音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】

ボイストレーニングを中心に音楽技術向上に関する様々なことを書いています

ボイストレーニング

ボイトレ ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

投稿日:2017年12月1日 更新日:

今回はハミングという練習法について書いていきたいと思います。

ハミングといえば鼻歌ですよね。

でも鼻歌って口を閉じて歌うこと全てが鼻歌ですか?

それは人によっては「YES」

人によっては「NO」と答えると思います。

ハミングも奥が深いのです。

今回はそんなハミングについて書いていきたいと思います。

 

ハミングとは

ウィキペディアによると「鼻歌や口を閉じて歌う行為」とあります。

グーグルの翻訳でも「口を閉じ、声を鼻に抜かしてメロディーだけで歌うこと」

というふうに出てきます。

どれも口を閉じて歌うというように書かれています。

しかし、ボイストレーニングにおいてはこういう疑問が浮かんでくるはずです。

どういうハミングが正解なのか?

どこに響きがいけばいいのか?

舌の位置はどうすればいいのか?

アゴはどういう状態がいいのか?

などなど。

色々な疑問が浮かんでくるはずです。

ネット上ではとりあえずハミングで歌が上手くなるなどいろいろ書かれていますが、そのハミングをどうやるかで効果は変わってくるのです。

もちろん効果ありますよ!でも、

成果・目的がわかって初めて、練習は意味をなすものです。

もはや、「ボイストレーニングにおいて正しいハミングの練習がなんなのか?」という問いは「ロックとはなんなのか?」という問いくらい難しいですね。

大まかに定義することはできるけれど厳密に決められないようなもの ですね。

世界中のそれぞれの人に答えがあるような気がします。笑

そこまで大きい話ではないですか?笑

まぁ、それはさておき、僕が思うハミングについて開いていくとしましょう。

僕の中でハミングでの練習法は2種類あります。

ハミング『M』の発音

正式なハミングとは僕の中では「M」の発音だと思っています。

「M」の発音、具体的には

  • 口を閉じる
  • アゴと歯はリラックスした状態
  • 舌は自然な位置
  • 口の中にある程度の空間ができる

というのがこの「M」ハミングでの発声ですね。

このハミングによる一番の成果

  • 鼻腔への響きを身につける
  • 口腔、上アゴへの響きを身につける

という点だと考えています。

そしてこの響きを綺麗に2分する練習になります。

歌において響かせるべきポイントを綺麗に均等に響かせる練習というところですかね。

唇と鼻が振動するはずです。

 

マ行についてはこちら

マ行トレーニングで鼻腔・軟口蓋への響きを身につける

 

 

続いてもう一つのハミングについてです。

ハミング『N』の発音

もう一つのハミングが「N』の発音でのハミングです。

だいたいハミングの練習をやっている人は先ほどの「M」とこの「N」の2パターンがほとんどだと思います。

そして、ほとんどの人が使い分けずにどちらか一方だけをやり続けているはずです。

どちらかが正しいハミングだと思い込んで。。。

「N」の発音、具体的には

  • 口は閉じる
  • 歯やアゴはリラックス
  • 舌を上アゴにつける
  • 口の中の空間はあまりない

という風になります。どうでしょう?同じ口を閉じるハミングですが、違いますよね。

このハミングによる効果は

  • 鼻腔にのみ響きがいく

とういう点です。先ほどの「M」よりも鼻腔に特化した発音なのです。

いやでも鼻腔に響きがいきます。

鼻腔に響きがいくのが苦手な方もこの練習をしていくことで響きが身につきます。

鼻にのみ響きがあり唇は振動しない

ということですね。

 

ナ行についてはこちら

ナ行トレーニングで鼻腔への響きのある声を身につける

 

練習したい項目によって使い分けよう

練習目的によって使い分ければいいのです。

  • 口腔と鼻腔に均等に響きを綺麗な響きを作りたいなら「M」
  • 鼻腔に特化して響きを作りたいなら「N」

という感じでしょうか。もちろんどちらも練習していいのですが、日本人はとりわけ鼻腔の響きが苦手な人が多いので、個人的には「N」の練習の方が一本に絞れて好きです。

目的によって使い分けてください(^ ^)

ボイストレーニングに必要なおすすめグッズ

呼吸・横隔膜を鍛えるパワーブリーズ

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。

 

 

ビューティーボイストレーナー

普通の発声練習ではできない負荷を与えてくれます。体だけを使っておこなうボイストレーニングがうまくできない、やり方が本当にあっているのかわからない、リップロールは飽きました、という方におすすめです。

声そのものの質向上に大きな効果を発揮するグッズです。

詳しくはこちら

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスにはなるでしょう。

 

おすすめボイトレ本ランキングはこちら 

【おすすめ”ボイトレ本”5選】効果のあるボイストレーニング本ランキング

 

ウタエット

アマゾンでも人気商品の「ウタエット」

こちらのグッズのいいところは何と言っても、自分の声が聞けるということ 。

防音効果もありつつ、自分の声も聞けるのでトレーニンググッズとしてはかなりいいです。自分の声を直に聞ければ、歌の成長に繋がりますしね。

 

まぁ、全くの無音にはどんなものもならないので、それなりの消音でいいという方はこれですかね。

 

 

一人deカラオケDX 防音マイク」

こちらのグッズはカラオケ機能をつけてしまっているので、防音で一人カラオケが楽しめるというグッズですね。

こちらもそこそこの防音効果があるので、カラオケにせずに単純なボイトレにも使えます。

プラス、カラオケみたいにエコー付きで楽しめてしまうグッズです。

歌の練習だけがしたい!とりあえず防音!という人には不向きかもしれませんが、トレーニングしつつ楽しみたいという人にはオススメですね。

 

 

 

その他のボイストレーニングはこちら







-ボイストレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マ行トレーニングで鼻腔・軟口蓋への響きを身につける

今回はマ行のトレーニングについて書いていきたいと思います。 声がなかなか思うように響かない、なんか重たい声に聞こえる、声を出していて苦しい。 そんな時は大抵響きの位置が悪かったり、うまく響きなかったり …

歌唱力アップ『リップロールの効果』

みなさん、「リップロール」というものをご存知でしょうか? ボイストレーニング界では有名なものなのですが、歌がうまくなるための近道とも言えるトレーニングなのです。 もちろん歌だけでなく、声を仕事にしてい …

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・地声系の高音を手に入れるトレーニング 「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスを習得するトレーニング方法はたくさんありますが、このトレ …

通る声・いい声を身につけるには「ヒ」トレーニング

今回はボイストレーニングの中でも軟口蓋・口腔に響きを持っていくトレーニングについて書いていきたいと思います。 歌を歌うには、いや、声を出すのには響きが必要不可欠です。 いい声を出そうとすればするほどに …

母音を詳しく分析することでボイストレーニングの質を高める

今回は母音について書いていきたいと思います。 母音というのは「a・i・u・e・o」「あ・い・う・え・お」のことですね。 日本語は特に母音を重視する言語です。話すにしても歌うにしても母音が重要になってき …