ボイストレーニング

【ドッグブレス】で横隔膜を鍛えて声量アップ|通る声を身につける

投稿日:2017年11月5日 更新日:

今回はボイストレーニングの中の「ドッグブレス」について書いていきたいと思います。「ドッグブレス」はボイストレー二ング界では有名なトレーニングです。

 

トレーニングとしてかなり有効なので、音楽だけでなく演劇やビジネスなどいろいろな場面で使われています。

それだけ声を良くする効果があるということです。

「ドッグブレス」こんな方におすすめ

  • 肺活量を鍛えたい
  • 息と声を連動させたい
  • 声量を上げたい
  • 通る声にしたい

という方にオススメです。

今回はそんな「ドッグブレス」について書いていきたいと思います。

 

ドッグブレスとは

ドッグブレスとはその名の通り「犬の息」のまねです。

犬の呼吸のように息「ハッハッハッハ」とさせる練習です。

 

ただ息を「ハッハッハ」と吐くのももちろんいいのですが、声をしっかり出しながら吐くことで効果的なボイストレーニングになります。

 

ドッグブレスの具体的やり方

  • 口を「ハ」の形に開けます
  • 連続的に「ハッハッハッハ」と声に出して発声する
  • 最初は同じ音を連続でする練習
  • 次は音階をつけて「ドミソミド」に対して「ハッハッハッハッハ」

 

ココに注意

口やあごの周りなど細かいことはあまり考えず(もちろん考えていいのですが、ここでは置いておきましょう)に、お腹と声の連動に意識を集中しましょう。

連続で発声していると、お腹がかなり動くのが実感できると思います。それが横隔膜の動きであり、呼吸と声に直結する部分です。

また、ドッグブレスをやっているときは、意識的に息をしっかりと吐くようにしましょう。限界の強さで息を吐くというわけではないのですが、ある程度の強さで息を吐きましょう。

 

ちなみに単音連続で1分間くらい連続的に発声するとかなりきついはずです。理論上は息を吸って吐くを繰り返すので永遠に続けられます。

 

ハ行についてはこちらの記事に詳しく書いています。興味のある方はぜひ読んでみてください。

ハ行のトレーニングで通る声を身につける

今回はハ行のボイストレーニングについて書いていきたいと思います。 話している声や歌声がなかなか通らない、どうも声量を感じない、という方はハ行のトレーニングが最適です。   もちろん、声が通ら ...

続きを見る

 

どういう効果があるのか

ドッグブレスの効果

横隔膜を鍛える

息がしっかりと吐けるようになる

息と声を連動させる

ブレスが上手くなる

音の出だしのピッチが良くなる

 

などなど効果は様々です。

 

横隔膜を鍛えることが全てにつながる

ドッグブレス横隔膜へ作用する効果がかなり高いトレーニングです。

横隔膜を鍛えるとは横隔膜の上下する力を鍛えて肺活量をつけることはもちろん、その上下の柔軟性を鍛えることにもなります。

 

横隔膜がしっかりと動くということは、当然しっかりと息吐けるようになるということです。それがブレスの向上にも繋がります。

 

息がしっかりと吐けるようになるということは当然、通る声になりますし、声量もつきます。

 

ポイント

横隔膜の動きが声を良くする様々な鍵となっている

 

息と声を連動させる

ドッグブレス声を出しながら息もしっかりと吐くトレーニングです。息のトレーニングだけをすることも大事なのですが、しっかりと連動させることも大事なのです。

 

人間の体はしっかりと動きの癖をつけてあげないと上手く動かないこともあります。

(すごく筋力のある人が野球ボールを投げても、初心者であれば速い豪速球は投げられないのと同じようなものです。上手くボールに力を伝えられないのですね。)

 

要はいざ声を出そうとすると、鍛えた息や横隔膜の力を最大限発揮できない可能性があるということです。

 

つまり、声と出すという動作息をしっかり吐くという動作リンクさせないといけないということです。

 

ポイント

息と声との連動は非常に重要

 

息と声の連動についてはこちらの記事でも詳しく書いているので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

息と声は「連動」させないと意味がない|呼吸のトレーニングも大事だが、、

今回は「息と声の連動」について書いていきたいと思います。 息の流れや息の量や呼気圧というのは歌において非常に重要なものです。   ただ肺活量が多くて息を吐く力はあっても、声と連動してないと意 ...

