声や歌について

ホイッスルボイスについての考察|出し方・練習方法

更新日:




今回は「ホイッスルボイス」というものについて書いていきたいと思います。

ホイッスルボイスとは超高音の声の出し方で、笛のような音が鳴ることからホイッスルボイスと呼ばれます。

 

有名なホイッスルボイスの使い手と言えば、マライア・キャリーなどですね。

プロの歌手でさえ出せるのはほんの一握りの声です。

僕は出せないので(いや、音は出せます。が使えない。というか練習する気にならない。というか喉が痛い。笑)、偉そうなことは言えませんが理屈や理論は何となくわかります。

 

まぁ出せない奴の記事読んでも仕方ないかもしれませんが、自分なりに考察したいと思います。

今回はそんなホイッスルボイスについて書いていきたいと思います。

ホイッスルボイスとは

ファルセットやヘッドボイス(芯のあるファルセット)の上の音域帯に存在する超高音です。

高音好きの人は聞いたことがあるでしょうし、マライア・キャリーが好きという人も知っている言葉でしょう。

簡単に言うと声帯の超閉鎖による高音ですね。

 

実は正確な線引きをするのが難しい言葉でもあります。

というのも超高音をなんでもホイッスルと言ってしまう人もいますし、限られた綺麗な音色をホイッスルボイスと言ってしまう人もいます。

 

どちらでもいいのですが本当のホイッスルボイスは、音色としてはファルセットやヘッドボイスとは別物ですね。

 

超高音でヘッドボイスを出していたり、超高音でシャウト系の発声をしていたりするものをホイッスルボイスという人もいますが、それはただ音が高いだけの声でホイッスルボイスではないと思っています。

超高音までせりあげたヘッドボイスとホイッスルはなんか違うような気がします。

 

ですが、単純な超高音をホイッスルという人もいるので、線引きするのは難しいです。

 

とりあえず超高音を生み出すホイッスルボイスは閉鎖させすぎるので、ファルセットの延長線上でもありますし。ミックスボイスの延長線上でもあります。

まぁ高音エッジボイスの延長線上と言うのが一番しっくりきますね。あとで説明します。

 

個人的にはホイッスルボイスと呼べるほどの美しい音色はほんの限られたものだと思っています。

綺麗な共鳴や倍音が乗っている、特に息の倍音が多く乗っているものはまさに笛の音色そのものです。

口笛のような音色がします。そういうものだけをホイッスルボイスとそう呼びたいものですね。

 

ただの超高音はうるさいか聞き辛いかのどちらかですからね。

 

ホイッスルボイスの例

これはまさにホイッスルボイスですね。かなり美しい音色のホイッスルボイスだと思っています。

ホイッスルボイスの完成形でありお手本であると言っても過言ではないはず。

息の倍音が乗っているホイッスルボイスはマライア特有の素晴らしい声です。↓

基本的に男性は出せないもの(魅力的な綺麗なホイッスルボイスは)と思っているのですが、綺麗なホイッスルボイスが出せています。息の倍音がしっかりと感じられるまさに笛の音色。すごいです。↓

これはホイッスルボイスと言えるのでしょうか?2分35秒あたりからです。

ヘッドボイスから入っていって、そこから超高音域に入っています。まぁ広く言えばホイッスルボイスなのでしょう。ですが笛っぽくないですよね。息の倍音より閉鎖による倍音が大きいからですね。

これをホイッスルボイスというかどうかはあなた次第。笑

何はどうあれすごいことに変わりありませんね。↓

 

ホイッスルボイスの出し方

ホイッスルボイスは実はファルセットからのアプローチも地声やミックスボイスからのアプローチも変わりません。

なぜかと言うと、どっちからでも関係なくらい声帯を閉鎖させるからです。

どちらの声から辿っても、種類が判別できないくらいの閉鎖になるのです。

さらに言うと声帯のみの閉鎖だけでなく、外喉頭筋を使って喉を締めた状態を作ります。

 

普通は喉を締めるなとボイトレでは言いますが、ホイッスルボイスではひたすらに閉鎖させる意識が重要です。

 

  • エッジボイスを出します
  • その音程を上げた高音エッジボイスを出します
  • 高音エッジボイスをさらに締めます
  • 音になるかならないくらいの範囲まで締めます
  • 声にならないくらいの「あ」を意識します
  • 口を思いっきり「あ」の形に開けます
  • この状態から息を声帯で止める意識をします
  • 思いっきり高い音を出す意識を持ちます
  • 声帯でせき止められた息を押しのけるように息を押し出します
  • この時のどを可能な限り締めます
  • 「キュ」っと言う音の性質になると思います
  • ここに息を通すことで笛の音色に近づくはず

 

これをコントロールできるようになった声がホイッスルボイスですね。出せましたか?

