歌のスキル・テクニック

歌のフェイクやアドリブのやり方・練習方法|『コード感』を身につけよう

投稿日:2018年7月12日 更新日:

今回は『フェイクやアドリブ』についてのテーマです。

この記事は

  • フェイクとは
  • アドリブとは
  • 一般的なフェイクとアドリブについて
  • フェイクとアドリブのやり方・練習方法

という内容です。

『フェイク』とは

フェイクとは

楽曲の原型の音程やリズムを崩すこと

です。

 

つまり原曲・原型を崩すことです。

原曲に対してフェイク(ニセモノ)というニュアンスです。

 

よくライブでシンガーが元の楽曲とは違うように歌ったりしますよね。

  • 音程を変えたり
  • リズムを変えたり

そういう曲の原型を崩すことが本来の意味です。

 

本来はそういうニュアンスの意味なのですが、フェイクは次の意味でも使われることもあります。

  1. アドリブ・スキャットと言われるような歌詞がない部分を適当な言葉で歌うこと
  2. 「こぶし」のような細かいピッチ変動

これら二つがフェイクと言うのか言わないのかは本来は場合によるはずです。

 

原曲とは別のことをしているのなら「フェイク」ですし、原曲通りならば「フェイクではない」というのが正確なところでしょう。

 

ただ、結局言葉の使い方・定義は辞書が決めるのでなく、使う人たちが決めていくものです。

「草」が「笑う」という意味になるように。

 

なので、あんまりこだわらなくてもいいでしょう。

スキャットと呼ばれるような「適当な言葉」で歌うもの

メリスマと呼ばれるような細かいピッチ変動

 

『アドリブ』とは

アドリブとは

即興で歌うこと。自由に歌うこと。

です。

 

これも言葉のニュアンスが広く音楽では割となんでもアドリブに入ってしまうような気がします。

フェイクもアドリブの内に入っているような感じだと思います。

 

例えば、

  • 音程を変えたり
  • リズムを変えたり
  • フレージングを変えたり
  • 歌詞を変えたり
  • メロディーのないところにメロディーを加えたり

結構広い定義だと思います。

 

アドリブの本来の意味は『決まっていない部分を即興で自由に』ということだと思います。

 

つまり

  • 予定調和でないことがアドリブ

ですね。

 

歌においては「即興で弾いている曲に合わせて歌うこと」なんかはまさにアドリブと言えると思います。

 

一般的な人が思うフェイクやアドリブ

まぁ正確な意味も大事ですが、できるかできないかの方が大事でしょう。

一般の人がなんとなく「フェイク」と呼んだり「アドリブ」と呼んだりするものってだいたい決まっていますね。

 

アドリブやフェイクと呼ばれるものの例

  • 歌がもともと入ってないところで「Wow~」とか「Yeah~」などを入れたり。
  • フレーズの音程を原曲と違うようなものにしたり。

みたいなのが多いと思います。

 

「あれは、どうすればできるのか」と音楽に触れる機会が多い方は一度は考えたことがあるはずです。

 

どうすればできるのか。

実はあのようなフェイクやアドリブは『音楽的に訓練』しないとできないでしょう

おそらく、音楽の経験値が少ない人でできる人なんてほとんどいないでしょう。

それほどに高等技術なのですね。

 

音楽的に

  • 『ある経験値』

を積んでいないといけないのです。

一般的に音楽を普通に楽しんで聞くくらいではなかなか身につかないものです。

では何が必要なのか

フェイクやアドリブに必要なもの

フェイクやアドリブができる人というのは

  • 『コード感』体に染み付いている人

です。

 

つまり

コード感』が必要。

*『コード感』とは楽曲のコード進行(和音)に乗る力。コードに合わせて歌う能力。

 

このコード感があるとフェイクやアドリブができるのです。

コード感が体に染み付いているとどうなるのか。

 

コード感がある人

コード感がある人は、例えばCのコードをギターで鳴らしているとして、「さぁこれに合わせて歌詞はなんでもいいので曲を作ってください」と言われると即興でできます。

即興でメロディーをつけることができます。

しかもそのコード進行にしっかりとはまるメロディーができます。その際、人によって選択する音階やリズムは様々です。これが歌の作曲の原理であり、個性が出るところですね。

 

この『コード感』というものは具体的にはCの構成音「ド・ミ・ソ」の音をコードを聴くだけで辿り・歌う能力ですね。(実際にはド・ミ・ソ以外の音でも歌っていい音はあるのですが、ここでは簡単に考えます。)

