歌声解説 男性シンガー

back number 清水依与吏の声・歌い方・歌唱力についての研究

投稿日:2017年11月12日 更新日:

今回はback numberのボーカル清水依与吏さんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

声質・発声方法について

話し声・持っている声帯の特徴

話し声や地声の音域は普通くらいの音域

声帯の音域のタイプはバリトン(男・中音)くらいでしょう。

 

声質は「鳴りやすい」タイプの声質

ジリジリ・ビリビリと声帯がしっかりと鳴るような鳴りやすいタイプの声質と言えるでしょう。

 

話し声の共鳴はフラットな感じですが、やや鼻腔方向への響きやすさみたいなものを感じます。

 

歌声の特徴

チェストボイス(地声)

低中音域

地声の発声は自然にバランスの良い発声です。

声帯の鳴りと息のバランスが取れた発声を使うことが多いです。どちらかと言えば息っぽいニュアンスはあまり作らずに鳴り系の発声が多いです。

 

楽曲にもよりますが、柔らかく鳴らすようなニュアンスの発声が多い。

喉の空間、特に鼻腔方向にやや深めな響きがあり声に丸い印象がありますね。

 

地声

 

ミドルレンジ(地声)

中高音域(≒ミドルボイス・ミックスボイス)

声帯に強く息の圧力をかけて、強めに中高音を鳴らすことが多いですね。

 

一定の柔らかさを保ちつつも、くっきりと芯を作るような音色です。

ある一定ライン以降はファルセットへ切り替えることも多いので、地声の引き伸ばしたくらい(ミドル域入り口くらい)の発声が多いです。

 

ミドル

後半一部はファルセット。

 

ファルセット(裏声)

高音域。

ファルセットもくっきりと芯を持ったようなファルセットです。

 

芯があるというと、尖った印象を受けますが。

そうではなく丸みのあるクリーミーなファルセットです。

切り替えも非常に綺麗で自在に使いこなしています。

 

ファルセット

 

歌い方

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋など上方向中心の共鳴です。

特に声を斜め後ろ方向へ当てるようにして鼻腔にしっかりと響かせることで上に抜ける丸みのあるニュアンスを作り出しています。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけずに語るようにまっすぐに歌うタイプです。

 

フレージング・歌い回し

清水さんの歌い方の特徴は

  • 基本のベースは鳴り系の発声
  • 一定の高音域で綺麗にファルセットに抜く
  • 素朴なニュアンス

みたいなところだと思います。

 

歌い回しの大きな癖みたいなものはないのですが、声質が特徴的で語りかけるように歌う表現力は素晴らしいですね。

 

どういう練習をすれば清水依与吏さんのように歌えるか

清水依与吏さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点を絞ることで近づくための近道になります。

 

清水依与吏さんのように歌うポイント

ポイント

鳴り系の発声を鍛える

綺麗なファルセットを身につける

 

この2つが重要ですね。

では練習方法を紹介します。

鳴り系の発声を鍛える

清水依与吏さんは基本的に鳴り系の発声をベースにしています。

柔らかい鳴りだろうが強い鳴りだろうがまずは鳴りベース。

 

鳴りのトレーニング

強い鳴りを鍛えるトレーニングは

などのトレーニングがおすすめです。

鳴り系の発声で大事なのは『声帯の鳴りのコントロール』でしょう。

 

また、独特の声の丸みを作り出すために鼻腔方向へ声を通すようなニュアンスも必要かもしれません。

鼻腔共鳴を鍛えるにはハミング練習が最適です。

 

綺麗なファルセットを身につける

清水さんはファルセットをとても多く使用します。

ファルセットなしではback numberの曲は歌えないとも言えそうなほど使われます。

 

ファルセットのトレーニング

綺麗な芯のあるファルセットはなかなか身につけるのが大変です。

ファルセットのトレーニングは地声と裏声の交互発声のトレーニングがおすすめです。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.