無理ですか?笑 出せない時は閉鎖が足りません。頑張って続けると出せるようになるかもしれませんが、痛痒いトレーニングになるはずです。続けるとコントロールもできるようになるでようが、僕は喉が痒くなるので嫌です。笑

痛痒い感覚。

 

声帯の小さな隙間に息を通すのです。高音なので、息の圧力はすごい圧力です。そして、その隙間にのみ圧力(負荷)がかかるので、その隙間が受ける負荷は相当なものになります。その部分が少なからずダメージを受けるのです。

これが痛がゆさの正体ですね。

あまり喉にいいものとは思えませんね。

 

とりあえずそこに綺麗に息を通すことができれば笛のように鳴るはずです。

 

とりあえずファルセットとかミックスボイスとかそういう考えではなく、喉を可能な限り締めた状態を作ってそこに声を通す感覚で練習しましょう。エッジボイスの感覚が一番近いです。喉をひたすら締めるのは思いっきりやれば、人間誰でも結構できるものです。

使いこなせるかは別として。

 

ホイッスルボイスはなくてもいい

高音大好きな人は極めたいところでしょうが、プロのシンガーでホイッスルボイスを出せる人が何人いるでしょうか?

これは限られた人しかできないものという理由だけでなく、「必要ないもの」だからではないでしょうか?

ホイッスルボイスが真に魅力的なものであるならば、その声をみんな練習するでしょうし、そういう方向へ音楽は進化していくはずです。プロのシンガーですから練習すればできるでしょう。

 

ですが、そうしないのは普通の声の方が人にとって魅力的に聞こえるからではないでしょうか。人が魅力的に感じる音域をホイッスルボイスは突き抜けてしまっているように感じます。

 

一歩間違えれば耳障りなほどの高音ですもんね。

もちろん「すごい!」と思わせたりする力はありますが、その超高音に果たして音楽的感動があるでしょうか?

「すごい!」のと「良い!」のは違うような気がします。

 

サッカー選手がバク転できるみたいなものです。笑

サッカーには必要ないけどゴールパフォーマンスには使える。みたいな。少し違うか。笑

要はバク転なんてできなくてもサッカーの試合には何も影響しないどうでもいいものということです。バク転の練習するくらいならシュートの練習した方が断然良いってことです。

 

マライアキャリーとかのクラスはドリブルしながらボールを足で挟んでバク転して相手を抜き去るみたいな技を完成させてしまったようなものです。バク転をサッカーに使えるものまで昇華させたすごい人なのです。

でもマライアキャリーはホイッスル以外が尋常じゃない上手さだからこそ、ホイッスルも聴かせられるのです。

 

何が言いたいかというと、ホイッスルボイスは基本的にいらないということです。

驚かすには良いです。確かに憧れるものでもあります。が、出せるようになった時に気がつくでしょう。

「あれ、これ使えないかも」って。笑

ただ「ないよりはあった方がいいもの」であることは間違いないです。でも「なくてもいい」。

 

練習したい人は練習すればできるようになるはずです。なので個人次第ですが、なかなか使えない技を磨くのかどうかは悩ましいですね。

 

 

ボイストレーニング教室を少し紹介

シアーミュージック

全国規模で展開している音楽教室。割と全国どこにでもあるのではないでしょうか。

とりあえず無料体験して練習法や技術をできるだけ学んで自分の成長につなげましょう。

 



 

EYS音楽教室

こちらは都内中心に、全国とまではいかないですが主要都市にあるスクールですね。

1年間の継続を確約すると、なんと楽器とケースが無料プレゼントされます。

楽器も一緒に始めたい人にはおそろしくお得です。

とりあえず体験は無料なので、お近くにあればぜひ!

 

EYS音楽教室

 

 

音ガール

 

 

ジュニア学生

 

 

音人クラブ

 

 

EYS音楽教室_kids

 

 

Beeミュージックスクール

こちらは都内限定ですが、都内にはいくつもあるスクールですね。

とりあえず、体験は無料なので都内や都内近郊の方はぜひ。

 







-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.