【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

声や歌について

換声点を克服する方法・トレーニングについて

更新日:

今回は換声点についてのお話です。

声が地声から裏声、地声からミックスボイスなど声区が移行する音階のことを『換声点』と言います。

よく「換声点をなくす」「換声点を克服する」などという使われ方をしていますね。この換声点をスムーズに移行できれば歌える音域は格段に広がりますね。

今回はそんな換声点を克服する方法についてです。

「換声点」とは

換声点とは

声区と声区の移り目のことを換声点やブレイクポイントなどという。パッサージョという言葉も有名だが、これは「換声点を通過する」「声区を転換する」という意味である。

引用元:Wikipedia『声区』より

とあります。

単純に

  • 『声区が切り替わる音の地点(音階)のこと』

ですね。

また声区とは『地声やミックスボイスやファルセットなどの声の種類ごとにある音域帯のこと』ですね。

そしてその発声方法(声帯の使い方)が切り替わる点を『換声点』というのですね。

言葉の意味上は声区が切り替わる点は全てそうだと言えるのですが、主に地声からファルセットに切り替わる点を指すことが多いです。

つまり

細かく言えば、換声点は「なくす」ものではないですし、「克服する」ものでもないですね。

言葉のニュアンスはさておき、その実質的な意味は「換声点を滑らかにする・繋げる」という意味で使われていますね。

ここでは細かいことは気にせず一般的に使われている言葉をそのまま「なくす」「克服する」と使うことにします。

逆にこの換声点付近を上手くコントロールできないことによって、地声から裏声に急激に変化したりしてしまうことを『換声点ショック』と言ったりします。

換声点は「点」じゃない

実は声区はぶつ切りになってはいません

先ほどはわかりやすくぶつ切りな図を作ったのですが、実際はこんな感じになるはずです。

つまり換声点は「点ではない」ということになります。

もっと正確に言うと『決まった固有の点ではない』ということです。

換声と言いつつ、切り替わる地点は『この音だ』言い切れるものではないということです。

大体この音~この音の間くらいで切り替わるなくらいの範囲があり、その範囲の中で切り替える音を換声点と言います。

要は

使い方的に正しいのは「自分の換声点はこの音!」と示すものではなく、譜面上で「ここが換声点!」と示すものの方が本来のニュアンスに近いはずです。

これを頭に入れておくのは非常に重要です。

なぜなら

換声点に悩んでいる人は「これを点として考えてしまっている」もしくは「これを点にしかできない」という状態であることが考えられるからです。

実際には地声域と裏声域はかなりの割合で重なっていますし、そうなることが理想的です。

換声点は人によって違う

当然ながら換声点は男女で違いますし、個人の持っている音域によって違います。

持っている音域(声帯)が違えば、切り替わる地点も当然違います。性別の違いによるのはもちろんですが、個人個人持っている声帯が違うので人それぞれに換声点があると言えます。

これがよく自分に合うキーに合わせて方ががいいと言う理由の一つですね。

換声点のズレ、すなわち声区がズレるのでキー設定が重要なのです。

つまり最適な声区の範囲はそれぞれに決まっていてそれにあった換声点があるのですね。

「持っている声帯」と「魅力的な音域」の関係性について

今回は『自分の持っている声帯とその最適な音域について』です。 人は持っている声帯によって声区の範囲と最適な音域帯がそれぞれ違います。そしてその声区毎に魅力的な音階がある程度決まっています。 今回はそん ...

