歌の雑学・研究・考察

歌における『腹式呼吸』の必要性について【ポップスなら必要ないかも?】

投稿日:2020年1月27日 更新日:

今回は「腹式呼吸は歌に必要なのか」というテーマについての研究考察です。

 

結論から言えば、腹式呼吸は

  • 歌のジャンルがクラシック以外であればそこまで呼吸方法の型にとらわれなくてもいい。つまり、ポップスにおいて腹式呼吸はそこまで重要ではない。
  • しかし、『息の能力を高める』『息と声を連動させる』ために”腹式呼吸”を意識することはメリットになる可能性はある

と考えられます。

 

なので、腹式呼吸が必要かどうかという問題に対する答えは『人によって違う』、というのが最終的にたどり着く答えだと考えられます

腹式呼吸とは

腹式呼吸の必要性を考えるために”腹式呼吸の定義”について整理しておく必要があります。

腹式呼吸(ふくしきこきゅう)とは、一般的には胸郭(肋骨などからなる籠状の骨格)をなるべく動かさずに行う呼吸のことをいう。

声楽においては、声を良く出すために呼吸を工夫することを、「腹式呼吸」という言葉で示すことが多い。

引用元: Wikipedia『腹式呼吸』より

簡単に言えば、〇〇式呼吸とは、

  • 「肺を動かす時(呼吸の時)、主にどこを動かしますか?」

という質問に対する『答え』みたいなものですね。

 

『肺』を動かす役割を担っている部分は『横隔膜(おうかくまく)』と『胸郭(きょうかく)』という2つの部分。

なので、主な呼吸法として

  1. 腹式呼吸(横隔膜)
  2. 胸式呼吸(胸郭)

と呼ばれているのですね。

 

「このどちらを主体として(意識して)呼吸するのか?」というだけのお話です。

結果的に

  1. 腹式呼吸はお腹が大きく動く
  2. 胸式呼吸は胸回りや肩が大きく動く

と考えてもいいでしょう。

「腹式呼吸」と「胸式呼吸」に”大きな差”はない

まず前提として、

  • 腹式呼吸と胸式呼吸には劇的な差は生まれない

ということを頭に入れておくことは大事かと。

 

試しに「お腹を意識して思いっきり息を吸って吐く」「胸回りや肩を意識して思いっきり息を吸って吐く」という二つの動作をやってみても、そこまで息の量や力に差は生まれないはずです。

 

なぜなら、基本的に息を吸って吐く時点で無意識に胸郭と横隔膜の両方が自然と動いているから

基本的に二つは連動しているので、どちらか一方の動きを”完全に”止めようとしてもおそらくできないでしょう。

どれだけ胸を動かさないように・お腹を動かさないようにしても呼吸する時点である程度両方動いている

 

人間は「息を吸う・吐く」という行動に対して自然と最適な動きをするようになっているので、何か特殊な意識を持った呼吸方法でもそこまで”劇的には”変化しないのですね。

「腹式呼吸」は最大呼吸量が増える

二つに”大きな差”はないですが、”小さな差”は生まれるとも考えられます。

横隔膜(お腹)は意識や訓練次第で可動域が大きく変わってくる」「胸郭の動きはそこまで鍛えられない」ので結果的に、

  • 横隔膜は動かしやすい(拡張しやすい

と考えることができます。

 

この拡張することを「腹式呼吸」と定義することもあるでしょうし、この拡張によって『最大呼吸量が増える』というメリットがあります。

最大呼吸量が増えることで、

  1. 一息で歌えるフレーズが長くなる
  2. 息の力が強くなる→→結果的に『息と声が連動してくる』

などのメリットが考えられます。

このメリットを求めるのであれば腹式呼吸というのは必要なものになるのかもしれません。

腹圧呼吸(もう一つの腹式呼吸)

上記の腹式呼吸が一般的に語られることが多いでしょうが、声楽界では『腹圧呼吸』のことを腹式呼吸と言うこともあるのかもしれません。

 

腹圧呼吸とは、

  • 『なるべくお腹を膨らませたままの状態』で息を吸ったり吐いたりする

というもの。

つまり、息を吐くときになるべくお腹をへこまさないということです。

お腹を膨らますことを「腹圧を高める」などと言いますし、声楽では『アッポッジョ=支え』と言います。

声の「支え」について【”腹圧”と横隔膜の動きが重要】

続きを見る

なぜこれをするのかなどは上記のリンク先にまとめているので、詳しくはここでは省略しますが、主にクラシック歌唱において大きなメリット(喉仏が下げやすい+最大呼吸量の確保)があるのですね。

 

なので、ジャンルが「クラシック」であれば「腹式呼吸=腹圧呼吸」という意味の場合があるというのは頭に入れておくべきでしょう。

例えば「歌には”腹式呼吸”が必要だ」と言った場合に

  1. 『単にお腹を意識した呼吸(腹式呼吸)』のことなのか
  2. 『お腹を膨らませる呼吸(腹圧呼吸)』のことなのか

がわからないわけです。

単純に言葉だけを鵜呑みにした場合に、意味がねじ曲がっていく可能性があるのでその点は注意です。

腹式呼吸の必要性

以上のようなことから以下の二つの点

  1. 「ポップス」なのか・「クラシック」なのか
  2. 息と声帯が連動しているのか・いないのか

を整理することで腹式呼吸が必要かどうかを考えることができます。

①「ポップス」なのか「クラシック」なのか

先ほど述べたように腹式呼吸は

  1. 腹式呼吸
  2. 腹圧呼吸

という2種類の考え方が存在します。

 

クラシックで腹圧呼吸を使う流派であれば有無を言わさず「必要」と言えるでしょうし、腹式呼吸だとしてもクラシックにおける必要性は高いかもしれません。

 

なぜならクラシックは『最大呼吸量』が重要になるからです。

 

というのもクラシックは『マイクがない前提での歌唱スタイルです(*使わないわけではない)。

その身一つで大きな声を会場に響かせる必要があるので『たくさんの息の量』が必要になります。

また歌のフレーズも長く伸びやかなフレーズばかりなので、そういう点でも息の量が必要。

 

つまり、お腹を目一杯使うことで、最大呼吸量を増やせる腹式呼吸がある程度必要になってくると考えられます。

クラシックは「姿勢」「呼吸」など全身をフル活用するような発声です↓

このようにクラシックはしっかりと『型』を整えて発声します。

 

ではポップスは?

