歌声解説 男性シンガー

尾崎豊の歌い方・歌唱力【歌声解説】

投稿日:2017年11月12日 更新日:

今回の歌声解説は尾崎豊さんの歌声を解説していきたいと思います。尾崎豊さんと言えば、この世を去ってから随分時が経っていますが、今尚大変人気のある伝説のシンガーですね。リアルタイムでは見たことない人もいるでしょうが、しかし歌だけは知っているという人も多いのではないでしょうか?それだけ多くの名曲を残しているシンガーですね。

何と言ってもあの歌声は心に刺さりますよね。あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな尾崎豊さんの歌声について解説していきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

話し声・地声はやや低めの音域で、声帯の鳴りやすいエッジ感のある声質

地声の音域はやや低めの音域です。音域的にやや低めの声帯を持っているように感じます。

声質は声帯閉鎖が強めの声帯が鳴りやすい声質です。ガラガラとした倍音が鳴りやすく、重たいエッジボイス的な鳴りもある声質です。息よりも声帯の鳴りが先行するような声質ですね。

共鳴も咽頭共鳴寄り(下方向への響き)で、非常に男らしい話し方をしています。

歌声は深みのある上アゴへの響きがある声

歌声は主に3種類の歌声を使っています。大きく分けると地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類ですね。メインは地声系の発声ですね。

低中音域は地声系の発声を使っています。息の流れと声帯の鳴りのバランスの取れた声質です。特徴的なのは上方向への響きの深さですね。「深い」という表現が正しいかはわかりませんが、上方向の空間を広く作りそこに声を当てているような声の出し方です。上アゴと鼻腔の方向にボールを入れるようなニュアンスを作りそこに声を通しているようなそんな発声です。

尾崎豊さんの歌声の最大の特徴ですね。

中高音域はミックスボイスを使っています。声質は強い鳴りの声質からシャウト系の割れ気味の発声まで使いこなします。これをミックスボイスと呼んでいいのかわからないですが、ここではミックスボイスとしておきます。普通は声帯を閉鎖気味に働かせ高音域へと登っていくのですが、尾崎豊さんの場合息で押し切るようなニュアンスが強いですね。声帯(声)が多少割れようがおかまいなしに、息の圧力をかけています。

このガラッとしたパワフルな声が心打つ歌声を作り上げているのですね。

高音域はファルセットも使っています。高音を抜くようなフレーズで使うことが多いですね。綺麗な息の流れるファルセットで、地声やミックスボイスとは違う表情を作り上げるファルセットです。

どういう歌い方か

上あご主体

尾崎豊さんの最大の特徴は上あごへの声の当て方ですね。上あごや喉の奥の空間が広いので太さもあり爽やかでもある発声を作り出しています。

この上あご主体歌うような歌い方が尾崎豊さんの歌い方ですね。真似するなら上あごを上へ上へとあげるように意識して、その方向へ声を当てるように意識するといいかもしれません。

ビブラートはフレーズによって自然に綺麗にかけたりしていますが、基本にはまっすぐに歌うタイプですね。

実際の歌声で確認

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤字

「はじまりさえ歌えない」で地声とミックスボイスの違いを確認

フレーズ

するよ 俺の心の中には求めるものが一つも映らないよ 君の弾くピアノ まだおぼつかない 刺激の強すぎるこの街では心が鈍くなっていくよ 君を抱きしめ離したく

若い頃の歌声ですが、基本的な地声とミックスボイスの鳴らし方は変わらないですね。地声系の発声は深く、上アゴに響く声で、ミックスボイスでは声帯が閉鎖してそれを割れ気味に押し出しているようなニュアンスです。高音域を強く歌う際のこの割れ気味な声が歌に魂を吹き込むのですね。

「I  LOVE YOU」でファルセットを確認したいのですが、、、

聴いてもらうとわかる通り、残念ながらファルセットの部分ではないのです。他にもいい視聴音源がなくて、すみません。まぁ尾崎豊さんのファンであれば言わずともわかりますね。

サビの前の部分ですね。

どういう練習をすれば尾崎豊のように歌えるか

尾崎豊さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

尾崎豊さんのように歌うポイント

ポイント

上アゴへの響きを身につける

割れ系ミックスボイス(シャウト)を身につける

声の瞬発力をつける

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

ハミング練習で上アゴへ響きを

まずはなんといっても上アゴへの響きが重要でしょう。上アゴに響きを持ってくるのはハミング練習がいいでしょう。ハミング練習は「N」での発音のトレーニングがいいでしょう。この時も、しっかりと上あごに声を当てる意識が大切ですね。

ハミング練習について詳しくはこちら

【鼻歌・ハミング練習法】のやり方・効果・練習方法について

口をしっかりと開いて歌う練習

尾崎豊さんはかなり一つ一つの発音が明瞭で聞き取りやすいです。しっかり発音しているおかげで言葉の響きも明るい響きです。しっかり似せていくならここも練習しましょう。

ただし人によっては口はあまり開けない方がいい響きになる人もいるので、要検討です。

口の開け方と声の関係性について

シャウトの習得

シャウトの種類もいろいろあるのですが、尾崎豊さんのシャウトは喉を締めないでシャウトするので真似はしやすいです。これはあまりいい練習法がないのですが、とりあえず叫びましょう。とは言っても叫べる環境なんてないのが普通ですよね。近所迷惑の極みです。

シャウトはわざと声を割ります。声帯で支えるより多くの息を吐いて声を割るのです。

なので強めにたくさん息を吐きそれを声にしようとしていくとシャウトのコツがつかめると思います。高音域をその声で歌うことができればグッと近づきます。

シャウト系の発声について詳しくはこちら

シャウト系の発声のやり方・練習方法について

ドッグブレスで声の瞬発力をつける

尾崎豊さんは声の瞬発力がかなりあります。というか声の最初のアタックが強いという特徴があります。

この最初のアタックを強めるためには息の瞬発力を上げなければいけません。

息の瞬発力を上げる練習はドッグブレスが一番です。

ドッグブレスはその名の通り「犬の呼吸」です。犬の呼吸のように「ハッハッハッハ」としっかり息を吐いて声を出すトレーニングです。

詳しくはこちらに

【ドッグブレス】のやり方・効果・練習方法について

まとめ


尾崎豊さんの歌声は上アゴ・シャウト的なミックスボイスです。

上アゴへの響きは尾崎豊さんの真似をしないにしても大事になってくるのでしっかりと練習しましょう。

現在では尾崎豊さんの新しい歌声を聴くことはできませんが、その息子さん尾崎裕哉さんが歌手として活動されていますね。非常によく似た声で歌っています。さすが親子といったところでしょうか。

その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。変わったと言うより、少しずるい方法ですが。効果は抜群です。ボイストレーニングは独学でする人も多いでしょうが、 ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いていきたいと思います。ボイトレ教室って興味が湧きますよね?ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。歌も人から習う ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.