声の悩み・歌の悩み

『換声点』をなくすための考え方やトレーニングについて

更新日:

換声点は「地声」と「裏声」の両方が密接に関係するので多くの悩みや問題が生まれます。

時には「ミックスボイス」なんてワードも出てきたりで本当に厄介ですね(*この問題は根深い)。

今回はそんな換声点についてまとめた内容です。

「換声点」とは

換声点とは

  • 声区が切り替わる音階のこと
  • 主に地声から裏声へと切り替わる点のこと

を指します。

 

*ちなみに、よく「声点」と誤表記されたりしますが正しくは「声点」。喚く(わめく)声の点ではなく、換わる(かわる)声の点ですね。

 

声区とは簡単に言えば『声帯の使い方の区分のこと』で、

  1. 地声(声帯筋が働く発声)
  2. 裏声(声帯筋が働かない発声)

の種類の声区(発声のメカニズム)があります。

 

この仕組みはこちらの記事↓

声が裏返る仕組みや原因について

続きを見る

に詳しく書いているので、ここでは省略します。

 

そして、この声区が切り替わる点(音階)を換声点というのですね。

わかりやすい換声点の例↓

ヨーデルはこの「換声点」に焦点を当てるような歌唱方法。

換声点は「一点」じゃない

換声点は”一点(一音)ではない”です。

先ほどはわかりやすくぶつ切りな図を作ったのですが、実際はこんな感じになるはずです。

つまり、

  • 固定された点(音階)ではない

ということです。

人によっては「(現状)一点しか作れない」という人もいるでしょうが、声帯の柔軟性がある人ほど換声点のポイント多数作れる、つまり色々な音階で地声と裏声を自由に切り替えることができるでしょう。

声帯が柔軟な人は普通に1オクターブくらいは余裕で換声点を作れるはず。

 

しかし、同時に

  • その人にとって自然な(=最適な・魅力的な)換声点の音階はある程度決まっている

ので、その最適なポイント周辺を「換声点」と表現する場合も多いでしょう。

最適な換声点は人それぞれ違う

最適な換声点は個人の持っている声帯の音域によって違います。

つまり、人それぞれに最適な換声点があると言えます。

 

このように男女の大きな違いはもちろん、同じ性別であっても換声点は高い人も低い人もいます。

基本的に声が低い人は低い位置にあり、声が高い人は高い位置にある。

 

これが

  • 『自分に合うキーで歌うのがいい』

と言う最大の理由でしょう。

人によって「最適な換声点のズレ」すなわち「魅力的な声区のズレ」があるのでキー設定が重要なのですね。

 

これはあくまで目安の話ですが、

自分の声の自然な最低音あたりから

  • 1~1.5オクターブ目くらいに最も楽で自然な換声点(ジャズ系の歌唱)
  • 1.5~2オクターブ目くらいに一般的な歌唱上最適な換声点(ポップス系の歌唱)
  • 2~2.5オクターブ目くらいに切り替えるべき限界の換声点(ロック系の歌唱)

があると考えられます。

あくまで目安のお話で、個人差はあるでしょう。

『自分の持っている声帯の音域』と『魅力的な音域』の関係性について

続きを見る

なぜ換声点はガラガラしたり、かすれたりするのか

換声点の問題で特に多いだろう「ガラガラ」「かすれる」という問題に先に触れておきます。

深い原因は色々なところに枝分かれしていくと考えられるのですが、根本的に何が起こっているのかというと、

  • 声帯が完全な地声にも裏声にも行けないどっちつかずな状態にある

と考えられます。

なので「ガラガラ」もしくは「カサカサ」しているのですね。

 

冒頭の方で少し触れましたが、これは「声帯筋(地声)」と「声帯靭帯・上皮(裏声)」の問題です。

ちょっと難しいので、

  1. 地声を『肉』の打ち合いで鳴らす発声
  2. 裏声を『皮』の打ち合いで鳴らす発声

と考えましょう。

  1. 綺麗な地声は『肉・肉・肉・肉♬』
  2. 綺麗な裏声は『皮・皮・皮・皮♬』

と高速で声帯が振動します。

「肉」と「皮」のイメージが掴めない人はこちらで(赤の部分が「肉」、オレンジの部分が「皮」)↓

 

