歌のスキル・テクニック

歌における『腹式呼吸』の必要性について

投稿日:2020年1月27日 更新日:

今回は『腹式呼吸の必要性』についてです。

これはジャンルやその人の状態など様々な面を考慮しなければいけないですし、一概に言いにくいことではありますが言ってしまえば、

  • 腹式呼吸は、極論”必要ではない”

と考えられます。

今回はそんな内容。

腹式呼吸は歌に必要なのか?

『腹式呼吸が歌に必要かどうか』についての問題は、

  1. 腹式呼吸というものをそもそもどう定義するか?→お腹主体の呼吸なのか、腹圧を保つ呼吸なのかという2種類の腹式呼吸問題。
  2. どこまでを腹式呼吸の恩恵とするか?→「息・横隔膜」と「声帯の連動性」の問題。腹式呼吸との直接的な因果関係があるのか。

この二つの問題があるので、一概に「必要だ」「必要ない」と言い切れない部分があると思います。

この、

  1. 2種類の腹式呼吸
  2. 腹式呼吸の恩恵とは?

の部分を掘り下げます。

一般的な腹式呼吸

腹式呼吸(ふくしきこきゅう)とは、一般的には胸郭(肋骨などからなる籠状の骨格)をなるべく動かさずに行う呼吸のことをいう。

声楽においては、声を良く出すために呼吸を工夫することを、「腹式呼吸」という言葉で示すことが多い。

引用元: Wikipedia『腹式呼吸』より

ウィキペディアではこのように定義されています。

 

〇〇式呼吸とは、

  • 「肺を動かす時(呼吸の時)、主にどこを動かしますか?」

という質問に対する『答え』みたいなものです。

 

『肺』を動かす役割を担っている部分は『横隔膜(おうかくまく)』と『胸郭(きょうかく)』という2つの部分。

 

だから主な呼吸法は

  1. 腹式(横隔膜)呼吸
  2. 胸式(胸郭)呼吸

と名付けられるのですね。

腹式呼吸

一般的な腹式呼吸は「お腹(横隔膜)の動きに重きを置いた呼吸法」です。

お腹を膨らませたり凹ませたりするということは横隔膜を上下しているということです。

 

胸式呼吸

一般的な胸式呼吸は「胸(胸郭)の動きに重きを置いた呼吸法」です。

胸郭を膨らませたり縮ませたりしているため胸の部分が動きます。

劇的な違いはない?

腹式呼吸と胸式呼吸は重きをおく(意識する)部分は異なりますが、

  • 実質的にそこまで大きな差は生まれない

と考えられます。

 

なぜなら息を吸って吐く時点で無意識に胸郭と横隔膜の両方が自然と動くからです。

 

むしろ、どちらか一方の動きを完全に止めることはおそらく不可能で、どれだけ胸を動かさないように・お腹を動かさないようにしても呼吸する時点で両方動いているはずです。

 

ただ、横隔膜は意識や訓練で可動域が変わってくるので、

  • 横隔膜は動かしやすい(拡張しやすい)

と考えることができます。

この拡張することを「腹式呼吸」と言うこともあるでしょうし、この拡張によって

  • 最大呼吸量が増える
  • 横隔膜の柔軟性が向上する

というメリットがあるでしょう。

腹圧呼吸

上記の腹式呼吸が一般的に語られることが多いでしょうから、こちらはそうでもないのでしょう。

声楽界ではこちらを腹式呼吸と言うこともあるのかもしれませんね。

 

これはどんな腹式呼吸かというと、

基本的に

  • 『お腹を膨らませたままの状態』

で息を吸ったり吐いたりします。

お腹を膨らますことを「腹圧を高める」などと言いますし、声楽では『アッポッジョ=支え』などと言いますね。

声の「支え」について【”腹圧”と横隔膜の動きが重要】

続きを見る

なぜこれをするのかなどは上記のリンク先にまとめているので、ここでは省略しますが、主にクラシック歌唱において大きなメリット(喉頭懸垂機構に作用する)があるのですね。

 

