声や歌について

歌のフェイクやアドリブのやり方・練習方法|コード感を身につけよう

投稿日:2018年7月12日 更新日:

今回はフェイクやアドリブについて書いていきたいと思います。フェイクやアドリブというのができるようになると、音楽的に上級者という感じがしますよね。聴いている方は引き込まれますし、聴いていても観ていてもかっこいいです。

「次はどんな技を繰り出してくれるんだろう」とワクワクしたり、歌詞のないそのアドリブなどに心掴まれたりと歌を一段階魅力的にしてくれるものです。(フェイクやアドリブがないから魅力がないとは言ってないですよ)

今回はそんなフェイクとアドリブのやり方や練習方法について書いていきたいと思います。

『フェイク』とは

フェイクとは楽曲の原型の音程を崩すことです。つまり原曲ありきの技です。原曲に対してフェイク(ニセモノ)なのです。よくライブでシンガーが元の楽曲とは違うように歌ったりしますよね。とは言えめちゃくちゃに崩しても音楽としては成立しませんね。それはただの音痴です。

しっかりとそのコード内の音で音程を変化させので、音楽的に聴こえるのです。重要なのでもう一度言います。その『コード内の音で音程を変化させる』のです。

※ただし、次の章で説明するアドリブのことをフェイクと言ったりもします。そういう意識で使っている人も多いのでないでしょうか。(音楽はよく言葉の意味が正確な定義を超えて使われるので、そういうものだと気にしないのが一番です。言葉の定義は辞書が決めるのでなく、使う人たちが決めていくのです。「草」が「笑う」という意味になるようなものです。少し違うか。)

ここでは切り離して考えましょう。

実はもう一つフェイクと呼ばれがちなものがあります。それが『速く細かいピッチ変化』ですね。R&Bシンガーに多いのですが、こぶし的なニュアンスで音階を綺麗にかつ素早く動かすテクニックですね。これも正確には原曲に対してこういうテクニックを使うのなら「フェイク」と言えますが、原曲でそういう歌い回しなら本来は「フェイクではない」ですね。ただ、このような素早い音階変化自体がフェイクと言われることは多いです。

ポイント

『フェイク』とは「楽曲の原型の音程を崩す」こと

『アドリブ』とは

これも『原曲とは違うことをする』のが前提ですが、言葉のニュアンスが広く音楽では割となんでもアドリブに入ってしまうような気がします。フェイクもアドリブの内に入っているような感じですね。

例えば、リズムを変えたり、フレージングを変えたり、歌詞を変えたり、メロディーのないところにメロディーを加えたりと、結構広い定義だと思います。

これまた人によって、考え方が違うのですがそういう議論は別の話で。とりあえずアドリブはアドリブ。

ポイント

アドリブとは楽曲の原型とは異なることをすること

一般的な人が思うフェイクやアドリブ

一般の人がなんとなくフェイクと呼んだりアドリブと呼んだりするものってだいたい決まっていますね。

アドリブやフェイクと呼ばれるものの例

  • 歌がもともと入ってないところで「Wow~」とか「Yeah~」などを入れたり。
  • フレーズの音程を原曲と違うようなものにしたり。

みたいなやつが多いですかね?あれかっこいいですよね。どうやったらできるんだろうと思ったりしたことないですか?音楽に触れる機会が多い方は一度は考えたことがあるはずです。

どうすればできるのか。実はあのようなフェイクやアドリブは『音楽的に訓練』しないとできません。音楽の経験値が少ない人でできる人なんてほとんどいないでしょう。それほどに高等技術なのですね。

音楽的に『ある経験値』を積んでいないといけないのです。一般的に音楽を普通に楽しんで聞くくらいではなかなか身につかないものですね。

では何が必要なのかを書いていきます。

フェイクやアドリブができる感覚とは

フェイクやアドリブができる人というのは『コード感』体に染み付いている人です。このコード感があるとフェイクやアドリブができるのです。コード感が体に染み付いているとどうなるのか。

コード感がある人はこうなる

コード感がある人は、例えばCのコードをギターで鳴らしているとして、「さぁこれに合わせて歌詞はなんでもいいので曲を作ってください」と言われると即興でできます。即興でメロディーをつけることができます。

しかもそのコード進行にしっかりとはまるメロディーができます。その際、人によって選択する音階やリズムは様々です。これが歌の作曲の原理であり、個性が出るところですね。

この『コード感』というものは具体的にはCの構成音「ド・ミ・ソ」の音をコードを聴くだけで辿り・歌う能力ですね。(実際にはド・ミ・ソ以外の音でもとっていい音・歌っていい音はあるのですが、ここでは簡単に考えます。)