で、換声点付近が不安定な人が地声から裏声に切り替えようとすると、

  1. 『皮・肉・皮・肉♬』→『ガラガラ』。中途半端に不規則に「肉」が混じる音がノイズになる。
  2. 『うす皮・うす皮・うす皮・うす皮♬』→『カサカサ・かすれ』。皮が綺麗に鳴らせなくて息漏れしたスカスカな音になる。

こんな感じの問題が起こると考えられます。

つまり、その換声点付近の音階を純粋な『肉』or『皮』で鳴らせない状態になっているということです。

 

ということは単純に考えると、換声点をどちらかで綺麗に鳴らせるようにトレーニングしていけばいいだけのお話ですね。

ただ、厳密には「どちらか」だけでは不完全で、

  • 両方とも綺麗に鳴らせる音域が重なっていくように鍛える

と換声点を綺麗に切り替えられるようになる場合がほとんどでしょう。

 

基本的な練習方針はシンプルです。

が、『換声点の問題は色々なところに枝分かれしていく』のが厄介なところ。

次はその枝分かれした問題点について触れておきます。

換声点に関しての悩みや問題点

換声点に関する悩みや問題点は人それぞれ違うでしょうから全ては網羅はできませんが、当てはまることが多そうなものをピックアップします。

  1. ミックスボイス問題
  2. 変声期問題
  3. そもそも裏声が正しくない問題

この3つについて掘り下げます。

①換声点とミックスボイスの問題

換声点を上手く乗り越えられない・上手くファルセットに切り替えられない状態の時に

  • 『ミックスボイスで間を埋めよう

と言われたりします。

つまり、「換声点をミックスボイスで乗り越える」という意味合いですね。

このような考え方は個人的にはあまり良くないと思っています。

 

これはこれまでの内容でもわかると思いますが、『地声と裏声の音域は(少なくとも鍛えれば)大きく重なる』からです。鍛えなくてもそうなっている人もたくさんいるはず。あなたの周りの人や友人にも探せば普通いると思います。

 

なので、「ミックスボイスを身につけなければいけない」という固定概念はもったいない。

ただ、現状地声と裏声の間がぽっかり空いちゃっている人もいるはずですから、そういう人には「ミックスボイスで換声点を埋めよう」が刺さったりするのですね。

 

まぁこの問題はかなり根深くて、『ミックスボイスの存在問題』に直結するお話↓

ミックスボイスの存在について【なぜプロほど語らず、一般人ほど語るのか】

続きを見る

非常に長くなるのでここでは省略しますが、

単純に地声と裏声の間が空いてしまっている人は

  • 地声の鍛え不足
  • 裏声の鍛え不足
  • もしくは裏声そのものが正しくない(*後述します)

のどれか、もしくは全てには当てはまると考えた方がいいと思われます。

 

つまり、換声点の問題をミックスボイスにつなげるのではなく、一旦「ミックスボイスの存在そのもの」を消して考える。

 

もしすでに「ミックスボイスの換声点がガラガラする」「換声点付近のミックスボイスが弱い」など「ミックスボイスが〜」という悩みを抱えている場合は”そのミックスボイスと思い込んでいる発声そのもの”が『悪い発声』である可能性が高いのかもしれません。

「ミックスボイスの換声点が〜」と悩んでいる方はこちらも読んでみてください。

ミックスボイスの『悩み・問題点』について

続きを見る

 

結局、地声・裏声の声区の範囲が広ければ換声点をスムーズに乗り越えられる。

ミックスボイスが入る余地もなくなる。

なので考え方としては「地声」「裏声」の音域を広げるような考え方がいいと思います。

地声であれば高音域方向へ、裏声であれば低音域方向へ広げていくような感じのイメージがいいでしょう。

②そもそも換声点に悩む人の多くは変声期?

