歌のスキル・テクニック

歌のピッチを鍛える方法について

投稿日:2018年3月19日 更新日:

今回は『ピッチについて』です。

この記事は

  • ピッチとは
  • 4種類のピッチについて
  • ピッチを鍛える方法

という内容です。

『ピッチ』とは

ピッチとは「音程」のこと。

ピッチ感とは「音程を合わせる能力」のこと。

 

「ピッチがいい、ピッチ感がいい」とはつまり「音程が合っている、音程を合わせる能力が高い」ということですね。

 

カラオケの採点バーなどの普及で「音程が〜」みたいなことは、多くの人が認知していることでしょう。

しかし、実際の歌における音程・ピッチというものは採点バーよりももっと細かく、もっと複雑で奥深いものです。

 

歌において「最も奥が深いもの」と言ってもいいのかもしれません。

  • 「歌が苦手な人」と「歌が上手い人」の差は『ピッチ』
  • 「歌が上手い人」と「歌が超上手い人」の差は『細かいピッチ』
  • 「歌が超上手い人」と「歌の神」の差は『すごく細かいピッチ』

と言えるくらいに歌におけるピッチ感は重要でかつ奥が深いです。

 

歌のピッチは大きく分けると4つに区分できる

トレーニングに入る前にピッチについて大枠4つの理解をしておくと効率が上がると思います。

  1. 出だしピッチ
  2. 真ん中ピッチ
  3. 語尾ピッチ
  4. 移行ピッチ

と4つに分類できると個人的には考えています。(名称は勝手にわかりやすくつけました。世間では通用しませんので、気をつけてください。)

 

①出だしピッチ

声の出発時点の音程です。「音のアタック」と言われたりします。

無音の状態から音が最初に出てくる瞬間の音程のことです。

 

この「出だしのピッチ」はどちらかと言えば、中上級者向けと言うか、初心者のうちはスルーしてもいい部分かと思います。

 

この出だしをドンピシャで合わせるのがは人間にとってかなり難しい部分

難しいがゆえにここがドンピシャで合うと本当に上手く聞こえます

 

ちなみにこの部分を下から入るのが「しゃくり」。

「しゃくり」はカラオケの加点のイメージがありますが、本当に上手い人はあまりしゃくりません(減点にした方がいいんじゃないか・・・と個人的には思っています。笑)

あくまでここぞって時に使うテクニックだと思います。

歌のテクニック『しゃくり』について【アタックのニュアンスを作る表現】

続きを見る

 

②真ん中ピッチ

これはその音の根幹です。

まぁ出だしでもなければ、最後でもない音の真ん中

 

人が単純にその音程と認識する部分です。

とりあえずここは合っている方がいいというか、合ってないとその音と認識できないです。

 

③語尾ピッチ

その名の通り語尾のピッチですね。

この語尾のピッチは主に歌のニュアンスを作ります。

 

普通はそのままの音程で語尾まで終わるというのが、美しい基本形でしょう。

ただ語尾のピッチを動かすことはニュアンス・表現を作ります。

 

語尾を上げるヒーカップ、語尾を下げる(フォール)などがあります。

歌唱テクニック『フォール』について【『暗』を生み出すテクニック】

続きを見る

歌のテクニック『ヒーカップ唱法』【様々な表現・ニュアンスを生み出す】

続きを見る

 

④移行ピッチ

音から音へ移り変わる時の音程の動きです。

「出だしピッチ」「語尾ピッチ」とも繋がっている部分なので、この「移行ピッチ」を意識することも歌が上手くなる上では非常に重要だと思います。

 

人の声はピッチからピッチへ、音から音へと移行するときに楽器や機械のように綺麗に動きません。

例えば、ド→レとピアノで弾くと、直線的に階段的に音程は切り替わるのですが、声の場合だとそうはいきません。

もちろん直線に近づけることはできるのですが、厳密には無理です。

その刹那の瞬間にいろいろな音程を含ませてしまうのです。

 

ここも一般的にはほとんど気にならない部分かもしれません。

切り替える瞬間の部分ですから。

 

