【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

スターダストレビュー 根本要の声や歌い方について【美しいハスキートーン】

更新日:

スターダストレビューと言えば、あまりメディア等には出ませんが、CM曲などでたくさん使われていますし、多くの名曲を生みだしています。

そんな名曲を生み出している唯一無二の「声」を作っているのがボーカルの根本要さんですね。

心掴まれている方も多いでしょう。

 

今回はそんな「スターダストレビュー」の根本要さんの歌声について書いていきたいと思います。

根本要さんの声の特徴【持っている声帯】

まずは根本要さんの話し声の特徴を大枠で捉えましょう。

  • 話し声の特徴≒どんな声帯を持っているのか

を掴むことは発声を分析するベースになります。

地声・話し声は高めの音域で、かなりハスキーな性質

音域

地声・話し声の高めの音域ですね。

音域的に高めの音域の声帯を持っているように思えます。

 

声質

声質はハスキーな声質ですね。

ハスキーボイスの典型と言えるような声質です。不完全な声帯閉鎖により、カサカサとして息の倍音が「サラサラ・ザラザラ・スー」と鳴っているように感じます。

 

声帯の鳴りの成分が少なく、息の成分が非常に多い声質です。

 

持っている声帯

高めの音域・ハスキーな声質

 

根本要さんの歌声の分析【発声方法】

歌声は特徴的な高音ハスキー

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)
  • ファルセット(ヘッド)

 

地声

低中音域は地声系の発声

低中音域とは言っても、もともと持っている音域が高めの音域なので、結構高い音域帯まで地声系の発声で歌っています。話し声同様に、ハスキーな息の倍音が多く鳴っている非常に特徴的な声です。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス。地声の延長線上の中高音発声。

強めに息の圧力をかけることで、声帯が閉鎖的に作用するのですが、ハスキーボイスなので良くも悪くも不完全な閉鎖が生まれます。

 

おそらくある程度喉を締めても声帯が完全に締まらずに息が漏れて息の倍音が生まれる

 

これが特殊な根本さんの歌声を作り上げているように感じます。

非常に個性的で誰にも真似できないであろう声を生み出しています。

息っぽくて伸びやかなミドルです。かなり高音域まで出すことができています。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

綺麗にするりと抜けるファルセットです。息の倍音を多く含んでいます。

 

ファルセット


「流す涙は〜」の「は〜」です。

 

根本要さんの歌声に近づくためには

根本要さんの歌声に近づくためには多くのトレーニングが必要でしょう。

要点を絞りましょう。

 

根本要さんのように歌うポイント

ポイント

鳴りの強い中高音域を身につける

 

これが重要でしょう。

では書いていきたいと思います。

 

鳴りの強い中高音発声を身につける

根本さんは大前提『ハスキーボイス』という面があります。

 

これはハスキーな声帯を持っていない人の場合、同じような音色を鳴らすのは難しいでしょう。

ハスキーボイスにはなるのは難しい

 

ただ、息が多いとそれだけでハスキー系の声と同系統の倍音が鳴ります。

もちろん全く同じではないのですが、近づくには息を増やすのが一番でしょう。

 

息のある声を習得するのはドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングで練習をするのがいいでしょう。

息系のトレーニングは毎日5分でもいいのでトレーニングするのが重要です。

 

ハスキーな面を置いておけば、しっかりと鳴らす中高音域が大事になってくるでしょう。

鳴りの強い発声を身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

 

「ネイ」「ヤイ」トレーニングはその名の通り「ネイ」と「ヤイ」の発声でトレーニングする練習法です。

このトレーニングは高音開発はもちろんのこと、鳴りの強い声を練習するのにも最適です。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.