当サイトは広告を利用しています

歌の雑学・研究・考察

『音域はどこまで鍛えられるのか』について【自分の音域を予測する方法】

更新日:

今回は、『トレーニングによってどこまで音域が広がるのか』『自分の音域は、鍛えたらどれくらいになるかを予測する』というテーマです。

 

まず、歌に使える音域は、一般的に地声と裏声を合わせて、

  • 男性は2.5~3オクターブくらい
  • 女性は2~2.5オクターブくらい

になることが多いと考えられます(*あくまで目安で、個人差があります)。

また図のように、声が低い人・普通の人・高い人に合わせて、歌える音域にはズレがあります。

 

なので、自分がどれくらい音域を開発できるかというのは、「音域のスタート地点」を見つけ、そこからどれくらいの全体像になるかを予測することになります。

声の音域は「生理的限界音域」と「魅力的限界音域」を分けて考える必要がある

まず、『声の音域(=声域)』の話をするときに、

  1. 生理的限界音域・・・音色の魅力を考慮せず、声として出せる音域の範囲
  2. 魅力的限界音域・・・音色の魅力を考慮した、歌に使える音域の範囲

を分けて考える必要があります。

 

というのも、この違いによって「どこまで鍛えられるか」という考え方が変わってしまうからです。

 

①生理的限界音域

これは、単に声として出せる最低音から最高音までの範囲です。簡単に言えば『どんな音色の声でもいい』という条件においての音域ということですね。

 

例えば、それがどんな不快な音色の声であろうと、声量がほとんど出せない声であろうと関係なく、その音階を声として出せれば、それを音域としてカウントするということです。

 

今のところ、人類の最高音はE8です↓

これはギネス記録なので、誰でもできることではないと言えるでしょうが、声帯の仕組み上は「音として出せる音域」であれば、トレーニングすれば誰でもかなり高い音階まで出せるようになると考えられます。

 

ちなみに、人類の最低音はG -7 (0.189 Hz)だそうです(*これは人間の可聴域をはみ出しています)。

動画はG -7ではありませんが、こちらの方です↓

イヤホンなどで聴かないと、途中でだんだん聴こえなくなるほどの低音域ですね。

 

低音域は、生理的限界音域であってもトレーニングで伸ばすことは難しいです(*基本的には)。

 

というのも、声帯は伸びると高音になり、縮むと低音になります。

 

ここで、低すぎる低音は声帯がたるんでいき、上手く音を生成できなくなります。

これが、低音域は伸ばせないと言われる理由です。

 

実際には声帯がたるんでも、急に声にできなくなるわけではなく、エッジボイスのような状態になっていき、その後声にできなくなるという感じです。

*この低音のエッジボイスの状態でも、コントロールできる人もいます。後半で触れます。

 

当然、声帯の大きさや形は人それぞれ違うので、たるむ音域も人それぞれ違うということです。

 

しかし、高音域の場合は、ある程度自然に伸びるのが限界を迎えると、次は喉や声帯自体が硬く締まっていきます。ただ、声帯自体はピンと張っているので、音は生成できるということになります。

最終的には、先ほどの高音の動画のように、小さな隙間から音が出ているような感じになりますが、一応声として生み出せはします。

 

つまり、生理的限界音域においては、『低音域を伸ばすことは難しいが、高音域は鍛えることでかなり伸ばせる』と言えるのですね。

 

②魅力的限界音域

これは、「歌に使える声」においての最低音から最高音までの範囲です。つまり、『魅力的に聞こえる声』という条件下においての音域ということ。

 

例えば、先ほどのギネスのような超高音発声で音程やリズムがものすごく合っている歌を歌ったとしても、多くの人は、それをいい歌だとは思えないはずです。もちろん、歌の中の一部で”スパイス”のようにして使うのなら使えますが、メインの歌声として使えるものとは言いにくいでしょう。

 

つまり、歌において音程やリズムも大事ですが、それ以上に『それがどんな音なのか?』というのが大事ということです。

そもそも、生理的限界音域は、音程やリズムのコントールもガクンと落ちていくので、音程やリズムを合わせることも難しくなっていきます。

 

なので、これらを考慮すると「歌に使える音域」は「声として出せる音域」よりも狭くなるということです。

 

なので、歌の音域を考える時は、この魅力的限界音域=「歌に使える音域」を考えなければいけませんし、音域の開発もこの音域までを基本的に考えます。

 

「歌に使える」という判断基準は、人それぞれ違う

どこまでのラインを「歌に使える・使えない」と判断するか、というのは明確な基準はありません。それは、『個々の体の差』『価値観』『音楽のジャンル』などによっても考え方が変わってきます。

