雑学・研究・考察

声の『倍音』の出し方において意識するべきは「息」と「声帯の鳴り」

投稿日:2018年12月27日 更新日:

今回は声の倍音についてです。

この記事は

  • 声の倍音とは大きく2種類ある
  • 2種類の倍音の出し方・鍛え方について
  • 整数次倍音と非整数次倍音について

という内容です。

『倍音とは』

倍音とは、

倍音とは、楽音の音高とされる周波数に対し、2以上の整数倍の周波数を持つ音の成分。1倍の音、すなわち楽音の音高とされる成分を基音と呼ぶ。

引用元:Wikipedia『倍音』

とあります。

 

「なにを言ってるの!?」と思うでしょう。

非常に難しいですね。

 

そこまで詳しく知っておかなくてもいいとは思いますが、ここで覚えておかなければいけないのが、基音と倍音の関係性です。

 

簡単に言うと

  • 『基音』は音の音程を決めている音の柱
  • 『倍音』はその音の音色を決めている柱の周りの飾りの音

ということです。

この基音と倍音が様々な音色を決めているのですね。

 

そしてこの倍音が違うので、ギターとピアノで同じ音程を鳴らしても音色が違うように聞こえるのですね。

ほとんどの音には倍音が含まれているのですが、もし倍音を削っていったのなら救急車のサイレンのような音や電話番号を押す音のようなものになっていきます。

つまり基音だけになっていくのです(完全な基音ではないですが、基音に近いものです。)

 

逆に倍音が多い代表的な楽器がシンバルですね。

倍音が多すぎて、「シャーーン」と鳴らしたときに「音階はなんでしょう?」と言われても全然わからないでしょう。

 

そんな感じで、どんな音にもこの基音と倍音というものがあり、それが音色を作り上げているのですね。

当然歌声であろうと同じです。

 

『声』の倍音は2種類ある

声の倍音にも多くの成分が含まれますが、僕が個人的に重要と思っているのが、

重要な倍音

息の倍音(子音系の倍音・非整数次倍音)

声帯の鳴りの倍音(母音系の倍音・整数次倍音)

この二つですね。

 

この二つが声質というものの大半を作っているものだと言えるでしょう。

この両方の倍音が多ければ多いほどに声の倍音は多く含まれることになるので、魅力的な声と言えるでしょう。

 

この二つを理解することで自分の声にはどういう倍音が含まれているのかを考えることができますし、どういう倍音が出したいのか・出しやすいのかなどを整理することができます。

 

倍音の出し方

息の倍音(子音系の倍音・非整数次倍音)

息の倍音の多い声

 

主に『息の流れ』により生まれる倍音です。厳密には息が声帯を通るときに生まれる音です。

 

例えば

声を出さずに静かに「はーーー」と息を吐いてみましょう。その音に耳をよく傾けると「スーーーー」と言う声帯付近を息が通る音が鳴っていますね。これが息の倍音です。

そこから少しだけ囁くくらいのニュアンスで声にしてみましょう。「はーーー」。声帯の鳴りの音が加わりますが、先ほどの息の倍音「スーーー」と言う音もあるはずです。

これは声帯の閉鎖が弱く息が声帯を多く通るのでこのような「スーーー」と言う倍音が鳴るのです。

つまり息の音です。

 

息が多い声やハスキーボイスの人の声に多い倍音ですね。「スーーーーー」という音が声の中に含まれているのですね。(CD音源やマイクを通した声の場合は、この「スーーー」という倍音を生み出しやすい・強調しやすいマイクもある。当然音の録り方でも変わる)

 

子音系の倍音というのは、喉の鳴り(母音)ではない倍音なので、子音系の倍音という風に表現しています。

 

ただし厳密には息の倍音とハスキーボイスの倍音は微妙に違います。

ハスキーボイスは声帯が閉じているのに不完全な声門閉鎖によって息が漏れるような特殊な倍音が鳴るというものです。

普通の声帯の人が息を多く吐いて生み出す息の倍音とは少し種類が違うのです。

 

