声や歌について

低音域は伸ばせるのか|低音の歌い方について

更新日:




今回は低音域について書いていきたいと思います。

歌の中で高音域に魅力を感じる人も多いとは思いますが、低音域も歌の中で非常に重要です。

というか全ての音域帯にそれぞれの魅力があります。

 

低音域をどう聞かせるかで高音域の印象も変わりますし、なんなら歌の全体の印象にも作用します。

それに低音域が魅力的であればそれだけで武器ですね。

今回はそんな低音域について考察していきたいと思います。

低音域とは

人によってその音域は当然異なります。

自分が出せる最低音から大体1オクターブくらいを低音域ということができるでしょう。

ちなみに現状出せるか出せないかは別として、人の声帯は最低音から3オクターブくらいは出せるようになってます。

(原始人とか人がもっと猿に近かった時代は5オクターブ?くらい出せていたとかなんとか。)

 

低音域の特徴

低音域は主に地声を使うことが多いですね。

また音域帯の影響で下方向へ響きやすい性質があります。

声帯を大きく使うので重たい音色になりやすいという特徴もあります。

 

  • 地声が多い
  • 下方向へ響きやすい
  • 重たい音色になりやすい
  • コントロールしやすい

低音域は重たくなりやすいので、一流のシンガーは息を多く含んで透明感ある音色にすることで、曲全体のバランスを取ることが多いですね。

これについては後半でさらに説明します。

 

低音域の種類

声質を

  • 息が多い(=閉鎖が弱い)
  • 鳴りが強い(=閉鎖が強い

 

響きを

  • 上方向(鼻腔や軟口蓋)
  • 下方向(咽頭共鳴)

と極端に二つに分けると、低音域には2×2=4種類の声の出し方がありますね。

赤いマーカーがついている方が優勢になりやすいです。

が、黄色いマーカーの組み合わせの方が綺麗に聞こえます。

 

低音域は伸ばせるのか

低音域の音域は基本的には伸ばすことができません。

もし伸ばすことができたとしても、それが果たして歌に使えるかと言われるとどうでしょうね。

ベースボーカルを担当しているならまぁ少しは役に立つとは思いますが。

基本的には最低音を広げるのは無理なものとして考えましょう。

 

最低音は極限まで声帯を緩めた状態なので、その声帯の大きさ以上の緩んだ音(低音域)は出せません。

ギターをやっている人ならわかると思うのですが、1弦(一番高い音がなる弦)を緩めていっても6弦(一番低い音が鳴る弦)のような音色には鳴りませんよね。ベチベチとなっていって最終的には音が鳴らなくなりますね。

そもそも弦の太さが違うのですから。声帯も同じです。

 

ちなみにユーチューバーのヒカキンさんがやっている「ブンブン、ハローユーチューブ」あれは共鳴と倍音の影響でオクターブ低く聞こえるんですよね。実質の声帯の低音域が下がっているわけではないんですね。

 

あれの出し方を簡単に説明すると、ファルセットの状態で、ファルセットがファルセットじゃなくなるまで音程を下げていくことでできます。声帯はファルセットの状態のまま下げていくのがポイントです。デスボイス的な発声に近いですね。

あと「ブンブン」の部分はビートボックスなので僕にはわかりません。笑

 

一流のシンガーは低音域に透明感を持たせる?

上手いシンガーほど低音域の声質は息っぽい声にすることが多いです。もちろん全ての人がそうではないのですが。

 

なぜそうするかというと、低音域は重たい声や鳴りの強い声になりやすいのです。

特に重たさは低音域では魅力的に聞こえません。(音の輪郭がボケるから。ちなみにベースボーカルならボケてもいい。だってメインじゃないから)

もちろん低音域を売りにしているシンガーもいますが、あれは魅力的な響きと持っている声帯の音域で綺麗に輪郭がある低音域を作っているからですね。

 