ここでのポップスはまずマイクを使う前提での歌唱スタイルです。

なのでクラシックほど腹式呼吸の必要性がないというか、『あってもいいけどなくてもいい』くらいの感じになるでしょう。

 

マイクがあるので「声量の面」でも息の量はそこまで必要ないですし、「フレーズの面」でもクラシックのように長く音を繋げる必要性も薄い。

そういう点でクラシックほど最大呼吸量を増やす必要性がないと言えるでしょう。

 

結果的にポップスのシンガーは腹式呼吸という”型”をあまりとっていません。

 

これはポップスのシンガー達を観察していればなんとなくわかることかもしれません。皆さんも多くのシンガーを見て「これ絶対腹式呼吸とか考えてないよ」と感じることは多々あると思います↓

 

呼吸のためにお腹がしっかりと動いたりもしません↓

このようにポップスにおいては”腹式呼吸そのものが歌声にとって重要なわけではない”のですね。

 

しかし、時々ポップスにおいても「腹式呼吸が重要だ」と言われることはあると思います。

これは次の「息と声帯の連動」に関する話になります。

②息と声帯が連動しているかどうか

これは簡単に言えば、『息をしっかりと使う発声ができるかどうか』ということです。

 

この連動に関して、より詳しくはこちらにまとめているので、

息に声を乗せる【”息の重要性”と声帯との連動性について】

続きを見る

ここでは省略しますが、簡単に言えば、

  1. 息の流れにしっかりと声を乗せることができる=『息と声が連動している』
  2. 息の流れに声を乗せることができない、もしくは息の力が弱い=『息と声が連動していない』

という意味合いになります。

 

ここで、息と声が連動していない人が腹式呼吸を意識することによって『息の流れ』『息の使い方』をたくさん考えることになり、結果『息がしっかりと流れる声』を身につけられるというメリットが考えられます。

流れとしては、

  1. 腹式呼吸を意識する
  2. 息をしっかりと吸ったり吐いたりしながら声を出すことを繰り返す
  3. 結果的にしっかりと息が乗った声を出す練習になる
  4. 息と声帯が連動してくる

という感じでしょう。

 

これがポップスにおいても「腹式呼吸を身につけなさい」と言われる理由でしょう。

要するに腹式呼吸は『方法・手段』ではなく『トレーニング』になっているのですね。

 

つまり、

  • 息と声帯の連動性能が高い人にとっては「腹式呼吸は必要ない(あまり意味がない)」

と言えるでしょうし、

  • 息と声帯の連動性能が低い人が息と声の連動性を高めるためであれば、「腹式呼吸は必要(役に立つ)」

と言えるでしょう。

 

要するに、

  • 腹式呼吸を習得する→歌が上手くなる

ではなく、

  • 腹式呼吸を意識して歌う→『息と声帯の連動性を高めるトレーニングになる』→歌が上手くなる

という方が正確だろうと考えられます。

 

逆に言えば、息と声の連動がしっかりとある人、息のコントロール能力が高い人は腹式呼吸なんて考える必要はないとも言えるわけです。

「呼吸方法」にこだわりすぎるのは良くない?

以上のようなことから”腹式呼吸”というものの必要性は人それぞれ違ってくるのですが、どんな場合においても

  • 呼吸方法という”型”そのものに固執しすぎるのはあまりいいことではないだろう

と思われます。

 

「腹圧呼吸」でもない限り、腹式呼吸が生み出すメリットは『息』が主語になります。つまり、考えるべき焦点は『呼吸方法の型』ではなく『息』の方だろうと思います。

発声法の研究で大きな影響力を持っていたフレデリック・フースラーは、「腹式呼吸」「胸式呼吸」「側腹呼吸」「肋間呼吸」などのように型や方式に分類された呼吸法は、いずれも本来全体がバランス良く協調して働かなければならない呼吸機能のうちの一部のみが突出して働くことによって生まれる不完全で不自然な呼吸法であり、呼吸をそのような型や方式に分類することや、意識的に行われる機械的、方式的呼吸法はすべて声楽の発声にとって有害である、という見解を示している[7]。

引用元: Wikipedia『腹式呼吸』より

簡単に言えば「呼吸方法にこだわりすぎても良くない」ということですね。

 

結局、歌においては呼吸方法が大事なのではなく、『息そのもの』と『息を活かす声帯の連動性』が大事です。

つまり、『形・型・フォーム』が大事なのではなく、『結果』が大事であるということ。もしくは、『結果』から『形・型・フォーム』を逆算するべきとも言えるでしょう。

 

なので、『呼吸方法そのもの』を考えるよりも

  • 息を吐く力を鍛えよう
  • 息を吸う力を鍛えよう
  • 声帯が息を活かせるようにしよう

と考える方が本質的なのかもしれません。

肺活量と発声の関係性について【肺活量は歌に必要なのか】

続きを見る

-歌の雑学・研究・考察

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.