 

これはコード感がしっかりと身についている人ならできることですし、コード感がない人にはできないことです。

つまりフェイクやアドリブは「この感覚を歌の中で使っている」のです。

 

つまりフェイクやアドリブは作曲に近い

音程を変化させるのは歌詞はそのままに音程を即興で作曲しているようなものです。

歌のないところで「Wow~」だったりを入れるのも、即興で作曲しているようなものなのです。

 

ちなみにコード感がある人は一度も聞いたことのない楽曲のカラオケ音源を流して、テキトーに歌ってくださいって言うとある程度歌にする力があります(コード進行の中で勝手に作曲する力があるから)。

 

コードの中にある音を歌えるのです。

当然コード感がない人だと音痴な歌になるでしょう。

この選択のバリエーション多い人が作曲の才能ある人かもしれませんね。

 

つまり、

コード感がフェイクやアドリブを生むのです。

だからこそ音楽経験上級者はできる人が多いのですね。逆に経験の浅い人には難しいのです。

 

フェイクやアドリブのやり方・練習方法

フェイクやアドリブの練習方法は大きく二つあります。

  1. とにかく真似する
  2. コード感を鍛える

です。

 

とにかく真似する

「いきなり適当だな」と思うかもしれませんが、結構大事なことです。

 

とにかく目標のシンガーがしているフェイクやアドリブを真似すると

  • 『そのシンガーの感覚を体で覚える』

ことにつながります。

 

これはかなり重要なことだと思います。

とにかくその人のスキルをなぞって真似をすることで、自分に染み込ませていきます。

  • 『理屈の前にとにかく真似して練習』

これも結構大事です。

 

色々なシンガーのフェイクやアドリブを研究してみるのもいいかもしれませんね。

コード感を鍛える

コード感を鍛えるというのは非常に難しいものです。

でも人によっては簡単かもしれません。

 

というのもコード感というのはコード「感覚」だからです。

 

「感覚」なのです。

 

ココがポイント

感覚的なものは、経験値によって成長します。感覚は一度身につけるとなくなることはあまりないですし、逆に音楽に疎い人はなかなか身につかないものでもあります。

自転車に乗れるようになるのと同じようなものですね。

最初は誰でもある程度訓練を必要としますし、乗れるようになれば無意識でも乗れてしまう。いきなり乗れる人はほとんどいないでしょう。感覚がないから。

 

つまり経験を必要とするものです。

 

コード感を身につけるには二つの方法が最適でしょう。

  1. ピアノやギターなどのコードを鳴らす楽器を練習する・弾く
  2. 多くの楽曲を歌う・聴く

この二つがいいです。

 

楽器を練習する

特に『楽器を練習する』ということが一番おすすめです。

 

と言うのもやはりたくさんのコードについて学ぶことができるし、それを自分で鳴らして音を聴くと言う作業ができるからです。自分の力でコードを表現・体感できるのもコード感が身につきます。

 

これ以上にコード感が身につく方法はないはず、と考えられるほどにいい方法です。

楽器が弾ける人はコード感が身についているから歌のフレーズの作曲ができるのですね。

 

 

多くの楽曲を歌う・聴く

多くの楽曲を歌う・聴くというのも少しはコード感が身につくとは思われます。

 

ただ、かなりの量が必要になると思います。

やはりコードについて考えることが少ない・自分で発するものでないという点で多くの経験を必要とするでしょう。

 

とにかく多くの音楽を聞く、いや真剣に聴くことが重要です。

好き嫌いもあるでしょうが、アーティスト毎・ジャンル毎にコード進行も様々です。

多くの音楽に触れることでコード感を身につけましょう。

 

特に「洋楽」を聴くのがオススメ

特に洋楽を聴くことをオススメします。

洋楽はとにかく耳をよくします。コード感などの音楽的感覚を磨くのはもちろんですし、単純に「フェイク」や「アドリブ」を使う量も日本と比較すると非常に多いです。

洋楽を聴く人は歌が上手くなる?【洋楽を聴くべき理由について】

続きを見る

 

ピッチ感も大事

音楽的な感覚を磨き、コード感を身につけた。

 

さぁフェイクだ、アドリブだ!という時に、

  • その音程を歌えないと意味がない

ですね。

 

感覚も非常に大事ですが、表現できなければ意味がないですね。

これに関しては『ピッチのトレーニング』が重要になってくるでしょう。

-歌のスキル・テクニック

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.