【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

各種ボイストレーニング方法

『ドッグブレス』で横隔膜の柔軟性を鍛えて息と声を連動させる

更新日:

今回はボイストレーニングの「ドッグブレス」についてです。

この記事は

  • ドッグブレスとは
  • ドッグブレスのやり方・トレーニング方法
  • ドッグブレスの効果について

という内容です。

『ドッグブレス』とは

ドッグブレス(ドギーブレス)とはその名の通り「犬の息」のまねです。

犬の呼吸のように息「ハッハッハッハ」とさせる練習です。

スポーツなどではもちろん有酸素運動としてや呼吸法としても活用されるものです。

ボイトレにおける「ドッグブレス」

ボイトレにおけるドッグブレスは

  • 単純に息だけで「ハッハッハッ」と連続で発すること
  • もしくはそれに合わせて声も出しながら「ハッハッハッ」と発声すること

と考えられます。

息だけでトレーニングしてもいいですし、声と一緒にトレーニングしてもいいです(声を一緒にやった方がより効果が見込めます)。

ドッグブレスを活用した練習方法

ドッグブレスの具体的やり方

  • 口を「ハ」の形に開けます
  • 連続的に「ハッハッハッハ」と声に出して発声する
  • 最初は同じ音を連続でする練習
  • 次は音階をつけて「ドミソミド」に対して「ハッハッハッハッハ」などの音階練習

練習方法自体はいたってシンプルなものです。

ピアノの音階などつけずにただひたすらにやってもいいのですが、ピアノの音階と合わせることでピッチ感などのトレーニングもできるのでそちらの方がトータルでいいというだけです。

練習音源

音源に困っている方は、『ドッグブレス練習用音源ページ』を活用してみてください。

ココがポイント

口やあごの周りなど細かいことはあまり考えず(もちろん考えていいのですが、ここでは置いておきましょう)に、お腹と声の連動に意識を集中しましょう。

連続で発声していると、お腹がかなり動くのが実感できると思います。それが横隔膜の動きであり、呼吸と声に直結する部分です。

また、意識的に息をしっかりと吐くようにしましょう。

限界の強さで息を吐くというわけではないのですが、ある程度の強さで息を吐くことで負荷をしっかりと与えます。

ちなみに効果的な時間などが決まっているわけではないのですが、単音で1分間くらい連続的に発声するとかなりきついはずです。初めてする人はお腹にくると思います。

なので有酸素運動にもなりますし、ダイエットにも効きそうなトレーニングですね。

ドッグブレスの効果

ドッグブレスの効果は以下のようなものが考えられます。

  1. 横隔膜を鍛える
  2. 息がしっかりと吐けるようになる
  3. 息と声を連動させる
  4. ブレスが上手くなる
  5. 音の出だしのピッチが良くなる

などなど効果は様々です。

横隔膜を鍛える

ドッグブレス横隔膜がしっかり上下するので、横隔膜を鍛えるのにはもってこいです。

横隔膜を鍛えるとは横隔膜の上下する力を鍛えて肺活量をつけることはもちろん、その上下の柔軟性を鍛えることにもなります。

横隔膜がしっかりと動くということは、当然しっかりと息が吐けるようになるということです。

それがブレスの向上にも繋がります。息がしっかりと吐けるようになるということは当然、通る声になりますし、声量もつきます。

良い事づくしですね。

息と声を連動させる

ドッグブレス声を出しながら息もしっかりと吐くトレーニングです。

息のトレーニングだけをすることも大事なのですが、しっかりと連動させることも大事なのです。人間の体はしっかりと動きの癖をつけてあげないと上手く動かないこともあります。

例えば、

超一流の野球選手並みの筋肉と運動神経を持っているけど、野球を一度もしたことがない人がいたとします。

この人がピッチャーのようにボールを投げたとしても野球選手のように速い球は投げられないでしょう。なぜなら速いボールを投げるという体の使い方は慣れていないのでいくら筋力があっても最適化された動きをある程度習得しないと投げられないのですね。

ボイストレーニングでも同じようにいくら息を吐く力だけを鍛えてもいい声が出せるとは限らないのですね。

要はいざ声を出そうとしても、鍛えた息や横隔膜の力を最大限発揮できない可能性があるということです。

つまり、

  • 声と出すという動作
  • 息をしっかり吐くという動作

リンクさせないといけないということです。

関連

息と声の連動の重要性については『息に声を乗せる』のページにて詳しく書いています。

息を吸う力・吐く力が強くなる=ブレスが上手くなる

息を吐く力も重要なのですが、このドッグブレスでは「吸う力」もつきます。

この息を吸う力は歌の中でとても重要な役割なのです。

普段歌を聴いていると息継ぎなどあまり聴こうとしないでしょうが、よく聴くと息継ぎまでしっかり綺麗に入っていることが多いですよね。昔はわざわざカットしていたそうですが、今では息継ぎ音まで入れるのが主流です。

吐くという作業は基本的には声を出すということです。この準備作業としての「吸う」という作業は非常に重要な項目なのです。

息の吸い方次第で歌は変わります。いかに素早く大量に取り込めるかでそのあとの声は変わってきます。

吸う息が少なければ豊かな表現はできないでしょう。そういう点で息を吸う力は非常に重要なのです。

音の出だしのピッチが良くなる

ドッグブレスで音階練習などをすると声の出だしのピッチが良くなります。

息と声(音)が素早く出るようなトレーニングになるのですね。音の出だしのことをアタックと言ったりします。

声の出だしのピッチは合わせるの難しいですよね。難しいだけにここがバシッと決まると断然うまく聞こえます。

結構重要なのでこれも意識して練習しましょう。

 

その他息系のトレーニング

他にも息と声を鍛えるトレーニングはあります。ドッグブレスと同じくらい効果があるのは「スー」「ズー」トレーニングです。

あえて違いを書くとするなら、ドッグブレスは瞬発系「スー」「ズー」トレーニングは持続系という感じでしょうか。

息を鍛える最強グッズは

パワーブリーズ』がおすすめです。

ドッグブレスが腕立て伏せなら、パワーブリーズはベンチプレスと言ったところでしょう。ドッグブレスでは得られないような負荷があり、効果的に鍛えられるグッズです。

-各種ボイストレーニング方法

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.