続きを見る

 

息を吸う力・吐く力が強くなる=ブレスが上手くなる

歌手を評価する用語としてよく肺活量がすごいとかいう表現をしますが、肺活量は歌の中で大して重要ではないです。

というより肺活量とは息を吐ける量のことなので、量よりも瞬発的に息を吸ったり吐いたりする力の方がよっぽど重要です。

 

もしかしたらそういう意味で「肺活量」という言葉を使っているのかもしれませんが、正しい使い方ではないですね。まぁどっちでもいいのですが。

 

肺活量と歌の関係性について詳しくはこちらの記事に書いているので、興味のある方はぜひ読んでみてください

肺活量と歌の関係性|肺活量の鍛え方

今回は肺活量と歌の関係について書いていきたいと思います。 歌において「肺活量がすごい」とかいう表現で人を褒めたりしますね。   実際には、肺活量=声量ではないことははっきりと言えるのですが、 ...

続きを見る

 

ココがポイント

特にこのドッグブレスでは「吸う力」がつきます。もちろん吐く力もつきますが。

この息を吸う力は歌の中でとても重要な役割なのです。

普段歌を聴いていると息継ぎなどあまり聞こうとしないでしょうが、よく聞くと息継ぎまでしっかり入っていることが多いですよね。

この息継ぎ、上手いミュージシャンほど上手に吸います。

素早くナチュラルに「スッ」って。

吐くという作業は基本的には声を出して歌っているので、この準備作業としての「吸う」という作業は非常に重要な項目なのです。

 

息の吸い方で歌は大きな影響を受けるのです。

いかに素早く大量に取り込めるかでそのあとの声は変わってきます。

 

吸う息が少なければ豊かな表現はできないでしょう。

そういう点で息を吸う力は非常に重要なのです。

 

歌のブレスについては別記事にまとめております。興味のある方はぜひ読んでみてください。

歌におけるブレス・息継ぎについて

今回は息継ぎ・ブレスについて書いていきたいと思います。 息継ぎというのは歌において非常に重要なものです。   歌において「息」というのは非常に重要で、その息を吐く準備こそが息継ぎですよね。 ...

続きを見る

 

ポイント

ブレスが上手くなる=歌が上手くなる

 

音の出だしのピッチが良くなる

ドッグブレスで音階練習などをすると声の出だしのピッチが良くなります。

息がと声が素早く出るようになるからですね。

 

声の出だしのピッチは合わせるの難しいですよね。

難しいだけにここがバシッと決まると断然うまく聞こえます。

結構重要なのでこれも意識して練習しましょう。

 

ポイント

ドッグブレスは声の出だしにも作用する

 

ピッチの重要性についてはこちらの記事にまとめています。興味のある方はぜひ読んでみてください。

ピッチの重要性|ピッチを鍛えることで歌が上手くなる

今回は音楽におけるピッチの重要性とそのピッチを良くしていく方法を書いていきたいと思います。   ピッチやリズムというのは歌にかかわらず音楽に深く関われば関わるほどにどんどんつきまとってくる課 ...