 

なので、その点に関しては各自の判断に委ねられます。

 

そもそも、持っている喉が人それぞれ違うので、どんな音色になるかは人それぞれ違います。

 

また、激しい音楽のジャンルであれば、多少無理に押し切った高音でも表現上いい味になる場合もありますし、逆に静かな音楽ジャンルであれば無理に押し切った高音発声は、表現上避けたいと考えることが多いでしょう。

 

このどこに線引きするかは、人それぞれですが、誰もが必ず『歌に使えるライン』というものを引くことにはなるので、その点は考慮しておきましょう。

 

歌の音域はどこまで広げられるのか【自分の音域を予測する】

冒頭でも述べましたが、歌に使える音域は、一般的に地声と裏声を合わせて、

  • 男性は2.5~3オクターブくらい
  • 女性は2~2.5オクターブくらい

になります。

*あくまでも目安なので、それ以上に広い人、狭い人もいます。男女差もあくまでも傾向であり、必ずそうとは限りません。

 

個人的には、しっかりとトレーニングすれば、多くの人は『男性3オクターブ』『女性2.5オクターブ』は達成できるのではないかと思っているのですが、やはり個人差はあるので保証はできません。

 

また、鍛えられる範囲の”広さ”にも個人差がありますが、”位置”も人によって差が出ます。

 

あくまでも例ですが、こんなイメージです↓

基本的に声が低い人ほど歌に使える音域が低い位置にあり、声が高い人ほど高い位置にあるということです(*基本的に)。

 

これはわかりやすく6タイプで分けたもので、クラシックでは一般的に「バス・バリトン・テノール・アルト・メゾソプラノ・ソプラノ」と区分けされます。

 

ちなみに、クラシックにおける一般的な音域分布はこのようになっています(*目安)↓

これはクラシックにおける考え方なので、ポップスとは考え方が違う面もありますが、大きくは違わないのでこれを参考にすることもできます。

 

とにかく、最適な音域には人それぞれの違いがある。

 

なので、どこまで鍛えられるかというのは、

  1. 自然な最低音(スタート位置)
  2. 自然な換声点(折り返し位置)

という二つに着目するといいと考えられます。

 

①自然な最低音(スタート位置)

まず『自然な最低音』を探します。

 

自然な最低音とは、「無理して出した最低音」「ギリギリ音になるかならないかの最低音」「エッジボイスのような最低音」ではなく、

  • 楽にしっかりと音にできる最低音

です。

 

なので、「自然な最低音」は「限界ギリギリの最低音」よりも高い位置にあります。

この「自然な最低音」と「限界の最低音」の幅が広い人もいるので、どのポイントを「自然」とするかは難しいのですが、

  • ある程度大きな声量が出せる範囲の最低音
  • 喉に全く力を入れずに、低めに「はぁ」と大きくため息をついた時の低音
  • 喉に全く力を入れずに、音程をどんどん下げていくと、いずれエッジボイスのようになって普通の声にならなくなるが、このエッジボイスになり始める前の低音

などを目安にするといいと思います。

 

こんなイメージで(*再生位置8:49〜)↓

 

この自然な最低音をスタート位置にして、2〜3オクターブが音域の全体像の目安になります。

どれくらい広いかは、この段階ではまだわかりませんが、これで音域の「スタート位置」は判明するわけです。

 

また、この「自然な最低音」によって、声帯の音域のタイプを分類できます。

当然ながら、この自然な最低音は声が低い人ほど低く、声が高い人ほど高い傾向になります。

 

自然な最低音の大体の目安は、これくらいになるでしょう↓

もちろん、この範囲をはみ出す人も普通にいるでしょう。また、あくまでもおよその目安なので、必ずそうなるとは限りません。

 

ただ、先ほどのクラシックにおける一般的な音域の目安と照らし合わせて考えると、この目安にはある程度の精度はあると考えられます↓

自然な最低音付近から、歌唱音域がスタートするような感じですね。

 

自然な最低音とは、ある意味「歌に使える最低音」とも言えます。

 

そして、この「自然な最低音」は、基本的に変化しないものと言えるでしょう。その声帯のニュートラルな最低音なので、いくらトレーニングしても動かないものと考えることができます。

 

もちろん、変声期や加齢などによる「声帯そのものの大きさや長さの変化」によって変わることはありますが、それ以外ではほぼ変化しないでしょう。

*変声期後であれば、特に女性は長い年月をかけて「自然な最低音」が少しづつゆっくりと下がっていきます。

 