なので、ジャンルが「クラシック」で「腹式呼吸=腹圧呼吸」という意味であれば、腹式呼吸は必要と素直に言えるのかもしれません。

 

どこまでが腹式呼吸の恩恵になるか

腹圧呼吸は目的と効果がはっきりしているので置いておきまして「一般的な腹式呼吸のメリット」について。

もし、「腹式呼吸をすることで歌が上手くなる」と考えるのならば、考えられる過程はこんな感じ↓

つまり、お腹を主体で呼吸する訓練をすることで「横隔膜の柔軟性が向上する」という部分が出発点になって様々な恩恵を受けられると考えられます。

 

横隔膜の柔軟性に関してはこちら

横隔膜と発声の関係性について

続きを見る

息と声帯の連動についてはこちら

息に声を乗せる【”息の重要性”とその連動ついて】

続きを見る

に書いているので省略しますが、「横隔膜・息」というのは発声における出発地点なのでとても重要です。

 

ただ図でわかるように、腹式呼吸は直接的に歌唱力に繋がっているというよりは、間接的に繋がっているものと言えるのかもしれません。

例えば、

  1. とにかく腹式呼吸のみを鍛え続け、腹式呼吸を自在に操れるようなったAさん
  2. 腹式呼吸は特に意識せずに、基本的に歌う練習をしていたBさん

がいたとしたら上手くなるのはBさんの方だと思います。

いくら腹式呼吸を磨いたとしても「息と声帯の連動性」という部分を磨かないと声にはほぼ効果がないのですね。

 

つまり、

  • 腹式呼吸を習得する→歌が上手くなる

ではなく、

  • 腹式呼吸を意識して歌う→『息・連動性を高めるトレーニングになる』→歌が上手くなる

というのが核心部分なのではないかと考えます。

要は歌における腹式呼吸は「歌う中での手法」ではなく「歌うためのトレーニング」要素が強い。

 

”これをどう考えるか”で腹式呼吸が必要かどうかが変わってくるだろうと思います。

 

例えば、

  • 腹式呼吸なんて意識しなくてもいいくらいの連動性能を持っている人にとっては「腹式呼吸は必要ない(あんまり意味がない)」

と言えるでしょうし、

  • 歌が苦手な人が息と声の連動性を高める効率を上げるためであれば、「腹式呼吸は必要(役に立つ)」

と言えるのかもしれません。

息と声の連動にいい『ドッグブレス』などのトレーニングなども視点を変えれば腹式呼吸のトレーニングですからね。

 

ということは腹式呼吸は

  • 上級者ほど不要(意識しなくてもいい)
  • 初級者ほど必要(意識するとメリットがあるかも)

とも言えるのではないか。

上級者ほど意識しない方がいい?

「意識しなくてもいい」のか「意識しない方がいい」のか。

これは極論は人によるのでしょうが、究極的には『意識しない方がいい』と言えるのではないかと考えられます。

発声法の研究で大きな影響力を持っていたフレデリック・フースラーは、「腹式呼吸」「胸式呼吸」「側腹呼吸」「肋間呼吸」などのように型や方式に分類された呼吸法は、いずれも本来全体がバランス良く協調して働かなければならない呼吸機能のうちの一部のみが突出して働くことによって生まれる不完全で不自然な呼吸法であり、呼吸をそのような型や方式に分類することや、意識的に行われる機械的、方式的呼吸法はすべて声楽の発声にとって有害である、という見解を示している[7]。

引用元: Wikipedia『腹式呼吸』より

かなり納得できる内容ですね。

簡単に言えば、

  • どこかに偏った意識をもたらす呼吸方法をするメリットはない→自然に呼吸しろ

ということ。

まぁプロのシンガー達をよく観察すればなんとなくわかることですね。

まとめ

こんな感じで必要性を考えればいいのではないでしょうか。

そして、腹式呼吸を意識する必要性を感じなくなったときは自然に呼吸するのが一番なのかもしれません。

肺活量と発声の関係性について【肺活量は歌に必要なのか】

続きを見る

-歌のスキル・テクニック

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.