歌声解説 男性シンガー

嵐 大野智の声や歌い方についての分析

投稿日:2017年12月1日 更新日:

今回は嵐のリーダー、大野智さんの歌声・歌い方についての分析です。

 話し声の特徴

地声・話し声の音域は普通くらいの音域

音域的に「普通」くらいの声帯を持っているという感じです。

 

声質は声帯の鳴りがしっかり鳴るタイプの声質

ビリビリ・ジリジリとした鳴りの成分が多く、くっきりとした鳴りを生み出しやすい声帯を持っているように感じます。

 

話し声からやや鼻腔方向(上方向)へ響きやすそうな骨格・喉の作りを持っているような印象を感じます。

持っている声帯

普通の音域・くっきりと鳴りやすい声質

歌声の発声方法

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

息と鳴りのバランスのいい発声で歌うことが多いです。話し声に息をしっかりと流して音楽的な音色にしているような感じでしょうか。

 

なんにせよ、話し声同様に声帯が鳴りやすい鳴り系の声を主体として発声しています。

柔らかくもしっかりとした心地よい鳴りの声質です。

 

基本的に口腔に綺麗に響かせているので、明るい爽やかな発声を生み出しています。

 

地声

高音部分が音域的にミドル域とも言えるかもしれませんが、基本的に地声系です。

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声。

声帯にやや強めの息の圧力をかけて強く高音を鳴らしています。

口腔や鼻腔への響きが一層強くなりますね。

ミドルレンジ

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)。

綺麗に抜けるファルセットですね。切り替えも非常に綺麗です。

ファルセット

「きっと気に入ってくれるさ Another world〜」「誰にも触れさせないから〜

非常に綺麗ですね。

歌い方

共鳴や音色

大野智さんは話し声の段階からそうなのですが、やや声が上に当たりやすいです。

 

特に口腔に綺麗に共鳴しているので広がりある爽やかな音色を生み出しているのですね。

声の方向性は斜め上方向へ当たるという感じです。

ビブラート

ビブラートは基本的にはがっつりかけるタイプではありません。

どちらかと言えば真っ直ぐなスタイルでしょう。

しかし、自然に綺麗にかかっているフレーズも多いです。

 

フレージング・歌い回し

  • 直線的でアタックが綺麗なフレージング

という感じでしょう。基本的に大きな癖はなく、オールラウンドなタイプでしょうが、どちらかと言えば直線的でリズミカルな歌い回しをするタイプでしょう。

 

言葉のアタック(出だし)からしっかりと音を当ててその音をまっすぐに歌うような綺麗なアタック感にやや特徴があるように思います。

ピッチ感もよく素晴らしい歌唱力です。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.