なんにせよ、その声帯において何も力を入れない自然な低音というのは、その時点での音域のスタート位置として考えることができます。

 

②自然な換声点(折り返し位置)

次に『自然な換声点(かんせいてん)』の位置を探ります。

 

換声点とは、地声から裏声に切り替わる音階のことで、”自然な換声点”とはその中で「もっとも楽に自然と地声から裏声に切り替わる音階」のことです。

 

これの探し方は、喉に全く力を入れずに「あーーー⤴︎」と地声からゆっくりと音階を上げていったときに、自然に裏返った音階が自然な換声点です。

 

地声のままでいようと頑張る必要は一切なく、力を完全に抜いて脱力状態での裏返るポイントということです。おそらく、裏声の中では、普通〜やや低めの音域に感じると思います。

 

*裏声が苦手な人は、「裏返らない」「地声と裏声が飛んでしまう」という場合もあるでしょう。

この場合、出せるようになるまではっきりとはわかりません。ただ、おそらく、全く力を入れずに地声を上げていくと、声が消えて息になってしまうと思います。この消えるポイント付近が自然な換声点になると思われます。

 

そうすると、この「自然な換声点」が全音域(2〜3オクターブ)の真ん中あたりになります(*下図は3オクターブ)。

*あくまでも「真ん中辺り」で、完璧な真ん中になるとは限りません。

 

ここで、真ん中がわかると、自分の音域の幅が2オクターブなのか、2.5オクターブなのか、3オクターブなのかが予測できます。

 

例えば、最低音から1オクターブ先に自然な換声点がくると、全体が2オクターブくらいになるでしょう。

1.5オクターブ先に自然な換声点がくると、全体が3オクターブくらいになる、という感じです。

 

ちなみに、傾向として、声が低い人ほど音域が広く、声が高い人ほど音域が狭い傾向にあります。

*必ずそうなるものでもないので、参考程度に。

 

地声と裏声の鍛えられる範囲も目安がつく

さらに、自然な換声点から高低それぞれ半分くらいのラインを引きます↓

 

そうすると、大体そのライン周辺が地声が鍛えられる範囲、裏声が鍛えられる範囲の目安になると考えられます。

この図は3オクターブですが、2オクターブでも2.5オクターブでも「自然な最低音」と「自然な換声点」があれば同じように考えることができます。

 

先ほどの男女の図に合わせると、こんな感じになります↓

 

さらに、多くの場合、『一番旨味のある音域』は地声と裏声の重なっている中央部分になります(*必ずではない)↓

この範囲が大体1〜1.5オクターブで、多くの曲の歌唱音域も1〜1.5オクターブと言われるので、この範囲に合わせて作っていると言えるでしょう。

 

また、俗に言う『自分に合ったキー』というものも、これを基準に設定されます。

 

人それぞれの違いを考慮する

上記までのように、

  1. 「自然な最低音」=スタート
  2. 「自然な換声点」=折り返し

が分かれば、自分の音域の全体像が大体予測できると思います。

 

ただ、この考え方は絶対的ではないですし、人それぞれの違いは存在するので、その点は注意です。

 

鍛えてみた結果、「思ったほど伸びなかった・思ったより伸びた」ということはあるでしょうし、かなり特殊な例外である場合もあるでしょう。

 

発音による変化

また、発音によって「地声」と「裏声」のラインが変化することもあるという点にも注意です。

 

例えば、

  • 「ア」の母音の地声は『ソ』の音まで出せるのに、「イ」の母音だと『ファ』までしか出せない。
  • 逆に「イ」の母音の『ソ』の音は裏声で出しやすく、「ア」の母音の『ファ』の音は裏声で出しにくい。

のような母音毎の変化もあります。

 

母音の得意・不得意は、人によって差があるので一概には言えませんが、基本的に地声は「ア・エ・オ」が得意、裏声は「イ・ウ」が得意です。

 

また、これらは特に中高音域の地声と裏声の境目付近で起こりやすいです。

 

このように、個人差や状況の差によっていろいろな誤差が生じることは、頭に入れておきましょう。

 

4〜6オクターブの領域

最後に、例外的な音域を持つ人にも触れておきます。

 

世界中のほとんどのシンガーたちも、基本的には2〜3オクターブくらいの音域ですが、中には4〜5オクターブ、稀に6オクターブの音域で歌うシンガーも時々いますね。

 

これらのシンガーは、自然な最低音以下の低音が広い、裏声の最高音が広い、という二つの条件のどちらか、もしくは両方が揃っていると言えるでしょう。

 