これはコード感がしっかりと身についている人ならできることですし、コード感がない人にはできないことです。

つまりフェイクやアドリブは「この感覚を歌の中で使っている」のです。

つまりフェイクやアドリブは作曲に近い

音程を変化させるのは歌詞はそのままに音程を即興で作曲しているようなものです。

歌のないところで「Wow~」だったりを入れるのも、即興で作曲しているようなものなのです。

ちなみにコード感がある人は一度も聞いたことのない楽曲のカラオケ音源を流して、テキトーに歌ってくださいって言うとある程度歌にする力があります(コード進行の中で勝手に作曲する力)。コードの中にある音を歌えるのです。(コード感がない人だと音痴に聞こえます。)

この選択のバリエーション多い人が作曲の才能ある人かもしれませんね。

つまりコード感がフェイクやアドリブを生むのです。だからこそ音楽経験上級者はできる人が多いのですね。逆に経験の浅い人には難しいのですね。

ポイント

フェイクやアドリブにはコード感が必要

コード感を身につける方法

コード感を身につけるというのは非常に難しいものです。でも、もしかしたら人によっては簡単なものかもしれません。というのもコード感というのはコード「感覚」だからです。「感覚」なのです。

ココがポイント

感覚的なものは、経験値によって成長します。感覚は一度身につけるとなくなることはあまりないですし、逆に音楽に疎い人はなかなか身につかないものでもあります。

自転車に乗れるようになるのと同じようなものですね。

最初は誰でもある程度訓練を必要としますし、乗れるようになれば無意識でも乗れてしまう。いきなり乗れる人はほとんどいないでしょう。感覚がないから。

つまり経験を必要とするものです。

コード感を身につけるには二つの方法が最適でしょう。本当にいいのは一つですが。

コード感を身につけるには

  • ピアノやギターなどのコードを鳴らす楽器を練習する・弾く
  • 多くの楽曲を歌う・聴く

この二つがいいです。

ピアノやギターなどのコードを鳴らす楽器を練習する・弾く

特に楽器を練習すると言うことが一番おすすめです。と言うのもやはりたくさんのコードについて学ぶことができるし、それを自分で鳴らして音を聴くと言う作業ができるからです。自分の力でコードを表現・体感できるのもコード感が身につきます。

これ以上にコード感が身につく方法はないはずです。

楽器が弾ける人はコード感が身についているから歌のフレーズの作曲ができるのですね。

多くの楽曲を歌う・聴く

多くの楽曲を歌う・聴くというのも少しはコード感が身につくとは思われます。ただ、かなりの量が必要になると思います。それはコードについて考えることが少ない・自分で発するものでないという点で多くの経験を必要とするでしょう。

楽器を弾くというものと比べると、数字では測れませんが100〜1000倍くらい必要な経験値が違うような気がします。それくらい楽器はいいということです。

一流のシンガー(フェイクやアドリブができるような人)で楽器が弾けない人はほとんどいません。(まぁでも、弾けない人もいるんです。これが。才能ですよ。例えれば、練習しないで自転車に乗れるような人達です。気にしない方がいいです。)

それでも『楽器は弾きたくない、できる気がしない、苦手だ、時間ない』という方はいらっしゃるでしょう。そういう方はたくさんの音楽に触れることが重要です。多くの音楽を聞く、いや真剣に聴くことが重要です。好き嫌いもあるでしょうが、アーティスト毎・ジャンル毎にコード進行も様々です。多くの音楽に触れることでコード感を身につけましょう。

音楽聴き放題なら『Amazon Music Unlimited』

音楽の聴き放題なら『Amazon Music Unlimited』がオススメです。アーティストが自身の音楽について語る「Side by Side」も配信中です。30日間無料で体験してやめることも可能ですよ。無料期間を利用して「普段聴かない洋楽を聴きまくるトレーニング」なんてのもアリかもしれません。もちろん単純に楽しむのもいいですね。

まとめ

まとめると、フェイクやアドリブができるようになるためには『コード感を身につける』ことが重要です。

そしてコード感を身につけるには『楽器を練習する』のが一番の近道です。

『楽器を始める・練習する』ことはフェイクやアドリブのみではなく、歌の上手さにも直結します。当然作曲もできるようになります。そんな『楽器を始める』メリットや何の楽器を始めたらいいのかについてまとめた記事はこちらです。興味のある方は読んでみてください。

楽器と歌の上手さの関係性|歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器

今回は楽器と歌の上手さの関係性・歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器について書いていきたいと思います。 やはり歌が上手い人というのは楽器が弾ける人がほとんどですね。となると、当然「楽器が弾けるようにな ...

続きを見る

『ボイトレに役立つグッズ』はこちら

ボイトレグッズ紹介ページ

※当サイトのページです

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。変わったと言うより、少しずるい方法ですが。効果は抜群です。ボイストレーニングは独学でする人も多いでしょうが、 ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いていきたいと思います。ボイトレ教室って興味が湧きますよね?ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。歌も人から習う ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.