続きを見る

換声点をなくすための考え方

換声点を乗り越えるためのミックスボイスではない

換声点を上手く乗り越えられない・上手くファルセットに切り替えられない状態の時に『ミックスボイスで間を埋めよう』みたいな教えがありますね。

つまり換声点をミックスボイスで乗り越えるみたいな言い方で教えられます。

このような考え方は個人的には良くないと思っています(ミックスボイスをどう定義するかにもよるのでしょうが)。

地声と裏声の声区が重なっている状態でなければ、結局質のいいミックスボイス出せないんじゃないかなーと思います。

少なくとも魅力的なミックスボイスではないはず。

声区がしっかりと重なっている状態になることで魅力的なミックスボイスが出せると思っています。

つまり

換声点を乗り越えるためのミックスボイスではなく、換声点が乗り越えられる状態になった時に質のいいミックスボイスが使えるのです。

順番が違いますね。

つまり声区の範囲が広ければいい

つまり地声・裏声の声区の範囲が広ければ換声点をスムーズに乗り越えられるのですね。

なので考え方としては「地声」「裏声」の音域を広げるような考え方になります。

地声であれば高音域方向へ、裏声であれば低音域方向へ広げていくような感じのイメージがいいです。

換声点を克服するトレーニング

基本的な方針をまとめると

  • 地声の高音域を鍛える
  • 裏声の低音域を鍛える
  • 地声と裏声をつなげる

というのが換声点をスムーズに移行するための手順ですね。手順とは言っても全部同時に進行していくような形がいいです。

地声を鍛えつつ、裏声を鍛えつつ、つなげる練習という感じですね。

地声を鍛える

地声の高音域を鍛えるには地声らしい発声のまま音階トレーニングをする必要があります。

つまり地声系の発声で高音域を開拓していくようなトレーニングです。

地声系の発声トレーニングは「ブッ」トレーニングがオススメです。

『地声・裏声』の高音域と声量を鍛える「ブッ」トレーニング

今回は地声・裏声の高音域と声量を鍛える「ブッ」トレーニングについてです。 この記事は 「ブッ」トレーニングとは 「ブッ」トレーニングの効果について という内容です。 「ブッ」トレーニングとは 「ブッ」 ...

続きを見る

「ブッ」という発音をしっかりとすると意識しなければミックスボイスにもなりにくいので地声系の発声のまましっかりと高音域のトレーニングをしましょう。

ただし地声には限界があるので、どこまでも伸びていきません。まだ開発の余地がある人はやるべきという感じです。

裏声を鍛える

裏声は主に低音域を鍛えていきますが、裏声を自在に操れるようになった時自然と低音域も高音域も使えることが多いので総じて『裏声を鍛える』ということが重要です。

そもそも換声点の切り替えがうまくできない人は大抵この裏声が苦手な人が多いです。ほぼこれでしょう。

つまり裏声をしっかりと開発して裏声の範囲を広げることが換声点においても非常に重要な要素というわけです。

裏声(ファルセット)を鍛えるトレーニング方法について

今回は裏声(ファルセット)のトレーニングについての内容です。 裏声(ファルセット)の低音域や高音域のトレーニング、また息の流れる裏声から芯のある裏声のトレーニングについての内容です。 裏声のトレーニン ...

続きを見る

ここでの裏声は「正しい裏声」であることが条件です。

正しい裏声について【犬ファルセットと猫ファルセット】

今回は『犬ファルセットと猫ファルセット』について掘り下げます。 この記事は 『犬ファルセット』とは 『猫ファルセット』とは この二つの違いが様々な声区の解釈を生み出している? という内容です。 『犬フ ...

続きを見る

地声と裏声を切り替える

地声と裏声の開発ももちろん重要ですが、実際に切り替える動きをトレーニングすることが最も理にかなっています。

だって綺麗に切り替えるのが目的なのですから、切り替える練習をするのがベストでしょう。

とてもいい練習

地声と裏声をとにかく連続して切り替えるトレーニングをします。

音程はなんでもいいので、とにかくたくさん連続して切り替える練習をすることで綺麗に切り替える能力だけでなく、両方の声区が開発されていきます。

実際に切り替えるという能力声区の開発を同時に行えるので、連続的に切り替える練習は非常にいい練習です。

『地声と裏声の交互切り替えトレーニング』で輪状甲状筋を鍛える

今回は「地声と裏声の交互発声」について書いていきたいと思います。 この記事は 裏声を鍛えたい人 裏声の切り替えが上手くなりたい人 地声の質やミックスボイスの質を向上させたい人 向けの内容です。 地声と ...

続きを見る

結論

結論

換声点は個々に決まった固有の点(音階)ではなく、声区が移行する点(音階)のこと

換声点をなくすには地声と裏声の声区の範囲の両方が重なっている必要がある

そして換声点をなくすには地声と裏声のトレーニングとそれを繋ぐようなトレーニングを並行して進める必要があるということですね。

自分に合う音域や声区の見つけ方についてはこちらの記事に詳しく書いています。

『音域を広げる方法』の徹底考察【声帯と息の重要性】

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.