声や歌について

体の柔軟性と歌の上手さの関係性

更新日:




今回は歌と体の柔軟性について書いていきたいと思います。

歌と体の柔軟性は関係あるのでしょうか。関係ないのでしょうか。

 

まぁ議論は尽きないですし、答えも二つですよね。

関係あるかもしれないし、ないかもしれないというのが答えだと思います。

が結構関係あるんじゃないかと個人的には思っています。

今回はそんな歌と体の柔軟性の関係について書いていきたいと思います。

 

歌と体の柔軟性

体が柔らかい=歌が上手い

と考えるのは安易ですね。これはそうではないと言えます。

歌の上手さは色々な要素が必要だからです。

 

しかし、

体が柔らかい=声が出しやすい

これならばどうでしょう?

これはなんかそう言えそうな気がしなくもないですね。実際そういう傾向は強いと思います。

 

体の柔らかさと声の関係

体が柔らかい人はいい声を出すために必要な能力が高いはずです。

体の柔らかさを判断するときみなさんはどこで判断しますか?

大抵の人は前屈か開脚のどちらかで体の柔らかさを判断するでしょう。

 

地面に手がつくとか、足が90度に開くとか。

まあこれが体の柔らかさと言っていいでしょう。

 

横隔膜と股関節の関係

実は横隔膜と股関節は密接すぎる関係があるみたいです。筋肉が繋がっているのですね。

なので股関節が柔らかい人は横隔膜が柔らかいのです。

 

横隔膜は当然発声の根幹なので、横隔膜の動きが柔軟な人は発声能力が高い人が多いはずです。

つまり体が柔らかい人は横隔膜が柔軟に動くので発声能力が高いということが言えるでしょう。

 

もちろんそれ以外にも首が柔らかいとか色々あるかもしれませんが、一番は横隔膜の動きの柔軟性という点で体の柔らかさが関わっていると言えるでしょう。

そういう点で

体が柔らかい=声が出しやすい

ということは言えるでしょう。

 

ということは

体を柔らかくする=声が出しやすくなる→歌が上手くなるかも?

ということは言えるでしょう。

 

まとめ

体を柔らかくすることで声が出しやすくなる可能性があることは言えるでしょうが、声というのは他にも様々なところが関与していますので、柔らかくしたくらいでは出しやすくならないという人もいるでしょう。

しかし、一つ言えることは体を柔らかくすることで損はないということ。

得しかないし、声が出しやすくなるかもしれないなら、柔軟性を高めるほうがいいですね!断然。

 

おすすめ記事

-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.