声や歌について

呼吸のトレーニングの落とし穴|息と声は「連動」させないと意味がない

投稿日:2018年8月23日 更新日:

今回は「息と声の連動」について書いていきたいと思います。息の流れ息の量や呼気圧というのは歌において非常に重要なものです。声を生み出す源ですから。これなしでは声というものは生み出されません。

それほどに重要なので当然『声をよくするためには呼吸系を鍛えよう』ということが言われます。もちろん重要です。ただ肺活量が多くて息を吐く力はあっても、声と連動してないと意味がないのです。

今回はそんな「息と声の連動」について書いていきたいと思います。

息と声(喉)は連動させることが重要

息だけのトレーニングも重要なのですが、それ以上に息と声は連動させることを考えることが重要です。

ココがポイント

よくあるパターンとして、とりあえず肺活量を鍛えたり息を吐く量を鍛えようとする考え方があります。

要は呼吸面のみを強化させようとする練習です。

もちろんこれはこれで全然いいのです。むしろ練習するべきことであるのは間違いないです。

肺活量・息を吐く量・呼吸をコントロールする能力が高まれば、歌に活かせること間違いなしです。

間違いはないのですが。「連動」させないと成果を発揮させづらいですよ!ということです。

つまり息と声との連動を意識することで、息のトレーニングの成果も十分に発揮することができるのです。

 

ここで言う連動とは『息と声のトレーニングを一緒にすることで息と声帯の関係性を癖づける』と言うことです。両方の動きが一致するように体に覚えさせると言うことです。

 

声帯や喉が息の流れをコントロールしている

結局肺から押し出された空気が声となって口から出てくるには声帯を通らなければいけません

つまり息の流れの量は最終的には声帯が門となって息の量を決めるのです。

 

「はーーーーー」っていうのと「あ”ーーーー」っていうのは流れる息の量が全然違いますよね。当然ながら「はー」よりも「あ”ー」の方が長く伸ばしたときに息が長く持つはずです。これは声帯の閉じ具合が全然違うからですよね。

声帯が最終的な息の量を決めているのです。

 

ということは

極端な話、息のトレーニングをいくらしたとしても声帯がガチガチに硬くて自由の効かないコントロール力のない声帯だったら息のトレーニングの効果を喉が潰してしまいますよ!ということです。

つまり声帯が邪魔するのです。

 

例えば、声帯のコントロール能力に乏しい人がロングトーンが綺麗にできるようになるために長く息を一定に吐く練習をし続け、十分にできるようになるとします。息だけなら理想とするロングトーンを一定にできる状態です。この状態でいざその理想のロングトーンをしようとすると、声帯のコントロールが不自由なため、例えば一定の音階を鳴らし続けられなかったり、変な強弱がついてしまったりと様々な問題が起こるでしょう。

極端な話ですが、このように声帯に問題がある場合いくら息のトレーニングをしても別の問題のおかげで理想には近づけないのですね。

 

なので連動を考えた練習をすることで、声帯もそれに合わせて動けるようになることが重要なのです。

声帯も一緒に協力してくれれば、息のトレーニング効果をしっかりと発揮することができるのです。

 

どうすれば連動できる?

これはシンプルで簡単です。

息のトレーニングをする際、必ず声を出してトレーニングすることです。声と一緒に息を吐くのです。そうすることで息と連動した喉の動きや癖が身についてくるはずです。

息のトレーニングは様々ですが、しっかりと声を出しながらすることで声帯の動きと連動させましょう。

ただ、これだけ連動連動と言っていますが、息だけでトレーニングすることもそれはそれでいいということはお忘れなきよう。ただそれは声帯が息に合わせて自由に作用できるコントロール能力がある場合は!ということですね。

 

肺活量と歌の関係性について書いた記事はこちら

肺活量と歌の関係性|肺活量の鍛え方

今回は肺活量と歌の関係について書いていきたいと思います。歌において「肺活量がすごい」とかいう表現で人を褒めたりしますね。特にすごい声量やすごいロングトーンをしている人に対してそういう表現をすることがあ ...

続きを見る

 

息のトレーニング各種

息のトレーニング各種はこちらです。

興味のある方はぜひ読んでみてください。

【ドッグブレス】のやり方・効果・練習方法について

今回はボイストレーニングの「ドッグブレス」について書いていきたいと思います。「ドッグブレス」はボイストレー二ング界では有名なトレーニングです。聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。トレーニング ...

続きを見る

【「ヒ」トレーニング】のやり方・効果・練習方法について

今回は軟口蓋・口腔に響きを持っていくトレーニング、息のトレーニングでもある「ヒ」トレーニングについてついて書いていきたいと思います。歌を歌うには、いや、声を出すのには響きが必要不可欠です。いい声を出そ ...

続きを見る

【「スー」「ズー」トレーニング】のやり方・効果・練習方法

今回は通る声を身につけるトレーニング、息の多い声を身につけるトレーニングの「スー」「ズー」トレーニングについて書いていきたいと思います。息の多い声というのはとても重要です。歌のみならず、話し声でさえ息 ...

続きを見る

【「スッ」トレーニング】のやり方・効果・練習方法

今回は息と横隔膜のトレーニングの「スッ」トレーニングについて書いていきたいと思います。 このトレーニングは息と横隔膜を鍛えることに重きを置いたトレーニングです。息は歌において重要なファクターですし、そ ...

続きを見る

 

『ボイトレに役立つグッズ』はこちら

ボイトレグッズ紹介ページ

※当サイトのページです



その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。変わったと言うより、少しずるい方法ですが。効果は抜群です。ボイストレーニングは独学でする人も多いでしょうが、 ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いていきたいと思います。ボイトレ教室って興味が湧きますよね?ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。歌も人から習う ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.