 

声帯の鳴りの倍音(母音系の倍音・整数次倍音)

鳴りの倍音の強い声

主に『声帯の鳴り』による倍音です。

声帯の振動自体の鳴りのことです。

 

例えば

エッジボイスを出してみましょう。「あ”あ”あ”あ”あ”」と。

性別や持っている声帯によって音色は違うでしょうが、ビリビリ・ジリジリ・ガラガラ・カラカラとした音の鳴りになるでしょう。その鳴りが声帯の鳴りの本体ですね。

その鳴りが声帯の鳴りの倍音です。

 

声は肺から送られてきた息で声帯を振動させることで生まれます。

その際声帯を閉鎖させることで息の力をせき止めています。そのせき止めた圧力で声帯を振動させているのですね。

 

つまり声帯の鳴りとは息が声帯を通る出口を小さくすることで声帯の振動音に変換しているのです。

鳴りの倍音が多い音はわかりやすく言うと、「芯がある声」です。

 

例えば、お坊さんのお経なんて声帯の鳴りの倍音を多く含んでいます。声帯を強く閉鎖させて、声帯の鳴りの倍音メインの声です。

声帯を締めて強く鳴らすので、吐き出す息の量自体は多くないです。(ただし息の圧力は声帯に強くかかっている)なので、お経は長いフレーズをロングトーンを発することができるし、音量を生み出すことができるのです。

 

声帯の鳴りだけの音が母音(aiueo)なので、母音系の倍音という風に書いています。

 

 

 

整数次倍音・非整数次倍音とは?

先ほどからやたらと気になる人もいるでしょうが、正直あまり気にしない方がいいのです。

「じゃあ書くなよ!」って話ですが、まぁそういう言い方もあるくらいで留めて置いていいと思います。

 

簡単に説明すると

  1. 整数次倍音はある音に対して○オクターブ上の倍音
  2. 非整数時倍音とは整数次倍音ではない倍音

のことです。

 

整数次倍音

整数次倍音とは基音に対して整数の倍音です。と言われても「え?」ですよね。

 

簡単に言うと◯オクターブ上の音です。

例えばmid1のドを発声した場合、『mid2のド・hiのド・hihiのド・・・』などが整数次倍音です。その基音の音階上の倍音(2倍、3倍、4倍・・・)なので『整数』です。

 

実は声はある音を発するとそのオクターブ上の音(倍音)も実は含まれているのですね。

ただ基音が一番強いのでその音に聞こえるだけです。

 

非整数次倍音

非整数次倍音とは基音に対して非整数(=整数じゃない)の倍音です。

つまり整数次倍音以外の全ての倍音が非整数次倍音です。

 

言い換えるとその音階を捉えていない倍音です。

例えば「ド」の音を発しているのなら「ド」の音以外の全ての倍音がそうだと言えます。

 

言い方次第ですが、ある種の雑音やノイズのようなものも当てはまります。なのでハスキーなノイズや息の倍音などが当てはまります。

 

この二つの倍音が声質の大半を作っている

この二つの倍音が声質や声の印象の大半を作っているように思います。

歌においてはこの倍音を共鳴によって豊かに響かせることでその音を豊かに響かせて魅力を倍増することもできます。

息の倍音(子音系の倍音)

声帯の鳴りの倍音(母音系の倍音)

この二つ倍音は基本的に相反する関係にあります。

 

なぜなら息を流そうとすればするほどに声帯の閉鎖は弱まりますし、逆に声帯を閉鎖すればするほどに息が声帯を通る道は小さくなります。

このバランスが人の声の個性を作っているのですね。

 

この声帯の鳴りと息の流れを考えることで自分の声質についても考えることができます。また、理想とする歌声がどういうものなのかを考えることができます。

 

 

-雑学・研究・考察

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.