じるといった研究もある。*クオンタイズとは人間ではありえないレベルの完全にズレのないリズムに補正する機能)

 

つまり、

  • 色々な音の『リズムのうねり合いのハマり具合』

をグルーヴとするのか、

  • 一つの音の『リズム感がいいこと』

をグルーヴとするのかで解釈が変わるということですね。

まぁどう解釈するのも個人の自由だとは思います。

 

あくまで個人的には

  • 『色々な音のうねり合い』をグルーヴと感じる

気がします。

 

まぁなので、グルーヴ感のある歌にしたいときは『周りの楽器との調和をとる』ということを意識するべきだろうと感じます。

 

特にドラムとベース(=リズム隊)ですね。

 

ということはグルーヴを良くしたいときは

  • 『ドラムとベースのうねり合いの中に混じる』

ということが大事になってくるでしょう。

 

ドラムとベースのうねり合いを感じたいときは「ダーティーループス」が個人的にはオススメです。

 

ずっと聴いていると自然とリズム感が良くなりそうですね。

 

グルーヴとは少し違うのかもしれませんが、一流のシンガーは自分の中に綺麗なリズムが流れていることが多いように思います。

つまり小節感覚(タイム感とか言ったりします)がいい。

 

再生位置(アカペラ部分)↓

 

再生位置(一曲目)↓

天才ボーカリストたちはリズムにおいてもものすごいものを持っていることがわかりますね。

 

リズムを理解する

リズムについて程度理解しておく必要があります。

  1. 表拍
  2. 裏拍
  3. シャッフルビート
  4. 8分の6ビート

だいたいこれくらいわかっておけば、大丈夫だと思います。

①『表拍』

リズムを語る上で欠かせないのが表拍と裏拍ですね。

簡単ですので理解しておきましょう。

 

まずは表拍

4拍子で例を出すと

「1・2・3・4」

」という数字の部分ですね。

 

拍子の核となる部分ですね。

これは日本人にもよく染み付いたリズムですし、リズムの基本中の基本と言えるでしょう。

 

 

②『裏拍』

裏拍

4拍子で言うと、

「1・2・3・4」

「1」 「」の部分ですね。

 

分かりやすく言うと「1」の「」の部分ですね。理解するのは簡単ですね。

 

 

ここで重要なことなのですが、裏拍を感じることで表拍では4つだったリズムが8つに増えましたよね?(実際に増えたわけではないのですが、そう感じやすい)

コレが歌の中では重要なのです。

 

裏拍を感じる

よく「裏を感じろ」と言う言葉が音楽では使われます。

なぜ裏を感じろと言う風に言われるかと言うと、その方がリズムが合いやすい

 

なんのリズムが合いやすいのかというと、「表拍のリズム」が合いやすくなるのですね。

 

③シャッフルビート

表でも裏でもない位置での拍の取り方です。

言葉にすると「タッカ・タッカ・タッカ・タッカ」という感じのリズムで『ハネる』と言われます。

 

こういうリズムの楽曲もあるので知っておくのが重要です。

とにかく聴いてみましょう。

 

シャッフルビート

跳ねているようなリズムですね。なので、『ハネる』。

これは『4拍子の中に3連符を4つ入れてその3連符の中の真ん中を抜いているリズム』です。

ちょっと何言ってるかわからないですよね。

 

3連符

これは一小節あたり「タタタ」×4のリズム。「タタタ」は3連符。

この「タタタ」の真ん中を抜いて「タッタ」×4にすれば先ほどのシャッフルビートのできあがりです。

④8分の6ビート

よく『ワルツのリズム』と言われるものです。

変則ビートの中ではよく出てくるビートなので、知ってきましょう。

 

1小節あたり6つの拍で次の小節に移行するリズムです。

「8分の8」は8ビート、これは6ビートで次の小節に移行していくので「8分の6」です。

 

『ボイトレに役立つグッズ』はこちら

ボイトレグッズ紹介ページ

※当サイトのページです

-歌のスキル・テクニック

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.