歌声解説 男性シンガー

back number 清水依与吏の歌い方・歌唱力【歌声解説】

投稿日:2017年11月12日 更新日:

今回は人気バンドback numberのボーカル清水依与吏さんについて書いていきたいと思います。back numberと言えば素敵な歌詞と心にしみる歌声で近年かなり人気が出てきていますね。楽曲がいい曲が多いのはもちろんですが、清水依与吏さんの声もものすごくいいですよね。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなback numberボーカル清水依与吏さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

話し声・地声の音域は普通の音域で、声質はやや鳴りの強めな声質

話し声や地声の音域は普通の音域ですね。若干低めとも言えるかもしれません。声質は声帯閉鎖がやや強めな声質です。息というよりも声帯閉鎖・声帯の鳴りがしっかりとある声質です。

共鳴は咽頭共鳴(下方向)が強く、ジリッとした鳴りのある声質です。

歌声は閉鎖的なミックスボイスとファルセットが特徴

歌声は主に3種類の歌声が使われています。地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類です。

低中音域は地声を使っています。地声の発声は自然にバランスの良い発声です。

声帯の鳴りと息のバランスが取れた発声を使うことが多いです。ただ、ミックスボイスの声質との差を作らないように声帯の柔らかい鳴りを低音域まで残すことが多いです。つまり息っぽいニュアンスはあまり作らないということです。喉の空間、特に鼻腔にやや深めな響きがあり声に丸い印象がありますね。

中高音域はミックスボイスを使っています。

やや閉鎖が強まりますが、地声をミックスボイスに寄せているような声質なので、地声との差はあまりありません。声帯を閉鎖させた、柔らかい鳴りのミックスボイスです。柔らかく聞こえるのは鼻腔に声がしっかりと通っているからですね。閉鎖させた声を鼻腔に深く通すことで丸い印象のある声を生み出します。

高音域はファルセットを使うことも多いです。ファルセットもくっきりと芯を持ったようなファルセットです。芯があるというと、尖った印象を受けますが。そうではなく丸みのあるクリーミーなファルセットです。

切り替えも非常に綺麗で自在に使いこなしています。

実際の歌声で確認

歌声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤色マーカー

「クリスマスソング」で地声・ミックスボイス・ファルセットを確認

フレーズ

ないことばがうか〜んで〜 さむさがここちよくて〜 Uh〜 あれ なんでこいなんかしてんだろう せいやだなんだと く りかえすうたと わざとらしくきらめく まちのせいかな

最初のフレーズが切れてしまっていますが、ファルセットですね。ファルセットは比較的わかりやすく裏返っていますね。綺麗な柔らかいファルセットです。地声とミックスボイスの境目が判別しにくいですね。

黒字のところは明らかな地声なのですが、「せいや〜」からは微妙な音色ですが、おそらくほとんどミックスボイスです。

どういう歌い方か

まっすぐな歌い方

歌声の声質が結構特殊なので、癖のある歌い方に感じますが、歌い方自体はまっすぐに歌うタイプです。

あまりビブラートも使わずに、言葉をまっすぐに届けるタイプの歌い方ですね。

人の心に刺さりやすい、感情に訴えるような歌い方だと思います。

どういう練習をすれば清水依与吏にように歌えるか

清水依与吏さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点を絞ることで近づくための近道になります。

清水依与吏さんのように歌うポイント

ポイント

閉鎖系のミックスボイスを身につける

鼻腔共鳴を身につける

綺麗なファルセットを身につける

この2つが重要ですね。では書いていきたいと思います。

閉鎖系のミックスボイスを身につける

清水依与吏さんは基本的に声帯の鳴りの強い閉鎖系の声を使っています。高音域も閉鎖系のニュアンスの強いミックスボイスです。

閉鎖系の声を鍛えるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが良いでしょう。

【「ネイ」「ヤイ」トレーニング】のやり方・効果・練習方法について

鼻腔共鳴を身につける

清水依与吏さんは鼻腔共鳴が強いので、それが独特の声の丸みを作り出しています。閉鎖系の声を鼻腔に通すので、柔らかさが出るのですね。

鼻腔共鳴を鍛えるにはハミング練習が最適です。

【鼻歌・ハミング練習法】のやり方・効果・練習方法について

綺麗なファルセットを身につける

清水依与吏さんはファルセットがとても多く使用します。綺麗な芯のあるファルセットはなかなか身につけるのが大変です。

まずはファルセットをしっかりと練習することでファルセットを自在にコントロールする必要があります。

その後芯を作るためにリップロールなんかで練習していくと良いでしょう。

裏声(ファルセット)の出し方・効果・練習方法について

【リップロール】のやり方・効果・練習方法・理屈について

まとめ


清水依与吏さんの歌声の鍵は閉鎖力のあるミックスボイスとファルセットです。

  • 閉鎖系のミックスボイスを身につける
  • 鼻腔共鳴を身につける
  • 綺麗なファルセットを身につける

この3つをまずは練習することから始めていきましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。変わったと言うより、少しずるい方法ですが。効果は抜群です。ボイストレーニングは独学でする人も多いでしょうが、 ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いていきたいと思います。ボイトレ教室って興味が湧きますよね?ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。歌も人から習う ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.