おそらく傾向としてのお話ですが、

  • 換声点に悩んでいる人の多くは変声期中、もしくは変声期が完全に終了していない人が多いのではないか

と思っています。

 

変声期中は

  • いわゆる「換声点ショック」と呼ばれるような不自然な裏返りと音飛びが起こる
  • 地声と裏声が大きく離れてしまう
  • 裏声が全然上手く出せなくなる
  • 換声点付近が上手く切り替えられずにガラガラ鳴る

などと言った症状が普通に起こるでしょう。

声帯が大きく変化している最中なのでこれは仕方のないことですし、いくらトレーニングしてもどうしようもないこともあるでしょう。

 

この場合、

  • 変声期が綺麗に終わるのを待つ

というのが実は最善の策だったりもするのかもしれません。

③そもそも裏声が正しくない問題

換声点の問題は言い換えると、「地声」と「裏声」の問題ですよね。

で、多くの人は普段使っている地声は上手く使えるでしょうから地声に特別大きな問題を抱えている人は少ないでしょう。

 

ところが裏声は人によって大きく差が出ます。

しかも、裏声の能力の差だけならまだしも「その人が裏声と思い込んでいる発声そのもの」が正しくない場合が結構ある。

実は世の中には

  1. 綺麗な裏声(正しい裏声)が出せる人
  2. よくない裏声(裏声もどき)が出せる人

の2種類の人がいると考えられます。

正しい裏声について【犬ファルセットと猫ファルセット】

続きを見る

正しい裏声が出せない人は意外とかなり多いので、「換声点が〜」という問題が非常にややこしく複雑になります。この2種の裏声のせいで、換声点の在り方・感じ方・考え方まで変わってくると思われます。

 

簡単な見分け方ですが、裏声で「フォーーー!」と勢いよく発したときにあたり一面にスポーンと大きく響き渡るのであれば、おそらく正しい裏声でしょう。

こんなイメージで↓

 

もちろん男性も同じです。

換声点は「なくす?」「綺麗に切り替える?」

換声点のトレーニングに入る前に確認しておくべき大事なポイントだと思うのですが、

  • 換声点の考え方は音楽のジャンルによって違う

と考えられます。

特に、

  1. マイクを使わない「クラシック」
  2. マイクを使う「ポップス」

この二つは「換声点をなくす」「換声点を克服する」などの意味合いそのものが全く違ってくるだろうと思われます。

 

「換声点をなくす」とは

  1. クラシック系は文字通り「切り替わるポイントがわからないように消す」
  2. ポップスは「自在に綺麗に切り替えられるようになる」

という意味合いになるでしょう。

 

クラシック系は換声点が完全に消えて切り替わるポイントを認識できないようにすることが良しとされる↓

ポップスは基本的に明確に切り替わる点が認識できるような発声をする↓

このようにジャンルによって換声点の考え方が大きく違ってきます(*もちろん傾向のお話で全てではない)。

発声の仕方が全然違うので、

  1. 切り替わる点が完全にわからないようにするのか
  2. わかりやすく自在に切り替えるのか

自分が目指すところに合った換声点の考え方をすることが重要でしょう。

今回はポップス寄りのトレーニングの紹介です。

換声点トレーニング

換声点の問題は人それぞれで色々あるでしょうが、なんにしても換声点に関する基本的な方針は

  1. 地声の高音域を鍛える
  2. 裏声の低音域を鍛える
  3. 地声と裏声をつなげる

という3つになるでしょう。

全部同時に進行していくような形がいいと考えられます。

①地声を鍛える

地声の高音域を鍛えるベストな方法は『コツコツと一歩づつ開発すること』です。

換声点付近は特にゴリ押すんじゃなくて、丁寧に鍛えていく。

 

詳しいトレーニング方法はこちらに書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

地声の高音域を広げる方法【結局、地道なトレーニングが一番いい】

続きを見る

②裏声を鍛える

裏声は主に低音域を鍛えていく方向性になるでしょうが、そもそも換声点の切り替えがうまくできない人は裏声全般が苦手な人が多いでしょう。

なので、裏声全般を鍛えるつもりでトレーニングするのがお得でしょう。

裏声(ファルセット)の音域を広げるトレーニング方法について

続きを見る

③地声と裏声を交互に切り替える

地声と裏声の開発ももちろん重要ですが、実際に切り替える動きをトレーニングすることが最も理にかなっています。

地声と裏声をとにかく連続して切り替えるトレーニングをします。

最初は間が空いていても継続していくうちに間が狭くなってくるでしょう。

 

音程はなんでもいいので、とにかくたくさん連続して切り替える練習をすることで綺麗に切り替える能力だけでなく、両方の声区が開発されていくでしょうから一石二鳥です。

地声と裏声の切り替えトレーニングで声区をつなげる

続きを見る

-声の悩み・歌の悩み

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.