【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

声や歌について

カラオケでマイクに声が通らない原因と声を通す方法

投稿日:

今回は『カラオケでマイクに声が通らない』というテーマです。

この記事は

  • マイクに声が通らない状態について
  • マイクに声を通す方法やトレーニングについて

という内容です。

カラオケでマイクに声が通らないという状態について

カラオケで歌うとマイクに声が通らないと悩む人もいると思います。

大きく2通りの悩み方があると思うんですが、

  1. 普段から声量がない・声が通らず、カラオケでも声が通らない
  2. 普段はそうでもないのにカラオケになると声が通らない

というパターンですね。

この二つ結局両方とも『声量がない・声が通らない』からマイクに声が通らないんです。

普段から声量がない

単純に声が通らない・声量がないといつも感じている人もいるでしょうが、そういう人は「マイクに声が通らない!」と悩んでいるというより『自分の声は通らないし、声量もないから』と割り切っていると思います。

後半説明する『マイクに声を通す方法』で改善しましょう。

普段はそうでもないのにカラオケになると通らない

ありがちなのが、普段話すときや、部屋で歌うときとかはそう感じることもないけれど、カラオケでいざマイクに声を通すと『通らない!』と強く感じるということです。

  • 自分では出しているつもりでもマイクに歌うと声が通らない
  • 頑張ってもマイクに声が入らない
  • 普段はそうでもないけど、マイクで歌うと苦しい

などマイクを通すと、声が途端に通らない、声が小さく聞こえる、声がこもる、苦しい!となるのです。

これ、結論から言うと

『それが自分の本来の声量・声の通り』

なんです。

悲しいことに

  • カラオケの声の通り=本来の自分の歌声の通り

であることがほとんどでしょう。もちろん声質によって通らないとも言えるのですが、結局、

  • マイクに通らない声質=普段通らない声質=声量の出ない声質

なんです。

普段から声がよく通る人がマイクに声を入れると途端に声が通らなくなることなんて基本的にはないんですね。

内耳共鳴による補正

普段はそうでもないのにカラオケになると全然通らない気がするのは、『内耳共鳴』による補正がかかっていると考えられます。

不思議なことに自分の内側から聞こえる音(内耳共鳴)は、何かしらの補正や歪みみたいなものが生じることがあるのですね。

これによって自分の声が

  • 自分の中ではよく通っていたり(実際:通ってない)
  • 自分の中では音程が合っていたり(実際:合ってない)

という現実との誤差が生まれます。

音痴などの原因もこの内耳共鳴が大きく関係しているなどと言われています。

こういう人は

自分の声をスマホなどで録音すると、自分の声を『変だ・気持ち悪い』と強く感じることが多いはずです。

これも普段聴いている自分の声(内耳共鳴+外耳共鳴)と自分の声の録音音声(外耳共鳴のみ)があまりに差がありすぎて、そう感じるのですね。

歌が上手い人は内耳共鳴と外耳共鳴の誤差が少ない!?

今回は内耳共鳴と外耳共鳴による聞こえ方の誤差と歌唱力の関係性のお話です。 この記事は 内耳と外耳による声の聞こえ方について 内耳・外耳と歌唱力の関係性について という内容です。 内耳と外耳による聞こえ ...

続きを見る

本来、その録音の方が自分が発している声に近いはずなんです。

少し話が逸れましたが、

カラオケで歌うとスピーカーが自分たちに向かってダイレクトに音を鳴らしてくるので、外耳で聴く割合が普段より圧倒的に増えます

つまり自分が外側に向かって発している音をより鮮明に聴くことができます。そして普段より声が出てないと感じ頑張って出そうとして苦しくなるということになるのでしょう。

なので、まずは自分が発している声が通らない声だということを受け入れることが大切だと思います。

受け入れることが改善の第一歩

そこからどう改善するか?ということが大事ですね。

マイクに声を通す方法

これは大きく2つの道があると思います。

  1. マイク側をどうにかする(努力しなくていい)
  2. 自分の声をマイクに通るようにする

の二つだと思います。

①マイク側をどうにかする(努力しなくていい)

自分の声を訓練するのはめんどくさい、そこまでしたくない。という場合はマイクの設定やマイクの持ち方でなるべく声が通るようにしましょう。

マイクの設定

これは単純にマイクの音量を上げればいいのですね。

どれだけ声が小さくてもマイクの感度が良ければどんな声でも拾ってくれるでしょう。

ただ大きすぎるとハウリングを起こしやすくなるので、起こさないギリギリの範囲で設定しましょう。

マイクの持ち方

これはマイクの先(声を入れる丸い部分)を手で包むようにして持ちます。

そうすることで手が反響空間を作り出して、マイクに声が通りやすくなります。些細なようですが、やってみると結構変わりますよ。

マイクの距離・角度

ギリギリまで口を近づけると、より一層声が通るようになります

マイクの角度にも気をつけましょう。角度は声の響き方の違いで人によって最適な角度が違うことがあります。なので、自分でも模索することも重要です。

自分の声をマイクに通るようにする

マイクによく通る声の条件は決まっています。

  • 「息がしっかり流れる声・息の成分が多い声」
  • 「声帯が強く鳴る声・鳴りの成分が多い声」

のどちらか一方、あるいは両方を満たす声です。

両方とも声の2大倍音成分とも考えられます。

つまり

  • 息が乗った発声、声の出し方を身につける

もしくは

  • 声帯が強く鳴るような発声、声の出し方を身につける

必要があるのですね。

そのうち多くの人に通ずるのは『息』の方でしょう。もちろん『声帯の鳴り』の方からも声の通りはアプローチできるのですが、個々の声帯の違いによる要素が大きいです。

そういう点を含めた声量アップのトレーニングについては長くなるので、こちらで。

声量を上げる方法について【おすすめトレーニング5選】

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.