また低音域から鳴りを作っていると、高音域とのコントラストが作れないのでダイナミクスが作れないということが起きます。歌の魅力や感動は強弱・ダイナミクスが重要なので、低音はさらりと綺麗に聴かせた方が高音との差が出るのです。

 

なので、一流のシンガーは低音域に透明感を持たせて息っぽく歌うことが多いのでしょう。

 

とは言え鳴りのある声でもいいとは思うのです。ただその場合綺麗に下方向へ響かせないと柔らかい深みは出せないのです。そこまで綺麗に低音を共鳴させられるシンガーは高音域をそこまで使うこともないから、鳴らしているのかもしれません。

 

結局はどう歌っても個性ですが、共鳴は綺麗な方がいいでしょう。

 

魅力的な低音域を鍛える「ボイ」トレーニング

 

 

ボイストレーニングに必要な【おすすめグッズ】

呼吸・横隔膜を鍛える『POWER breath パワーブリーズ』

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。↓

 

Be−Vo[ビーボ]

発声練習を手助けしてくれるボイトレグッズです。よく割り箸をくわえてトレーニングするとか言いますが、商品だけあって割り箸より100倍いいです。割り箸は箸ですもんね。

 

使い方やトレーニング方法も記載されているので自分でトレーニングすることができます。

使い方も豊富で値段も安いので、『声を良くしたい・滑舌を良くしたい・表情筋を鍛えたい』という方にはピッタリのアイテムです。↓

同じような商品です。Be−Voとあまり変わりませんが、こちらはケース付きです。

個人的にはBe−Voがオススメですが、まぁお好みで。↓

 

肺活量グッズ

『パワーブリーズ』以外にも肺活量・呼吸を鍛えるグッズはあります。

パワーブリーズは最強グッズなのですが、お値段がそこそこしますので、「そこまで本気じゃないんだよなぁ」という方もいるはずです。

 

「でも声はよくしたいから、安くて鍛えられる商品が欲しい」という方にオススメです↓

 

 

BeQu 鼻筋セレブ ノーズアップピン

こちらはボイトレグッズではなく、本来は美容グッズです。

鼻筋を綺麗にするという『amazonベストセラーの大人気美容グッズ』なのですが、実はこれがボイストレーニングに使えます。

 

というのも装着中はほとんど鼻をつまんでいる状態になります。この状態で声を出したり、ボイストレーニングすることで「逆ハミング練習」ができるのです。歌には必須の鼻腔共鳴を鍛えることができます。

いいトレーニングだけに道具があると楽ですね。

『逆ハミング練習』についてはこちら

 

まぁ、自分の手で鼻をつまめばできるんですけどね。そんなこと言ってしまうと、パワーブリーズだって手でできますし、Be−Voだって指を噛めばできます。笑

便利ゆえに道具を使うのです。

 

とりあえず、鼻腔共鳴+鼻筋綺麗一石二鳥です。

本来は美容グッズですが、ボイトレにも活用できるのがいいんです。

ボイトレしながらイケメンや美女になりたい方にオススメです↓

 

もちろんただの鼻栓でもいいんですよ↓

でも、どうせなら少しでも『付加価値』があった方がいいじゃないですか。笑

 

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを学び・実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスになるでしょう↓

 

オススメのボイトレ本ランキングはこちら

 

BELTBOX

こちらはボーカリストのための防音グッズですね。

なかなか大きな声を出せない環境や近所に迷惑をかけられない環境にいる方も多いのではないでしょうか。

練習したくても声量が気になってできないという時にオススメのグッズです↓

 

自宅でカラオケ練習ができるグッズ

歌の練習に最適な自宅でできるカラオケグッズです。

かなりの高機能・高音質で一人で楽しみたい人からみんなで盛り上がりたい人まで楽しめるグッズです。

 

カラオケマイク・Bluetoothスピーカー・録音マイクの機能を持ち、ワイヤレスでも有線でも楽しめるAmazonベストセラーのグッズです。

カラーバリエーションも豊富です↓

類似商品。こちらは防音機能が特徴

おすすめ記事

-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.