ですが、ニュアンスを作っている部分ではありますし、その人の歌の個性を作る部分とも言えます。

滑らかに移行させるポルタメントなどの表現があります。

歌のテクニック『ポルタメント』について【”上昇感”や”下降感”を生み出す】

続きを見る

 

ピッチを良くする方法

ピッチ感を鍛えるトレーニングは以下の4つがオススメだと考えられます。

  1. カラオケに合わせて歌う
  2. 楽器を弾きながら歌う
  3. 音に合わせてスケール練習
  4. チューナーを使ってトレーニング

そろぞれ掘り下げます。

 

*ピッチの練習はすぐに結果が感じれられるものではないが、コツコツとした継続が大事でしょう。

 

①カラオケに合わせて歌う

カラオケの語源通り『空(から)のオーケストラ』に合わせて歌うという意味です。

なので「カラオケに行け」と言っているわけではないです。

もちろん行ってもいいのですが。笑

 

とにかく、『ボーカルが入っていない音源に合わせて自分の力だけで歌うこと』はピッチ感を磨く上で重要です。

なのでカラオケならガイドボーカルはしっかりと切らないといい練習にはならないと思います。

 

普段CD音源に合わせて歌っている人は自分だけで歌うのがいかに難しいかを知れるでしょう。

録音してみるとなお良いかもしれません。

 

②楽器を弾きながら歌う

これも文字通り『弾き語り』をしながら歌うということです。

「楽器なんて弾けないよ」という方は練習するしかないのですが、弾けるようになるとピッチ感が抜群に向上します。

 

実は

  • 『最も良いピッチ感を鍛える方法は楽器を弾けるようになること』

だと思います。

 

楽器が弾けるようになるとコード感がつきます。コード感とは「コード(和音)に合わせる力」のことです。

コード感がつけば「音程を合わせる力」はもちろん、「作曲する力」「アドリブ・フェイクする力」などが身につきます。

 

歌が上手いシンガーの多くは楽器が弾けますね。

つまり、そういうことです。

楽器が弾けると歌が上手い?|歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器

続きを見る

 

③音に合わせてスケール練習

楽器の音やボイトレ音源でもなんでもいいので、『音に合わせてスケール(音階)練習をすること』でピッチ感を鍛えます。

ボイトレ教室なんかでピアノに合わせてやっているやつです。

 

例えば基本的なものですが、

  • ドレミファソファミレド
  • ドミレファミソファレド

などあげていくと無限のパターンがあります。

このようなスケールに合わせて発声練習をすることでピッチ感が身につきます。

 

トレーニング音源に困っている人は当サイトのトレーニング用音源ページを利用してください。

 

なぜスケールを使うといいのか

  • 楽器の音を使うことでその正確な音階へ誘導してくれる
  • 声を合わせていくうちに楽器のような音階変化(正確な)が癖づいてくる

という理由ですね。

 

これは本当に不思議なのですが、楽器に声を合わせていくと楽器なしでもピッチがどんどん良くなっていきます

人間の順応性というのはすごいですね。もちろん楽器ほどの正確な音階を身につけるのは非常に難しいですが、そこへ近づくことが重要なのです。

 

④チューナーを使った練習方法

チューナーを使ってピッチのトレーニングをすることもできます。

特に「自分のピッチがどれほど正確でないか」を知るにはもってこいのものです。

 

最初の方はチューナーが壊れているんじゃないかと思うほどですよ。

慣れてくると一つの音を正確に近い音で鳴らせるようになってくるかもしれません。

 

歌というよりは単音での練習になるので、楽器を使った音階的なトレーニングに比べると少し視野の狭いトレーニングですが、ピッチへの意識は間違いなく向上します。

 

今は無料の「チューナーアプリ」も多いので、スマホで簡単にできますね。

アプリの検索画面で「チューナー」と入力すればたくさん出てきます。

 

ピッチ練習に終わりはない

人間は機械ではないので、ピッチ練習に終わりはありません。

どれだけ練習しても機械や楽器にはなれませんから。

 

おそらくどんなに歌が上手い人でもこの「ピッチ」とは一生戦っていることでしょう。

いくら高みへ近づいても、その人にしか見えない高みがまた現れるということです。

 

発声の質がいい人はピッチがいい=歌が上手い

続きを見る

 

-歌のスキル・テクニック

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.