声や歌について

歌うとき喉が締まってしまう原因は?|声量と高音

投稿日:2018年7月28日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回は喉が締まる理由について詳しく書いていきたいと思います。

歌において喉が締まる状態になってしまう人は多いのではないでしょうか?

特に高音発声は喉が締まるという方も多いと思います。

 

それで喉を締めるなというワードはほとんどのボイストレーナーが言うセリフですね。

喉を締めるな締めるなとは言いますが、言葉を鵜呑みにするだけでなくなぜ喉が締まるのかを考えることで、歌の成長に繋げられるかもしれません。

 

今回はそんな喉が締まる理由について書いていきたいと思います。

喉が締まる理由

喉が締まる理由は大きく分けると2つです。

 

ポイント

声量が原因

高音が原因

 

この2つです

 

声量が原因で喉が締まる

これは主に自分の許容範囲を超えた声量を出そうとすると起こります。

 

ココがポイント

声帯というのは息という風によって細かくなびくなのです。

この弁が絶妙に閉じているからその細かい振動により音が鳴るのです。

もし息が強すぎるとどうなるか?

思いっきり声を出すと、声は大抵割れて叫び声・シャウトのようになってしまうはずです。

これはその弁が息の圧力に耐えられずに、綺麗に振動させられなくなるために起こることです。

声帯を綺麗に閉じた状態を維持できないのですね。

これは思い切り声を出した場合ですが、そこまで叫ばない場合でも同じようなことが起こりかけるのです。

自分の許容範囲を超えた声量(声帯が綺麗に音をならせない音量)になった場合、それでも声帯をしっかりと閉じていようとします。この時、声帯をコントロールする力は目一杯使っているので、喉全体を使って締めようとするのです。

 

喉を締めて声帯のサポートをしているので、シャウトのような音色にはならないですが、それが起こるのを防ぐために喉を締めている状態です。

 

これが声量が原因で喉が締まる理由です。

 

ポイント

声帯が息の圧力を支えるために喉が締まる

 

高音が原因で喉が締まる

これも一つは声量と似ています。

高音を出すためには息の量が多く必要です。息の量が必要なので当然先ほど同様声帯が息の圧力に耐えられなくなります。

その結果、声帯が割れないように支えようとして喉が締まるのです。

 

もう一つはピッチ(音程、特に高音)が原因ですね。

 

ココがポイント

高音を出すためには声帯を締めなければいけません。

声帯のみをしっかりとコントロールできればいいのですが、声帯の力だけでは高いピッチを鳴らせないので、喉全体を使って声帯を締める力を助けてあげようとします。

要は声帯だけを締めるをコントロールはできないので、声帯を締めるために喉が締まってくれるのですね。

 

ポイント

声帯だけではピッチをコントロールできないので、喉も一緒に締まる

 

ちなみにこの「喉が締まる」という用語は「舌根」も大きく関わっています。

舌根と発声の関係性についてはこちらの記事にまとめているので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

舌根と発声の関係性|硬いと発声に悪影響?

今回は舌根と発声の関係性について書いていきたいと思います。 舌根とは舌の付け根のところですね。   この舌根の動きは発声に関して重要な要素となっています。重要ということは当然ながら、この舌根 ...

続きを見る

 

まとめ

喉が締まる原因は大きく2つです。

 

喉が締まる原因

  • 実力以上の声量を出すとき
  • 実力以外の高音を出すとき

 

この2つです。

 

まずはここをしっかりと理解することで締まらない=脱力へと近づけます。

喉との脱力と歌の成長についてはこちらの記事にまとめています。興味のある方はぜひ読んでみてください。

喉の脱力と歌の成長について

今回は脱力と歌の成長について書いていきたいと思います。 歌の成長において脱力というのは重要な要素です。 歌において成長と脱力は切っても切れない関係にあります。   しかし、脱力に気を取られす ...

続きを見る

 

 






-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.