続きを見る

 

その他の息と声のトレーニング

他にも息と声を鍛えるトレーニングはあります。

ドッグブレスと同じくらい効果があるのは「スー」「ズー」トレーニングです。

 

こんトレーニングも息と声を鍛えるのはもちろん、連動にもなります。あえて違いを書くとするなら、ドッグブレスは瞬発系「スー」「ズー」トレーニングは持続系という感じでしょうか。そこまで差はない良いトレーニングです。

「スー」「ズー」トレーニング|息と声の連動で通る声を手に入れよう

今回は通る声を身につけるトレーニング、息の多い声を身につけるトレーニングの「スー」「ズー」トレーニングについて書いていきたいと思います。 息の多い声というのはとても重要です。歌のみならず、話し声でさえ ...

続きを見る

 

 

息と声の連動はもちろん重要ですが、息だけのトレーニングがダメだとは決して言ってないです。人によっては、声を出せない環境など人によって状況は様々です。

 

息だけのトレーニングとして「スッ」トレーニングがあります。

横隔膜メインで鍛えるいいトレーニングなので興味のある方はぜひ読んでみてください。

息と横隔膜を鍛える「スッ」トレーニング

今回は息と横隔膜のトレーニングの「スッ」トレーニングについて書いていきたいと思います。 このトレーニングは息と横隔膜を鍛えるのに重きを置いたトレーニングです。   息は歌において重要なファク ...

続きを見る

 

ボイストレーニングに必要な【おすすめグッズ】

呼吸・横隔膜を鍛える『POWER breath パワーブリーズ』

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。↓

 

 

Be−Vo[ビーボ]

発声練習を手助けしてくれるボイトレグッズです。よく割り箸をくわえてトレーニングするとか言いますが、商品だけあって割り箸より100倍いいです。割り箸は箸ですもんね。

 

使い方やトレーニング方法も記載されているので自分でトレーニングすることができます。

使い方も豊富で値段も安いので、『声を良くしたい・滑舌を良くしたい・表情筋を鍛えたい』という方にはピッタリのアイテムです。↓

同じような商品です。Be−Voとあまり変わりませんが、こちらはケース付きです。

個人的にはBe−Voがオススメですが、まぁお好みで。↓

 

肺活量グッズ

『パワーブリーズ』以外にも肺活量・呼吸を鍛えるグッズはあります。

パワーブリーズは最強グッズなのですが、お値段がそこそこしますので、「そこまで本気じゃないんだよなぁ」という方もいるはずです。

 

「でも声はよくしたいから、安くて鍛えられる商品が欲しい」という方にオススメです↓

 

 

BeQu 鼻筋セレブ ノーズアップピン

こちらはボイトレグッズではなく、本来は美容グッズです。

鼻筋を綺麗にするという『amazonベストセラーの大人気美容グッズ』なのですが、実はこれがボイストレーニングに使えます。

 

というのも装着中はほとんど鼻をつまんでいる状態になります。この状態で声を出したり、ボイストレーニングすることで「逆ハミング練習」ができるのです。歌には必須の鼻腔共鳴を鍛えることができます。

いいトレーニングだけに道具があると楽ですね。

『逆ハミング練習』についてはこちら

 

まぁ、自分の手で鼻をつまめばできるんですけどね。そんなこと言ってしまうと、パワーブリーズだって手でできますし、Be−Voだって指を噛めばできます。

便利ゆえに道具を使うのです。

 

とりあえず、鼻腔共鳴+鼻筋綺麗一石二鳥です。

本来は美容グッズですが、ボイトレにも活用できるのがいいんです。

ボイトレしながらイケメンや美女になりたい方にオススメです↓

 

もちろんただの鼻栓でもいいんですよ↓

でも、どうせなら少しでも『付加価値』があった方がいいじゃないですか。

 

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを学び・実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスになるでしょう↓

 

オススメのボイトレ本ランキングはこちら

 

一人deカラオケDX 防音マイク・BELTBOX

こちらはボーカリストのための防音グッズですね。

なかなか大きな声を出せない環境や近所に迷惑をかけられない環境にいる方も多いのではないでしょうか。

練習したくても声量が気になってできないという時にオススメのグッズです↓

 






オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

-ボイストレーニング

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.