考え方としては、それぞれの音域が広いのではなく、追加の音域があるという風に考えた方がいいでしょう。

 

それぞれ、「地声の超低音」「裏声の超高音」とでもしておきます。

 

学術的にも、現在声区は、

  1. ボーカルフライ
  2. モーダル(地声)
  3. ファルセット(裏声)
  4. ホイッスル

という4つの区分されていますから。

 

このボーカルフライ(*日本語でエッジボイス)の領域と、ホイッスルの領域は、基本的には生理的限界音域に含めるべきものですが、歌に使える人もいるのですね。

 

地声の超低音(ボーカルフライ)

誰でも「自然な最低音」以下の低音というのは、だんだんとエッジボイスのようになっていくのが普通ですが、そういう低音状態でも上手くコントロールできる人はいます。

 

先ほどの、世界一声が低い男性も声が低い上に、超低音をコントロールできるのでG-7という低音を出せると言えるでしょう。

 

男性の場合、あまりに低すぎて歌に使いにくい(*聴こえにくくなる)ことが多いですが、女性の場合、ちょうど男性の低音くらいにあたり、歌に使えることもあります。

 

こういう音域を歌唱音域に加えると、+1オクターブくらいにはなるでしょう。

 

あくまでも、歌の一部で使えるくらいで、メインの歌声には成り得ないでしょう。

 

裏声の超高音(ホイッスル)

こちらも、高音域に+1オクターブくらいはなるでしょう。

 

多くの人が認識している「ホイッスルボイス」です↓

 

このホイッスルボイスは、厳密には「構音型」と「気流型」と呼ばれる発声方法があります。

 

「気流型」はイルカの鳴き声のような感じで、頑張れば意外と誰でもすぐにできますが、歌には使えないことがほとんどでしょう。裏声というよりも、声帯振動がほぼなく、声帯の隙間から鳴らす音という感じです。

 

「構音型」は先ほどの動画のように笛のようないい音色で、あくまでも裏声の延長線上にあるような発声です。ただ、こちらは練習すれば誰でもできるとは言い難いものでしょう。

声帯がものすごく柔軟な人、もしくは声が高い女性や変声期前の子供であればできる可能性が高くなりますが、基本的には『できたらラッキー』くらいに思っておいた方がいいかと。

 

先ほどの「地声の超低音」においてもそうですが、これらの音域はあくまでも『追加の音域』です

 

なので、もし挑戦するにしても、通常の魅力的限界音域を極めてからの方がいいのかもしれません。

 

「地声の超高音」と「裏声の超低音」について

おそらく、「地声の超高音」「裏声の超低音」は無理なのか?と考える人もいるでしょうから、最後に触れておきます。

 

場所としては、この辺りの音域↓

 

裏声の超低音

まず「裏声の超低音」に関しては、基本的に『無理』と考えておいた方がいいでしょう。地声の自然な最低音と同じ音域帯の裏声を出そうとすると、上手く声を生成できなくなる、もしくは地声に切り替わってしまうでしょう。

 

ただ、この部分に関しては、ほとんどの人にとって必要がないというか、求めていないと思いますので、出せないからといってなんとも思わないでしょう。

 

地声の超高音

次に、「地声の超高音」に関して。

こちらも生理的限界音域に触れていますので、『基本的には厳しいが、自分の判断次第』という風に考えておくといいのかもしれません。

 

まず、地声の限界を超えた高音というのは、「出せるか・出せないか」で言えば、誰でも出せます。

 

ただ、問題は「使えるか・使えないか」です。

 

この領域の地声というのは、どんな人でも喉や声帯が締まっていき、音色がキンキンとした金属的な音色になる、か細くなる、など音色の質が悪化します。

この音色の悪化とどう向き合うか?というのは、個々の判断(持っている声帯・ジャンルや表現)で決まります。

 

なので、人によっては「ある程度いける」という人もいるでしょう。ただ、誰もがいつかは諦めなければいけない所にたどり着くことになります。

 

また、「あの人やあの人が出せているなら、自分も努力すれば出せるのでは?」と考えたりもしますが、人それぞれ声帯は違うので、何とも言えません。

例えば、低い声帯を持っている人と、高い声帯を持っている人にとっての「地声の超高音」の位置は違います。

声が低い人にとっての「地声の超高音」は、声が高い人にとっては「地声の高音」に過ぎない場合があるということです。

 

とにかく「地声の超高音」は、音色の劣化や喉が締まっていくことは避けられないので、自分はどうなのか?という検証が必要でしょう。

-歌の雑学・研究・考察

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2024 All Rights Reserved.