ボイストレーニング

『声帯コントロール』の鍛え方について

更新日:

今回は歌において非常に重要な「声帯コントロール」についてです。

この記事は

  • 声帯コントロールの重要性について
  • 声帯コントロールの鍛え方・トレーニング方法

という内容です。

声帯コントロールの重要性

歌の上手さというのは

  • 声帯のコントロール能力(発声能力)×音楽的な感性や感覚

で決まります。

この二つが最も重要だと考えられます。

 

そして今回の内容はその二つで比較しても最重要と考えられる

  • 声帯コントロール

についてです。

 

声帯コントロール以外の部分ももちろん大事なのは承知ですが、重要度は圧倒的に違います。

音色・音程を変化させる主役なのですから。

 

横隔膜がどうとか、体の動きがどうとか、声を当てる方向性なども、もちろん重要ですが結果的に主役を引き立たせるための脇役でしかありません。主役を魅力的にしないといくら脇役を磨いたところで、、、というくらい「声帯の動きの柔軟性」は重要だと考えられます。

*「脇役を磨かなくていい」とは言っていません。

 

例えば、モノマネ芸人さんは歌が上手い人は多いですよね。

これは

  • 声帯が柔軟に動く=音色を自在に変化させることができる=モノマネが上手い=歌が上手い

という理屈ですね。

 

声帯のコントロール(発声能力)は結果的に歌の上手さに直結すると考えられます。

 

声帯コントロールとは『どこ』をコントロールする?

声帯は非常に複雑な動きが絡み合っていますので、理解できたところで『だから何?』となってしまうことがほとんどでしょう。

 

大枠2つの動きを理解しておけば、歌に役立つと思います。

その2つは

  1. 声帯が伸びる・縮む
  2. 声帯が開く・閉じる

という二つです。

こちらの動画で大枠理解できると思います(*再生位置から〜声帯の開閉・声帯の伸縮。若干音もついているのでイメージしやすい。)

伸縮する動き

大きくは

  1. 声帯を引っ張る(伸展させる)輪状甲状筋
  2. 声帯を収縮(緊張)させる甲状披裂筋(声帯筋)

と呼ばれるものがあり、この二つが歌における最重要筋肉とされています。

 

この二つが音程の高低を決めるので、歌における声帯コントロールの一番重要な部分であることは間違いないでしょう。

ただ実際にはもっと複雑に様々な筋肉群の動きが交錯していますし、未だ解明されていない部分も多くあるでしょう。

声の音程を調節する仕組みについて【声帯伸展と声帯収縮】

続きを見る

開閉する動き

声帯が開閉は単純に音が鳴る・鳴らないを分けます。

この開閉具合は単純に開くか閉じるかの2択ではなく、度合いのお話なので、

  • 息っぽい声は開き気味
  • じりじりと鳴る声は閉じ気味

などいろいろな割合が存在します。

 

この閉じる動きは結構複雑で、

このように様々な力が働いて声門が閉じています。

芯のある声を作るのは「声門閉鎖」

続きを見る

 

ここに先ほどの声帯の収縮伸展が加わると様々な力が働きまくっています。

 

なので、”理解できたところで”という話になるのですね。

 

確かに鍵は

  1. 声帯伸展(輪状甲状筋)
  2. 声帯収縮(甲状披裂筋)

が握っているのでしょうが、極論「声帯に関わる全部が大事」と言えそうですね。笑

そうなってしまうと、もう何から手をつけていいのやら、、、。

 

個人的には

  1. 何も考えず目的先行で鍛える
  2. ポイントを絞って鍛える

の両方の道を取るのが一番だと思います。

 

声帯コントロールの鍛え方

声帯コントロールを鍛える方法は大きく二つの道筋があると思います。

  1. 何も考えないでとにかく実践
  2. 鍛える部位を狙ってトレーニングする方法

です。

 

わかりやすく言い換えると、

  1. とにかく歌う(実践、反省、改善を繰り返す)
  2. 〇〇筋を鍛えるための△△トレーニングをする

みたいなことです。

 

どちらも一長一短あるトレーニングだと思います。

 

とにかく実践

確かに声帯コントロール能力を鍛えることは重要なのですが、

  • じゃあ『歌が上手い人はみんな輪状甲状筋や甲状披裂筋を理解しているのか?』と言われるとそんなことはない

でしょう。

そんなの理解しなくても上手い人はたくさんいる、というよりほとんどのプロシンガーたちはこちらかと思います。

 

つまり、『頭より先に身体に覚えさせた方が早いこともある』ということです。

  • 「あんな歌声が出したい」→「出せないなぁ」→「あんな声を出すためには、輪状甲状筋がこうで、、甲状披裂筋がこうで、、」→「まずはこれを鍛えるためにこのトレーニングで、、、」

という道順もいいのですが、

  • 「あんな歌声が出したい」→「出せないなぁ」→「何回もやってみよう。こうか?いや、違うな。こうか?」→「できるまでやってやる!」

みたいな方が成長しやすい人もいるはずです。

「声帯について」そこまで考えてないが、結果的に「声帯コントロールを鍛えている」というものですね。

 

多くのシンガーはこのように割と原始的な感じで上手くなった人がほとんどだと思います。

こういう手法を取るときにかなり大事なのは『録音すること』でしょう。

 

狙ってトレーニング

逆にしっかりと狙ってトレーニングすることも声帯コントロールを向上させる近道になることもあります。

これは何を狙ってトレーニングするのかが人によるので、一概に「これをすればいい」とはなかなか言えません。

 

当たれば効率がいいが、外れることもあるという感じで結構難しいのですね。

 

例えば、

発声に重要な「甲状披裂筋」と「輪状甲状筋」の話でいけば、

という風に焦点を絞ってトレーニングすることができます。

 

声帯の柔軟性トレーニング

最後に大部分の人に当てはまるような声帯の柔軟性を高めるトレーニングを紹介します。

とてもシンプルなトレーニングですが、コツコツやると効果が出ると考えられます(すぐには効果は出ない)。

 

簡単に言えば『音程差トレーニング』。

「輪状甲状筋」「甲状披裂筋」を大きく使うことで声帯の柔軟性を高めるのが目的です。

 

やり方

「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」のどれかの母音で低い音と高い音を交互に滑らかにつなぎます。

  • 『あーー(低い音)アーー(高い音)あーー(低い音)』

みたいな感じです。

全ての母音で同じように

  • 『いーーイーーいーーイーー・・・・』
  • 『うーーウーーうーーウーー・・・・』

という風にやっていきます。

低い音と高い音を交互に発声します。音は好きな音でいいのでなるべく両方とも無理のない範囲の高低でするのがいいと思います。

 

慣れてきたら音の幅を広げたり、声区を変えて地声と裏声を交互に発声してみたりするのもいいと思います。

地声と裏声の切り替えトレーニングで声区をつなげる

続きを見る

 

音の高低を交互に繰り返すことは

  • 『声帯を伸ばしたり縮めたりしている』

ということです。

 

つまりその分だけ声帯の動きや柔軟性を鍛えることができるということです。

 

ただし、このトレーニングって”すぐに効果が出ない”んです。

即効性がないので、効果がないと見捨てられがちですが、長期的視点で考えるとすごくいいトレーニングだと思います。

開脚だって急に180度開かないのと同じで、毎日コツコツとが結局大事だと考えられます。

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.